妹相姦の復活

 私は41歳既婚男性です。今でも4歳年下の妹と関係しています。
 初めて妹と関係したのが私が大学1年の5月でした。私は大学のある県庁所在地でアパート暮らしでしたが、遊びに来ていた当時14歳の妹としてしまいました。
 一緒にお風呂に入ったのが間違いで、妹の裸を見て起ってしまい、妹が、友達がセックスを体験したから自分もしたいけど「今一番好きな人はお兄ちゃん」と言われて妹の処女を奪ってしまいました。知った風な態度でクンニなんかして「気持ちいいかい?」なんていったましたが、実は私も童貞でした。せめてもの兄貴の威厳と言うものでした。
 妹はとても痛がっていましたが何とか射精はしました。血に染まったコンドームが怖かったのを覚えています。私は血が苦手なんです。だから、生理のときは妻を抱きません。

 その後、4、5回妹を抱きましたが、夏休み、7月後半の2週間、県庁所在地で集中夏期講習があり、妹と二人きりでした。妹も痛みがなくなっていたので、毎日してました。土日は1日3、4回したこともありました。快感に酔いしれ、コンドームがなくなっても買いに行くのが面倒で、膣外射精を覚えました。
 妹が高校生になっても月2、3回は私のアパートへやってきてセックスしてました。妹が高3の時が受験勉強が忙しくて月一くらいでした。このとき私は4年生で、やっと彼女が出来て、彼女の処女を頂いてちょっと妹に距離を置いていました。

 私が地元に就職したので、次第に彼女と疎遠になり別れてしまいましたが、妹と関係が再燃しました。私は女子大生の妹と両親の目を盗んで関係していました。妹は私に抱かれて、肉親だからでしょうか恥じらうことなくギャンギャン乱れてセックスを愉しんでおりましたので、4年間、一切彼氏を作りませんでした。

 妹が就職して半年後、同期入社の男に告られ私に相談があり、このまま関係を続けるべきではないと思い、いい奴見たいだったので付き合うよういいました。もちろん兄妹で関係していたことは言わず、さりとて処女ではないし、陰唇もそれなりの性体験を物語っている以上、大学時代に二人とお付き合いしたくらいが丁度いいとアドバイスしました。
 しかし妹は、私に彼女がいないことに心を痛め、週に1、2回、身体を開いてくれました。その時に妹は、彼氏とのセックスを語りました。「お兄ちゃんとのほうが気持ちいい…」そうは言っても兄妹は結婚できません。

 妹は25歳で結婚しました。当時29歳の私は披露宴の席で妹の職場の女の子に囲まれ「お兄さん独身なんですかー」とやたらにモテて、何人かと当時普及目覚しかった携帯電話の番号を交換した。
 しかし全くかかってくることは無く、2ヶ月くらい経って忘れかけた頃、澄子という女性から連絡があった。どの人だったか記憶が曖昧になっていましたが、お誘いに乗ってみました。小柄で丸顔で八重歯の可愛い女性でした。去年まで高校生?と思ったら、短大卒の入社2年目で21歳でした。この女性が妻です。2年付き合って結婚しました。澄子夫婦は同い年で、義姉が4歳年下の後輩社員になってしまいました。
 澄子は処女ではありませんでしたが、妹が21歳の時と較べたら綺麗な陰唇でした。

 妹と関係が復活したのは私が33歳の時です。澄子の出産が近く、セックス出来ないとき、妹が「久しぶりにしてあげようか?」と4年振りに兄妹で交わりました。そして妹は、「私間もなく3ヶ月目に入るの。お兄ちゃん、中に出して。」私は初めて妹の中に射精しました。妹はお腹をさすって「伯父さんよ」と言いました。それ以来、月に2、3回妹と交わっています。義弟はあまりセックスに積極的でないようで、妹は私に跨って「あーあーおにいちゃん!ヒイー」っとはしたなく乱れます。「お前いい加減にしろよ」と心では思いますが…

初めての女は妻

私は、妻の祐子が初体験の相手です。結婚以来妻一筋ですが、私は祐子の他に女性を4人知っています。

 私の初体験は高校2年の時で、相手は当時中2だった祐子です。
 私達が知り合ったのはその5年前、転校生で苛められていた祐子を助けたのがきっかけでした。小3のいじめっ子を小6の私は圧倒的な対格差で制圧しました。それ以降、祐子は何かと私を頼るようになりました。私が高校受験を1ヵ月後に控えた2月、小6の祐子から本命チョコに添えられた手紙で告られました。受験前の大事な時期にと思いましたが小学生ですから仕方ありません。受験が終わり、祐子が中学生になってセーラー服のような制服姿を見たとき絶句しました。それまでガキ扱いしていましたが、同じ三つ編の髪型でも別人のように大人っぽく美少女になりました。
 1年間恋人として付き合い、キスまではしました。私が高2の時、祐子にセックスしたいと正直に言ったら即答でOKでした。私は両親が共働きで一人っ子なのをいいことに祐子を自室へ連れ込み、服を脱がせて中2の無垢な性器を観察し、弄りまわし、コンドームもつけずロクな前戯もせず、亀頭を唾で濡らしただけで処女を奪ってしまいました。「痛いよ…痛い…」清純な美少女の祐子を泣かせてしまいました。私に思いを寄せる純情可憐な祐子は、私の求めを断れなかったのでしょう。私は射精直前に外に出せばいいと思っていましたが、タイミングを逃し、半分くらい祐子の膣内に、半分は膣口の辺りに撒き散らしてしまいました。幸い妊娠しませんでしたが、血に混ざった私の精液が祐子の膣口周辺を汚していました。その後も私は自分の欲望のままに可憐な祐子を抱きました。今思えば最低な男でした。私は、大学進学で地元を離れ、涙ぐむ中3の祐子と最後のキスを交わして東京へ出ました。

 大学では、バイト先のパート主婦、OLさん、大学の後輩の3人と付き合いました。後輩は処女でしたが、祐子の時の反省から優しく丁寧にいたしました。

 地元に戻り就職して、同期の女性と意気投合して付き合いましたが、彼女、大学時代の先輩と私を二股掛けていて、私から別れました。交際期間8ヶ月でした。

 翌年春、新規採用者の名簿に思いがけない名前を見つけました。同姓同名かと思いましたが、配属先に行って確認したら、祐子でした。短大を卒業したばかりで、何とも清楚な女性になっていました。私は、他の男に取られる前に再会を祝してデートに誘い、5月の連休には約5年ぶりに身体を交えました。
 祐子は、大学時代にパート主婦に教わった私のクンニに悶えて、挿入前にイってしまいました。挿入後は、高校時代のようにガンガン突くようなことはせず、祐子が感じる場所を探してカリで刺激して、キスを交わしながら優しく抱きました。それでも祐子は仰け反って喘ぎ、あっけなくイってしまいました。
 私は、祐子がイッたのを初めて見ました。祐子にフェラしてもらいましたが、昔より上手になったような気もしました。祐子の性器は陰唇がはみ出すことも無く純情そうでした。上部が少し紫がかっていたのは、昔私が突いたからなのかわかりません。昔どんなだったかははっきり覚えていません。荒淫の形跡はなさそうでしたが、誰かに抱かれたかな?なんてちょっと嫉妬したりしました。
 祐子の高校時代と短大時代の5年間の事を根掘り葉掘り尋ねるような事はしませんでした。純情可憐な三つ編少女が、こんな清楚美人になったのですから、5年の間に誰ともお付き合いが無かったとは考えにくいです。少なくとも短大時代にはモテたでしょう。私が祐子をとやかく言える立場ではないのですが、やっぱり気になっていました。

 私26歳、祐子23歳で結婚しました。もう20年で子供も2人います。祐子は今も清楚な美人妻です。
 下の子を生んで1年くらいから、祐子はセックスに積極的になり、声を出して喘いだり、昔は絶対しなかった騎乗位で乱れるようになりました。今はすっかり中年夫婦ですが、週3~4回しています。最近、年のせいか早朝5時半頃目が覚め、朝起ちで祐子を抱くこともあります。清楚顔を歪めて性の悦びに乱れ、終わった頃には起きる時間になり、元の清楚妻に戻って朝食の準備をします。子供達が起きて優しい母親の顔になる祐子を見ていると、1時間前と同一人物には見えません。その時、祐子と結婚してよかったなあと思う瞬間です。

 ところが、20年経っても、やっぱり祐子の空白の5年間が気になる器の小さい私なのです。
 今更ですが、やっぱり5年の間に祐子は誰かに抱かれていると考えた方が妥当なのか・・・

人生色々(元夫に愛されて)ver.2

自慢めいた話から始まることをお許しください。

小学校の高学年ごろから、近所の大人たちから色白でかわいいとよく言われるようになり、中学生になると、何人もの男子生徒から告白されるようになりました。若い頃にモデルをしていたことのある母親に容姿が似たせいかもしれません。胸も人並み以上に大きく、それも魅力だったようです。性に好奇心が強かったせいか、私は高校生の時、一度だけ悪い友人に誘われて、20代の会社員の男性といけないデートをしたことがありました。生まれて初めてのセックスの経験でした。ホテルへ連れて行かれると、当然のようにフェラチオをさせられ、顔の上に男の人が跨ると、肛門も舐めさせられてしまいました。よくわからないまま、そうすることが当然のことのように思わされていました。処女でしたので、挿入はとても痛かった記憶があります。何で皆はこんなことが楽しいのだろうと思ってしまいました。男の人から帰りに五万円をもらいましたが、後悔の気持ちから、二度と同じことはしませんでした。
 まじめに勉強だけはして高校を卒業すると、私は短大に進学しました。短大は女子しかいません。でも、夏休みにバイト先で知り合ったW大学4年生の男性と仲良くなり、真面目で誠実な彼に恋をしてしまいました。彼には、同じ大学に同級生の恋人がいましたので、私は自分の気持ちを伝えることも出来ず、彼とは友達関係を維持していました。卒業後、彼の恋人は故郷に教師として帰ることになり、恋人を失って落ち込んでいた彼は、案の定、私に振り向いてくれました。
 私は20歳の誕生日に、彼に身体を捧げました。間もなく私も社会人となり、勤務する会社の男性からデートに誘われることも多かったのですが、彼を一途に愛し続けました。そして、私22歳、彼25歳の春に、二人は結婚しました。新婚旅行はハワイでした。結婚生活は幸せでした。まだ若かったので暫くは子供をもうけず、避妊をして性生活を営んでいました。私は、夫に抱かれているうち女の歓びに目覚め、それなりの快感を感じてはいましたが、乱れて自分を失うほどの快感を感じることは出来ませんでした。私は夫の前でも、清楚でまじめな女のイメージを崩したくありませんでした。それでも私の身体は自然と夫を欲して、ほぼ毎日夫のペニスを味わっていました。
 結婚3年目のころ、私は上司と出張に行くことになりました。男女の組み合わせでの、泊りがけの出張は珍しいのですが、急に仕事が決まって私しかあいていなかったので、止むを得ませんでした。出張先のホテルのバーで課長に酔わされた私は、気付いたらホテルの部屋で全裸にされて、課長に抱かれていました。状況を把握して抵抗しようとしたその瞬間、課長のペニスが私の膣内に挿入されるのを感じました。40歳の課長は、夫よりもゆっくりした動きですが、私の弱点を素早く探り当て、緩急をつけて私を少しずつ絶頂へ誘いました。私は、湧いてくる快楽に抵抗することができずに、夫では得られない焦らしを交えた課長のテクニックに、不貞行為であることも忘れて逝き乱れました。そして、最後には課長の精液を顔面に浴び、濡れたペニスを舐めさせられました。
「君は、お淑やかな美人妻だと思ったけど、セックスは乱れるんだね。旦那さんが羨ましいよ…」
私は、いけないと思いながらも翌朝も課長に抱かれてしまいました。私は、妻でありながら夫以外のペニスを受け入れてしまったのでした。私は、月に2~3度課長に抱かれるようになってしまいました。課長に抱かれる時に、私は頭の中が真っ白になるほど逝き乱れるのです。夫には恥ずかしくてそんな姿は見せられないのに、課長の前では淫乱に乱れる女になれるのでした。課長は安全日かどうかを私に確かめて、大丈夫だと思うと私が言うと、いつも中に出して果てました。そして決まって、ペニスを抜くと私に舐めさせましたが、私はそれが当然であるかのように、最後の一滴まで吸い取ってあげていました。生理が遅れると課長の子種で妊娠してないかとても不安でした。
 課長とのダブル不倫は半年で明るみになりました。夫は嘆き悲しみ、課長の奥様は半狂乱、結局私は離婚されてしまいました。私は26歳、夫は29歳、まだやり直しがききました。しかし課長は、夫に対する多額の慰謝料を私の分まで支払い、家庭を失いました。私は、いたたまれなくて結局会社を辞めました。

不倫して離婚された娘は実家でも疎まれて、追われるように都会に出ました。しかし、再就職が難しく、パートタイムでスーパーマーケットなどで働きました。その会社の本社の役員さんが来た時、お茶の用意などさせてもらったのが縁で、私は本社に採用されました。でも、その実態は役員さんの愛人になるという事だったのです。
「上司と不倫して離婚したんだってねえ。清楚な外見ではしたないねえ。」
そんな風に言われて、私は週1回、60過ぎの役員さんに抱かれることになりました。役員さんには奥様がいましたが病気がちで、よく入院していました。ホテルでは、いつも私が上になって腰を振り、最後だけ役員さんが上になってお腹の上に射精しました。時には役員さんの体のあちこちを舐めさせられたりしました。だんだんと道具を使ったり、黒革の拘束具を身に着けさせられたりするようになりました。当時、胸はEカップで色白なほうでしたので、役員さんは大喜びの様子で、SMチックなプレイを私に要求しました。やがて役員さんの30歳の長男さんとも仲良くなり、週に2回長男さんにも抱かれるようになりました。同じ年の長男さんは時には3度も私を抱いて果てました。役員さんとは親子なのに、体臭もペニスの味も精液も違っていました。長男さんは年下の恋人がいらしたのに、別れて私と結婚したいと言い出しました。長男さんは、私が父親の愛人だと知らなかったのです。私と長男さんとの関係は、役員さんの逆鱗に触れてしまいました。可愛い息子をそそのかされたと判断した役員さんは、私をSM器具のあるラブホテルに連れて行くと、現れた見ず知らずの三人の中年男性に私は縛られて、凌辱されました。3人のペニスを順に咥えさせられ、かわるがわる挿入されて腰を突かれ、3人分の精液を顔にかけられました。恥ずかしいことに、私は感じて乱れてしまいました。そして、「退職金だ」と200万円の束を投げつけられて、愛人生活が終わりました。
数日後、長男さんが訪ねてきて
「あなたはAVに出演した過去があったんですね…セックス狂いの汚い女だったんですね…清楚な振りして僕を騙したんですね…」
と言って、写真を置いて別れを告げられました。その数十枚の写真には、3人の男性に犯されて、はしたなく乱れる私が写っていました。私が後ろから男に突かれている写真には、ペニスと結合したアソコから流れ滴る、感じた証の白い愛液も写っていました。私は何も反論できず、彼とも別れました。

 30歳になってまた私は居場所を失い、ビル清掃会社で働くようになりました。私は2年間真面目に働いていましたが、32歳の頃、担当するビルの25歳の男子社員と顔なじみになり、食事に誘われて年甲斐もなく浮かれて出かけ、口説かれて抱かれてしまいました。7歳年下の若い彼は、引き締まった筋肉質の硬い体で激しく私を抱きました。
 「美人だ、綺麗だ。」
そういわれるのは何年か振りで、彼が本気だと勘違いしてしまいました。彼は、私を清掃作業服のまま抱きたがりました。時には職場のトイレでセックスすることもありました。2年間身体の関係を続けた後、彼は転勤してしまいました。もしかしたらプロポーズされるかも…期待した私が馬鹿でした。2年間、性欲処理に弄ばれただけでした。
寂しさに落ち込む私を優しく慰めてくれたのは、清掃班の班長でした。57歳の班長は以前はホームレスだったそうで、10年前にアルバイトで採用されて、そこから正社員になったそうです。私は優しい班長さんに誘われるままアパートまで上がりこんで、つい、寂しい身体を慰められてしまいました。もう34歳になっていた私を抱いて、班長さんは娘のような若い女体を抱いたと大喜びでした。それから週1~2回、肌を合わせるようになりました。班長さんは、清掃会社の班員の女性数人と身体の関係を持ってきたそうです。でも、わけ有りで独り身になった50代の女性ばかりで、私のような若い女はこの会社に来て初めてだそうです。 班長さんとは、3年でお別れがきました。還暦を迎えるに当たり、郷里に帰ることにしたと言いました。3年間身体の関係があった男性とお別れするのは辛かったです。恋愛ではありませんでしたが、情が移っていました。
 私は、39歳まで清掃会社で働きました。もう、男性と関係することもありませんでした。アパートに帰って一人分の食事を作り、一人で食べて一人で寝ました。何が悲しいか分からない涙を流すようになりました。
40歳を迎える年の春、私は生活に疲れ果てて、恥をしのんで郷里に帰りました。実家には顔を出せませんが、しばらくぶりに帰った生まれ育った街は、やはり心の落ち着つく場所でした。実家とは、新幹線の駅をはさんで反対側に住みました。実家の様子は見に行きませんでした。行けば両親に会いたくなります。生きていればですが…
 地元のホームセンターで働き出しました。収入は女1人が質素に生きていくのに十分でした。
まじめに働いて一年が経った時に、あの出来事がやってきました。
3月11日の金曜日の午後、倉庫整理をしていた私は激しい揺れに気が動転しました。金属製の棚が次々にガラガラと崩れて、商品が地面に落ちてきました。揺れは地響きとともにかなり長く続き、終わった頃には倉庫の中は足の踏み場もない状態でした。幸い私は怪我をしませんでした。
 急きょ店を閉めて、社員が駐車場に集められて安否の確認が始まりました。全員の無事を確認後、店舗を施錠して私達女子社員は一時帰宅するよう促され、アパートへ帰ったのですが、部屋の中は悲惨な状態でした。停電、断水、電話も通じませんでした。翌日職場に出向きましたが、暫く始業できない旨を告げられました。私のアパートは壁がヒビだらけで倒壊する危険があるとのことで、近くの体育館に避難しました。実家のことが気になりましたが、こんな時に親不孝の娘が顔を出すわけには行きません。体育館で大人しくしているしかありませんでした。体育館でテレビの映像を見て愕然としました。宮城や岩手はもっと酷いことになっていました。

 市役所の職員が、避難者の身元確認をし始めました。彼らもまた気の毒な被災者なのに、懸命に避難者のために働いていました。住所、氏名、生年月日を書き入れて手渡した職員が私の名前を口にして
「君は…」
それ14年前に別れた元夫でした。夫はこの街の市の職員になっていたのです。私は目を反らしてしまいました。どの面下げて元夫に合わせる顔がございましょう。元夫には新しいご家族もいらっしゃるでしょうから、私など邪魔な存在。
 夕方、私服に着替えた元夫が私を呼びに来ました。私はわざと迷惑そうな顔をして外に出ました。
「久しぶりだな。元気にしてたか?」
「ご無沙汰しております。その節は、大変なご無礼を…」
なるべく冷たく聞こえるように答えました。
「ずっとこの街にいたのか?」
「1年前に戻ってきました。でも、アパートが崩壊しそうで…」
「そうか…再婚したのか?」
「色々ありましたが、あれ以来結婚はしていません。」
「そうか…俺も同じだ…」
「え?…」
「俺のマンションに来るか?賃貸だが部屋は空いているよ。」
「そんな…ご迷惑な…」
「元は一緒に暮らした仲だ。困った時は頼れ。」
私は元夫のマンションに転がり込みました。まだ完全には片付いていませんでしたが、建物は鉄筋コンクリート造で堅牢でした。
「これ、地震で前のガラスが割れちゃったけど、捨てられなくてな…」
私はそれを見たとたん、その場に泣き崩れてしまいました。元夫が手に持っていたのは、新婚旅行のハワイで写した二人の写真でした。あのとき家庭持ちの上司との不倫に走らず、まじめに生きていれば、その後のみじめな苦労はなかったのです。

 その夜、久しぶりにお風呂に入って、14年ぶりに元夫に抱かれました。私のアソコを眺めて「苦労したんだなあ」と言って舐めてくれました。私は昔の、世間も男もよく知らない清楚な若奥様ではありません。元夫のペニスだけではなく、球も、そして菊のような肛門もやさしく舐めてあげました。汚れた私の体の遍歴をそれとなく教えるために、今までの男性に教えられた、男を喜ばせる性の技を一つ一つ彼にして見せたのです。男性に抱かれるのは、班長さん以来6年ぶりでした。元夫の懐かしいペニスが私に入ってきました。私の弱点を覚えていたのでしょうか、いきなり突かれて、そうかと思うと焦らされて…元夫は、若いときのような激しさはなく、昔不倫した課長さんのような中年男性のネットリしたセックスでした。あれから何人もの女性と関係を持ったのでしょう。元夫のペニスは赤黒く、オンナを悦ばせる業に磨きがかかっていました。元夫のペニスで膣壁を撫でられて声を出して喘ぎ、あまりの快感に身を捩って激しく乱れ、仰け反って逝きました。元夫に抱かれて、私は性の渇きだけでなく、心も満たされて嬉しさに涙を流していました。私はまだ元夫を愛していたことを悟りました。
けれども、私は元夫を裏切った女です。元夫に抱かれたからといって甘えるわけにはいきません。
 元夫が仕事に出かけた後、一宿一飯の御礼と、抱いてもらって良い思い出が出来たと手紙に残してマンションを後にしました。行くあてもないので、壊れかけのアパートで過ごしました。そして、やっぱりこの街を出て行くことにしました。私は郷里に相応しくない女なのです。
 41歳の女が知らない街で、1人で生きていくのは容易ではありませんが、元夫に迷惑はかけられません。不倫して裏切った元妻と一緒にいるなんて、お笑い種です。使えそうな物だけ選んで荷造りをしました。これから行き先を考えなければなりません。前にいた都会に戻るのが最善と思えました。ホームセンターにも離職手続きをしなければなりません。
 翌朝とりあえず住む場所を見つけるために、前にいた都会へ出かけようとアパートを出ました。するとアパートの前に元夫が立っていました。
「やり直さないか?」
「私はあなたに愛される資格のない女です。」
「ほれた女の過去は問わない主義なんでね…これ…」
元夫は婚姻届を私に見せました。そこには署名捺印がしてありました。そして証人欄には私の両親の署名が…私は嗚咽しました。荷造りした荷物の行き先は元夫のマンションになりました。

 今、私は42歳の妊婦です。もしダメでも仕方ありませんが、頑張って産みたいです。夫と再婚してからは、毎晩抱かれて逝きまくりです。別れた夫とのセックスがこれほど良かったなんて、苦労と引き換えに、この年になって知ったのです。そして妊娠。
 私達の夫婦の営みは少々変わっています。夫は離婚後の私の性遍歴を知りませんが、私のアソコの色やセックスの様子で、いろいろあったことは自然と分かると思います。愛人にもされ凌辱も受けました。60過ぎの男性に革の拘束具を着せられて、SMチックなプレイも毎回させられていました。夫は、私が離婚後に出会った自分の見知らぬ男達に、私が抱かれている姿を色々想像して、嫉妬しながら抱くのだそうです。それを聞かされた私は、夫に謝罪しながら逝かされるのでした。
 私はまた清楚な妻に戻りました。ただ、昔と違うのは、夫に抱かれているときに、オンナの悦びを隠さなくなりました。夫が刺激を望むのなら、過去の事も少しずつ、小出しに話してあげようかと思っています。
今私たちは快楽を貪る中年夫婦です。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら4

嫁の希と、軽い気持ちで行ったカップル喫茶。でも、みっちゃん夫妻との出会いもあり、運命を変えるほどの衝撃的な体験をしてしまった。

何度目かの軽いプレイの後、とうとう僕の目の前で、みっちゃんの異形の極太ペニスを生で受け入れた希。
僕は、その姿を見て信じられないくらいの興奮を覚えていた。そして、希も見たことがないくらい乱れに乱れ、失神してしまった……。


そして今、目の前で失神している希。足がだらしなく開いていて、その付け根のアソコからは、白い精液があふれ出ていた。
そして希の顔は、満ち足りた感じで幸せそうで、みっちゃんとのセックスが本当に良かったというのを物語っているようだった。


希は、見た目はちょっとヤンキーっぽいし、言葉づかいとかも含めて、清楚とか上品という感じではない。
でも、過去はどうだったのかわからないが、今は僕に一途で、浮気なんかもしていないと思う。

カップル喫茶に始めて行くことになった時も、僕には何もしちゃダメとか、他の女性を見て興奮するのもダメだとか言っていた。そんな風に嫉妬する希が、たまらなく可愛いと思っていた。


アソコから他人の精液を流す愛妻を見て、そんな事を考えていた。でも、さっきからずっと聞こえてくる、京香さんの狂ったようなあえぎ声を聞き、僕はすっかり回復して興奮していた。

ふと気がつくと、希のすぐ近くまで5人の男の子達が近づいていた。中には、あられもない希の姿を見て、オナニーをしている子もいる。京香さんとみっちゃんのセックスを見ている子もいるが、やっぱり若い希の裸体は気になるようだ。

その中の一人が、僕を見ていた。迷子の子犬のような目で僕を見つめる男の子。
僕は、
「まだ出来る? 好きにしていいよ」
と、男の子達に言ってしまった。すると、僕を見つめていた男の子は、パァッと笑顔になり、すぐに希に覆いかぶさった。そして、失神している希にキスをした。希は、目が覚めないままに、ダッチワイフのような状態だ。それなのに、夢中でキスをする男の子。他の4人も、ワンテンポ遅れて希に群がる。

僕は、自分で言った言葉ながら、後悔していた。若い大学生くらいの男の子に、唇を奪われ、両胸を舐められ、精子が流れ出ているアソコですら舐められている。
それだけではなく、脇の下も舐められているし、足の指まで舐められている。

失神したまま、5人の男の子達にダッチワイフのように扱われている希。
僕は激しく後悔したが、それは一瞬だった。失神している希をオモチャにする男の子達を見て、激しい後悔が激しい興奮に変わっていった……。

すると、希のみっちゃんの精子だらけのアソコを舐めていた男の子が、ガマンの限界が来たようで、希に覆いかぶさった。自分でペニスを持ち、希のアソコに押し当てて挿入しようとする。でも、童貞なのか上手く入れることが出来ない。そうこうしているうちに、
「あぁっ!」
とうめき、射精してしまった。
勢いよく飛んでいく男の子の精液は、失神したままの希のお腹、胸、首筋と汚していき、希とキスをしていた男の子にまでかかってしまった。

「うわっ」
「マジか!」
「きたねーって」
男の子達の非難の声が響く。

でも、すぐに足の指を舐めていた男の子が希に覆いかぶさる。この男の子は、散々京香さんとセックスしていた。それもあってか、覆いかぶさるとすぐに希に挿入した。
「アァ、ヤバい……」
男の子は、気持ちよさそうに声をあげる。でも、希は全くのノーリアクションだ。

男の子はすぐに、腰を振り始める。ぎこちない動きだが、必死で腰を振る。でも、希は目を覚まさない。
それは、異様な光景だった。本当に、ダッチワイフとセックスをしているように見える。

頭に精子をかけられたまま希とキスを続ける男の子、胸を舐める男の子二人、そして必死で腰を振る男の子。もう一人は、それを見てオナニーを始めた。

でも、希はまったく目を覚まさない。よほどみっちゃんのセックスが凄まじかったということだと思う。

「あぁっ!」
腰を振っていた男の子が、情けない声をあげると体を震わせた。ここで、男の子が生で入れていたことに気がついた。

あまりの展開に、そこに気が回っていなかった。みっちゃんに中出しされて、今さらかもしれないが、若い元気な精液の方が、受精してしまう可能性が高いはずだ。

そして、今日は安全日ではない可能性が高い……でも、一瞬でそこまで考えたのに、僕は男の子達を止めることが出来なかった。
自分の愛する嫁が、ダッチワイフ代わりにされ、中にぶちまけられているのに、強い興奮で立っていられない程になる僕……。

「ほら、代われって!」
胸を舐めていた男の子が、中出しをした男の子に言う。そして、押しのけるようにどかすと、すぐに希に挿入した。
「うわ、キツい! すっごい締まる!」
男の子はそんな感想を言う。

『ごめんなさいね、緩くて!』
隣でみっちゃんとバックでつながっている京香さんが、そんな事を言う。

「ご、ごめんなさい! おばさんのもキツいです!」
こんな風に言ってしまう男の子。

「おばさんだってよw」
みっちゃんが、からかうように言う。
『あなたのが太すぎるから、緩くなるんですよ』
京香さんが、頬を膨らませて言う。妙に少女っぽいリアクションで、可愛らしいと思った。

男の子は、そんな二人のやりとりも耳に入らないほど、必死で腰を振っている。そして、キスしている男の子を押しのけて、希にキスをする。

ダッチワイフ状態の希は、キスされても当然リアクションがない。それでも、必死で舌を突っ込もうとする男の子。

もう、何とも言えない気持ちになる。大勢に、よってたかってオモチャにされている事への怒り、妊娠してしまうのではないかという焦り、そして、嫉妬……そういう要素が、すべて興奮に切り替わっていく。

これは、性癖と言えるのだろうか? すでに僕は、病気なのかもしれない。それも、進行性で、不治の……。


「あぁ、ヤバい……出そう……」
男の子は苦しそうに言う。僕は、また中出しされる……今度こそ受精してしまう……そんな恐怖に胸が潰されそうだった。

でも男の子は、勢いよく体を離して膝立ちになると、希の美しい顔にぶっかけた……。
ピュルーという感じで、勢いよく希の頬、鼻、まぶたにぶつかる白い塊。


若い男の子達に、中出し、顔射をされて、なおも目が覚めない希。
「アァ、出ちゃう、変わって!」
オナニーをしていた男の子が、情けない声をあげながら、希に顔謝した男の子を押しのける。そして、希に挿入すると同時に、
「うぅあっ!」
と叫び、果ててしまった……。

オナニーをして、イク時だけ希に挿入する……ますますオナホみたいになってきた……いや、オナホ以下かもしれない……。
希がそんな風に扱われて、怒りよりも興奮している僕は、もうダメなのかも知れない……。


そして、わんこそばみたいに、次の男の子にバトンタッチする。すでに3人に注ぎ込まれた希のアソコからは、グチョグチョと凄い音が響いてくる。

『う、うぁ、な、なんで? あ、アッ! アッ! ンアッ!』
すると、希が目を覚まし、少しパニックになっている。確かに、目が覚めたら男達に囲まれて、挿入されていたら驚くのも無理はないと思う。

腰を振っている男の子は、希が目を覚ますと、すぐにキスをした。さっきの顔射でドロドロになっている希に、かまわずキスをする男の子。

『ンッ! んンーっ!』
希は、ただただ驚いているような感じで、うめいたりしているが、大きく抵抗はしない。


「イクぞ、イクっ!」
隣から、みっちゃんの声が聞こえてきた。
『んンッヒィグゥッ!! おおっぉお゛お゛お゛ぉっ!! イ゛グぅっ!!』
京香さんは、みっちゃんに中出しされて獣の雄叫びのような声をあげてイッた。

みっちゃんは、グッタリと半分失神したような京香さんから体を離すと、
「ほら、空いたよ、おいで」
と、男の子達に声をかけた。すると、希に入れている子以外は、京香さんに群がった。
そして、さっきの希みたいに失神している京香さんに、すぐに挿入した。


僕の目の前では、精液でドロドロになった希が、正常位で若い男の子とつながり、キスをしている。もう、意識もはっきりしたようで、希の方からも舌を絡めている。
希はそのままの状態で、僕を見る。目が合うと、ホントにドキッとする。他の男に抱かれながら、視線だけが僕と絡み合う状態。
それは、今の僕には最高のシチュエーションだ。一番大切なモノを目の前で汚されている……本当に、興奮が信じられないくらい大きくなる。

希は、僕のその心を見透かすように、男の子と体勢を入れ替えた。
『ふふw 疲れちゃった? 代わってあげるねw』
希は、エッチなお姉さんという感じで男の子に言う。そして、騎乗位になると、僕を見ながら腰を振り始めた。さっきのみっちゃんとのセックスの時と違い、余裕たっぷりな感じで腰を振る。

『マー君、ごめんね、犯されちゃった?』
自分で腰を振ってるクセに、そんな事を言う希。僕はなんと言っていいかわからずに、アウアウするだけだった。
『ちゃんと見ててね。若い子種、搾り取っちゃうから?』
希は、そんな事を言って腰を振る。生で入れていることを、しっかりと理解していることがわかる。安全日かどうかもわからないのに、生で入れて子種を搾り取るとか言っている希。
妊娠したら、どうするつもりなんだろう? 本当に、心の底から不安になる。

でも、そんな希をどうしても止めることが出来ない……。

『ンッ! アッ! あっ? あぁんっ? すっごく固い? 気持ち良いっ! マー君、気持ち良いよぉっ! 若いおちんちん、カチカチだよぉ!』
僕の目を見ながら、いつもは言わないようなエロいことを言いながらあえぐ希。僕を興奮させる為なのか、それとも本当に興奮してそんな事を言ってしまっているのか……。

希の後ろには、失神したままの京香さんが、ダッチワイフにされているのが見える。
こんなのは、想像もしていなかった。ハプニングバーとかカップル喫茶は、ネットで色々と調べて、ある程度はイメージが出来ていた。でも、こんなのは凄すぎると思う。

『大きくなってきたぁ? ねぇ、マー君、イッちゃいそうだよ。この子、もうイキそう。どうして欲しい?』
希は、本当にどうかしてしまったようだ。理性とか、貞操観念が飛んでいる感じがする。それとも、これが希の本当の姿なんだろうか?

「……そのまま……イカせてあげて……」
僕はものすごく迷いながらも、自分の欲望に正直に従った。

『変態? ねぇ、中に出していいって。いっぱい出してね?』
希はそう言うと、男の子にキスをした。そのまま腰を振る希。騎乗位で他の男にまたがり、自分からキスをして腰を振る姿は、夫としては見たくない姿だと思う。でも僕は、早く中出しされろ! と、思ってしまっていた……。

「あぁ、イキそうです……もうイっちゃいます」
男の子が、弱々しい声で言う。
『いいよ、イって。人妻に中出しして? 元気な赤ちゃん作ろーねw』
希は、いじめるようなことを言う。
「そ、そんな……止めて……下さい……アァ、ダメ、出ちゃうっ! とめてっ! 腰止めて下さいぃ!」
男の子は希にそんな事を言われて、急に怖くなったようにそんな事を言う。でも、希は一切腰の動きを緩めない。

『ほらほら、出してごらん。人妻に中出ししてごらん? 赤ちゃん作ろーね、パパ?』
希は、こんな事を言いながら腰の振りを早めた。

「あぁっ! イクっ! ごめんなさいぃっ!」
男の子は、泣きそうな声で叫びながら、イッてしまった……。
『あぁ、熱いの出てるよぉ? マー君、ごめんね……受精したかも?』
他の男に中出しされながら、僕にそんな事を言った希。もう限界だった。

希に飛びかかるように抱きつくと、そのまま押し倒して挿入した。何度も中出しされた希の膣は、ドロドロになっていて、いつもよりも抵抗感なく僕のモノを飲み込んだ。

『あぁん? マー君、私が種付けされてるの見て、興奮してるの?』
下から、妖艶な目で僕を見る希。もう、狂ったように腰を振った。

『あっ、あっ! マー君、気持ち良いよぉ? もっと! 掻き出してぇっ! 他のせーし、全部掻き出してぇっ!』
こんな事を言いながら、さらに僕の乳首を触ってくる希。これが希の本当の姿なんだろうなと思った。多分、希は元ヤンだと思う。元ヤンで、しかも完璧と言ってもいいくらいのルックスの希……ヤリまくりだったのだと思う。3人しか経験がないと言っていたが、当然嘘だと思う。

可愛いヤンキーで、ヤリマンじゃない子なんていないはずだ。

でも、今の僕は、自分の嫁が昔ヤリマンだったと思うと、嫌悪感よりも興奮が大きくなるだけだ。
もしかしたら、寝取られ性癖というのは、器がデカいと言うことなのかもしれない。嫁や彼女の浮気を、興奮に変える能力。それは、能力者と呼ばれても差し支えがないのかもしれない。

一瞬、そんなわけのわからない現実逃避をしてしまったが、とにかく必死で腰を振った。他の男達の精液を掻き出すために、必死だった。今さら遅いとわかっていても、掻き出さずに入られない……。

『マー君、凄い……いつもよりカチカチだよ……もっと、もっと強くして! あ、アッ! あっンッ! ンッ! 気持ち良い! あぁんっ?』
希は、本当に気持ちよさそうに感じてくれる。他の男の精液でドロドロになった顔で、真っ直ぐに僕を見つめながら感じてくれる希。
僕は、思わずキスをした。他人の精液が僕の顔にもくっつくが、興奮が大きすぎて気にもならない。

「ラブラブだねぇw」
急に、すぐ横で声がして驚いた。慌てて横を見ると、みっちゃんが座っていた。

セックスの最中に声をかけられるのは、もの凄く気まずくて、一瞬動きが止まる。
「気にしないでw 続けて続けて!」
みっちゃんは笑顔で言うが、こんな間近で見られてると思うと、余計に体が動かなくなる。さっきの凄いセックスを見せられたあとなので、余計に恥ずかしいというか、コンプレックスのような気持ちを持ってしまい、動けない。

『ネェ、代わってあげるねw』
希は、そんな僕に同情したのか、体位を入れ替えてくれた。そして、騎乗位になると、ガシガシ腰を振り始めた。

『マー君、気持ち良い? もっと気持ち良くしてあげる?』
希はそんな事を言うと、僕の乳首を触り始めた。騎乗位で上になり、腰を振りながら乳首まで責めてくる希。今まで僕には、隠していた顔だ。

「凄いねw ノンちゃんは経験豊富なんだねw」
みっちゃんにそんな事を言われ、
『京香さんには負けちゃいますw』
なんて言う希。余裕がありすぎて、悲しくなる。さっきのみっちゃんとのセックスは、希は余裕がない状態だった。結局、失神するまで責められてしまった。

「俺のもいいかな?」
みっちゃんが、自分のペニスを手でもてあそびながら聞く。
『へへw 大っきくなってますねw マー君、いい?』
腰をなまめかしく振りながら、希が聞く。

「もちろん、いいに決まってるよ!」
僕は、ほとんど考えることもなく即答した。こういう時、僕は見栄を張るというか、虚勢を張ってしまう。本当は、もう勘弁して欲しいと思っている。寝取られ性癖を満足させるのは、あの男の子達で充分だと思っている。
希が、みっちゃんとこれ以上セックスをしてしまったら、戻ってこなくなる……本気でそう心配している。でも、あっさりと承諾してしまう僕……我ながら情けないと思う。

『いいってw じゃあお口で』
「嬉しいねw」
みっちゃんはそう言うと、希の横に立つ。本当に、間近で見ると迫力がありすぎるペニスだと思う。
希は嬉しそうな顔でそれを見ると、手で握り、口に運んだ。目一杯大きく口を開けて、そのボコボコのペニスを口に収める希。

「あぁ、気持ち良い……やっぱり上手いねw」
みっちゃんが感心して言う。

僕の上に、騎乗位で繋がっている希が、他の男のペニスを口でしている姿は、あまりにも衝撃が大きい。見上げる角度なので、その異様な長さや太さが際立つし、希の表情までしっかりと見える。
さっきまでの僕とのセックスの時とは違い、トロンとした目でフェラを続ける希。欲しい……入れたい……希の、そんな言葉が聞こえてきそうだ。

みっちゃんが、優しく希の髪を撫で始めた。それを見て、僕は強烈に嫉妬してしまった。
『あれ? もっとカチカチになったよ。イッちゃうの?』
希にそんな事を言われて、バカにされたような気持ちになる。でも、もう限界なのは確かだった。

NTR使える寝取られサイト

「どこで何をしててもいつか必ず会えるってわかってるから、全然つらくない。その日が来るまでがんばる」

思い出を少々ドラマチックに語ってみた。
疑問点があったらその部分はネタだと思って、創作前提でお付き合い下さい。
ただ主人公がかっこつけたがりのアホなのは、あんまり責めないで欲しいのだ。
 
 
 1---------------
 
幼稚園の時、ユーリ(仮)っていう女の子と仲が良かった。
 
ある日俺は幼稚園でうんこもらしてしまって、あまりの恥ずかしさに暴れてた。
そしたらユーリは「だいじょうぶ!わたしもしょっちゅうおねしょしてるよ」
と笑って励ましてくれた。
「でもおれはうんこ…」「だいじょうぶ!うんこのほうがすごい!」
 
どうにも意味不明なその言葉で、ものすごく安心したのを覚えている。
 
大好きだったが、俺は事情があって急きょ学区外の小学校に行くことになった。
ユーリとは幼稚園の卒園式でお別れとなった。
 
小学5年生の後半、俺はもともと行くはずだった、ユーリのいる小学校に転校した。
でもそのころにはユーリのことはすっかり忘れてた。
幼稚園時代の他の友達もほとんどわからんようになってた。
 
6年生になってクラス替え、しょっぱな隣の席になったのがユーリだった。
最初俺はユーリだってわからなかった。
幼稚園では愛称で呼んでたし、名札を見ても漢字だから思い出せなかった。
 
ユーリは素材はすごくかわいい。
でもやせこけて何か野暮ったい、着てる服も貧乏くさい感じになってた。
それでも、かわいかったので普通に話しかけてみたら、楽しくて初対面な気がしない。
 
「寝ぐせ付いてる、頭洗えー」とか初対面なら失礼なことも、遠慮なく話してたら
「ベンジーだよね?また会えた、よかった!」って突然言われた。
そこで初めてユーリだって思い出して、うれしくなって意気投合、すぐ仲良くなった。
(ベンジーはあだ名。外人ではない)
 
幼稚園のころのおねしょの話をしたら、一瞬ユーリの表情が青ざめたんだが…。
あれで救われたってことを話したら、とてもうれしそうにニッコリ照れ笑いしてくれた。
 
幼稚園では男女意識がなかったと思うので、この時が俺の初恋だと思われる。
ユーリが俺のことをどう思ってるかは知らない。
ただとにかく人生バラ色~とか思って浮かれてた。
 
ユーリは、ぐっさん(仮)っていう女子と大体いつも一緒にいた。
見た目はゴリラだが、時折シュールなゴリラダンスを発動する愉快なやつだった。
見た目はゴリラだが、ユーリの友達なので自動的に俺も友達になった。
 
(水川あさみとエネゴリ君でイメージしていただいても良かろうと思う)
 
ところがしばらくして、この2人がどうも軽くだがいじめられてることを知る。
2人は「しょんべんゴリラ」的なコンビ名で陰で呼ばれてて、仲間外れにされてた。
 
何でいじめられるかって言うとユーリは小3のとき、まだ少しおねしょ癖があった。
それが何かのきっかけでばれた。
おねしょした日もしなかった日も、におってなくても、くさいくさいとバカにされたのだ。
その内おねしょはすっかり治った。
なのに6年生になっても、それを引き合いに出されてはじかれるのだ。
ぐっさんはぐっさんで、見た目がゴリラだから、雌ゴリラ扱いされてた。
 
俺は他の友達に
「Heyベンジー!何でしょんべんゴリラとつるんでんだい、お前もクサイぜえ」
とか言われるようになった。
 
まずい、これでは俺もいじめの標的になってしまう。
しょんべんゴリラとは縁を切るべきか。
だがユーリのことはかわいくて好きだし、ぐっさんは愉快なゴリラだ。
 
俺は昔ユーリのおねしょ話で、子供ながらにだが、救われた気持ちになった。
それはユーリにとっても救いになったんじゃないかと思う。
そう思うと、俺にまで冷たくされたらユーリがかわいそうだ。
 
俺は優柔不断な子供だった。
しょんべんゴリラと生きていくべきか、他の友達をとるか、決断できる力がない。
どっちともうまくやってく社交性も、俺にはなかった。
 
その結果ひとりぼっちになりかけてしまった。
 
 
 2---------------
 
そんなある日ぐっさんが話があると言って、放課後の教室で俺を呼びとめた。
たまたまか、ユーリは一緒じゃなかった。
 
ぐっさん「うほ、ベンジーさいきん元気ないな、ユーリも心配してるのだ」
 
ぐっさん「わたし達と遊んでたら友達に嫌われるんだな。無理しなくていいウホ。
ずっとユーリと2人でいたから、ベンジーと仲良くできて楽しかったのだ。
もうわたし達のこと無視していいウホ、今まで気ー使って仲良くしてもらってすまぬ」
 
というようなことを言われ、俺は悲しかった!
ただ楽しいからいっしょにいたのに!
俺が偽善で、友達を演じていたとでも言うのかいMonkey。
いや、ぐっさんがそんなことを言うのは俺のためなのだ。
俺が孤立しかけてた理由もわかってるのだ。
そう思えば、ぐっさんの優しさも身にしみてくる。
 
俺「気ー使ってないよ。仲良くしてたのは、俺が好きでやってただけだから」
 
ぐっさん「ウホ?」
 
俺「だからー、俺の勝手だ、好きでやってんだから!」
 
ぐっさん「ウホ、それってどどどどっちWho?」
 
俺「え?」
 
仲良くしたいから仲良くしてただけ、と言いたかったんだが。
俺が、ユーリとぐっさんのどっちかを好きで、それで仲良くしてたって思ってるのか。
どうもそうらしい!
うん、しまった、その通りだから、違う違うとは言えないじゃないか。
 
ぐっさんは「好きなのはぐっさんとユーリどっち?」という意味で質問している。
ユーリを好きなのがばれるだけでも恥ずかしいのに。なぜ2択になってる。
どうする、どうする!ぐっさんのやつ何でもじもじしてんのだろう。
 
思わず「どっちがとかじゃない」と答えてしまった。
 
ぐっさん「どっちもか?」
 
優柔不断な俺「うむむ、(女の子として)ユーリも、(友達として)ぐっさんも」
 
するとぐっさんの顔が、わかりやすいくらいニヤけて赤くなった。
何やらウホウホ言って、踊りながら帰っていった。
何をウホウホ言ってたのかわからない、覚えてない。
 
次の日、しょんべんゴリラは2人でひそひそと話をしたあと、俺のとこに来た。
 
ニヤニヤしながらぐっさんが言った。
ぐっさん「ユーリもベンジーLoveだそうだ、ウッホ!」
 
俺「何だとう!」
 
ぐっさんのななめ後ろで、ユーリがもじもじしてる。
ユーリ「最近ちょっと元気なかったね、でもまたベンジーと遊べたらいいな、どぅふふ」
 
当時笑い声になぜか品がなかったユーリだが、照れ照れでかわいいぜ!
(※デブ笑いではない。ユーリはやせてた。むしろもやしっこ?おしっこもやしっこ)
 
両思いだ、ヤッホー!と思ったが、まだ話は終わってなかった。
 
ユーリ「どぅふ!でもぐっさんもベンジーのこと好きなんだよね!」
 
ぐっさん「やだなもうユーリ!ウホウホ」
 
ユーリ「ライバルだねえ、わたし達ライバルだねえ、どぅふふ」
 
照れるユーリと踊るぐっさん、どうなのこの空気。
11歳の初恋にして三角関係に巻き込まれるとは!
もとはぐっさんの勘違いと言いたいとこだが…、いや間違いではない。
俺のあいまいな態度が原因である。
 
しょんべんゴリラにとっては、恋愛の盛り上がりという感じじゃなかったと思う。
お互いに共通項ができたことと、また俺と仲良くできそうなこと。
それが単純にうれしかったんだと思う。
小学生同士でめんどくさい恋愛ドラマになるわけはない。はず。
 
そんなわけで、いっとき距離を置きかけた2人と、また話すようになった。
三角関係にしばらく悩んだが、2人がのん気にしてるので俺も気にしないようにした。
 
でも少しずつ、気にしないではいられない、思春期ってやつが近づいてくるのだ。
 
ある日ユーリとのあいだに、大きな共通の秘密ができた。
 
 
 3---------------
 
その日はぐっさんが学校休んでて、俺はユーリと2人で放課後の教室で話をしてた。
2人きりだったから、当番仕事か何かのあとだったと思う。
 
ユーリは悩んでいた。
しょんべんゴリラへのいじめは仲間外れと陰口程度で、騒ぎになったことはない。
修羅場話に発展できるほどの重さはないが、それでも当事者にとっては軽くはない。
 
ユーリ「しっこ女言われるのに、ベンジーは私がいやじゃないの」
 
俺「いやも何も、ユーリがおねしょしたおかげで俺元気いっぱい」
 
そんな台詞だったかどうかは忘れた。
でもあらためて、幼稚園でのユーリの言葉がうれしかったことを、言いたかったのだ。
ユーリはホッとしたような、でもちょっと悲しそうな、そんな顔をしたから言ってやった。
 
俺「男ってほんとはみんな、女子のしっこが気になってるから、あれこれ言うのだ。
何でちんこじゃねーの、みたいな」
 
ユーリ「うわあ、何かすけべじゃんか!どぅふ」
 
そのころの俺たちにとって「すけべ」という言葉の意味は、大人のそれとは少し違う。
ただ単に、ちんこ、おっぱい、お尻、などに対するまくら言葉みたいなものだった。
思春期の、性欲が確立しそうな悶々としたあの感じの、一歩手前にある感じ。
 
いちいちしゃがんでするの、めんどくさくない?とかいう話をしてたらユーリが言った。
 
「体がそういうふうになってるんだから、しょうがないじゃんか。見ればわかるよ」
 
うわあ、見てみたいぜ!
でも見せたいという意味なのか、会話の流れで出てしまった言葉なのかわからない。
俺は困惑したが、見たいと言ったら見せてくれるんだろうか!
精通もまだだった子供の俺だが、エロい感情ももちろんある。
でもそれより、単純な好奇心で頭がいっぱいになった。
 
俺「しっこ出るとこ見ていい?」
 
ユーリは少し悩むそぶりを見せたが「ベンジーだからいいけど内緒だよ、それと…、」
俺のも同時に見せるってことで話がついた!
きっとユーリも、未熟な大人羞恥心より、旺盛な子供好奇心が上回ったに違いない。
 
校舎の外れの男子トイレで、俺は小便器からいつもより一歩下がっておしっこをする。
ユーリもズボンとパンツを下ろした!どきどき。
そして、床の排水孔におしっこを直接照射可能、と思われる位置にしゃがむユーリ。
 
女子が男子トイレにいるということと、しかも床に直接おしっこするということ。
エロいどきどきよりも、そんなルール違反にヒヤヒヤしてる感じもあった。
 
でもとにかく、好きな女の子とおしっこ見せっこ!
単純にワクワクしてしょうがないのは、羞恥心が未熟だから。
…未熟だけどって言うべきか。
 
俺と同じくユーリも、何だか楽しそうだったが、そわそわして不安そうにも見えた。
大きな目でちんこを眺めながら、複雑な表情で、リアクションに困ってるように見えた。
ちんこからおしっこが出始めたのを見て「男っていいよね便利だね」ってつぶやいた。
 
「あ、私も出るう、…ん」
俺より数秒遅れてユーリのおしっこが出てきた。
音は聞こえたが、見下ろす位置関係の俺からは、肝心なところが見えない!
それに気付いたユーリが、見えるように体勢をどうにかできないかと、動き始めた。
まだおしっこは出てる。
下半身すっぽんぽんならM字開脚でもしたんだろうか。
でもズボンが完全に脱げてないからそうもいかない。
 
俺におしっこを見せようとがんばるユーリ、間抜けだけど健気でかわいいのだ!
そして後ろに体重をかけてしまって、
「うわあ」ユーリは思わず尻もちをついてしまった!
 
まだおしっこは出てる。
しかもズボンにかかりそうになったので、両足を抱え上げようとしてる。
腰まで床につくかっこになった!
 
俺は出し終えたが、あわてるユーリを手伝うため急いで、ちんこもしまわず駆け寄る。
ユーリの両足を持って支えてやったら、ユーリは完全に仰向けになった。
まだおしっこは出てる。
 
うんこした赤ちゃんがお尻を拭いてもらうような感じになった。
丸見えだ!まんこも尻の穴も丸見えだった。
肉が切れてる?しっこ出てる!言葉だけが頭をぐるぐる回る。
 
ちんこ丸出し、まんこ丸出し、ユーリの足を持って向かい合ってる俺。
思えばこれは挿入直前のポーズだ。
そんな知識はほとんどないんだが、なぜかうずうずした。
ちんこが熱くなるのを感じたが、まだぼっきには至らなかった。
においは、やっぱりおしっこくせえ、としか思わなかった。
 
ユーリ「これやだ恥ずかしいっい!んっん…んひ!」
緊張のせいか、ユーリがしゃっくりした。
ユーリも、知らないなりに何か、交尾で雄を受け入れる雌の本能を感じたんだろうか。
 
ユーリのおしっこは、最後は途切れながら、軽く噴き出してやっと出終わった。
ぴょろり!ぴょろ!って感じ。
今さら恥ずかしがるユーリの、口をぱくぱくしてた真っ赤な表情が忘れられない。
唇の動きがまんこに似てるような気がした。
 
俺はそこでようやくぼっきした。
まんこよりも、おしっこよりも、ユーリの表情でぼっきしたことに気付いた。
かわいいから?エロいから?わけがわからない感情が押し寄せてくる。
 
すけべなこと、いけないことをしたんだ!
そんなこと最初からわかってたが、リアルな実感として意識したら、心にずーんとくる。
ユーリも同じだったと思う。
 
ぼっきしたちんこは、すぐパンツにしまったから、ユーリには気付かれてない(はず)。
帰り道、2人はほぼ無言だったが、今日のことはぐっさんには内緒、とだけ約束した。
 
何だか怖くなって、2人の時でもこの話はしなくなった。
 
その怖さというか、胸騒ぎは、今でもときどき思い出す。
子供から大人になる覚悟を迫られた、漠然とした緊張感だったんだと思う。
 
 
 4---------------
 
その日のあとからはまた、ぐっさん含めて仲のいい関係に戻った。
 
でもユーリと2人になると、トイレでのことを思い出して、気まずくなる。
2人の距離がぐーっと近づいたはずなのに、むしろ何も話せなかった。
ぐっさんと3人でいるのは相変わらず楽しかった。
 
ユーリとのあいだに秘密ができたこと以外は、表面上は何も変わらなかった。
 
しょんべんゴリラと一緒にいると、他の友達に疎外される!
そんな不安は、あまり考える余裕がなかった。
というのも、しばらくして精通がやってきたからだ!夢精だった。
すけべな夢を見たりしてちんこからドロドロが出る、という予備知識はあった。
だから、ついに来たかという感じで、割と落ち着いていたし、親にも普通に白状した。
 
落ち着いていられなくなったのは、その朝見た夢を、あとになって思い出した時だ。
 
…はっきりとは覚えてないが、俺は夢の中でユーリを追いかけてた。
エロ気分だが、具体的なエロ行為は知らない。
ただとにかく抱きつきたい、ちゅーしたい裸見たいって思って、ユーリを追いかけた。
追いついたら、そこは学校のトイレ、多分あの見せっこしたトイレだと思う。
ああ、あの日の胸を突き上げるような、もやもやした感じ。
ときめきとも罪悪感ともとれる、うれしいような苦いような感情がよみがえる。
下半身裸で仰向けで、足をジタバタさせているのは、あの時のユーリ…、
 
じゃなかった!あ、何だぐっさんじゃないか。
 
…え?
 
そこまでしか覚えてない。起きたらパンツが濡れてたのだ。
 
ああ、ぐっさん!夢にぐっさんが出てきたぞ!
 
おしっこ体験の主役ユーリを差し置いて、何でぐっさんが。
ぐっさんの夢を見たら初めて夢精したという事実は、ひたすら俺を動揺させた。
主演女優はユーリだったが、クライマックスでぐっさんが主役を食った、その衝撃。
大どんでん返しのどんな映画を見ても、この時の戦慄にはかなわない。
 
動揺しながらも学校では、精一杯今までどおりの俺を装った。
でもその日から、ぐっさんを女として意識してしまう毎日が続くのだった。
ゴリラなのに、あいつゴリラなのに!
 
一方で、ユーリのことも好きだったし、て言うかあくまで「好き」なのはユーリのほうだ。
ユーリが好きなのに、ぐっさんにどきどきする、っていう自分がよくわからなかった。
 
精通後も、小学生の間は、俺はほとんどオナニーしなかった。
ちんこいじる行為に何となく抵抗あったから、射精はほとんど夢精だった。
夢精のときに見た夢を覚えてる場合は、ぐっさんとユーリの共演がほとんどだったよ。
でも主演はぐっさんが多かったの。
 
ちんことまんこを見せ合ったユーリをよそに、俺の中で、エロ面で台頭してきた女。
ぐっさん…。
 
 
 5---------------
 
そして、本格的にオナニーを覚えると同時に、俺は中学生になった。
 
ぐっさんは相変わらずゴリラだ。
ぶっちゃけて言うとブスだ。
声は低いしひげが生えてるし、スタイルもドンドコドンだ。
女としての魅力をあげろと言われれば、比較的おっぱいの成長が早いことくらいだ。
あと色も白い。
 
色の白いは七難隠す、ということわざがある。
でもぐっさんは、女としては百難くらいありそうだから意味がない。
むしろ色の白さが百難を際立たせている。
ああもちろん、外見的には魅力に欠けるということを、大げさに言いたいだけだ。
俺にとってはおもしろくて好きだし大事な友達だ。
 
そして俺はそんな女をおかずにすることもあった。
俺はぐっさんに惚れてしまったんだろうか。
 
一方ユーリは、いつの間にかほっそり美人SlenderBeautyへの道を歩き始めていた。
私服から制服になったら不思議と野暮ったさが減った。私服が貧乏くさかったからか。
部活のために切った髪も似合ってて清潔感アップ!
どぅふどぅふ、という変な笑い方もしなくなった(個性的で俺は好きな笑い方だったが)。
 
他の小学校から来た子たちとも、まあまあ話せるようになってた。
もともと深刻ってほどじゃなかったいじめは、すっかりなくなってた。
 
○○小学校から来たユーリって結構かわいくね?みたいな男子の噂も…
あったかも知れない。
引っ込み思案だから目立たないが、少なくともかわいいほうの女子に分類されてた。
俺にとっては一番かわいい。一度まんこも見たし!
 
まああくまで地方レベルだから大げさな美少女を想像しないでね。
 
中身は2人とも変わらない。
相変わらずぐっさんは変てこだし、ユーリは気が利くやつだった。
そしてうれしくも困ったことに、2人とも俺にべったりだった。
小学校から仲いいってだけの俺が、両手に花とバナナって状態が続いてた。
 
男女間の交流に否応なしにエロさが忍び寄る、中学生っていう年代である。
もうセックスのやり方も知識だけは何となくある。
エロいことすればちんこから精子が飛び出るし、まんこは濡れるってことも聞いてる。
なのに2人はラブコメ漫画みたく俺の両手をひっぱって、「私のー!」「だめ、私のだ」
俺の取り合いを演じてふざけて、3人で結構スキンシップもしてた。
そんな時俺はいつもぼっきしてた。
 
ユーリはどんな気持ちだったんだろう。
あの日のおしっこ見せっこは、俺の定番のオナニーのおかずになってるのに。
でも、その俺でも罪悪感みたいのはあった。
ユーリにとっては、何もなかったことにしたいのかなと思った。
 
2人は俺を本気で奪い合うつもりはないように見えた。
俺が困ってる様子を見て、楽しんでただけだと思う。
俺がどっちかを選ばないとダメ!みたいな空気にはならなかった。
間に挟まれて勝手に悩んだりしたのは、俺だけだった気がする。
 
俺はまだまだ背が低かったから、姉妹が幼い弟を取り合ってじゃれてるような感じか。
そのころはそんな感覚だったのかな、と今は思う。
 
さすがにしばらくすると、子供みたいにどこでもべったりな空気はなくなっていった。
人間って不思議だ。
性欲が育ってくのに比例して、それを抑えなきゃって思う気持ちも強くなる。
3人でいるときにも、そんな大人の男女の心模様を感じるようになってきた。
 
それでも中学生のあいだは普通に仲良く、恋人未満の友達として3年間を過ごした。
 
2人とも一応ほかにも友達はいた。
特にユーリは同じ部活の一部の男子からチヤホヤされてた。
告白されるってのはなかったと思うが。
軽いノリで男子から、バレンタインチョコくれくれー言われるのはめずらしくなかった。
そしてユーリはそれを全部ことわった。
俺だけにチョコをくれた。ぐっさんも俺だけにチョコくれた。
 
どっちか1人とだけ特別に仲良くするということはなかった。
だからどっちかと付き合ってるとかは言われない。
ユーリを一人占めしやがってこのやろーとかユーリファン(?)に責められずに済んだ。
ちょっとは冷やかされたが。
 
ユーリは成績はよかったが、家が貧乏なので大学進学は考えてなかった。
就職を見越して実業系の高校に行った。
俺とぐっさんは普通の頭で行ける普通高校に行った。
 
 
 6---------------
 
中学の卒業式の後、俺の家に集まった。
俺としょんべんゴリラと、トミー(仮。外人ではない)っていう男友達の4人。
ユーリは、俺とぐっさんとお別れだからと、卒業式の時からぼろ泣きだった。
会えなくなるわけではない。
 
トミーは俺としょんべんゴリラの関係を、何となく見守ってたやつである。
こんなことを質問してきた。
 
トミー「学校が別になったらどうすんの。ベンジーはぐっさんと付き合うのかね」
 
俺は「そうだよ」と即答した。
 
俺がそう思ってたことはしょんべんゴリラは知らない。
今初めて言ったから、びっくりしてた。
中学の3年間で、ユーリは女らしくなったし、ぐっさんは人間に近付いた。
姉弟みたいな空気から、ほんとの恋愛感情に変わってきてるのは気づいてた。
だから、どっちも好きだけどそろそろ、区切りをつけないとって思ったのだ。
 
ぐっさんを選んだのは、俺以外の男に相手にされるわけないし、カワイソウだから。
そんな失礼千万な同情からなんだが、密かにおかずにもしてるし好きなのは事実だ。
偽善者意識はこのときはなかった。
ユーリは泣いてたが「ユーリはもてるからすぐ彼氏できるよ大丈夫」ってなぐさめた。
もちろん俺は、ユーリも好きだから複雑ではあるけど、この時点では深く考えてない。
 
ぐっさんは喜んでくれたが、ユーリの気持ちを思ってか複雑な面持ちだった。
 
ユーリはまだ納得いかないみたい。
俺とユーリは、おしっこ見せっこっていう秘密の体験を共有してる。
だからユーリは、ぐっさんを一歩リードしてるつもりだったのかもしれない。
もちろん俺にとっても大きな体験だったし、しょっちゅう思い出してオナニーもしてた。
でも実は、ぐっさんで初めて夢精した時のほうが、衝撃は大きい。
だからぐっさんを選んだ、っていうことではないのだが。
 
俺「ごめん、ユーリも好きだけど、両方ってわけにはいかないのだ」
 
ユーリ「それでも!私は最初の彼氏はベンジーがいい!」
 
今さらだが、こんな男の何が良くてそこまで言うのかわからん。
そういう俺も、ぐっさんの、女としての何が良くて好きなのか、よくわからないんだが。
ユーリは泣きながら抱きついてきた。
 
ユーリ「ぐっさんごめん~、今日だけベンジーの彼女させて」
 
ぐっさん「ウホ?」
 
そしてユーリが俺の顔をつかんで、唇を近づけてきた!
 
ユーリ「ファーストキスもベンジーとがいいよ!んっ…ん」
 
奪われた格好になった!俺にとってもファーストキスだった。
大胆な行動に、そばで見てるぐっさんとトミーは固まってる。
俺も固まってるし、ちんこも固まった。
 
ユーリ「2回目も3回目もベンジーがいいよう…んん、ん」
 
って感じで、ちゅ、ちゅ、ってされた。
4回目でユーリの舌がにょろりと入ってきて、頭の中がふにゃーってなってきた…、
…そこでユーリはぐっさんにひっぱられて、ようやく俺の体から離れた。
 
ぐっさん「ウホ」
 
ユーリ「ごめん…」
 
ぐっさんは怒ってるそぶりは見せなかったが、内心はわからない。
俺の手をぐいっと引っ張って、ユーリから離れたとこに座って言った。
 
ぐっさん「わかったのだ。ユーリに彼氏ができるまでは、私ベンジーと付き合わない。
でもユーリずるいな!私もベンジーとちゅーするウホ」
 
ぶ厚い唇でちゅうされた。
ユーリに対抗するようにちゅちゅちゅ、って何回もして、同じように舌を入れてきた。
そしてまた同じように、ユーリに引っ張られて中断した。
 
トミーはずっと脇役だったんだが、ここで発言。
 
トミー「俺がユーリの彼氏になれば万事解決じゃね?」
 
何が解決なのかよくわからないが、この状況にトミーも少々興奮していたようである。
※あとで知ったがトミーは前からユーリに少し気があった。
俺と特別親しくはないのにこの場にいたのは、それが理由だった。あのやろう。
※しかもユーリがちゅうしてるとき、パンツが見えていたようである。あのやろう。
まあ俺はまんこまで見たからいいけど!あの時は、エロ意識が発達してなかった。
つくづく悔やまれる。
 
トミー「いいじゃん?なー、ユーリ、俺、俺と付き合」
 
ユーリ「でもトミーは、ぐっさんは好きじゃないでしょ」
 
よしお「え、でもそんなの関係ねぇ…」
 
ユーリ「どっちも好きって言ってくれるベンジーが好きなのー!」
 
トミーはあっさりふられた。
普通なら嫌われるはずの二股男がユーリは好きらしい。
て言うかトミーをふる口実か。
いや、よほどぐっさんと固い友情で結ばれているんだろう。
これにはぐっさんも感激したようで「やっぱ今まで通りがいいウホ」
 
どうやら俺は、2人を彼女にするか、どちらとも付き合わないしかないようであった。
何だか女の怖さと子供っぽさを知ったような気がした。
 
でも、ユーリが他の男と付き合う気がない、ということに、安心してもいた。
そんな自分の優柔不断さもあらためて感じてた。
 
 
 7---------------
 
そんなこんなで高校生になった。
ぐっさんは今まで通りの関係がいいと言った。
でも学校にユーリがいないから、今まで通りなわけない。
自然に今までより親密になって、毎日のように一緒に帰る。
そして毎日のように帰り道でちゅうした。
 
1ヵ月くらいして、俺の家でぐっさんと初めてセックスした。極めて自然に!
(ぐっさんとのエロ描写は自粛しろと言われたので、詳細は書かない)
 
それからは堰を切ったように、結構な頻度で日々やりまくった。
大体ユーリが部活をがんばってる時間帯、もちろんユーリには内緒。
 
俺の家はいつも夜まで誰もいないから、体力があるときは2、3回続けてやった。
ぐっさんはゴリラのように野生の咆哮を轟かせて、あえぎまくった。
そのくせ終わると人間に戻って、ユーリに申し訳ないと言って泣いた。
 
ユーリとは何回か3人で会ったけど、普通の雑談ばかりしてた。
もっと3人で遊ぼう、なんて俺はいつも言ってたが、それは建前だ。
本音は、そんな暇があったらぐっさんとセックスしたかった。
 
ぐっさんは、ユーリに彼氏ができない限り俺と付き合わない、と宣言してある。
だから、ユーリを裏切ってるんだ、と自分を責めた。
でもセックスしてても、イコール付き合ってる、ってわけじゃないのだ。
そんな言い訳をひねり出して、とにかくセックスしてた。
 
高校生になって最初の夏休みが来た。
ユーリから、3人であそぼーと何回も誘われたが、会いたくない。
何かと理由をつけて断って、ほとんど毎日ぐっさんとセックスしてた。
サルみたいにやってた。ぐっさんはゴリラみたいだった。て言うかゴリラだった。
 
ユーリに会いたくないのは嫌いになったから、なんてことはあるわけなくて、罪悪感。
そして、ぐっさんとセックスしていたかったから。
ぐっさんとセックス→ユーリに悪いから会いづらい→ぐっさんと2人で会う→セックス。
そんな循環とも言えた。
 
でもユーリはしつこいくらいに誘ってくる。
さすがに断ってばかりというわけにもいかず、夏休みに一度だけ、3人で会った。
俺とぐっさんが、一昨日も2回セックスしたなんて、ユーリは知る由もない。
その日ユーリは、恥ずかしそうに、でも何だかニヤニヤしながら、こんなことを言った。
 
ユーリ「しょっちゅう誘ってくる部活の先輩がいて、断りにくいから、言っちゃったー。
○○高校に彼氏がいるって言っちゃったー!」
 
ぐっさん「うほ!ベンジーのことか?」
 
ユーリ「あはは、ごめん。でも話の中だけだからー」
 
そしたらぐっさんが、うっほうっほと踊るように泣きだした。
俺には泣いた理由がわかったが、とにかくユーリはびっくり。
ぐっさんが怒った、と思ったようである。
勝手にベンジーを彼氏扱いするなんて抜け駆けだ!と。
 
ユーリ「ごめん、ごめんてば。本気でベンジー取るつもりじゃなくて、話の中だけ」
 
ぐっさんは泣きやまない。
そしてユーリも泣きだして怒ってしまった。
 
ユーリ「何でえ?ぐっさんは学校でも毎日ベンジーに会えるのに、私はちがうもん!
これくらい別にいいじゃんかっ!」
 
ぐっさん「ちがう、ちがうほー」
 
なだめるように俺は、ぐっさんの背中をぽんぽんと優しく叩いてやる。
それを見て、ユーリは何となくピンときたみたい。
抜け駆けしたのはぐっさんのほうなのだと。
 
ユーリ「2人つつつ付き合うようになった、の?」
 
と聞かれたが、付き合ってはいない(つもり)。
ちがう、とぐっさんが答えた。
ユーリは少しホッとしたようだが「じゃあ何なの」
いろいろ追求されて、セックスしたことをついに話してしまった。
 
処女のユーリは突然の生々しい話に、かなり動揺したあと、ムキーッと怒った。
でも何とか理性を働かせようとがんばってた。
 
ユーリ「しょしょしょうがないか、いやー、でもちょっとヨクボーに流sれただけdしょ。
付き合ってなくても、男と女がいつも一緒にいたら、1回くらいは、」
 
俺「100回くらいしたかも」(数えてないけど多分)
 
ユーリの理性崩壊!かと思ったが、意外と淡々としてた。
「そそそうかー、うんうん、しょうがないねえ」
 
「じゃあまたね。あ、私部活やめたから。また遊ぼうね!」
 
ユーリは俺とぐっさんを置いて帰っていった。
最後は無理にニコニコしていたようだが、愛想つかされたのははっきりしてた。
また遊ぼうねの言葉と裏腹に、もう会うことはないだろうとはっきり悟った。
俺はぐっさんと生きていくことを決意するしかなかった。
だがぐっさんは、親友を失った悲しみに暮れているようだった。
そしてその日も結局セックスした。アホだ。
 
俺も心は痛んだが、前に一度、ぐっさんを選ぶって俺が決めたんだし。
ユーリに内緒でぐっさんとセックスしてたのは、もちろん良いこととは言えない。
でも責められることでもない、と思ってた。
 
それから夏休みの間、ぐっさんとは会わなかった。
お互い会う気にならなかった。
夏休みが明けても、ぐっさんは沈み込んでしまっていた。
心配だがしばらく放置するしかない。
 
俺は自分が悪いとは思っていなかったが、さすがに悩んだ。
ゴリラが野生の本能に負けて、人間の親友を裏切ってしまったのだ。
 
俺は踊らなくなったぐっさんを、どう慰めればいいのかわからなかった。
 
 
 8---------------
 
9月のなかばのある日、学校から帰ると、家の近くにユーリがいた。
愛想尽かされたと思ってたし、もう会えないと思ってたからどっきりした。
でもやっぱりうれしい。
まだ早い時間だから、部活はほんとに辞めたのかも知れない。
 
ユーリ「ぐっさんは一緒じゃないんだ?」
 
俺「あれから学校以外では顔見てない」
 
ユーリ「…ほんとはどっかでえっちしてきたんでしょ」
 
俺「あれから話もしてない。あいつ落ち込んでる。ユーリはどうかしたの」
 
何となく話したかっただけ、というユーリを家に上げた。
俺の部屋でユーリと2人きりになるのは初めて。
ユーリは大好きなぐっさんと仲直りしたいんだと言った。
 
おねしょでいじめられてた小3のころ、気にせず仲良くしてくれたぐっさん。
ユーリにとって大事な友達なんだそうだ。
その話は、ユーリからは初めて聞いた。
俺がぐっさんからすでに聞いてる話は、その裏側のことだった。
当時のある日、ぐっさんは学校で少しちびった。
そのままおしっこで濡れたパンツで過ごしていたが、においでばれそうになった。
 
だが矛先はおねしょ癖のあるユーリに向けられた。
ちびり女と呼ばれずに済んだぐっさんだが、ユーリが自分のせいで虐げられている。
いたたまれなくなって、罪の意識もあって、友達になることを決意したのだった。
このことはユーリは知らないし、俺も口止めされてる。
 
まあそれはともかく、ユーリはぐっさんと仲直りしたい。
 
俺「ユーリが許してくれたらぐっさん踊って喜ぶよ、俺からも言っとく」
 
ユーリ「まだだめ、言わないで」
 
俺「なんで?」
 
ユーリ「ベンジーとぐっさんがくっ付いても、私が恨む筋合いないってわかってるから。
怒ってるとか許すとか、偉そうなこと言えない。
でも私もベンジー好きだもん!悔しい思いだけして、ただ譲るのは耐えられないよー」
 
ぐっさんとのセックスばかりで薄れかけていたが、俺だってそうだ。
ユーリへの気持ちが消えたわけじゃないのだ。
改めて好きだと力説されて、うれしくなってしまう。
そんな自分を罪深く感じつつ、ある欲望が生まれた!
 
ここしばらくぐっさんとセックスしてないから、俺は欲求不満だった。
そして今はユーリと2人きり。
ここで、ユーリにやらせろって迫ってみたら、やらせてくれるんじゃないか。
ぐっさんとだけやってゴメン、ユーリとも同じくらいやりたい、とか言ってみるか。
 
ユーリは俺のことが好きで、俺とぐっさんがセックスしたのを悔しいと思ってる。
だから当然ユーリも俺とやりたいはず!
高校生の性欲バリバリの、身勝手なことばかり考えてしまう俺だった。
 
そして、そんな身勝手でバカな俺の思ってた通りだから、始末に負えないのである。
ユーリが言った。
 
「仲直りはしたいけど、もうちょっとあとにする。だってぐっさんとだけってずるいもん!
仲直りの前に私もベンジーと、…!」
 
言い終わる前にユーリにちゅうした。何回もした。
ユーリがふにゃふにゃになった。ちんこはカチカチになった。
もう、すぐにでも入れたかった。
でもその前にユーリから話があった。
 
「夏休み、先輩(※以前からユーリを口説いてたという先輩)とホテル行った」
 
!!(ざわ…ざわ)
 
「私から誘った」
 
(ざわ…ざわざわ…)
 
俺は目の前が真っ暗になった。
 
『ユーリはもてるから、すぐ彼氏できるから大丈夫だよ~』
なんて半年前に慰めたのを思い出した。
それがうわべだけのものだったって、あらためて強く自覚した!
俺は一度ぐっさんを選んだはずなのに。
ユーリが他の男と、しかも俺以外には引っ込み思案なくせに、自分から誘って…
って考えたら耐えられないと思った。
 
その耐えられない事実を今から聞かされる。
 
 
 9---------------
 
ユーリ「初めてはベンジーとが良かったよ!でも!」
 
俺とぐっさんの関係を知って、ユーリは自暴自棄になった。
デートのお誘い自体は先輩からだったが、突然ホテルに引っ張り込んだのはユーリ。
 
混乱と歓喜で理性が飛んだ先輩(童貞)は、我を忘れてユーリに覆いかぶさった。
気があせって慌ててる先輩はユーリのパンツだけを脱がせる!
そして濡れてないのにとにかく入れようとしてくる!
 
ユーリも覚悟してたものの、ちんこが入ってきたとき、あまりの痛さに悲鳴をあげた。
 
痛いのと、痛さと同時にやってきた強烈な後悔と自己嫌悪で、ユーリは暴れた。
暴れたら余計に痛くて、逃げたくて、先輩の顔や胸をバシバシ叩いた。
無我夢中で叩いたら先輩はやっと離れた。
ずぶりとひっこ抜けた先輩のちんこに、血が付いてるのが見えて、ユーリは泣いた。
茫然とした先輩は、ユーリがあわてて謝ったら一応許してくれた。
でもユーリは逃げるようにノーパンのままガニ股で帰ったのだった。
 
話してるあいだ、不思議とユーリに悲壮感はなかったけど、
ユーリ「こんな話、しないほうがよかったかな…」
 
確かに聞きたくなかった。
でも自分のアホさ加減を知るためには、聞くべき話だったのだと思った。
ユーリがつらい思いをしたのは俺のせいだと思った。
ほんとは、親友を裏切って俺に体を許した、ぐっさんのせいにしてしまいたかった。
ぐっさんを選んだ俺をあきらめてくれなかった、ユーリのせいにしてしまいたかった。
 
でも俺が優柔不断じゃなかったら、ユーリもぐっさんも悩まなくてよかったに違いない。
 
小学校からの慣れ合いに流されて、何となくここまで来てしまったのは俺のせいだ。
自分を真正面から批判する自分に、初めて出会った。
 
そのストレスのせいか突然、もーれつな下痢腹痛に襲われた!
もともと胃腸が弱いほう(軟便体質)であるが、こんな急な下痢痛は初めてだったの。
あぶら汗が浮いて、顔も青くなってたかも。
心配し始めたユーリにかまわず、俺はトイレに走った。
 
トイレの前までついてきたユーリに、もりもりバビバビってうんこ音を聞かれたと思う。
もちろん気にしてられなかったので、とにかく全部ケツから吐き出した。
 
出してしまえばすっきり。
でもさっきまで、セックスできる!と期待してぼっきしてたちんこに、元気がない。
うんこしたのが恥ずかしくて縮んでたのだ。
トイレから出たらユーリがそこにいた。
やっぱり音聞かれてた。
 
ユーリ「おなか大丈夫?勢いすごかったねえ、パンツ脱ぐの間に合った?」
 
わざと明るめに言ってくれたようだが、かえって恥ずかしいだけで、俺は落ち込んだ。
おしっこは見せ合ったのに。
あの日はうれしくもあったのに。
うんこってやつは!うんこってやつはどうして音だけで、こんなに恥ずかしいんだろう。
目を合わすことができなかった。
そしたらユーリが言った。
 
「大丈夫、私なんてしょっちゅううんこもらしてるよ!」
 
あれ?…あっ…!ユーリがニコニコ笑ってる。
 
この感じって。
ああっ…!!そうだ!
 
俺の前に、幼稚園で俺を元気づけてくれたユーリがいた!
 
このあったかい安心感はよく覚えてる。
昔うんこもらした俺を立ち直らせてくれた、ユーリだけが与えてくれるものだ。
高校生にもなってしょっちゅううんこもらすわけない、すぐに嘘だってわかる。
はああ、と、安心のため息と同時に涙が出てきた。
 
その場でユーリを抱きしめた。
ユーリも俺の背中に手をまわしてくれた。おっぱいが当たる!
早熟だったぐっさんに負けないくらい、いつの間にかユーリのおっぱいも育ってた。
それに気づいたら、情けないことにいっぺんにぼっきしてしまった。
 
ユーリにちゅうしようとしたら言われた。
 
ユーリ「ここくさい(笑)」
 
そうだ、トイレの前にいるのだ。俺のうんこのにおいだ。
 
ユーリ「ベンジーもくさい」
 
俺「ごめん」
 
ユーリ「お風呂入ってきたら。あ!お、おふろ入、はい、入っ…」
 
お風呂という言葉を出した途端、ユーリがどもり始めた。
恥ずかしいことを言いたいんだなと思った。
何を言いたいのかはすぐに直感した。
 
俺「いっしょに入ろ」
 
ユーリは黙ってコクンとうなずいた。
 
 
 10---------------
 
風呂場で裸の俺とユーリ。
 
俺は、ぐっさんのドンドコドンな裸をバカにする気はない。
でも見慣れたぐっさんと比べると、やはりユーリの裸はきれいとしか言いようがない。
ただ、毛は似たようなもんだった。
ぐっさんのジャングルと対照的な、柔らかな草原を勝手にイメージしてたんだが。
ユーリのも手付かずのジャングルだった。
 
ユーリは素っ裸を男に見られるのは初めてなので、恥ずかしがってた。
でも隠すとかうずくまるとかじゃなくて、逆に、俺にしっかり抱きついてきた。
確かに裸をじろじろ見られなくて済むね。
初めてまんこを見られた小6の時、ユーリは恥じらいというものを覚えたはず。
それは15歳の今、ほんとにかわいい仕草に進化してた。
 
さっき制服越しに当たってたおっぱいが、今度は直接当たった!
乳首も!くにゅくにゅって。
いっぱいちゅーしたしおっぱいも揉んだ。
 
4年ぶりに俺のちんこを見たユーリの感想は「ここだけ色が濃くなってる!」
大きくなったねとか、むけたね、とかじゃなかった。
ぼっきは初めて見せたんだから、そもそも別物か。
 
お風呂っていってもシャワーを軽く浴びただけで、部屋に行った。
(お尻は念入りに洗った)
 
部屋ではもっとじっくりちんこを見せたし、軽くしゃぶってもらった。
ぐっさんの厚い唇とちがってユーリの口は、控えめにモチュモチュ動いててかわいい。
でも、ついぐっさんと比べてしまう自分が何だか嫌で、あまり考えないようにした。
 
ユーリもとまどいながらの実質初のセックスだから、ほんとは聞きたかったと思う。
ぐっさんとはどうやってたのか、とか。
でもユーリは何も言わなかったし、俺も言う気はない。
まんこ舐められたときも、ぐっさんも同じことされたかな、なんて考えたかもしれない。
しゃっくりしながらあえぐ声が、泣いてるようにも聞こえた。
 
これ以上ないほどぬるぬるになった、ユーリのまんこ。
いざちんこを入れようとした時、ユーリが言った。
 
ユーリ「何であの話(※先輩で処女喪失の話)したかって言うと」
 
「ベンジーが安心するかと思って」
 
「初めてはベンジーがよかったけど、後悔もしてるけど、結果的にそれでよかったよ。
あんなに痛いんだったら、痛いのだけ先に済ませられてよかったよ。
だから、痛いのから逃げようとしてベンジー殴ることないよ、だから安心して…、あっ!
あ、あ…っ!」
 
ずぶりずぶり。ありがとう。
 
ユーリの中はあったかかった。
ユーリの言葉が俺の気持ちをあったかくしてくれたのと同じくらい、あったかかった。
大好きだと思った。
 
ところが、少し腰を動かしたら、ユーリの表情が小さく歪んだ。
 
ユーリ「あれ?何だこれは…、いたたた、痛い痛い」
 
処女じゃなくなってからもしばらくは、挿入したら痛いこともあるんじゃないかと思う。
それがユーリにとっては予想外だった。
ぐっさんは、最初から痛がらなかったし、出血もちょっとだった。
でも何回目かまでは、少し違和感あるって言ってた。
だからユーリの反応にも俺はあわてなかったんだが、腰の動きを止めた。
 
ユーリ「まだ痛いもんなんだー、ごめん、大丈夫だと思ったのに」
 
俺「じゃあ俺ユーリに殴られる!」
 
ユーリ「あはは、殴らない!そのかわりちゅーする」
 
挿入したまま何回もちゅうした。ユーリがしゃっくりしたから歯が当たった。
挿入されたまま、ユーリは言った。
「ぐっさんと100回したんだったら、私とも100回してほしい」と。
 
ユーリ「そしたら全部プラマイゼロだから、元に戻れるよ」
 
元に戻って、また3人で仲良く過ごせるという意味なんだと思った。
でも俺はもう無理だと思った。
もうセックスを知ってしまった大人の男女なんだから(まだ15歳だけど)。
元に戻っても、また同じ悩みを繰り返すだけだと思った。
 
ユーリもそんなの分かってるはず。
だけど、俺とぐっさん、2人とも大事にしたい、と思ってるんだな。
そのためには、嘘でも元に戻ったつもりになれたらいいと、思ったのかもしれない。
 
でも俺はもう、ほんとに好きなのはユーリなんだって気付いたのだ。
ぐっさんとは友達の延長で、性欲に流されただけだって。
それに同情が加わっただけなんだって。
どっちみち、2人と平等に、男女として付き合い続けることはできない。
 
ぐっさんが他の男と付き合って幸せそうにしてる姿を想像してみた。
俺は素直に祝福して喜べると思った。
でもユーリは誰にも取られたくない。
俺だけがユーリを幸せにしたいと思った。
 
そう思うと同時に、そんなのただの醜い独占欲なんだって気付いた。
俺の思いはユーリのためなのか、自分のためのものなのか。
わからなくて頭がぐちゃぐちゃになった。
 
そんな大人ぶった青春の悩みの裏で、こんな都合のいいことも考えていた。
2人とうまく折り合いを付けることができるだろうか、そしたら…。
毎日代わる代わる2人とセックスできるかも!(3Pではない)
 
まあとにかく、今はこうして言葉で書いてるんだが。
この時はただ、漠然ともやもやしてるだけだったと思う。
ほんとはどうするべきなのか、すぐにわかるはずもなかった。
 
今はとにかく目の前のユーリが大好きで、ユーリとのセックスに集中しようと思った。
 
腰をゆっくり動かしてるうちに、ユーリも慣れてきて、痛がらなくなってきた。
違和感をがまんしてくれただけかもしれないが、声を出して感じてくれるようになった。
100回して、と言われたものの、その日は3回が限度だった。
 
俺「ごめん、100回は無理」
 
ユーリ「1日でじゃないよ!」
 
その日から、2日以上の日を空けることなく、ユーリは俺の家に来るようになった。
もちろんセックスするため。
生理の時とか、あまり時間がないときもあった。
そんなときは小さな口で、もちゅもちゅぴゅるる!ってイかせてくれた。
 
そしてユーリは、(挿入に限らず)射精させた回数をスケジュール帳でカウントしてた。
これが目標の100回になったとき、3人の関係がリセットできるとユーリは思ってる。
 
俺は俺で、いろいろ悩んで、考えてた。
リセットするなら、俺が2人と出会う前にリセットするべきだと。
2人を傷つけないためには、俺が完全に身を引いたほうがいいのさあ。
と、きざなことを本気で考えてた。
 
連日ユーリとセックスしながら、俺は2人との別れのことを思った。
ユーリはこう言った。
「3人仲直りできたら、ぐっさん次第だけど、両方とえっちすればいいじゃんか、ね?」
 
いっとき俺が身勝手に考えたことと同じ考えだった。(3Pではない)
 
でも、そうなったらうれしいが、それを考えるとお腹が痛くなるようになった。
実際ユーリとのセックスの前後に、下痢うんこすることが何回かあった。
そんな時ユーリは苦笑いして「いっしょにお風呂はいろ」と照れながら言ってくれた。
 
平均すると1日1回のセックス(射精)。
3ヶ月以上が過ぎて、目標の100回が近づいてきた。
ユーリはそれを区切りの儀式として、ぐっさんと仲直りしたい。
 
でもそれと裏腹に俺は心の中で、もう2人から離れようと決めた。
 
 
 11---------------
 
あと2回で、目標のセックス100回到達っていうある日、ユーリが言った。
 
ユーリ「今日で2回しちゃう?私はしたいな」
 
その言葉は純粋な性欲からだったと思う。
100回近いセックスの中で、ユーリは(大人としての)すけべになった。
何回もイクようになったし、飲んでと言わなくても精液を飲んでくれる。
外出しの精子が顔まで飛んでも、おへそが白い水たまりになっても、いやな顔しない。
(髪に精子がついたらいやな顔された)
 
学校のトイレでユーリのまんこを初めて見た、あのポーズ。
何というか、体育座りで仰向けになった感じ、と言うべきか。
その状態で挿入する。ユーリが膝を開かない正常位。
この体位で(しかも上半身は制服を着て!)するのが俺は一番興奮するって気付いた。
ユーリにとってもそうだった。
 
あのトイレでの出来事、あのとき拭いたおしっこは、少しぬるぬるしてた気がするって。
ユーリがそう言った。
気のせいかも知れないと言ってたが、初めて濡れたんだろうか。
あれが俺とユーリのエロの原点だったのだ。
セックスするようになってから、ようやくあの日のことを、お互い話せるようになってた。
 
ユーリが気持ちよくなり過ぎて、おしっこがぴゅるぴゅると、もれ出たこともあった。
かまうことなく、おしっこくさい肉の割れめを舐めてあげたら、ユーリは泣いて喜んだ。
おしっこが原因でいじめられてた過去が、どうでもよくなったって。
 
「ベンジーとだったら安心しておしっこもらせるみたい(笑)」だと。
もらして欲しいわけではない。
 
「ベンジーも私の前では安心してうんこもらしていいよ(笑)」だと。
もらしたいわけではない。
 
俺の顔の上にまたがるのもユーリのお気に入りだった。
でもシックスナイン69よりは、俺が立った体勢でちんこしゃぶるのが好き。
唇でちんこに触れる前に、必ず一度俺の目を見て、ゴクンとつばを飲み込むユーリ。
タマ袋を、パンチングボールみたいに指でぽよんぽよんしてるユーリ。
どの表情もとてもいやらしくて、そしてかわいかった。
 
恥じらいは残していたが、そんなふうに、3ヶ月の間にユーリはすけべになった。
だからこの日、仲直りのための儀式はさておき、単にやる気まんまんだったみたい。
 
そして!
 
そのユーリの誘いを俺は!断腸の思いで断った!!
15歳にして半年で約200回のセックスに溺れた、優柔不断な俺が、断った!!
 
俺は俺の思いをここで初めて告げた。
あと2回セックスしたって、もう元の3人には戻れない。
戻っても、また同じことの繰り返しで、2人が辛い思いすると思う。
だから俺は2人と別れる。
2人のためにそうするって、わかってほしいのだ。
ぐっさんはもう俺とずっと話もしてないが、学校生活は友達とうまくやってるみたい。
そのあいだ俺とユーリが密会してきたことも、ひょっとしたら感づいてるかもしれない。
でもぐっさんは何も言わないでいてくれる。
ぐっさんも、もう戻れないことはわかってるんじゃないかと思う。
これからユーリとぐっさんが仲直りしたとしても、俺は2人と出会う前に戻るよ。
 
…って感じのことを冷静にかっこよく言えるよう、俺は直前に3回オナニーしてあった。
かっこいいことだけ言って、ぶっちゃけセックスに疲れてきてたことは内緒だ。
でもやっぱり少し泣いた。ユーリも泣いてた。
 
でもなぜ俺は、100回を待たずに終わりにしようと思ったのか。
俺は保険をかけたのだ。
保険っていう表現じゃおかしいかもしれないが。
 
俺「100回の約束だったから、あと2回はいつか会えるときのために取っといて。
大人になって、また会うことがあったら」
 
俺は、ユーリと100回セックスしたら完全に別れるつもりで、心の準備をしてた。
でも、直前になると、どうしてもそれがさびしくなった。
だから、回数を残しておけば、いつかまたユーリと結ばれると思った。
今は別れても、いつかまた会える可能性を、残しておきたかったのだ。
別れたけど別れてないって言うか、別れを無期延期にしたいみたいな。
かっこつけ過ぎだし、うまく言えないが、そんな感じだ。
 
俺は最初、ユーリは納得しないと思った。
それを振り切るからこそ、かっこいい男でいられると思ってた。
 
でもユーリは、泣いてはいたが、なぜかうれしそうに言った。
 
「またいつか会えるんだ!よかった…!」
 
なぜそんな言い方したのかわからなかったが、明らかにうれし涙だった。
まるで俺が別れを用意してたことまでは、すでに知ってたみたいな。
その上で、また会えることは考えてなかったからうれしい、みたいな。
 
そんな俺のとまどいをよそに、ユーリがそわそわし始めた。
 
ユーリ「わかったから、2回のうち1回は今して。私、私ね!がまんできない!あはは」
 
!!ユーリが濡れた目でそう言った。
そう言われるのを見込んで、意識して複数回残したわけではない。
 
しかしそこまでお願いされたら、3回オナニーしたちんこでも、断れるわけなかった。
 
 
 12---------------
 
最後じゃないけど仮の最後だからと、なるべく時間をかけてセックスした。
俺がイきそうになったら一旦抜く。
そして抱き合って、ちゅうして、口と指でユーリをイかせた。
それの繰り返し。
今までで一番、ユーリがぴゅるぴゅるとおしっこをもらす回数が多かった。
 
この日まで、生で挿入した回数は多くない。
でもこの日は入れたり抜いたりの繰り返しだったから、ここまでゴムは付けなかった。
 
いよいよがまんできなくなったので、最後はゴムを付けようとしたら、ユーリが言った。
 
ユーリ「そのままして、中で出して」
 
恐ろしいことを初めて言われた。
そんなことできるわけないって言ったけど、ユーリは超Super真顔だった。
とりあえず生で入れた。
 
何回も寸止めしたあとなので、すぐにでも出そうだった。
 
俺「もう出るよ~」
 
ユーリ「うん、中で!そのまま!あ、あ、だ、出してね…ん、んひっく!」
 
セックス中、たまにしゃっくりする癖があったユーリだが、慣れてからはしなくなってた。
でもこのとき久しぶりにしゃっくりした。
膣内射精を受け止める覚悟と緊張のせいだと思う。
ギリギリまでユーリは中で!って言い続けたけど、そういうわけにはいかなかった。
 
ユーリ「もう最後だからね、ね、ベンジーお願い…んっひ」
 
俺「最後じゃないよ、ユーリとはいつか必ずもう1回するから!」
 
おなかとおっぱいに思い切り、ぴゅるぴゅる出した。
3回オナニーしたからその日4回目の射精なんだが、水っぽい精液が死ぬほど出た。
ユーリはがくがく震えながら、びくびく震えるちんこを見ながら、放心状態になった。
精液を死ぬほど浴びながらイってしまったユーリは、自分のしゃっくりで我に返った。
 
ユーリ「ひっひ!んあ、あー、こんなに出たんだ。これじゃ中には入りきらないよね」
 
俺「あれ(中出し)、本気で言ったの」
 
ユーリ「ううん、ああいうの一度言ってみたかっただけ。本気なわけないじゃんか」
 
…絶対本気だった気がする。
 
いっしょにお風呂に入った。
大人になって、会う必然があるんだったらいつか必ず自然に出会えるよ、って言った。
そもそも同じ町内に住んでるから、明日バッタリ会ってもおかしくないんだが。
でもクールに決めようと思ったら、大人って言葉を使いたかった。
 
ユーリ「ベンジーがまた会える、って言ったらほんとに会えるから、信じてるよ」
 
幼稚園でお別れしたとき、俺は覚えてないが、何も考えず「またね」って言ったらしい。
その当時の俺側の事情を考えると、また会える見込みなんてなかった。
ユーリのいる小学校に転校したのは、ほんとにたまたま戻って来れただけなのだ。
でも「またね」と言った俺が、ほんとにまた会いに来たから、とてもうれしかったらしい。
(会いに来た、わけじゃなくてたまたま会えただけなんだが)
 
俺「(記憶になくても)俺は約束を守る男だ」
 
ユーリ「その時まで最後の1回はとっとく?」
 
俺「とっとく。中に出すかも」
 
ユーリ「どんと来い!(笑)」
 
1回だけちゅうして、笑顔で別れることができた。
でもあとで少し泣いた。ユーリも泣いたかな。
 
何だかきざなことをたくさん言ってるようにみえるが、当時俺は15歳のガキである。
もともと中2病的ではあったが、そんな気取ったことをほんとに言ったかどうか。
台詞の記憶はあいまいである。
しかしサルみたいな少年が踏ん張って、性欲に任せる生活を断ち切ったのは事実。
踏ん張れたのは、ぶっちゃけセックスに飽きたからかも、っていうのはやっぱり内緒。
 
ただ、最後の最後に、ユーリはこう言ったのだ。
「実は私も、ベンジーと同じこと考えてた」
 
俺「どういうこと」
 
ユーリ「ううん、何でもない。また会う約束してくれたじゃんか。だからもういい」
 
ユーリが言いたかったことは、このときの俺はまだ知らない。
次にいつ会うのかはわからないまま、『またね』と言ってユーリは帰った。
 
その後、しょんべんゴリラの友情が復活したことは風のうわさで知った。
 
 
 13---------------
 
ユーリとセックスして別れたのは、高校1年の12月。
親愛なる2人の女性のために、俺は欲情にまみれた自分の青春を投げ捨てた。
そんな自分ちょっとかっこいい!と思って酔ってた。
 
年が明けると俺はすぐ16歳になる(早生まれ)。
新しい年、愛する人の幸せだけを願う、煩悩に惑わされないクールな男!
俺はそんな男に生まれ変わったのだ。
セックスはお腹いっぱいだったが、しなくなると、やっぱり欲求不満にはなった。
でも我慢したのだ。
これが大人の男の決断だ!(未成年だけど)、という自己満足。
そんなんで清々しい気分になったふりをした。
 
そして、そんな虚勢が長く続くはずもないのが、10代の男という生き物だった!
セックスを覚えてしまった男子高校生の虚勢なんて、抜群にもろかった。
 
オナニーするときに、せっくすしてえよー、と無意識に涙目でつぶやく。
そんな日々がやってきた。
でもあんなにかっこつけて別れを告げた以上、今ユーリを求めるわけにはいかない。
 
でもきっとバレンタインには、何もなかったように、ユーリがチョコを持って来たりして!
それをきっかけにまた!
 
でも何もなかった。ぐっさんからも。
他に親しい女はいない。さびしかった。
 
しょんべんゴリラには縁があってモテてただけで、そもそも俺はモテる男じゃない。
ぐっさんと親しくしてたおかげで、ぐっさんのブス友たちと多少の親交はあったが。
でもモテるのとは違うし、俺もぐっさん以外のブスに興味はない。ブス専ではない。
それにぐっさんとは距離を置いたから、学校で女とのやり取りは皆無に近くなってた。
 
俺がしょんべんゴリラ復活を知ったうわさというのは、トミー経由の流れである。
トミーっていうのは、中学卒業時ユーリにあっさりふられた、あの男である。
同じ高校だが、中学時代の俺との付き合いは、半分ユーリ目当てだったという。
だからそれまで高校では、ほとんど接点がなかった。
 
トミーはなんと、ぐっさんと付き合い始めていた!
トミーはなんと、ぐっさんと付き合い始めていた!(こだま)
びっくり。
びっくり。(こだま)
 
まず、トミーがユーリにふられた時に言われた台詞を思い出してみた。
『でもトミーは、ぐっさんのことは好きじゃないでしょ』
 
ユーリは『私とぐっさん、両方好きな人が好き』と言った。俺のことだ。
 
当然、半分は断る口実として言ったんだろうが、単純なトミーはそれを真に受けた。
ゴリラの飼育員に採用されれば、ユーリと付き合う権利が持てる?
などと考え始めたんである。
ある意味一途で素直な男だったのだ。
俺がぐっさんと話さなくなった時期と前後して、トミーはぐっさんとの交流をはかった。
 
そのころ俺とセックスしなくなったぐっさんは、俺と同じく欲求不満だった。
そこにトミーが、ちょくちょく話しかけてくるようになった。
 
そこから先は何がどうなったかわからないが、とにかくくっ付いたのである。
まあぶっちゃけると、ぐっさんがやらせてあげたんだな。
ぐっさんはセックスに慣れてるから、童貞相手にはテクニックは十分だったろう。
外見はともかく性格はいいやつだし、トミーも情が移っちゃったんだろうと想像する。
その後もくっ付いたり離れたりを何度か繰り返してるので、なおさらそうなんだろう。
 
そんなこんなは、ぐっさんから聞いたんじゃなくて、トミー含む周りからの情報である。
ぐっさんとはずっとまともに話をしてなかった。険悪な雰囲気って意味ではない。
 
ユーリと仲直りしたからには、俺とユーリがやりまくったのもぐっさんは知ったと思う。
俺が2人と別れるって言ったことも。
そして、ぐっさんがそのことを、少なくともよろこんではいないことも想像できた。
 
俺以外の男にはぐっさんは相手にされない、と俺は思ってた。
彼氏ができたのは喜ばしいことだ(穴兄弟という概念は当時の俺にはなかった)。
俺のおかげでフェロモンの出し方を覚えてくれたんならうれしい。
素直に祝う気持ちになれる。
 
だが…あわよくば、またぐっさんとやれないかと思ってた俺には、失望でもあった。
もうぐっさんは俺のもとを巣立っていったのだ。
もうあの頃には戻れないって言ったのは俺だ。
欲求不満に苦しむのも俺の自業自得。
 
いや待て!
俺にはユーリとの約束があるのだ!またセックスしようという約束。
 
いつか自然に会えるなんてかっこつけたが、別に嫌われて別れたわけじゃないのだ。
それにぐっさんに彼氏ができたんだから、状況はもう変わったのだ。
ということは、今すぐ俺とユーリが結ばれても傷つく人はもういない。
 
よしこれだ!
 
しかし、ぐっさ

先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた完

会社の先輩に頼まれて、その奧さんのミクさんとセックスをした俺。先輩の希望通り、ミクさんを俺色に染めていった。

その背徳感に、俺は夢中になっていった。でも、俺がミクさんにしているようなことを、先輩は俺の嫁の恭子にしていた……。

前回、先輩に渡された動画には、恭子の黒人とのセックスが記録されていた。動画の中で、信じられないくらいの極太で狂う恭子を見て、巨根だと自負していたプライドがガラガラと音を立てて崩れていった……。
そして、もう自分でもコントロールすることが出来ないほど興奮してしまった。

愛する嫁の過去を知り、そして本当の姿を知った俺は、ミクさんのことを考えていた。先輩の嫁で、驚くほど美人なミクさん。でも、無菌室で育ったのかと思うほど、ウブで天然なミクさん。
ミクさんだけは、俺のペニスが一番であって欲しい……俺のペニスでだけ狂って欲しい……そう思った。

でも、動画には、ミクさんも映っていた……。

ミクさんは、ケビンの極太を握りながら、
『順番だよw 私から?』
と、好奇心でキラキラした目で言う。
それだけではなく、恭子までもが、
『ずる?い』
と言いながら、フェラに加わった。

人妻2人にフェラをされながら、先輩が撮影を続けるカメラに向かって、
「奧さん、借りてま?すw」
と、ケビンがおどけた口調で言う。どこからどう見ても黒人にしか見えないケビンなのに、言葉だけを聞いていると日本人としか思えない。

『ホント凄い……もうカチカチじゃん?』
恭子は、とろけた顔で言う。二人が熱心に口で奉仕しているペニスは、ついさっきまで恭子のアナルに突き刺さっていたモノだ。もちろん、コンドームなど着けていなかったので、直接腸内をほじくっていた極太だ。

それなのに、汚いとか臭いとか、微塵も思ってもいない感じで、舐め続ける。

おそらく、恭子とミクさんは初対面のはずだ。それなのに、妙に息の合ったWフェラを披露する。
大きく口を開けて、ミクさんが極太を口の中に収めると、恭子が自然にケビンの睾丸を舐め始める。ミクさんは、頬をすぼめてバキュームをしている。
「上手じゃんw 吸い込み強いねw」
ケビンが、ミクさんのバキュームを誉める。それは、俺が教えたモノだ。ミクさんは、俺と関係を持つようになるまで、フェラをしたことがなかった。先輩にもしたことがないフェラを、俺が教え込んだ。

それを、他の男にしているミクさん。勝手な言い方だが、恭子に続いてミクさんまで寝取られたような気持ちになる。
ミクさんは俺が教えた通りに、バキュームフェラをしながらケビンの目を見つめ、さらに乳首を指で触り始める。

「奧さん、スゲぇ上手いっすよw」
ケビンが、カメラに向かって言う。一瞬ドキッとしたが、カメラで撮っている先輩に言ったんだと気がつく。
すると、睾丸を舐めていた恭子が、立ち上がってケビンにキスをした。凄い光景だった。人妻にフェラをさせながら、他の人妻とキスをする漆黒の肉体。

俺は、本能的に負けを悟った。そして、恭子が俺を選んでくれた理由に気がついた。
単に、日本人としては大きいからだ。
”まぁ、元カレのよりは小さいけど、日本人なら仕方ないか……まぁ、これでガマンしよう……”
そんな恭子の心の声が聞こえた気がした。

恭子は腕だけではなく、足までケビンのカラダに絡みつかせながらキスを続ける。ケビンが欲しくてたまらない……そんな顔で、キスを続ける。

そんな、絶望的とも言える状況で、俺はこれ以上ないくらい興奮していた。

すると、ケビンがミクさんを立たせる。
「キスしてみてよw」
楽しそうに言うケビン。
ミクさんと恭子は、お互いの顔を見て、照れくさそうに笑った。そして、意外なことに先にミクさんが動いた。ミクさんが、恭子にキスをして、舌を差し込みかき混ぜる。
恭子は一瞬驚いた感じだったが、すぐに舌を絡めていく。濃厚なキスをする二人。女同士のキスは、エロいと言うよりは、綺麗だなと思った。

「いいねぇw ほら、69してみろよ」
ケビンは、調子に乗ってそんな事を言う。
そんな事を言われて、いったんキスを中断してお互いの顔を見つめる二人。
こうやって並べてみると、本当に二人はとんでもなく美人だと思う。AVでも、ダブル痴女モノとか、レズモノとかあるが、二人とも美人というケースはほとんどないと思う。俺の記憶だと、成瀬心美とさとう遥希が共演したヤツくらいだ。

そして、ほぼ同時に動いて、69の格好に移行していく。ケビンは、ソフトな言い方をしているだけだ。命令口調でもないし、脅すようなそぶりもない。撮影している先輩も、一切口を開いていない。
そう考えると、二人は自発的に、したくてそうしているという事になる。

『わぁ、綺麗な陰唇ね』
ミクさんが、感心したように言う。相変わらずの天然というか、このタイミングで言う言葉ではないと思う。
『恥ずかしいですよぉ……でも、ミクさん剃ってるんですね。綺麗です……』
恭子が照れながら言う。確かにミクさんのアソコは、経験人数の少なさからか、凄く綺麗だと思う。

『それ、サトシくんに剃られたんだよw』
ミクさんが、イタズラっぽく言う。
『ホ、ホントですか? うぅ……私にもしないことしてるんだ……』
恭子は、ショックを受けたようだ。
『あれ? サトシくんのこと好きなの?』
ミクさんがそう聞くと、
『あたりまえですよ! 愛してます!』
と、恭子はきっぱりと言った。

『へぇ、ケビンのおちんちんよりも?』
ミクさんが、嫌な聞き方をする。
『それは……もちろんです……』
恭子はそう言ってくれたが、歯切れが悪い。その歯切れの悪さに、凄くモヤモヤする俺。
ただ、どちらにしても、69の格好でする会話ではないと思う。

すると、いきなりケビンがミクさんに挿入した。69の上側になっているミクさんに、バックの体勢でいきなり挿入したケビン。
『ンフゥォッッ!! お、おぉおくぅアッ!』
ミクさんは、いきなり奥まで突っ込まれて、背中が折れそうな程のけ反った。

『あぁっ! ズルイ……』
恭子は、目の前で突っ込まれた黒巨棒を見ながら、思わずつぶやいた。本当に羨ましいという感じが出ている。そこでカメラが移動して、下からあおる角度でミクさんの下腹部を撮し始める。黒い巨大な棒が、キチキチな感じでミクさんの膣に収まっているのが映る。でも、まだ半分ほどが入りきらずにはみ出ているのが怖い……。

先輩は、こんなところを撮影しながら、どんな気持ちなんだろう? 目の前で、黒人に貫かれる愛妻。気が狂いそうになると思う。
でも、俺はわかってしまった。先輩は、今興奮の頂点にいると。俺も同じだからよくわかる……。

『ヒ、あぁ……これ、ダメ……もう当たってる……こんな……違いすぎる……おぉフゥ』
ミクさんは、息も絶え絶えと言う感じだ。
「まだ半分だよw 痛い?」
ケビンが、面白そうに言う。

『す、少し……痛い、です……』
苦しげに言うミクさん。
「フ~ン、そうなんだw しょっ、とw」
ケビンは軽い感じで言うと、一気に全部突っ込んだ。痛いとか言ってるのもお構いなしだ。

『ンギィッ!! ヒィあぁ……奥、ぅぅうぅ……こわれるぅ……』
獣じみた声をあげたミクさん。
「恭子、気持ち良くしてやれよw」
ケビンが、呼び捨てで命令する。自分の嫁を呼び捨てにされる……それすら快感に感じる俺は、もう狂っているのだと思う。

『はぁーい?』
恭子は、そんな返事をするとミクさんを舐め始めた。黒棒のすぐ下の、クリトリスを舐め始める恭子。ミクさんは、クリトリスの皮を剥いたことがないくらいウブだった。そこを剥いてオナニーさせたとき、気持ち良すぎて死ぬと思ったそうだ。それから、ローターや俺の舌、指で、直接クリを責められ、かなり敏感になった。
ミクさんの性感は、俺が育てたと自負している。でもそれは、黒棒と恭子の舌がもたらす快感で、上書きされてしまうと思う。

恭子とミクさんの両方を失った気持ちになる……。

『うぅんっ! ンアッ! クリ気持ちいいぃっ! ふぅンッ! んっフゥッ? フゥ?』
ミクさんの、可愛らしいあえぎ声が響く。

すると、無造作にケビンがペニスを抜き始めた。ズロロロロと言う効果音が聞こえそうな程、迫力の光景だった。
『うぅうウゥあぁっ! これ、ヒィあっ!! ダメぇぇっ! 抜いちゃ、あぁっ! こんな、ンヒィィ! おかしくなるぅッ!!』
ミクさんは、もう痛いという感じではない。巨大なカリ首が、膣肉を引きずり出すような快感に、我を忘れかけている感じだ。

「オッケーw」
ケビンはそう言うと、いきなり奥にぶち込んだ。
『ンギィッ!! ィいぃいぃ……あ、あフゥアァ……』
ミクさんは、そのたった一往復で、魂を抜かれたようになっている。
『すっごーいw クリこんなに大きくなったよw』
恭子はそう言うと、ミクさんの勃起して包皮が剥けたクリを舐め始めた。ミクさんは、もともとクリが大きめだったこともあり、皮が簡単に剥けるようになった。

『ダメぇ、イクぅぅぅっ! クリ、ダメぇっ! イッちゃうぅっ!』
ミクさんが、恐怖すら感じているように声をあげる。すると、ケビンがまたペニスを引き抜き始めた。
『オォオオォオッ! イィくぅっ! 黒チンポイクぅっ!! ヒィあぁっ!! イクっ!! イクっ!! イクぅっ?』
ミクさんは、もうイッてしまった……俺とするときよりもあっけなく……。

すると、カメラが移動する。カメラは、ミクさんの顔を正面にとらえる。ミクさんの顔は、ボーッとした感じだった。心ここにあらず。そんな感じで、目の焦点があっていない感じだった。
とろけているとか、エロい感じになっているわけでもなく、そんな風になっているミクさん。それが妙にリアルに思えた。とろける間もなく、イカされてしまった……そんな感じに思える。

「早いねw まだこれからでしょw 今でしょw」
ケビンは、一人で楽しそうにわけのわからないことを言いながら、腰を動かし始めた。

パンッ! パンッ! と、肉を打つ音が響き、ミクさんの叫び声が響く。
『ンオッ! んぉっ! ンふぅオッ? オッ! 奥壊れるぅっ! 深い、いぃっ! こんな、あぁっ! こんなの初めてぇっ! ヒィッ! ヒッ!』
ミクさんは、カメラを見ながら泣きそうな顔で叫ぶ。
『いいなぁ、早く変わって欲しいなぁ?』
恭子は、羨ましそうに言う。

「ほら、旦那に言わないとw どっちが気持ち良いかってw」
ケビンが、そんな風にミクさんを煽る。
『あなた、ごめんなさいぃっ! このおチンポ気持ち良いのぉッ! あなたのより、サトシくんのより、全然気持ち良いのぉッ!』
カメラ目線で叫ぶミクさん。まるで、直接俺に言ってるみたいで、ドキッとした。

すると、ケビンはミクさんの脇の下から腕を通し、羽交い締めみたいにミクさんの体を起こす。
そして、その体勢のまま全力で腰を振り始める。しなやかに筋肉が盛り上がり、クロヒョウみたいに腰が素早く動く。

『ンッ! んンッ! んーっ! し、死ぬっ! おふっ! ふっ! フーッ! あぁアアァあっぁっ! イクッ! イグッ! イィーグゥっ!!』
ミクさんは、追い詰められたように叫び続ける。こんなリアクションは、見たことがない。俺とするよりも、激しく感じるミクさん。敗北感がより強くなってきた。

天狗だった俺が、バカみたいに思える……。

「まだまだw 旦那の前で狂っちゃえw」
ケビンは笑いながらそう言うと、さらにギアを上げた。え? 全力じゃなかったんだ……俺は、そんな事を思った。ケビンの本気のピストンは、東洋人と黒人との越えられない壁を見せつけるようだった。

『うぅっ! うーーっ! もうダメっ! イクっ! 止めてぇ! イクっ! 死んじゃうっ!! イィくぅっ!! あなたぁ、もう戻れないぃっ!! 黒チンポイクっ! これがいいぃっ!! イ゛イ゛ィッグゥゥッ!!』
ミクさんはそんな風に叫ぶと、電池が切れたみたいにグッタリしてしまった。

「どうするの? 続ける?」
カメラに向かって、ケビンが質問する。カメラ目線で言われると、俺に言われているみたいで、またドキッとしてしまった。

「中に出し下さい」
先輩の声がした。先輩は、声が震えていた。あまりの興奮に、そうなってしまったのだと思う。

「オッケーw」
ケビンは軽い口調で言いながら、腰を振り始めた。ミクさんは、本当に失神状態のようで、うめき声一つあげない。ただ、肉を打つ音だけが響く。

「なんか、人形みたいだなw 恭子、フォローしてよw」
ノーリアクションのミクさんをバックで犯しながら、恭子に指示するケビン。
先輩は、目の前でミクさんをオナホみたいに扱われて、どう思っているのだろう? 考えるまでもなく、興奮しているに決まっている……。

そして、恭子はケビンにキスをする。ねっとりと舌を絡め、指で乳首まで責めている。

あの恭子が、俺に内緒でこんな事をしている。一瞬、離婚という言葉が頭に浮かんだ。でも、俺もミクさんとドロドロのセックスをしている。
それに、そもそも俺はイヤじゃない……それどころか、恭子が他の男とキスをしているのを見て、こらえきれずにオナニーを始めてしまった。

しごき始めると、すぐに大きすぎる快感に包まれる。もう、イキそうだ。

画面の中で、失神状態でオナホみたいに犯されるミクさん。夢中でケビンにキスし、乳首責めをする恭子。愛する二人を、一気に寝取られて奪われた気持ちになる。

「オォゥ、イクっ!」
ケビンは短くうめくと、ミクさんの中に射精をした。その瞬間、カメラがぶれた。俺は、先輩が自分でしごくこともなく、パンツの中で射精してしまったんだろうなと思った。きっと、最高の快感を味わっているはずだ。

『良いなぁ。ミクさんズルイ……』
恭子が、寂しそうに言う。
「いっぱい出たw 妊娠させたかもw」
ケビンは、悪びれる様子もなく言う。ミクさんは、俺とのセックスでは一切避妊しない。それどころか、俺とのセックスで妊娠することを望んでいる。

それは先輩も同じで、俺の種でミクさんが孕むのが、寝取られ性癖の先輩のゴールだと言っていた。でも、先輩はさらに上のステージに行ってしまったようだ。黒人の種でミクさんが孕む……それは、ごまかしようがないと思う。僕の種なら、少なくても生まれてくる子は、黄色人種だ。でも、ケビンの種だと、混血の子供になる……世間体とか、親族への説明とか、どうするつもりなんだろう? そこまでの修羅の道を選ぶのが、真の寝取られ好きなんだろうか?
でもそれは、俺にも降りかかってくる問題だ。恭子は、さっきはかろうじて膣中には出されなかった。

恭子が妊娠したとき、俺はどうするんだろう? 自分の子と信じて産ませる? ケビンの子かもしれないと、堕ろす? それとも、ケビンの子と知りながら、産ませる? なぜかわからないが、肌黒の赤ちゃんを抱いている恭子を想像した瞬間、俺は射精していた……。

ブスな女の子…しかし

俺は今 45才 離婚して15年!!
昔は大の女でした!

今は面倒が先…

けど、先週の話しです。

N大学の近くに住む俺は夜中に
腹が減りコンビニへ向かいました。

大学のキャンパス近くにあるため
いつも夜中でも誰かお客はいます。

その日は雨風が酷く店員以外誰もいませんでした。
いろいろ買い物をして弁当の棚に
行った時に1人入ってきました。
常日頃、大学生の客ばかりだし気にも止めてませんでした!
その客はお世辞にもかわいくない
ブスよりな女の子…
芸能人なら…誰!?いない…
その子も弁当を買いに来たのか
隣にきました。
その時ブスだったけどからかい半分で
「ネェ♪弁当買わないでさぁ~ご飯食べにいかない!?」
って声を掛けてみました。
女の子はビックリしたみたいに
「私?私で?…大丈夫ですか?」
俺は「なんで♪1人で食べても美味しくないし♪おじさんだからダメかな!?」
女の子は「違います!!人に声掛けられた事ないし…」
俺「そうなんだ~じゃご飯いこ♪」
女の子「はい…ありがとうございます♪」
俺逹はガストに向かいました。
食事をしながら
名前を聞いたら
わか子18才教育学部
G県出身
俺もいろいろ聞かれました。
わか子は初めブスと思っていたけど
やはり女の子は笑うと可愛い♪
あまり子供ぽくて下ネタは自重!!
食事も終わり車にもどって
「わか子ちゃん♪また一緒にご飯食べにいこ♪」
わか子「ありがとうございます♪連絡先教えて貰って大丈夫ですか?」
と彼女の方から言ってきました。
「うん♪全然大丈夫」
連絡先を交換してわか子のアパートに送りました。
わか子「古いアパートでしょ…うち母子家庭だからワガママ言えないし
201号室なんですよ♪今度遊び来て下さいよ♪料理得意なんで♪」
俺「ありがとう♪わかちゃん都合つく日でokだよ♪」
わか子「ありがとうございます♪約束ですよ♪今日はありがとうございました♪」「ごちそうさまでした♪」
と言ってバイバイしながら部屋に
消えて行きました。
俺も部屋に貰って1時間位経ったら
わか子から電話!
「モシモシ。わかちゃんどうした?
早く寝ないと明日学校でしょ♪」
わか子「うん…なんか1人になったら寂しくなって」
俺「そっか…俺もなんだよね…」
わか子「今から会えますか?明日食事ですか?」
俺「大丈夫だょ♪アパートの前着いたら電話するね」
わか子「ハイ♪お願いします♪」
アパート到着!!
電話をしたらすぐにわか子は出てきました。
ニコニコしながら走ってきて
頭をペコッて下げ
「ありがとうございます♪ごめんなさい…」
俺は「いいよ♪寒かったでしょ」
とわか子の頭をなでました。
わか子は照れながら「大丈夫だょ」
イヤがられるかな!?って思ったけど
大丈夫でした。
俺は「どこ行く?お腹一杯だし♪俺酒は飲まないだょね…わかちゃんは?お酒飲めるの!?」
わか子「未成年だょ!!私」
俺「そうだったね♪学校大丈夫?カラオケ行く?」
わか子「ハイ♪学校は大丈夫です!
今日はずっと大丈夫です…」
なにか最後の方ははにかみながらの口調
カラオケも田舎なんで4時に終了です…俺は断られてもいいから
「ネェ♪わかちゃん!!まだ大丈夫?
ラブホ行ってみない!?」
わか子「私…経験ないですよ…それに…」
言いたい事はわかりました。
(ブス…)
俺は「行ってみよ♪わかちゃん」
わか子「大さん大丈夫なら…」
俺はわか子を連れてラブホに向かいました。
わか子「初めて来た♪凄くキレイで広いんですね♪こんな部屋に引っ越したいなぁ♪」
さっきの緊張感はなくなりはしゃぎまわっていました。
風呂を見て騒ぎTVを見て騒ぎ
可愛いい子供です。
TVを入れたら大画面でのAV
わか子はフリーズ
ベットに正座したままでした。
俺もベットに行きわか子の近くに寄り「わかちゃん…初めてみた?」
わか子「うん…初めて…」
俺はわか子の後ろに回り後ろからわか子を抱き締めました。
わか子はまだフリーズ!!AVを見てました。後ろからわか子の手を握りもう片手は胸に
わか子はなすがまま状態
服の上から鷲掴み思い切り揉みました。トレーナーの下から手を入れ腰の辺りに触ってみたらものすごい括れ!!バストはかなりあるのに!!
「わかちゃん…大丈夫?わかちゃん胸大きいね!!どれくらいあるの!?」
わか子「うん大丈夫だょ~高校の時86だったよ。」
俺はブラの隙間から生乳に
乳首を指で撫でたらわか子はビクッてなりました。
乳を揉み「わかちゃん…気持ちいい?こっち向いて♪」
わか子は頷き振り返りました。
俺はわか子にキスを
わか子は拒否らずにディープも受けてくれました。
わか子「やわらかい♪fastkiss♪」
俺「うそ!?そうなんだ~ごめん…」
わか子「だってこの顔でしょ…誰も相手してくれる訳ないでしょ…」
俺「そうかなぁ!?可愛いいじゃん!!」
わか子「物好き~大さん変だよね♪」
俺も初めブスと思っていたけど
なついてくると可愛い♪
俺「わかちゃん!!可愛いでしょ♪」
俺はわか子を抱いて横にしました。
トレーナーを脱がせブラを外して
胸に愛撫!!乳首を舌で転がしたり噛んだり!!わか子は「あ…あ…」
俺「ほら♪可愛いでしょ♪」
わか子はニコッとして俺の背中に手を回してきました。
わか子「大さん…さっきのAVみたいな事私もしてみよっか!?」
俺「大丈夫?」
わか子「うん♪下手だよ♪絶対!」
そう言うとわか子は俺のチンコの所に手を持って行き「大さん…ズボン脱いで…」
俺はトランクス1枚
わか子はトランクスの上から勃起した俺のチンコを握りました。
わか子「動かせばいいの?こう?」
一生懸命みたいです。
そこに目をやりずっと見ていました。わか子は「パンツ下ろしていいかな?大さん上も脱いで…」
俺は上着とTシャツを脱いで全裸になりました。
わか子は俺のチンコをマジマジ見ながら
生チンコを握り手コキをして
「気持ちいい?これでいいの?」
俺「うん♪気持ちいいよ!!わかちゃんフェラしてみてよ♪」
わか子「うん…大丈夫かなぁ!?」
わか子はチンコを握ったまま顔を近づけペロッて先っぽを舌で舐めたりして口にパクっと加えてAVみたいに頭を上下運動
俺も腰が動きます♪わか子の頭を
押さえつけイマラチオ♪わか子は苦しくなって上目遣いで俺を見ていました。開放♪それでもわか子「プハァ~苦しかった…気持ちいいの?」俺「気持ちいいよ♪わかちゃんのフェラ♪」
わか子「よかった♪」っていいながら上に上がってきたので「わかちゃんもスカートとパンティぬいじゃいな♪」
わか子「…うん…恥ずかしよね…」
全裸になったわか子
やっぱりスゴいスタイル!!
「わかちゃん!!凄くスタイルいいよね~」
わか子「中学は新体操だし高校はダンス部だったからかな♪」
「そっか♪わかちゃん俺の前に立ってみてよ♪」
わか子は恥ずかしがりながら俺の前に立ちましたが手でマンコを隠しました。俺は下からわか子を見上げながらわか子の両手を掴みマンコを
出しました!!
毛の薄いキレイなマンコです。
わか子に手を組む様に
わか子は俺の言う通りに手は一切出しませんでしたが必至に目を瞑り足がちょっと震えてました。
クリを触りヒダヒダを摘まみ
指は入れないでマンコの入口を
クチョクチョ
わか子は「ア~ンンン…アン…」
微妙に腰が動き始めました。
段々腰が落ちてきて立っていられなくなりしゃがみましたが俺はマンコを弄り続けました。わか子は自分からキスを求めて来て舌を入れてきました。
舌を絡ませ口の中はお互いの唾液で一杯になりました。
わか子はトロッとした目で唾液を全部飲み込み「美味しい…」
俺は「わかちゃん♪もっと気持ちよくなるよ♪」そう言って横にしました。わか子の下半身の所に行き
「わかちゃん!!自分で足広げてちゃんとマンコ見える様にして御覧♪」
わか子は頷き恥ずかしがりながら
足を拡げました。
また顔を手で隠していました。
俺はマンコに顔を近づけペロッ
暫く振りの処女の香りと味♪
ガクガクしていました…舐めた瞬間
わか子は少し腰を引いてから身体が反り返りました。舐め続けたら
わか子は「ア~変…変になりそうだよ…」
「わかちゃん…指入れてみるね♪」
「うん…」わか子の身体に緊張がはしったみたいです…
1本…ゆっくり挿入♪ゆっくり出し入れ♪「まだ大丈夫?痛くない?」
俺が聞くとわか子は「うん…平気…
オナニーはした事あるけどクリしか触った事ないから…」
俺「オナニーはあるんだ♪」
わか子は言った事に気付いて恥ずかしそうにしましたが、マンコに舌を入れたらまた喘ぎだしました。
そろそろいいかな?
俺は身体を起こしてチンコをわか子のマンコに当てて…わかちゃん!!大丈夫?入れるよ」
わか子「うん…大丈夫…たぶん…」
俺はわか子に覆い被さる様にしながらもゆっくり挿入
わか子「んっ!!」
俺「大丈夫?痛くない?」
わか子はニコッとして「大丈夫だょ入れちゃて…」
俺は先っぽから奥まで(ズン!!)
ちょっとわか子の顔がきつくなって、我慢している様子
俺のチンコは根元まで入りました。
「ゆっくり動かすね…大丈夫?」
俺はゆっくりピストンを始めましたがさすが処女マンコです…締まりがスゴい!!気持ち良すぎて俺も腰が早くなりました!!
わか子は「ア~ァ♪スゴい!!全然違う…変になっちゃいそう」
わか子は俺の耳元で喘いでいました。ブスだったわか子が女になりました。さすがに中出しはやめましたが…締まりと感度は敏感でした。
わか子は本当に処女でした。
わか子とは先週から1日だけ会いませんでしたが、ほぼ毎日会っています。毎日ラブホは無理なのでわか子の部屋で
わか子の部屋はやっぱり女の子の部屋!可愛い部屋です!
来年には俺は引っ越ししてわか子と同棲を始めます。
昨日は初めての口内射精で
「わかちゃん!!飲んでごらん」
わか子は口に貯めた精子を飲み込みました。
わか子「変な味…他の人もみんな飲むの?」
俺は「みんなって訳じゃないけどね
イヤならもうしないよ…」
わか子「ん~大丈夫かな?慣れるかも!?」
俺「可愛いネェ~わかちゃんありがとう♪」
で!これを投稿する3時間前に
わか子の部屋でフェラ抜き1回後
Sexゴム付で出してきました。
大学卒業までのあと3年sexfriend以上
俺は宝物をみつけました。

おとこの娘

ひとりエッチ好きです。
そんなぼくがアナルに目覚めたのは中学の時ですが、大学の時に独り暮らししてから女の子のかっこに目覚めました。それから女子みたいに後ろから突き刺されたい願望が高まって、パンティーをつけてウィッグをつけて外を歩くようになり、そのかっこで、部屋でディルドーオナニーをするようになりました。最初は痛かったですけど、自分の女の子の姿を鏡越しに見るだけで興奮して、犯したくなります。ディルドーを抜き差しして、お尻に突き刺したまま前後にゆするとぐちょぐちょってイヤラシイ音と粘液が分泌されるのがわかります。ネットチャットで命令されるままにローションを入れて、ディルドーをグチョグチョしてたら、ドライでいきました。イクってこういうことなんだなーって考えてたらまた。結局、10回以上いけるようになりました。最後は疲れちゃって寝ちゃいますけど。最近はディルドーを見るだけでお尻がむずむずして粘液が出てきます。涎みたいなのかなって。男性経験ないです。カナジョとかの掲示板にエッチなしでって書き込んだらたくさんの人が来てくださって痴漢されました。公園だったから、覗かれてました。それも好きなんですけど。あとあと、痴漢さんとサヨナラしたあと、結構な割合で、さっき、いいことしてたよねーって覗きの人に話しかけられます。でも、10人に1人くらいの割合で、ひどい人がいて、無理やりキスしてきたりしてきますが、まだ純潔は守ってます。ほんとは、病気が怖くなければ、やさしい人とホテルに行って上にまたがってお尻に入れてもらって、それからギュギュってしたいです。サッキュバスみたいに。コンドームつけてれば大丈夫なのかなー?今度実行したら報告します!

人妻 香苗 5

36


香苗 「……ん……」


カーテンの隙間から光が差し込んでくる。

部屋の空気は朝のしっとりとした感じとは違う。

それになんだか少し頭が痛い。

こんなに目覚めが悪いのは久しぶりだ。


香苗 「……ん~今何時…?」


ベッドの上でゴソゴソと動きながら時計を手にする香苗。


香苗 「……えっ!?もうこんな時間!?」


時計の針の位置を見て思わず香苗はそう声を上げた。

なんと香苗が起きたのは昼の12時だったのだ。
どうりで身体の感じがいつもと違う訳だ。

こんなにも眠りこけてしまうのは、香苗にとって珍しい事。

いつもは必ず祐二より早く起きて、朝ご飯や祐二が仕事に行くための準備をしていた。


香苗 「はぁぁ……ダメよ……こんな事じゃ……。」


昼まで寝てるなんて、なんだか自分がだらしのない人間になってしまったかのよう。

若干の自己嫌悪に陥りながらべッドから起きてリビングへ行くと、そこにはいつも通りの光景があった。

静まり返った一人だけの空間。

部屋は汚れてないし、洗濯物も溜まってない。


香苗 「……。」


寝坊はしてしまったけれど、寝坊をしたからといって何か困る訳ではなかった。
祐二は今日も居ないし、まだ帰っても来ないのだから。

1人でいるのはたったの1週間。でもまだその内の1日しか経っていないと思うと、なんだか凄く長く感じる。

何もする事がないというのは、寂しい事だ。


いつもより長く寝ていたからなのか、身体がだるい。
気持ちを切り替えて目をしっかり覚まそうと、香苗はシャワーを浴びるために浴室へと向かった。


昨日は結局夜中まで自慰行為をしていた。

祐二が居ないからダブルベッドの上でいつもより大胆に。

でも自分で刺激を与え快感を感じても、何か物足りない。

足りないと足りないと続けているうちにいつのまにか夜中になり、最後は疲れていつのまにか眠っていた。


シャワーを浴び終わり、浴室から出た香苗は身体にバスタオルを巻きキッチンで水を飲んでいた。

普段ならキッチンやリビングまでバスタオル一枚なんかで出てくるような事はしない香苗。

しかし今それができてしまうのは、1週間ずっと1人きりというある種の開放感を感じているからかもしれない。


香苗 「……。」


ふと香苗はその場でバスタオルを解き広げてみた。中はもちろん裸だ。

キッチンで裸になっている自分。家電や調理器具のステンレス素材の部分に自分の裸が映る。

もちろんこの部屋には他に誰も居ないのだから、大した事ではないかもしれない。浴室や寝室で裸になる事とそんなに変わらないはず。

でもなんだかステンレスに映っている自分の姿が物凄く卑猥に見えて、香苗はすぐにバスタオルを身体に巻きなおした。


香苗 「……私……イヤらしい……」


昨日は中島もバスタオル一枚で玄関まで出てきた。

あのバスタオルの中も、やはり同じように裸だったのだろうか。

今でも頭から離れないあの中嶋の上半身裸姿。

香苗は目を閉じて、今一度じっくりとその映像を思い出してみる。

逞しい肉体、特に腹筋の割れ方は凄かった。そしてヘソの辺りから下へと向かうように体毛が生えていたのを覚えている。

夫の祐二はどちらかといえば体毛は薄い方だ。だからあんな所にまで毛が生えているという事が香苗にとっては少し衝撃的でもあったのだ。

きっとあの毛並みは下へ向かえば向かう程濃くなっていくのだろう。
でもそれ以上はタオルがあって見えなかった。

あのタオルの中はいったいどんな風になっているのだろうか。

そんな卑猥な好奇心が、昨日の夜から香苗の頭を支配していた。

今のところ、その全てが祐二とは違う印象である中嶋の肉体は、やはり下半身も祐二とは全く違うのだろうか。


香苗 「……ハァ……」


そんな事を考えていたら、シャワーを浴びてサッパリしたにも関わらず、また身体が熱くなってきてしまった。

自然とタオルの中へと移動していく香苗の右手。



香苗 「……ゥン……」



しかしその時、香苗の耳が微かな音を察知した。

思わずその場で動きを止める香苗。

目を閉じてその音に集中するように耳をすます。


香苗 「……」


聞こえる、微かな声。

昨日はなかった男女の声が、また聞こえてきているような気がした。

香苗はバスタオル一枚の姿のまま、カーテンが閉まっている窓際まで移動した。


香苗 「……」


やっぱり聞こえる。
中嶋は今日も女性を連れ込んでいるようだ。

それが分かった瞬間から香苗の鼓動は急激に速くなり、身体もカァっと熱くなっていった。

今まで常習的に続けてきてしまった盗み聞き。しかし今回の興奮は今までとは違っていた。

なぜなら香苗は昨日、中嶋の肉体を見てしまったのだから。

それによって隣からの声を聞きながらの想像はよりはっきりしたものになる。


……今隣で中嶋さんといっしょにいる人は、あの身体に……あの逞しい身体に激しく抱かれるんだ……


……今隣に居る女性は、中嶋さんのあのバスタオルの中まで見ているのかもしれない……


昨日の夜から香苗がずっと妄想してきた事を、その女性は今から体験してしまうのかと思うと、なんだか妙な気分だ。

香苗は自分でも気付かない内に下唇をぐっと噛んでいた。


香苗 「……。」


夢中になっていた。中嶋に。

もはや香苗の身体は、隣から聞こえる声をもっと近くで、もっとはっきりと聞きたいと勝手に動いてしまう。

そして同時に求めたい快感。

せめて、せめて擬似的な快感でも!

香苗は一度寝室に戻って取って来たピンクローターを手にして、再び窓際にしゃがみ込む。

カーテンを少しだけ開けて窓も少しだけ開ける。

するとスーッと涼しい風が入ってくる。その風を感じて、あと一歩出ればそこは外の世界なのだという事を全身で理解する。

外の空気がバスタオル一枚だけの身体に当たる事が、なんだかとても新鮮でもあり、開放感を感じつつも、香苗は羞恥心を刺激され、興奮を煽られているような気分だった。


香苗 「……?」


しかし、いつもなら窓を開ければある程度はっきりと聞こえる隣からの声が、今日はあまり聞こえない。

今日に限って、隣は窓を開けていないのだろうか。

耳をすませば微かに聞こえる気がするが、やはり聞えにくい。


……聞えない……ハァ……どうして今日は窓閉めてるの……


そんな何かもどかしさの様なものを感じる香苗。

もっとちゃんと聞きたい……もっと近くで感じたい……そんな欲求が、欲望が、香苗を通常では考えられない大胆な行動に移させる。


ガラガラ……


人一人が通れる程にまで窓をゆっくりと開けた香苗。

もう何も考える余裕などなかった。

今の香苗は、ただただ本能のままに行動しているだけなのだ。


香苗 「……。」


息を潜め、香苗はしゃがんだままの体勢からベランダに足を一歩踏み出した。


そう、香苗はなんとバスタオル一枚だけの姿でベランダへと出て行ってしまったのだ。


37

ドキドキドキドキドキドキ……


香苗 「ハァ……ゴク……」


呼吸は荒くなり、胸の鼓動はまるで全力疾走の後のように速くなっていた。

落ち着かせようにも、自分で自分の身体をコントロールする事はできない。

肩や背中、そしてバスタオルの中にまで入ってくる外の空気が、自分が今ほぼ裸の状態であるという事を再度教えてくる。

身体に纏っているのは一枚のバスタオルだけ。

もちろんそれがどうしようもなく心許なく、そして恥ずかしいのであるが、しかしだからといって香苗は部屋に戻ろうとはしなかった。

まだ昼間の時間帯で外は明るい。

だがこのしゃがみ込んでいる体勢ならば壁に隠れているので誰かにこの格好を目撃される事はないだろう。

見られる事はない。しかしこれはもう限界ギリギリの行為だ。

それは香苗が妄想で思い描いた淫らな行為を、現実世界で実行できる限界の境界線である。

そう、これは1人の女性である香苗の、絶対に人には知られてはいけない秘め事なのだ。

この秘め事は他人にはもちろん、家族である夫の祐二にも決して知られてはいけない。

香苗が1人で一生胸の中にしまい込み、墓場まで持っていかなければいけない事。

しかしこの一見清楚な人妻が抱えている淫らな秘め事には、1つ厄介な特徴があった。

それは人に知られてしまうかもしれないという境界線、そこに近づけば近づく程、そこから得られる興奮が大きいという事だ。

身体の奥から興奮を掻き立てられるようなものがその境界線にはあり、そしてそれは香苗を誘惑する。

淫らな自分が他人にバレるかバレないか、ギリギリの綱渡りを今、香苗はしているのだ。

なんて刺激的なんだろう。

なんて気持ちイイんだろう。

自分でも今まで知らなかった脳の部分を刺激される、それがこんなにも気持ち良いものだったなんて。

もうすでに香苗はその綱渡りを始めてしまっている。

一度スタートすればもう後戻りはし難い。

これ以上進めばもう戻れなくなってしまうかもしれないのだ。しかしそれでも香苗は綱を渡る足を止める事はできなかった。

まだ見えないもっと先、そこに今以上に興奮できるものが待っているかもしれない。

そんな誘惑が、危険な所へ行く香苗の気持ちを駆り立てているのであった。



香苗 「……。」


ベランダに出ると、やはり部屋の中から聞いていた時とよりは隣の声が聞こえる。

しかしまだ先日までの窓を開けている状態で聞こえてきていた音量には程遠い。

香苗はしゃがみ込んだまま、さらにその声音をしっかり聞き取ろうと、中嶋達が居る部屋側の壁に近づこうと移動する。

なるべく音を立てないようにゆっくりと慎重に。

左手でバスタオルの結び目を掴み、そして右手には卑猥なオモチャを持って。


香苗 「……。」


中嶋達に一番近いであろうそのポジションに移動すると、少しだけ聞こえる声がハッキリとしてきた気がする。

もう現状でこれ以上聞き取りやすい場所は考えられない。

まだまだ聞き取りにくい事に変わりはないが、もうすぐそこ、壁越し数メートルの所で女性があの中嶋に抱かれようとしている、それだけで香苗の興奮を高ぶっていった。

手に汗握る状況、その言葉の通りピンクローターを握る香苗の手は汗を掻いていた。


香苗 「……ハァ……」


香苗はその場で左手をゆっくりとバスタオルの中、女性の一番大切な部分にもっていく。

指先で自分の秘部をそっと触ってみると、そこはすでに淫らな汁が外に溢れ出るほど濡れていた。

指が特に敏感な部分に少し触れると、香苗の口からは「ァンッ……」という甘い声が自然に漏れる。

凄く敏感になってる。

昨日の夜よりもさらに。

今ここを激しく刺激したならば、きっともの凄い快感に得られるだろう。

そんな予感を全身で感じた時、香苗はその快感を求めずにはいられない。


香苗 「……ン……これ……」


右手に握ったピンクローターを見つめる香苗。

もう何度も使ってきたこの大人のオモチャ。
使用している最中はこれがある程度の音を放つ事を香苗は知っている。

携帯のバイブ音と同じような、あの低周波の震動音。

当然、その音が中嶋達の居る所まで聞えてしまうのではないかという事が心配である。


……だけど……使いたい……


このローターは自分の指だけでは決して得る事のできない快感を与えてくれる。

その刺激に香苗はドップリとハマってしまっており、最近ではこれがなくては香苗の自慰行為は成り立たないと言っていい程だ。


……弱なら、弱ならきっと聞えないはず……


ローターには回転式のスイッチがあり、右に回せば回すほど、その震動は大きくなっていく。

最弱の震動音ならば小さいから隣までは聞えないだろう。

なにせ窓は閉まっていて、向こうで発せられている声がこれ程聞こえにくいのだから。


……大丈夫……大丈夫……


香苗 「……ゴク……ハァ……」


ある種のスリル感が快感に変わっていく。

香苗は少しの間考えた後、手に持ったピンクローターを自分の秘部もっていき、一番敏感な部分である陰核にそれを当てた。


香苗 「……ハァ……ン……」


そして香苗は目を閉じ、意を決してゆっくりとそのスイッチを回した。


38

ブゥーーーー……


香苗 「……ンアッ!ハァ……ン……ン……」


いつもよりも一際大きく感じる快感が香苗の全身に広がる。

細かな震動が陰核を刺激し始めた瞬間、香苗は一瞬甘い声を発したが、その後は口をつぐんで漏れそうになる声を押さえ込むようにして我慢した。

ローターから発せられる震動音は低く小さい。これなら隣の部屋、しかも窓が閉まっている状態なら聞こえる事はやはりないだろう。


香苗 「ン……ァ……ン……」


陰核からの快感を感じる度に柔らかな秘肉がヒクヒクと反応しているのが自分でも分かる。
その割れ目からは今にも濃厚な涎が垂れてきそう。


……ハァ……これ…今までで一番気持ちイイかも……


それはやはりベランダという室外で、しかもバスタオル一枚だけしか身に纏っていないという状況が快感のスパイスになっているからであろう。


「……ァ……ァ……ァ……」


隣からは女性のリズミカルな喘ぎ声が微かに聞こえ始めていた。

それを聞いて香苗の興奮度も比例するように上昇していく。


……今、抱かれているんだ……あの中嶋さんに……あの逞しい身体に……


……どんな風にしてもらっているんだろう……


香苗は目を閉じて思わず想像してしまう。

女性があの逞しく太い腕に腰を掴まれ、男のモノを挿入され、そして激しくそれを出し入れされている光景を。

きっとそうなんだ。

今までの女性達も、まるで我を忘れたように喘ぎまくっていた。

中嶋に挿入され、激しく膣内を刺激されているのだろう。


……中ってそんなに気持ちイイのかな……


今まで声を聞いてきた限り、女性達は挿入されてからのSEX自体に快感を感じているようだった。

しかしそれはまだ香苗には分からない感覚であり、想像し難い事でもあった。

なぜなら香苗は、自慰行為にしろ祐二とのSEXにしろ、快感は主に陰核から感じていたからだ。

だから前戯での愛撫はある程度気持ちよくても、祐二のモノが膣に入ってからは正直特に気持ち良いという事はなかったのだ。

でもそれが普通だと思って何も疑問など抱いていなかった香苗。SEXとはそういうものだと思っていたのだ。

しかし隣で行われている中嶋達の性行為を盗み聞きするようになってからは違う。

まだまだ自分の知らない事がいっぱいあるという事を、中嶋達から教えられている気分だった。


「アッアッあああ!!スゴイッ!……ハァ…ハァ……」


窓を閉めているにも関わらず、一段と大きくなった女性の声がハッキリと聞こえるようになってきた。


……凄い声出してる……そんなに気持ちイイのかな……


……膣(なか)に入れてもらって、そんなに気持ちイイのかな……


隣の盛り上がりに興奮を煽られながらそんな事を思った香苗は、バスタオルの結び目を掴んでいた左手を離し、自然とその手を秘部の方へ移動させる。

今まで自慰行為で指を膣に入れるなんて事はした事がなかった香苗。

それは何となく、自分の膣に指を入れる事が怖かったからだ。

でも今は試してみたい。

何となく膣の中が物足りないというか、寂しい。

膣を何かで満たしてもらいたい……。


香苗 「ハァ……ン……ハァ……」


右手でクリ○リスに震動するローターを当てたまま左手の指を膣にゆっくりと挿入してみる。


クチュ……


香苗 「ハァ……凄い……濡れてる……」


香苗の十分すぎる程濡れた秘部は、香苗の細い指を容易に呑み込んでいった。

しかし、やはり自分の細い指では特に圧迫感というものは感じなかった。


……まだ……物足りない……


香苗はもう少し奥まで指を入れてみようと、体勢を変えて脚を少し広げてみた。

が、その時


香苗 「………キャッ!」


突然ハラリと下に落ちたバスタオル。

結び目から手を離していたからか、体勢を変えた事でそこが解けてバスタオルが取れてしまったのだ。

つまり香苗はその瞬間、ベランダで全裸になってしまったという事だ。


香苗 「はっ……イヤ……」


恥ずかしそうに顔を赤くし、慌ててバスタオルを拾って再びバスタオルを身体に巻こうとする香苗。

一瞬とはいえ、ベランダで、外で裸を晒してしまった事で香苗の羞恥心は高ぶった。


香苗 「ハァ……ハァ……」


しかし次になぜか香苗は、身体にバスタオルを巻こうとする手を止めてしまった。


香苗 「………」


顔を真っ赤にしたまま、乱れたままのバスタオルを直そうとしない香苗。

香苗は戸惑っていた。

今一瞬裸になってしまった時、何か胸の奥から熱いものが込み上げてきたような感じがしたのだ。

何かよく分からないが、なぜか一瞬、香苗にはそれが気持ちよかったように思えた。

もしかして今、自分は新たな快感を発見してしまったのかもしれない。

それに気付いた時、興奮状態である今の香苗は、それに手を出すのを我慢する事などできないのだ。


香苗 「ハァ……ハァ……」


少し息を荒くしながら、再度周囲を見渡す果苗。

周りに高い建物はない。ベランダの壁もある。バスタオルを巻いた姿だろうとなんだろうと、しゃがんでいれば誰かに見られる事なんてない。

それをもう一度確認した香苗は少し考えた後、ゆっくりとその手で自分の身体からバスタオルを外していった。


……ハァ……私……裸になっちゃう……こんな所で……


そしてバスタオルを外して裸になっていく時、香苗はその快感をハッキリと感じたのであった。

外気が直接肌に当たる。

特に胸やお腹、そして股間の辺りにスースーと空気が当たるのを感じると、自分が外で全裸になってしまっているのだという事がよく分かる。

香苗は手に持ったバスタオルを部屋の中に入れて、バスタオルから手を離した。

今手にしているのはピンク色の卑猥なオモチャだけ。

ピンクローターだけを持った全裸の人妻がベランダにいる。

今はまだそれほど実感はないが、ここまでやってしまっている香苗は後から自覚せざるを得なくなるだろう。

自分が?変態?だという事を。


39

香苗 「ハァ……ハァ……」


ドックン……ドックン……


何も身に着けていない真っ裸で外に居るというのに全く寒くない。
いや、むしろ暑いくらいだった。

熱い血液が高鳴る心臓の音と共に全身に広がり、顔は額から薄っすら汗を掻くほど火照っている。


ヴィーーーン……ヴィーーーーン………


完全に勃起したクリ○リス、そこに当てているローターが静かに震動を続けているが、香苗はその震動だけでは足りなくて、ローター自体を指で動かしてクリ○リスに擦り付けてように刺激していた。


香苗 「ハァ…ン……ンァ…ァ……ハァ……」


声を殺すように、そして時々控えめに甘い声を漏らす香苗。

クチュクチュと膣に挿入して掻き回すように動かしている方の細い指は、もう粘着質な液体でべチャべチャに濡れている。

隣からは相変わらず中嶋に責められている女性の声が聞こえ、その声も段々と切羽詰ったものになってきていて、香苗の興奮もそれにつられるようにして大きくなっていく。

激しくて長いSEX。聞えている女性の声から察するにもう何度も女性は中嶋に絶頂に導かれているようだった。

それに対し香苗はまだ一度も絶頂には達していない。

それは絶頂を迎えた時に思わず声を出してしまいそうで怖かったからだ。

やはり万が一でもその声を聞かれ、この事を知られてしまうのは嫌だ。
そんなわずかに残っている自制心が香苗にギリギリの所でブレーキを掛け、絶頂に達しそうになる寸前で刺激をするのを止めさせていた。

イキそうになったら止め、少し落ち着いたらまた刺激を始め、またイキそうになったら止め……それの繰り返し。

しかしそんな事を繰り返していると、やはり絶頂に達したい、イキたいという欲求も香苗の中で大きくなっていく。

刺激を再開してから絶頂の寸前にまで到達する時間も徐々に短くなってきていて、何かちょっとでも大きな刺激を与えられたら絶頂に達してしまいそうなくらいに身体は敏感になっていた。


……ハァ……イっちゃいそう……イキたい……イキたい……


そんな思いで頭の中がいっぱいになる。

正直なところ、隣で中嶋に激しく責められている女性が羨ましかった。

理性も全て無くしてしまうくらいに思う存分に感じている、そんな風に私もなりたい。

しかしそう思う一方で、それが現実には不可能であるという事を香苗はよく自覚していた。

今隣の女性が浸っている世界は、自分がどうやったって足を踏み入れる事のできない、いや、踏み入れてはいけない領域であるのだ。

だからこそ歯痒かった。

もう自分の人生ではそれを体験する事なんてできないし、今の人生を壊してその世界に入っていくなんて事はできない。


……そんな事……絶対できない……


香苗ができるのは、こうやって密かに盗み聞きをして非現実的な世界を少しだけ味わう事くらい。

自分には無縁の世界。


……だけど……もうちょっと……もうちょっとだけ……近づきたい……その世界に……


そんな事を頭の中で巡らせながら、ローターを持つ香苗の手は、そのローターをゆっくりと膣口へと近づけていた。


……これ……膣(なか)に入れたら……どうなるんだろう……気持ちイイのかな……


自分の指じゃ物足りない。膣からの刺激が欲しかった。隣の女性はきっと膣で感じているんだ。


……私も膣で感じたい……


香苗に新たな快感を教えてくれたこの震動するローターを中に入れたら、また新たな快感を知れるかもしれない。

しかしそんな好奇心と欲求が生まれる一方、もしこれ以上の快感が来たら声を出してイってしまいそうで怖かった。
だから香苗は膣口にローターの半分だけを入れた所で、躊躇して止めていた。

細かく伝わってくる振動がやはり気持ちよくて、ヒクヒクと蠢くヴァギナは?早くそれを全部入れて?と言っているようだったが、それはどうしてもここではできない。


香苗 「ハァ……ン……」


もうそろそろ部屋に戻って、ベッドの上で声を出して絶頂を迎えようか。もう限界だ。何度も絶頂寸前で止めてきた事で溜まりに溜まって大きくなったもの、それを早く解放したい。

しかし香苗がそんな事を考え始めていた時、思いがけない事が起きた。


……ガラガラガラッ!!!


香苗 「……っ!?」


隣から窓を勢いよく開ける音が聞こえたのだ。

そして同時に今までよりもクリアでハッキリとした中嶋と女性の声が聞こえてくる。


「え~ホントに外でするのぉ?イヤ、恥ずかしぃよぉ。」


中嶋 「いいから早く出ろって。あ、だけど声は我慢しろよ、隣まで聞こえちまうからな、お前声デケェから。」


「ン……無理だよそんなの……英治凄いもん……。」


中嶋 「ダメだ、我慢しろ。ほら早くそこに手付いて、ケツこっち向けろって。」


「もぅ……誰かに見られちゃうかもしれないよ……」


中嶋 「そのスリル感が良いんだろ。」


ドキドキドキドキドキ……と、香苗の胸の鼓動は今までになかった程に速くなっていた。

中嶋達もベランダまで出てきたのだ。中嶋と女性は、この壁のすぐ向こうにいる。

もしベランダから身体を乗り出し、壁横から顔だけ出してこちらを覗き込まれたら……一瞬そんな事が頭を過ぎり、香苗は軽いパニックになった。

なにせ今の自分は、何も身に着けていない全裸姿なのだから。

急激に上昇した緊張と興奮。


……どうしよう……どうしよう……あっ!これ止めないと…音が……


微弱な震動を続けるローターは小さいけれど振動音を発している。もしかして中嶋達に聞えてしまっているかもしれない。

そう思った香苗は慌ててスイッチを切ろうとした。

しかしスイッチを切ろうと身体を少し動かした瞬間、さらに思いがけない出来事が香苗を襲う。


香苗 「……アッ!!」


その瞬間、香苗は思わず声を我慢しきれずに上げてしまった。

なんと膣口に半分だけ入れていたローター、自身の愛液でヌルヌルに濡れていたローターが指から滑って膣内に全て入ってしまったのだ。

絶頂寸前の状態が続いてた香苗の敏感な身体は、突然襲ってきたその刺激に反応を隠す事はできなかった。


香苗 「ンッ……!!」


……あああ……ダメ……アア…イッちゃいそう……ダメッ……


中嶋 「……ん?なんだ?今なんか変な声聞こえなかったか?」


……うそ……ああ……中嶋さんにバレちゃう!……どうしよう……もうダメ…ァア…早くスイッチ切らないと……イッちゃう……声出ちゃう……


中嶋に勘付かれそうになった事で完全にパニックに陥ってしまった香苗は、急いでローターのスイッチ部分に指を当てた。

もうあと数秒、いや、あと一秒でもこの震動による膣内への刺激が続いたら、身体はあっという間に絶頂に達して香苗はあられもない声を出してしまうだろう。

そして、恐らく今までの人生の中で一番切羽詰まったこの状況の中で、香苗はさらにとんでもない過ちを犯してしまうのだった。

パニック状態のまま慌ててローターのスイッチを切ろうとした香苗は、そのスイッチを右に勢いよく回してしまったのだ。

そう、右に。

ローターのスイッチは左に回すと弱く、そして右に回すと強くなるのだ。


ッヴィーーーーーッ!!!!!!!!!


香苗 「ぇ…ンハァッ!ッアアアアッ!!!」


その瞬間、大きな震動音と、我慢しきれずに漏れた香苗の喘ぎ声がベランダに響いた。


40

香苗 「ン…ぁはあああ……アア……」


突き抜けるように快感が全身に広がり、一気に頭が真っ白になった。

身体を反らせ、顔は天を仰ぐ。

ローターのスイッチを間違えて最も強い振動に切り替えてしまった香苗は、膣の中から伝わる強烈な刺激に瞬く間に快感絶頂に導かれた。

自分自身で焦らしに焦らしていた絶頂の快感は香苗の想像を遥かに超えていて、半開きに開いた口から漏れる声は我慢する事ができなかった。
いや我慢しようと考える思考能力さえ、その強烈な快感は香苗から奪ったのだ。


香苗 「ぁぁ……ハァ……ンァ……ハァ……」


香苗の身体は全身を硬直させた後、そこからの反動を起こすようにして一気に脱力した。
全身に力が入らなくて、絶頂の余韻に身体はビックンビックンと反応する。

そして絶頂に達した事を示すかのようにギュウっとキツく締まった香苗の膣からは激しく震動するローターが押し出されるように出てきて、そのままベランダに落ちた。


ガタガタガタガタガタ……!!!


落ちた瞬間にローターはけたたましい音を響かせる。


香苗 「ハァ…ぁ……」


……ああ……イヤ……ダメ……


ローターが立てる大きな音を聞いて快感に思考力を奪われていた香苗に再度危機感が戻っていく。

このままでは中嶋達にバレてしまうという危機感が。

そして香苗は快感の余韻に酔う朦朧とした意識の中、なんとかローターを拾い上げた。


「ちょっと何今の音、変なの聞こえなかった?」


中嶋 「ああ、聞えたな、確かに。」


「やだ……そこに誰かいるんじゃないの?」


中嶋 「フッ……いるのかねぇ…ちょっと確認してみるか。」


……ダメ!!……見られちゃう!!……


手に卑猥なオモチャを持ち、顔を火照らせている、裸姿の香苗。

こんな姿を見られたら女としての人生が終わってしまう。

香苗は急いでローターのスイッチを切り、慌てて部屋に戻ろうとする。

しかしまだ快感の余韻が大分身体に残っていて思うように力が入らない。特に下半身がまだガクガクと震えて上手く動いてくれない。


……はぁぁ……戻らないと……戻らないと……


香苗は力の入らない身体で四つん這いになって必死に部屋の中へと戻って行った。

そしてなんとか部屋の中に入った香苗は、急いで少しだけ開いていたカーテンと窓を閉めた。



香苗 「ハァ……ハァ……ハァ……」


静まり返った部屋で、荒い息遣いだけが聞こえる。

冷たいフローリングの床に裸のままペタンと腰を下ろした香苗の額は、大量に吹き出た汗でビッショリと濡れていた。

ドクドクと依然速いままの高鳴る鼓動。

急激に高まった緊張と興奮、そして快感絶頂の余韻はまだ続いている。


……ハァ……どうしよう……中島さんに、気付かれちゃったかもしれない……


香苗の痴態を直接目撃される事はなんとか免れたものの、あのローターの震動音と自分が発してしまったあられもない声に、何も思われないはずがない。

中嶋達に知られてしまったのではないかという恐怖感とまだ冷めない興奮が入り混じり、胸が押し潰されそうな程苦しい。


香苗 「ハァ……ぅ……」


香苗は裸姿で座ったまま、両手で顔を覆う。

禁断の領域にまで手を伸ばしてしまった事を、今更ながら後悔していた。

しかしその一方で香苗があの興奮と絶頂による深い快感に今も魅了されている事も確かだった。

それは人間の本能的な部分なのかもしれない。

最高の興奮は危険と隣り合わせなのだ。

女性として恥ずかしさの限界に達する所、ある種の危機感を感じる所に最高の性的興奮はある。

香苗の身体が今も震えているのは緊張や危機に直面したからだけではない。

香苗の身体は悦びに震えていたのだ。最高の興奮を味わった悦びに。


窓を閉めた外からは何やら中嶋と女性の会話が微かに聞こえていたが、何を話しているのかはよく聞き取れなかった。

そしてどうやら中嶋達は結局ベランダでは行為に及ばず、部屋の中へと戻っていったようだった。


香苗 「……ふぅ……」


それを耳で確認した香苗は1つ息を吐く。

もちろんそれは少しの安心から出た息であったが、まだ不安と心配が残る複雑なため息でもあった。


非現実的な世界に浸っていると時間の流れ方がいつもと違うような感じがする。

祐二が出張に出て2日目の今日、今はまだその昼の時間帯。

そう、まだまだ非日常的なこの時間は続くのだ。

香苗の人生を変える事になるこの一日は長い。


41

午後の時間、香苗はずっと落ち着かない様子で部屋で過ごしていた。

本来なら読書や映画鑑賞など、1人でいる1週間を有意義に過ごすつもりで居たのに。
まさかこんな事になってしまうなんて。

しかしそれは自ら招いた事、あんな痴態を犯した事からの結果だ。

あの後、もう一度シャワーを浴びて服を着た香苗。

今思い出しただけでも、顔がカァっと熱くなる。自分で自分がした事が信じられない。
ベランダであんな事、しかも裸で……。

どうかしていた。

しかし今回ばかりは自分の中の後悔だけでは済まされない。


  ……ん?なんだ?今なんか変な声聞こえなかったか?


あの時の中嶋の反応、きっと気付かれてしまったに違いない。

自分の発してしまったのは明らかに甘い快感に溺れる女の声だったのだから。

しかし確信は持てない。

もしかして?気のせいだった?という事で済ませて、何も気にしていないかもしれない。

だけど怖かった。
もし次に顔を合わせる事になった時、中嶋はどんな目で自分を見てくるのだろう。
そしてどんな言葉を掛けてくるのだろう。

それが怖くて、部屋から一歩も出れない。

もし部屋を出た所で隣に居る中嶋と顔を合わせる事になったら……。

性的に興奮状態だった時は中嶋を、中嶋の身体を求めている自分がいた事は確かだった。

決して恋愛感情ではないと香苗は自身に言い聞かせているが、あの激しいSEXと雰囲気から伝わってくる中嶋のフェロモンに魅了されている自分は確かにいた。

しかし冷静になった今は、中嶋に対しては警戒心からくる恐怖感しか抱いていない。

とにかく中嶋が怖かった。中嶋と会ってしまう事が。

中嶋に会った瞬間に、自分の中の何かが崩れてしまいそうで。


香苗 「……。」


もう夕方の時間。
晩御飯は昨日の物が残っているが、なんだかちっとも食欲が沸いてこない。

時計を眺めながら、早く時間が過ぎて欲しいと願うばかりの香苗。

こんな1週間はすぐに過ぎて、祐二に早く帰ってきてほしかった。

きっと祐二が帰ってきてくれれば、凄く安心できると思う。

いつも当たり前のように祐二が帰ってきてくれていた、安心感に満ちた日常的な日々が、今はとても恋しい。

もちろん祐二の事はいつも頼りにしていたけれど、まさか自分がこんなにも祐二という存在に依存していたなんて思わなかった。

1週間という長い間の出張で、初めて香苗はそれに気付き、自覚したのであった。

祐二がいかに自分にとって大切な人であるかを。


香苗 「……祐二……」


香苗がちょうどそんな事を考えていた時だった。

テーブルの上に置いてあった香苗の携帯電話、その着信音が突然鳴り始めた。


♪~~♪~~♪~~……


その音を聞いて急いで携帯を手に持った香苗。


……この着信音……


この音はある人専用に設定してある音なのだ。

そして画面に出ている名前を見て思わず香苗は笑顔になる。

そう、香苗の思いが伝わったのか、その相手は祐二だったのだ。


香苗 「……も、もしもし?」


祐二 「おお香苗、元気にしてるかぁ?」


1日ぶりに聞く祐二の声。

たった1日会わなかっただけなのに、なんだか凄く久しぶりに聞いたような気分だった。

そして相変わらず祐二の声は優しくて、それだけで香苗は少し安心感を持てた。


香苗 「うん、元気。はぁ良かったぁ……祐二……」


思わず漏れた、香苗の気持ち。


祐二 「ん?ハハッ……へぇ、俺が居なくて寂しかった?まだ1日しか経ってないのに。」


香苗 「え?あ……ち、違うわよ!ただちょっとね……うん……こっちは1人の時間を有意義に過ごしてますよぉ、うん。」


香苗はすぐに強がるような部分がある。もちろん甘える時には甘えるのだが。


香苗 「祐二は?仕事順調?」


祐二 「あぁ、順調だよ。これからこっちの人に美味しい店に連れて行ってもらうしな。」


香苗 「え~何それ祐二だけズル~イ!」


祐二 「付き合いだよ付き合い。これも仕事の内さ。」


先程までの不安に満ちた気分とは打って変わって明るい気持ちになる、そんな祐二との楽しく幸せな会話は続いた。

他愛もないいつも通りの会話だったが、祐二の大切さを実感していた時にタイミングよく掛かってきた電話が、香苗はとても嬉しかった。

少し乙女チックかもしれないが、なんだかやっぱり運命的に祐二とは結ばれているような、そんな感じがしたのだ。

しかし、香苗にとってのそんな幸せな会話は15分程で終わった。


香苗 「あ、うん、じゃあね。身体に気をつけてね。」


香苗は最後に何気ないように装っていたが、内心は正直もっと祐二と話していたいという気持ちがあった。普段なら違ったかもしれないが、今日は特にそう思ったのだ。

でも香苗がその気持ちを表に出す事はなかった。

あまり祐二に心配掛けるような事はしたくなかったし、たった1日会わなかっただけでこんなにも寂しがっている自分を、なんとかく見せたくなったから。


祐二 「おお、じゃあ戸締りとかしっかりして寝ろよ。あ~あと何かあったらすぐ電話しろよ。」


香苗 「うん……わかったぁ。」


祐二 「じゃあな、また明日電話するから。」


香苗 「うん……じゃあね。」


そうして2人を繋ぐ電話は切れた。

先程までは時間の流れがあんなに遅く感じたのに、祐二との電話はあっという間であったように感じる。


香苗 「はぁ……」


電話が終わり、静まり返った部屋で漏れたため息。

再び時間が元に戻った事を感じた瞬間、その落差に思わずため息が出てしまったのだ。


……また寝る前に電話したら迷惑になっちゃうかな……祐二きっと疲れてるだろうしなぁ……


電話を切ってからすぐにそんな事を思ってしまうのは、まだまだ香苗の心が安心感で満たされていない証拠だったのかもしれない。

携帯を手に持ったまま香苗は、その画面に映る祐二と撮った写真をじっと眺めながら、まだ耳に余韻が残っている祐二の声を思い出していた。



もう外は暗い。


香苗 「あ……もうこんな時間、晩御飯どうしようかな……」


いつの間にか夜になっていた事に気付いた香苗は、食欲がない自分と相談するようにそんな事を呟く。

そしてキッチンに移動して冷蔵庫の中を見ていた、その時だった。


祐二との電話で少し薄れてきていた香苗の中にあるあの不安感、それが一気に膨れ上がる出来事が起きる。


ピンポーン……と、インターホンの呼び出し音が部屋に鳴り響いたのだ。


香苗 「……えっ?」


こんな夜に……誰……?


なんとも言えない、背中がゾクゾクするような嫌な予感が香苗の頭をかすめた。


42


香苗 「……どうしよう。」


インターホンモニターのボタンを押すのが怖かった。

もし今感じている嫌な予感が当たってしまったら……。

そんな事を思いながら香苗がなかなか出る事ができないでいると、もう一度ピンポーンと呼び出し音が鳴る。

なんだか急かされているような気分で、香苗は恐る恐るインターホンモニターのボタンを押した。

そしてモニターにドアの外にいる人物が現れる。


香苗 「あっ……」


それを見た瞬間にそう声を上げた香苗、予感は的中してしまっていた。

モニターに映った人物はやはり中嶋だったのだ。


中嶋 『こんばんわぁ!中嶋ですけど。』


少し大きい中嶋の声がスピーカーから聞こえる。

しかしモニターのボタンは押したものの香苗はなかなか声を出してそれに応える事ができなかった。

昼間に盗み聞きをしていた時のように胸の鼓動が早くなり、緊張で声が胸の辺りで詰まってしまう。

それにもし昼間の事で変な事を聞かれたらどうしようという思いもあった。


中嶋 『あれ?奥さん?もしも~し!』


香苗 「……。」


中嶋 「昨日のタッパお返しに来たんですけどぉ。」


香苗 「えっ?」


中嶋のその言葉を聞いて香苗はハッとして思い出した。

そうだ。昨日カレーを中嶋の所へ持って行った時にタッパごと渡したのだった。

中嶋はそれを返しに今来た。それは普通に考えてみればごく当たり前の行為。

恭子だって前に隣に住んでいた人だって、料理を持って行った次の日にはタッパを返しに来てくれた。

未だに中嶋に対しての警戒感はあるが、それなら出ない訳にはいかない。


香苗 「ぁ……あの……ちょっと待っててください。」


香苗は緊張気味に震えた声でそうモニターに向かって応える。


中嶋 「なんだ、やっぱ居るんじゃん。」


中嶋のその声を聞いた後モニターの前から離れた香苗は、洗面台の鏡で自分の顔と格好をチェックしてから玄関に向かった。

しかし玄関まで来て、ドアノブに手を掛けた所で香苗の動きは止まってしまう。


香苗 「……。」


このドアを開ければ目の前にあの中嶋がいるのだ。

そう思うと、やはり緊張してしまう。

しかし逆に少し冷静に考えてみるとなんて事は無いかもしれない。

ただタッパを返してもらうだけ、それだけなのだから。

タッパ受け取り、そしてそれだけできっとすぐに帰ってくれる。


香苗 「……ふぅ……」


自分を落ち着かせるかのように1つ深呼吸をしてから、香苗はゆっくりとそのドアを開けた。


中嶋 「ん……おお、こんばんは。」


香苗 「こ、こんばんは……。」


予想通りというか当たり前なのだが、ドアの向こうには中嶋が居て、笑顔で挨拶をしてきた。そしてそれに香苗も応える。

一目見た中嶋の姿、身体はやはり大きく逞しい。

それに男らしい独特のオーラを感じる。


中嶋 「いやぁ、昨日はありがとうございました。カレー超美味かったですよ。」


香苗 「そ、そうですか……それならよかったです。」


中嶋 「やっぱり奥さん料理上手なんですねぇ。」


香苗 「そ……そんな事……」


早くタッパを渡してもらって帰ってほしかった。

香苗はずっと斜め下を向いて中嶋の顔を見ることができない。

顔が熱い。きっと今自分は顔が真っ赤になっている。
そんな顔、中嶋に見せたら簡単に心の中を見抜かれてしまいそう。


中嶋 「……ところで奥さん、今日はずっと部屋に居たんですか?」


香苗 「……ぇ……?」


何気なく出てきた中嶋からのその問いに香苗は戸惑った。

なぜ突然そんな事を聞いてくるのか。


中嶋 「いやまぁ、あれでしょ?旦那さん出張なんでしょ?」


香苗 「ぇ……えぇ……。」


中嶋 「ずっと1人で部屋にいるんじゃ、奥さんも退屈でしょう?」


香苗 「ぇ……あの……」


中嶋 「退屈だったんでしょう?奥さん。」


香苗 「……それは……」


そうニヤニヤと笑みを浮かべながら言ってくる中嶋。

そんな中嶋の言葉に対して香苗は目が泳ぎ、明らかに動揺を見せている。

どう考えても中嶋はある意図があってそう聞いてきているのだと、香苗にも分かったからだ。


中嶋 「いやねぇ、俺も恭子がいなくて退屈してるんですよぉ。」


香苗 「わ……私は別に……えっ!?」


香苗が思わずそう驚きの声を上げたのは、香苗が少しだけ開いていたドアを、中嶋が手で強引に開けてきたからだ。

そしてドアを開けたかと思うと次の瞬間、中嶋は身体をドアの間に割り込ませるようにして玄関の中にまで入ってきたのだ。


香苗 「え、あ、あの、中嶋さん?」


中嶋 「旦那さんが居ないと寂しいでしょう奥さん、ちょっと色々と話しませんか?ほら、この前の食事会以来ちゃんとした会話してなかったじゃないですか、俺達。」


香苗 「で、でもあの……そんな突然……。」


中嶋 「ハハッ、いいじゃないですか、そんな気を使う事ないですよ、仲の良いお隣同士。ほら、俺酒持ってきたんですよ。」


そう言って手に持っているコンビニの袋に入った缶ビールを香苗に見せると、中嶋は靴を脱いで勝手に香苗達の部屋の中へと上がり込んでいく。


香苗 「ちょ、ちょっと中嶋さん、困りますそんな勝手に。」


中嶋 「大丈夫ですよ、つまみもちゃんと買ってきましたから。」


香苗 「そ、そういう意味じゃなくて……ホントに困ります中嶋さん。」


そんな香苗の言葉を無視するかのように、中嶋はドカドカと廊下を進んで行ってしまう。


……うそ……イヤこの人……なんなのよ……


常識を超えた中嶋の行動。

その全く予想外の展開に香苗は困惑し、心は大きく動揺していた。


43


中嶋 「へぇ~やっぱ綺麗にしているんですねぇ部屋。恭子の部屋も綺麗だったけど俺が住み始めてからは結構散らかってましてねぇハハッ。」


ついにリビングまで入ってきてしまった中嶋は、そう言いながらテーブルにビールの入った袋を置く。
そして香苗に何の断りもなくソファに腰を下ろした。


中嶋 「いいソファですねこれ、なんだか高級そうだ。」


香苗 「あ、あの……困ります中嶋さん……ホントに。」


立ったままの香苗は困惑しきった表情で中嶋に対しそう言った。

?警察を呼びますよ?そんな言葉が、もう喉まで出掛かっている。

しかし香苗はそんな大それた事をそう簡単にはできない。
隣人とのトラブルで警察を呼ぶなんて、やはりマンションの他の住人の目も気になる。

それにこの中嶋は大切な友人である恭子の恋人。その関係を変に拗らせてしまう事にも抵抗を感じる。


香苗 「……。」


中嶋 「ほら、奥さんも座ってくださいよ。まずは乾杯しましょう。」


ビールの缶を袋から2本取り出し、香苗の前に笑顔で差し出す中嶋。

ただただ困惑する香苗の気持ちなど気にも止めない様子で、中嶋は余裕の表情で愉快そうにしている。


香苗 「な、中嶋さんっ!いい加減にしてください!」


あまりに身勝手な中嶋の態度についに香苗はそう声を張り上げた。

しかしそんな香苗の声を聞いても、中嶋の態度は変わらない。


中嶋 「ハハッ!いい加減にしてくださいかぁ……ふーん……」


中嶋はニヤニヤと笑みを浮かべながらそう呟くと、缶ビールをプシュッと音を立てて開け、それをグビグビと流し込むように飲む。

そしてビールを半分程一気に飲んだ中嶋は、テーブルに缶を置いた後、ゆっくりとその口を開いた。


中嶋 「いやぁ奥さん……いい加減してほしいってのはこっちのセリフですよ。」


香苗 「……ぇ……」


中嶋 「困るんですよねぇ、毎日毎日、僕のプライバシーを侵害するような事をしてもらっちゃ。」


香苗 「……ぇ……ぁ……」


突然言われた中嶋からのその言葉に、香苗は言葉を失った。

まるで心臓を鷲掴みされてしまったかのように、香苗はその場で固まっている。


中嶋 「ねぇ?そうでしょう?奥さん。」


香苗 「……な……何を……」


まるで容疑者にでもなってしまった自分が中嶋に尋問されているような気分。


中嶋 「ハハッ!何をって事ないでしょ奥さん。知ってるんですよ、俺は……へへ……まぁとりあえずここに座ってくださいよ。」


香苗 「……。」


自信満々、余裕たっぷりの中嶋が言っている事が何を指しているのか、香苗には容易に想像できた。

もちろん、昼間のあの事を言っているのだろう。

やはり知られてしまっていたのだ。

昼からずっと、そうでない事を願っていた。しかし現実はやはり違っていた。

香苗は信じたくなかった。今のこの厳しい現状を。

夢なら覚めて!と、香苗は心の中で何度も叫んだ。


中嶋 「大丈夫ですよ奥さん、ほら、まずは一杯飲んで、心を落ち着かせましょう。」


不安げな表情で、言われるがままに中嶋から差し出された缶ビールを受け取り、ソファにゆっくりと腰を下ろす香苗。


香苗 「……。」


中嶋 「ほら、飲んでください。話はそれからです。」


香苗 「……。」


香苗は無言のまま、中嶋に言われた通りにビールに口を付けた。

ほろ苦い味とさわやかな炭酸が喉を通る。そしてアルコールにそれ程強くない香苗の身体は、ビールが通った部分がアルコールに反応して熱くなっていくのを感じた。


中嶋 「遠慮せずにどんどん飲んでくださいね。」


中嶋はそう言いながら近づいてきて、香苗が座っているすぐ横に再び腰を下ろす。


中嶋 「でもよかったですねぇ奥さん、ちょうど旦那さんが出張で。俺もあの事を旦那さんに言うのはちょっと気が引けますから。」


香苗 「……。」


依然、無言のままの香苗の頭の中には、祐二の姿が思い浮かんでいた。


……祐二……助けて……


そんな思いを抱く一方、中嶋が言っているのがあの事であるならば、祐二には絶対に知られたくないという気持ちも当然香苗にはあった。


中嶋 「奥さんも知られたくないでしょう?旦那さんには。」


香苗 「……中嶋さん……」


中嶋 「あの事は、今夜俺達だけで解決しましょう。それでいいですよね?」


そして中嶋はそう言いながらゆっくりと手を伸ばし、その大きな手で香苗の太腿辺りをそっと触った。


44

香苗 「……や、やめてください……中嶋さん。」


中嶋からのセクハラ行為に香苗は逃げるように身体を離そうとしたが、中嶋のもう片方の腕に肩を抱き寄せられるようにして捕まえられているので逃げらない。

太腿の上を擦るように動く中嶋の腕はやはり太い。その筋肉質で太い腕が、女性である香苗の力では、例え本気で抵抗しても全く適わないであろう事を物語っていた。


中嶋 「本当に止めてほしいと思っているんですか?」


香苗 「……お、思ってます……だから止めてください。」


香苗の声は震えている。

祐二以外の男性に気安く身体を触れている事への不快感。
そしてこれからどうなってしまうのだろうという恐怖感で香苗の心の中は埋まっていた。

繰り返し後悔の念が溢れてくる。

なぜあんな危険な綱渡りを続けてしまったのか。

なぜ絶対に入ってはいけない領域にあそこまで近づいてしまったのか。


中嶋 「では確認なんですけどね、奥さん、昼間ベランダで何をなさっていたんですか?」


香苗 「……。」


中嶋 「……ん?どうなんです?」


香苗 「……それは……」


中嶋 「答えられませんか?」


香苗 「……。」


ただ顔を赤くして俯くだけの香苗。

中嶋は意地悪そうにニヤニヤと笑いながら香苗の耳元に口を近づける。


中嶋 「じゃあ……俺が教えてあげましょう。」


香苗 「……」


中嶋 「……オナってたんでしょ?イヤらしい声出しながらさ。」


自分の痴態、逃れようの無い真実を中嶋の口から突きつけらた香苗。

耳まで赤くして、目は潤み、今にも涙が零れそう。


中嶋 「聞えてましたよ、奥さんのイヤらしい声。……あの時、イッたんですか?」


香苗 「……ぃ…イヤ……」


中嶋 「へへッ……ベランダでイク時は特に気持ちイイんですか?奥さん意外に大胆なんだなぁ、真面目そうに見えるのに。」


そう言いながら中嶋は口から長い舌をネットリと伸ばし、香苗の耳を舐め始めた。

耳元でのネチョネチョとした音と、中嶋の舌のネットリとした感覚に香苗はすぐに拒絶反応を見せる。


香苗 「ン……ァ……イヤッ!イヤです……やめて……ン……」


中嶋 「耳を舐められるのは嫌いですか?それにしては敏感な反応ですねぇ。」


香苗の身体をしっかりと掴んでいる中嶋は、香苗の抵抗を物ともせずに耳舐めを続ける。


香苗 「ン……ハァ……やめて…ホントにやめてください中嶋さん!」


中嶋 「素直になりましょうよ奥さん。俺にはわかっているんですよ。」


香苗 「ハァハァ……何が……ですか?」


あたかも自分の事を全て理解しているかのような中嶋の口ぶりに、香苗はすぐに聞き返す。


中嶋 「不満をもっているのでしょう?旦那さんに。」


香苗 「……そんな事……私は……」


中嶋 「満足している?旦那さんとのSEXに。」


香苗 「……ぇ……」


祐二とのSEX……

祐二に不満など持っていなかった、結婚してからずっと。

でも、どこかで歯車が狂い始めてしまった。

そう、この中嶋という男に出会ってから。

この人に出会わなければ、普通で幸せな生活を続けていたに違いない。

そして今のように、1人の女性としてこんなに追い詰められた状況になる事もなかったはず。


中嶋 「溜まっているのでしょう?そして奥さんの中に溜まっているものは旦那さんが相手では解消できない。違いますか?」


香苗 「……イヤッ……」


認めたくなかった。

これを認めてしまえば、まるで祐二が、この中嶋よりも男性として劣っていると認めてしまうようなものだ。

中嶋のようなこんな男に、祐二の事を馬鹿にされたくない。

祐二の事を世界の誰よりも愛している。香苗の中で、その気持ちに揺るぎはなかった。


中嶋 「もう認めちゃえばいいじゃないですか。旦那とのSEXに満足できなくてオナってましたってさ。」


香苗 「……そ、そんな……事……」


中嶋 「そんな事ない?本当に?旦那さんで満足しているんですか?」


香苗 「あ、当たり前です……。」


中嶋 「ハハッ本当かなぁ?」


相変わらずニヤニヤとした表情で中嶋は、香苗の太腿を触っていた手を、さらに内腿の方へと進めていく。

中嶋の手が脚の付け根に近づいてきた時、香苗の拒絶反応はピークを迎えた。


香苗 「も、もうイヤっ!離して!早く出て行ってくださいっ!」


今までよりも強く抵抗する香苗。中嶋の太い腕を両手で持って、精一杯押し退けようとする。

必死だった。

先程の祐二との電話で気付いたのだ。やっぱり祐二といっしょにいる事が自分にとっての幸せだと。

祐二との幸せな夫婦生活を壊されたくない。


中嶋 「嫌ですよ、離しません。せっかく奥さんと2人きりになれたんだから。」


香苗 「ハァ……イヤ!放して……ハァ……」


中嶋の腕の中で必死にもがく香苗は息を切らしながらも、まだ抵抗をやめない。


中嶋 「頑張りますね奥さん。奥さんの旦那さんへの愛が本物だという事は分かりましたよ。」


その言葉を聞いて、香苗はやっと抵抗の力を弱めた。


香苗 「じゃ、じゃあ早く放してください……。」


中島 「いいですけど、1つ条件があります。」


香苗 「……条件?」


中島 「えぇ。その条件を奥さんが飲んでくれれば俺は部屋に帰るし、昼間の事も今夜の事も全て忘れます。あの事は俺と奥さんだけの秘密、誰にも言う事はありません。旦那さんにもね。」


香苗 「本当……ですか?」


中島 「もちろん。綺麗サッパリ忘れます。奥さんも忘れればいい。全てを無かった事にするんです。」


香苗 「……それで、条件っていったい何ですか?」


中島 「フッ……それはですねぇ……へへ……」


香苗 「……?」


中島 「それはですねぇ、奥さんの身体を今夜一晩だけ俺の好きなようにさせてほしいんです。」


香苗 「……ぇ……」


中島 「要は俺と今夜、一発SEXしてくださいって事です。」


45


香苗は言葉を失っていた。


……中嶋さんと……


それは香苗が隣の部屋の声を聞きながらずっと妄想してきた事。

現実ではない、別世界での話であったはずの事。

しかしそれを今、中嶋の口から直接言われたのだ。


中嶋 「どうです?1回だけ試してみませんか、旦那さん以外の男の身体を。」


香苗 「……な……何を言ってるんですか……そんなの……。」


できるはずない。


……私には……祐二がいる……


結婚式も挙げて、これまで幸せに暮らしてきた。

そんな事をしてしまえば、それが全て崩れていってしまう。


香苗 「お……おかしな事言わないで下さい……だ、大体、中嶋さんには恭子さんがいるじゃないですか。」


中嶋 「恭子?あぁ恭子の事なら気にしなくていいですよ。恭子は知ってますから。」


香苗 「知ってる……?」


中嶋 「俺がこういう男だって事をですよ。」


香苗 「そんな……そんなのおかしいですよ……。」


中嶋 「何がおかしいんです?価値観は人それぞれ、男女関係もそれぞれじゃないですか。」


香苗 「……だけど……」


香苗には全く理解できない事だった。

いやもちろん実際学生時代などでも浮気癖のある知人はいたが、その時から香苗はそういう人達の価値観が理解できなかった。

恋人ではない人と身体の関係を持つなんて全く理解できない事。

だから香苗はずっとそういった人間と世界からは距離を置いて生きてきた。

そんな事をしたら自分が自分でなくなってしまう。


中嶋 「奥さんも一度体験してみましょうよ、俺達の世界を。」


香苗 「……私は……違いますから……私はそんな……」


中嶋 「そんな女じゃない?よく分かってますよ、奥さんは真面目な人だ。旦那さん一筋ですもんね。」


香苗 「……。」


中嶋 「だけど、1日だけ別の世界を体験するのも良いんじゃないですか?別に減るものじゃないし。」


香苗 「……そんなの……」


中嶋 「誰にもバレませんよ。」


香苗 「……ぇ……」


中嶋 「さっきも言いましたがこれは俺達だけの秘密ですから、大丈夫です。」


香苗 「……。」


中嶋 「明日になればまた日常が戻ってきます。ね?少し味見するだけくらいの気持ちで。ちょっとしたお試し体験ですよ。」


中嶋は香苗の耳元で呪文のようにそう語りかける。

抵抗を止めた香苗は中嶋の腕の中で、それを聞いて少し考え込んでいる様子だった。

明日になれば戻ってこれる。そんな都合の良過ぎる中嶋からの提案が、頭の中を駆け巡り、香苗を誘惑していた。

あの世界に少し足を踏み入れてしまったがために中嶋に知られてしまった、香苗の痴態。

しかし後悔の念を感じている今でも、その世界が香苗の身体の奥にある、性への好奇心を刺激している事は確かだった。

一度その世界に入っても、帰ってこれる。祐二との幸せな生活も壊す事はない。

性の快楽に憧れるもう1人の香苗にとって、それはとても魅力的な事であるのかもしれない。

まさに普通ではありえない夢のような話。

しかし今の香苗は普通ではありえない話であっても乗ってしまいそうな程、冷静さを欠いていた。


中嶋 「奥さんは今までもこれからもずっと旦那さんを愛している。それでいいんです。今日の出来事は夢だと思えばいい。」


中嶋は香苗の肩を抱いたまま、香苗の髪を大きな手でそっと撫でる。

香苗は自然と目線を上げ、中嶋の目を見つめる。

中嶋の目は、まさに獲物を狙う、飢えた猛獣のような目だった。

しかしそんな目が、香苗の女としての本能を熱くさせていた。

身体の奥から沸々と沸いてくる、欲望。


香苗 「……夢……?」


中嶋 「そう……夢です。夢から覚めれば、奥さんが昼間やっていた事も今晩の事も、全て消えてなくなる。」


香苗 「……でも……」


中嶋 「でも?」


香苗 「でも私……あなたの事、嫌いですから……。」


自分が愛しているのは夫の祐二で、中嶋ではない。

その事を再度香苗は声に出して中嶋に伝えた。

そしてそれは同時に、香苗が自分自身に言い聞かせた言葉でもあった。

自分の心に、祐二との決して切れる事のない愛を再確認させたのだ。


中嶋 「ハハッ、いいですよ、嫌いでも。今日は心を外しておけばいいですから。」


香苗 「…………きゃっ……」


そう言って中嶋は香苗の身体をさらに近くに抱き寄せる。

そして片手を香苗の顎に添えて自分の顔の方へ向かせる。


中嶋 「俺に身を委ねてくれればいいですからね。」


香苗 「……ン……イヤ……」


中嶋 「大丈夫です。すぐに嫌だなんて言えなくしてあげますから。」


ゆっくりと近づく二人の唇。

魅惑的な世界への扉が開いていく。

ついにその世界に入っていく自分を許してしまう香苗。

そして中嶋は、香苗の震える唇を奪った。


46


唇が触れ合った瞬間から、それが今まで香苗が経験してきたキスとは大きく違っている事がすぐに分かった。

下唇に吸い付いてくる感覚。そしてすぐに中嶋は舌を使ってくる。

最初は抵抗するように口を懸命に閉じて舌の侵入を拒んでいた香苗だったが、いつしかゆっくりとその口を開いて受け入れてしまう。

上手なキスとはこういうキスの事を言うのだと、香苗は中嶋に教えられているような気分であった。


香苗 「ン……ン……ァ…ン……」


ひたすら受身である香苗の口内で、ヌメヌメと犯すように舌を動かす中嶋。


……ああ……祐二……


今日一日だけ心を外せば良いなどと言われても、そう簡単にはいかない。

香苗の心の中にはやはりまだ祐二がいた。

中嶋の唇が触れたと分かった瞬間、祐二の顔が思い浮かび?やっぱりダメッ!?と反射的に両手で中嶋の胸を押し返すような仕草をしたが、分厚い胸板はその抵抗に対してビクともしなかった。

そして今では舌の侵入まで許してしまっている。

唇を奪われているという感覚。しかしそれだけじゃない。

香苗の頭の中で祐二の事を考える思考力さえ、中嶋の濃厚なキスは徐々に吸い取っていく。

唇だけじゃない。何か大切なものまで中嶋に奪われていくような感覚。

そんな香苗の閉じた目からは、涙が零れていた。


ピチャ……クチャ……ピチャ……


香苗 「ン……ハァ……ン……ァ……」


段々と激しくなっていくディープキス。

異物が入ってきた事で分泌が加速する唾液。

お互いに増えていく唾液が絡まり合い、よりネットリとしたキスに変わっていく。


ハァ……ン……ハァ……ンハァ……


激しい息遣い。

酸欠で頭の中が麻痺するような感覚が、じんわりとした快感に変わっていく。

抵抗をやめた香苗の手は中嶋の胸に添えているだけの状態だ。
今の香苗はもう、明らかに中嶋の巧みなキスに酔っている。

それを察した中嶋は、ずっと香苗の太腿を擦っていた手を少しずつ上へと移動させていく。
そして中嶋の大きな手が、香苗の胸の膨らみを服の上から揉み始めた。


香苗 「ゥン…フゥ……ン……ぁ……」


香苗がソファの上で横になるようにゆっくりと中嶋に倒されていったところでやっと口を解放される。

唇が離れる時、その間には2人の混ざった唾液がネットリと糸を引いていた。


香苗 「んはぁっ……ハァ……ハァ……」


中嶋 「はぁ……奥さん、興奮してきたでしょ?」


中嶋はそう言いながら、香苗が身につけている服に手を掛け脱がさせようとする。

が、香苗は咄嗟にそれを拒もうと中嶋の腕を掴んだ。


香苗 「ハァ……ぁぁ……ダメ……ンン……」


しかし再び中嶋に唇を奪われ、口内の舐め回されると、中嶋の腕を掴む香苗の手の力は抜けていってしまう。


ン……ピチャ……ンハァ……ンー…フゥ…ハァ……


中嶋のディープなキスはまるで魔法のように香苗の中に残った僅かな抵抗力も奪っていく。


香苗 「はああ……イヤ……」


中嶋は抵抗が弱まった香苗の、下に身に着けていたスカートを慣れた手つきで手早く下ろしていく。

そして香苗の脚からスカートを抜き去ると、スカートを床へ落とした。

露わになる薄ピンクの上品な下着。


中嶋 「へぇ~結構高そうな下着付けてますねぇ奥さん。……さて、上はどうなってるのかな。」


中嶋は続いて流れる様な動きで香苗のブラウス、そのボタンへと手を伸ばす。


香苗 「……イヤ……」


その時も香苗はボタンを外そうとする中嶋の腕を掴むが、その力は微弱なもので中嶋の行動を到底止められるようなものではなかった。


中嶋 「奥さんは嫌々と言いながら全然抵抗しないんですね?へへ……可愛い人だなぁ。」


香苗 「……。」


1つ2つとテンポ良く外されていくボタン。

あっという間にその全てが外され、中嶋にブラウスの前を左右に大胆に広げられる。


中嶋 「お~……肌綺麗ですね。」


顔を赤くしながら横に背けたまま、香苗は黙っていた。

そんな香苗の胸の膨らみを、今度はブラジャーの上から揉み始める中嶋。


中嶋 「こうやって旦那さん以外の男に胸を揉まれるのって、どんな気分なんですか?」


香苗 「ン……ぁ……知りません……そんなの……ぁ…」


中嶋 「またそんな事言っちゃってぇ。結構敏感に反応してるじゃないですか。さて、中はどうなってるのかなぁ」


香苗 「ぇ……あっ嫌っ!」


香苗がそう声を上げた頃にはもう遅く、ブラジャーは中嶋の手によってグイっと上にズラされてしまった。

乳房がブラジャーの締め付けから解放されたのが

生意気な妹にお仕置き

妹といっても俺たちは二卵性の双子で年は同じだが俺のほうが早く生まれたから一応俺が上だ
俺たちが12歳の時の話です
妹は俺と違い頭もよく運動もできて完ぺきでした
そのせいか教育熱心な両親からは妹は褒められてばっかりで俺は双子なのになんで妹だけがと内心妹が憎かった
俺も妹も塾に入っていたが成果が出るのはいつも妹だけだった
それならまだしも妹は自分ができるからって俺のことを馬鹿にしたりしてきてそれでも殴ると親に怒られるので我慢していた
その日もちょうど塾があったが俺はどうせ行っても無駄なのでずる休みをした。親も遅くまで帰ってこなかったから
妹とは行く日も違うのでその日は妹は塾がなかった
それで遊びから妹が帰ってきて「あれ お兄ちゃん塾は?」と聞いてきた
「今日は行くのやめた」
「い~けないんだいけないんだ ママに言ってやる」とまた生意気を言いやがってと思い「兄をもっと敬れ」
「お兄ちゃんのほうができないくせに」
俺はその言葉を聞くとカチンときた
妹に襲い掛かり妹をリビングのソファのところに入れていき自分のベルトを外し妹の両手を拘束したその後もう一本ベルトを持ってきて妹の足も拘束した
「お兄ちゃん乱暴する気?」
「そんなことしたら跡が残るだろ  お前がもう反抗する気がなくなるまで精神的に追い込んでやる」
俺は妹の服を捲った
「きゃ~」
「お前もうブラしてたのか?」
「いいじゃない エッチ」
「これは俺が没収してやる」
俺は妹のブラを外した
「変態 バカ兄貴」俺への暴言がやむことはなかったが気にせず続けた
「胸も大きくなったな」俺は妹の胸をもみながらそう言い乳首を舐めたり摘まんだりした
そのたびに「うっいや」と声を漏らすが俺をにらんでいるだけで反省の色がない
「次は下をいこうかな」
俺は妹のスカートを脱がした
「ピンクか かわいい下着をつけてるじゃないか」
「いや見ないで」
「反省しろよ」
「私のせいじゃないでしょ お兄ちゃんがしっかりすればいいでしょ」
「へ~そんな口をきくのか」
俺は妹のパンツも足首までおろした
「いや~ほんと信じらんない」
「お前のマンコにいれちゃおうかな」
俺は指を一本妹のマンコに入れた
「いや痛い」
「その内気持ちよくなるぞ」
「もう やめなさいよママに言うわよ」
「いいぜ言えよ」俺はズボンとパンツを脱ぎ妹の口の中にチンコを入れた
「俺も気持ちよくなってきた」
「もうここまで来たら我慢できねぇ」
俺は妹のマンコに挿入しようと決めた
「お兄ちゃん本当にやめて」
「最初は痛いかもしれねぇけどがまんしろよ」
俺は妹のマンコに挿入した
「痛~い」
すぐにピストン運動を始めた
「お兄ちゃん私がわるかったよ許して」
「ようやく分かったか でもごめん止まらねえわ」
自分の意思にかかわらず妹の中に出してしまった
「お兄ちゃんまさか私の中に」
「ごめん出ちゃった」
「うそ~」
妹は当然だが俺も正直やりすぎたと後悔した
妹が妊娠したらどうしようとかいろんなことが頭をよぎった
でも妹は「お兄ちゃんごめん そこまでお兄ちゃんが悩んでいたなんて」
「俺もやりすぎたわ」
「今日のことは秘密にしといてあげる」
それから妹と仲直りをして勉強も教えてもらった
でも親がいないときにはたまに妹とやったりした

仙台の性奴隷。デリヘルMIST看板娘★美穂さん

山形大学国文学部卒業。

仙台で小さな旅行会社に勤める山口美穂ちゃんには、
使途は不明ですが・・多額の借金があり、
その返済のために2004年5月から
仙台市青葉区のデリバリーヘルスMISTに入店していた。

源氏名は南々。
デリヘル店のホームページでは一時は顔出しで掲載され
看板娘として指名の数も増え続けた。


一方で、勤務先の元上司の性的調教は数年間にわたり
深く美穂ちゃんの心身に刻まれ、
その関係は亭主との結婚を挟んで続いていた・・・

元上司は40代半ば妻子もち。
玩具を使った調教が得意な体格の良い男で
とことん徹底して美穂ちゃんの肉体をマゾ化し ていった。
挙式前日にも美穂ちゃんを呼び出し、
特に唇でのフェラチオ奉仕を徹底してやらせた。


「妻子持ちの当時で40半ばでした。
画体が良くいかにも絶倫と言った男で 道具を使うのが好きな男です。。。
それでイカサレまくってくせになってしまったようです」

「結婚式前日に口で奉仕させられたことは知っています。。。」


「美穂には借金があり、その返済でデリヘルで。。
辞めさせて借金も返済し結婚したはずが、お金ではなく
体が欲してたまらなかったようです。。。」


亭主は法律関係の仕事柄も手伝って、美穂ちゃんの借金の完済させるとともに
デリヘル店MISTをやめさせ元上司との関係も清算させたはずであった。

元上司は所謂<奴隷市場>にて美穂ちゃんを奴隷として売り出すことになる。

マゾ雌として徹底調教され結婚を控えた若いオンナは100万円もの高額で取引された。
取引の会場となっていたのが、資産家店長のセカンドハウスのリビングであった。

やがて、資産化店長が出店するジャスコ多賀城店(現イオン)の雑貨店に
勤務させられた美穂ちゃんは、資産家店長との不倫のような赴きもある奴隷化にはまる。

それは不倫とはいえぬ、確たる奴隷契約であった。
旅行会社の元上司から美穂ちゃんを高額(100万円相当)で買い取った上で
自分の切盛りする雑貨店へパート勤務させることで日常までも支配し、
存分に美穂ちゃんの肉体を甚振り尽そうという目論見であった。


そしてセックス調教は続いていく。
資産家の店長の奴隷として買い上げられ た美穂ちゃんは
なだめられ、シャブを打たれ、まさに店長の愛人奴隷と堕ちる。
住吉会の構成員たちとの交流もあった店長である。

挙式後にパート勤務開始後、その間わずか3ヶ月間のうちの出来事であった。


「射精し終わったあとのペニスを吸い出すようにして
掃除するようになったのも務めてからです。

もう、完全に調教されていたんですね・・。」


結局はデリヘル嬢から足を洗うことはできずであった。
借金返済のためではなく肉体が許さなかった・・・。
風俗嬢としての初入店は2004年の春であったが、
美穂ちゃんは店長に促されるようにして再びデリヘル嬢として
大勢の客たちの射精をさせるようになる。

数百万円に上る風俗での収入のほとんどはシャブ代金に充当された。


「正常位で何度も生かされた後に、 騎乗位で自分の中に射精するまで腰をこすり付けて
自分から中出しされる姿や、その写真がポストに入っていました。」


美穂ちゃんは、店長との肉体関係を持ったほぼ同時期から、
住吉会の組織の無数の男たちにも弄ばれ、
そして美穂ちゃん自ら、戯れるまでになっていた・・・


「私たちに子どもがいないのは美穂が常にピルを服用していたからです。。。
尻に手形がついていたこともありますし、精液の匂いを感じることもありました。。」


店長は自宅前で車を停車させ、
亭主を美穂ちゃん携帯電話から呼び出し
何度も何度も亭主に美穂ちゃんのフェラを見せつけ、
やがて挿入 交尾、膣内射精の姿までを披露した・・


「家の前で車の中で店長のを咥えているのを見て、店長と目があったんですが

興奮して何も言えず、、、股間に手がいってしまったのを見られてしまったんです

こちらを見て笑うような感じで。。

美穂は気づいていませんでした

それからは何度も自宅前で見せつけられて

そしてついに・・・挿入しているところを見せつけられてしまったんです・・・」



亭主は常日頃から抱いていた願望が
ものの見事に現実化されていく日々を画像チャットにアクセスしつつ
翻弄され、陶酔し、我を失い、溺れるばかりであった。


『「あああ・・・あなた・・ごめんなさい・・」
「私・・気持ちいいのぉ・・・あなたより・・気持ちいのぉ・・・」
「もう・・調教されておぼえちゃったのごめんなさい・・ああああ」と叫びます』

『「 いつもの演技じゃない。今日は・・ほんとに違うちんちん入ってる・・・」
といいながら・・・潮を吹いて・・』


亭主は自宅に<調教輪姦DVD>を幾度となく送りつけてもらう。
プリントした写真も添付されることもあった。
使用済みのスキンが同封されていることもあった。
自宅アパートの共用廊下にまで、
精液がたっぷりと吐き出された使用済みのスキンが
置き去られることさえもあった。


「白ロムです。
何も記載のないDVDが、数か月にわたり、何枚か。。
編集もされておらず、生で中出しされて、顔にかけられ
それでも、行かされ続ける美穂です。」

「はい。DVD はわたしの名前で郵送されていました。
そして使用済みのスキンが入れられていたり
使用済みの精液が付着した下着が入っていたこともあります。」


続き・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お隣のご夫婦の奴隷になった私

ゆかり31歳 主婦です。
私・・・ 1年前からお隣夫婦の性奴隷にされちゃいました!

マンションに住んでると、お隣の生活とか気になってしまいますよね。
私達夫婦は結婚5年でSEXも月1回程度なのですが、お隣さんは結構お盛んな様子で奥様の喘ぎ声が週に2回くらいは微かですが聞こえてました。
主人が夜勤の時などは壁に耳を押し当てお隣は何してるんだろう?とか探ってみたものです。

あれは去年お隣の奥様がベランダで育てているガーデニングの植木鉢が倒れてしまい、非常用のベランダの間仕切りが破れてしまったのです。
下の方が破れただけだったので、まぁ良いかとお互いに合意してそのままにしておいたのが失敗?・・・今となっては嬉しい失敗でした。

去年の夏ごろ悶々とした毎日を過ごしてる中、夜お隣さんがSEXしてる声がまた微かに聞こえてきました。
寝室なら声も聞こえないくらい離れているのですが、リビングでも始めちゃうものですから聞き耳を立てれば聞こえるんですね。
私・・・壁に耳を押し付けたままパンティの中に手を入れてオナニーしてました。
1度昂ぶってしまうと声だけでは我慢できずに覗いてみたくなりました。
(いけない・・ いけない・・)と分かってても部屋の電気を消してこっそりベランダに出てました。
もう自制心が働かない状態で、ベランダに寝転び破れた間仕切りからソロリソロリお隣のベランダまで這ってました。

何とかカーテンの隙間を見つけることが出来て少し覗く事が出来たのです。
視界は狭い豆電球の明かりしかないですが、ソファに座ったご主人に跨り奥様が自ら腰をくねらせているとこでした。
「あぁ・・ 私もSEXしたい・・」
「あんな風に自らペニスを存分に堪能したい」
心の中で何度も唱えながら、お隣のベランダでSEXを覗きながらオナニーしました。

暫く覗いてると驚いたことに、ご主人が奥様のお尻にも玩具を突き刺したのです。
(後になってアナル用のバイブだと教えてもらったのですが)
(えええ! この人達なにやってるの!)
(お尻でSEXする人が居ることは知ってましたが、まさかお隣さんが・・・)
奥様はもう限界のようで動きが小さくなってきてます。
すかさずご主人が動きだしたので奥様は絶頂まで追い詰められてしまったようでした。
お尻に刺さった玩具がビクンビクン跳ねてました。
部屋に戻っても心臓がバクバクしてました。

こんな危険な行動も1度やってしまうと、もうダメですね・・。
SEXの声が聞こえようものなら毎回ベランダに忍び込んでは覗いてました。
見えない時もあるのですが、ある時は奥様が目隠しをされていたり、足を開いたまま紐で縛られていたり、玩具を入れたまま床に転がされていたり・・・。
逆にご主人が手錠をされてペニスを紐でグルグル巻きにされてた事もありました。

昼間でさえ聞き耳を立てるようになり、お隣の様子を伺ってしまうのです。
私も奥様も専業主婦ですから、一通り家事が終われば昼頃は暇なんですよね。
確信は持ってたけど、奥様だって昼間はオナニーしてるのです。
それも、玩具を使って激しいのです。

覗きを始めて1ヶ月経った頃には私もオナニーの時はお尻に指を入れたり、椅子の肘掛に足を掛けて縛られた奥様を思い浮かべるようになってました。
去年の8月も終わるころ、昼間の旦那が居ない日の日課になってしまったオナニーに夢中になっているところにチャイムがなりました。
お隣の奥様がケーキを持ってきてくれて紅茶を飲みながら世間話などしていたのですが、話しが夫婦生活の事になると私はドキドキして奥様の方を見ることが出来ませんでした。
覗いてる後ろめたさからソワソワしてたのだと思います。
突然、立ち上がった奥様に後ろから椅子越しに抱き締められ
「気にしなくて良いの」
「誰でも隣の生活って気になるものでしょ?」

もう、心臓が止まると思いました・・・
「ごめんなさい・・・」
「良いの。私だって、ゆかりさんの事覗かせてもらってるんだから」
「え・・・。」
「だいぶ、お尻が馴染んできたようね」
「この椅子だってお気に入りでしょう?」

そう言って奥様の手が股間にまで伸びてきました。
「いやぁ。止めてください・・・」
「途中だったのでしょう?覗いてることは2人だけの秘密にしましょう」
「ゆかりさんの好きなオナニー知ってるんだから」
「足はそこじゃないでしょう?」

そんな事を言われました。
「恥ずかしい・・・」
「もう知ってるんだから。ほらぁ。お気に入りの格好して」

オドオドしてる私は肘掛に両足を掛けられ、パンティの脇から奥様の指が進入してくるのを許してしまったのです。
「あぁ・・恥ずかしぃ・・・」

奥様の指でかき混ぜられたオマンコはクチュクチュ音を鳴らしはじめました。
正面に回った奥様にジッと目をみつめられ、オドオドしながらオマンコで逝かされてしまいました。
「はぁはぁ」と体中で呼吸をしている私に
「リビングに行きましょう」
そう言われながらパンティを脱がされました。

ソファに座った奥様を跨ぐように座らされオマンコにはまた指を入れられました。
今度は奥様の手がクリトリスも押し潰してます。
「あぁ・・」
「ゆかりさん。自分で動いていいのよ」

私はハッとしました。
初めて覗いたお隣夫婦のSEX思い出したのです。
「はぁはぁ。奥様・・ この格好は・・」
私はまた恥ずかしくなりました。
奥様にジツと目を見据えられると自ら腰を動かしてオマンコに指を擦りつけました。
クリトリスも手に擦れるようグイグイ摺り寄せました。
そんな時にやはり・・・
お尻の穴に・・・ 奥様の指が・・
私は何度も視線を逸らしてしまうのですが、奥様はジッと私の目をみつめながらモゾモゾ穴でも掘っていくかのようにゆっくり差し込んできました。

私は限界が近づき動きが小さくなったころ、すかさず奥様が動きだしました。
オマンコに入れた指をクリトリスごと掴むように折り曲げかき回すのです。
お尻の指は抜き差しが始まりました。
ニュッと抜かれた指にお尻がキュッと窄んでしまいます。
またモゾモゾ穴を掘るように差し込まれニュッと抜かれるのです。
「あぁあああ・・・ あぁん・・」
奥様にしがみついてました。

その日は夕方まで奥様にコッテリ可愛がられ、これからもお互いに覗きあうと約束させられました。
旦那が日勤の時は昼間に奥様に覗かれたり直接逝かされたり、旦那が夜勤の時はお隣のSEXを覗きに行くようになりました。
奥様にお尻を責められて以来、覗きやすい様に若干カーテンを開いてくれてます。

夜、外に出るのが寒くなってきた頃、異変がおきたのです。
奥様と2人だけの秘密だったのに、覗いてるときに窓が開いたのです。
ご主人に部屋まで連れ込まれてしまいました。
「ゆかりさん。もう外は寒いですから中でどうぞ」

もうパニックになってしまって・・・
「私・・・ あの、ごめんなさい・・」
「良いんですよ。覗かれてる方が僕達も興奮しますから」

奥様も近づいてきてご主人に話しかけます
「ねぇ。ゆかりさんのお尻って可愛いのよぉ」
「逝ったときにグイグイ締め付けてバイブなんてピクンピクン跳ねちゃうんだからぁ」
「奥様・・・ 恥ずかしぃ・・」
「そうかそうか。ゆかりさんも参加してくれるなら、3人で楽しいことが出来そうだ」

お隣の部屋に入ってみれば、どうやって使うのかも分からないような玩具も沢山ありました。
早速、首輪をされて床に転がされました。
道具確認と言われてマングリ返しの格好にさせられ、オマンコは奥様に・・
お尻はご主人に・・・
こんな異常な状況でもシッカリ感じてしまう自分も変わったのだなと思いました。
その後も夫婦生活に気をつかって体に跡が残らないように気を使っていただけますし、オマンコにはご主人のペニスは入れません。
私のほうから入れて欲しいとおねだりする事もありますが、関係を続ける為のルールなのだそうです。

今となっては、奥様にペニスバンドで犯されながらご主人にはお尻を犯されるまでになりました。
同時挿入と言うらしいですね。
2人掛かりで責められることもあれば、2人掛かりで奥様を責めることもあります。
奥様とレズ行為でどっちが長く責め続けられるか競わされたりしてます。

何故か、旦那とも仲良く暮らせております。
駄文なのは承知しておりますが掲載していただけたら嬉しくおもいます。


続き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

淘汰される父娘

 私は、7年前に最愛の妻を亡くしました。一人娘の真由子に縁談があったのですが、子宮の病気を発症して妊娠が不能になり破談となりました。真由子は23歳でした。その時入院加療中の妻は生きる希望を失い急激に容態が悪化し、46歳で亡くなってしまいました。 以来私は真由子と二人で暮らしています。
 そして、妻の一周忌法要の後、私と真由子は父娘でありながら男と女の関係になりました。

 妻が亡くなる数ヶ月前まで、私は妻と週に5、6回は夫婦の営みをいたしておりました。いい年をしてと思われるかもしれませんが、妻が40歳近くなると子供が親離れしてきて、それまで週2、3回だった夜の性生活が増え、休日など、娘が部活などで不在になれば、昼間からいたすこともありました。妻は私が惚れ抜いて一緒になった女性ですから、40代でも私にとっては大切な恋女房で、愛しくて何度でも求めました。そんな私の求めに妻も毎回喜んで応じてくれておりました。

 私達の住まいは決して広くはございませんから、年頃の娘を気にしての性生活でしたが、娘が高校を卒業する頃、妻が夫婦の性生活について娘に話したそうで、短大に入学してすぐ「お父さん、私は愛し合う両親を素敵だとは思うけど、イヤらしいとは思わないから気にしないでお母さんを抱いてあげてね。」と言われました。そして、私達の営みを見たいとまで言い出し、何度か娘の目前で妻を抱いたことがございました。今更ながら異常な家族だと思います。

 真由子を初めて抱いてから6年、私達父娘は交わり続けました。真由子も三十路になりましたが、出産経験がありませんので美しい身体を保っております。私も55歳だというのに、毎日のように真由子を抱いております。今は背徳感もありません。世界中で今最も愛おしい女性の膣内に自分の精液を放つ悦びを感じております。真由子も、私に抱かれて毎回私の精液で子宮を満たされる感覚に悦びを感じている様子です。
 いつか私が亡くなれば、真由子は天涯孤独となり、一人ひっそりとこの世を去るでしょう。
 実の父娘で交わす舌を絡める口づけ、父が実の娘の子宮に愛を注ぎ込む究極の親子性交を営む私達は、生物としてこの世に遺伝子を残せない淘汰されるべき個体なのです。

 それは6年前のことでした…
 私は、妻の一周忌法要の後、迂闊にも酔って娘の真由子に抱きついて押し倒し、妻の名を呼びながら眠ってしまったそうです。後日、真由子から、
「お父さん、お母さんがいなくなって辛そうね。私が代わりにお相手をしましょうか?」
と言われてしまいました。私は、
「まさか、実の娘とそんな事はできんよ。」
と言いましたが、真由子は、
「結婚はできないけれど、セックスは禁じられていないのよ。生まれる子供に遺伝的に悪影響があるから忌避されているだけに過ぎないわ。私はもう妊娠できないし、だったら好きな人に遠慮なく抱かれたいわ。」
と言いました。なるほど筋は通っていましたが、好きな人が引っかかり訊ねますと、
「私、(破談になった)彼の事は、お父さんに似ていたから好きになったのよ。」
娘は男の最愛の恋人と申します。愛しい娘にこんなことを言われてどうして理性が保てましょう。
「父さんも真由子の事は大好きだよ。とても大切な女性だ。半分は愛しい母さんで出来ているからね。」

 この日、十五年ぶりに真由子と風呂に入りました。24歳の娘に陰茎を洗われたら不覚にも勃起してしまいました。
「嬉しい。お父さんが私で反応してくれた。私を一人の女性として見てくれた。」
私は先に風呂から上がって、仏壇に手を合わせました。
「母さん済まぬ。これから真由子を抱く。」
私は妻の写真を伏せました。私は真由子の部屋で抱くことにしました。私達夫婦の寝室で娘を抱くのは抵抗がありました。

 真由子の陰部を初めて見ました。陰唇は僅かに褐色に色付き、元婚約者との性交歴を窺わせました。膣口に口付け、優しく舌で舐めあげました。その後に陰芽に舌を這わせました。
「はあー。」
真由子が啼きました。妻もこれが好きでした。母娘で似ています。
 今度は真由子が私の陰茎に口づけ、そして咥えました。元婚約者にしてあげていたのでしょう。中々お上手でした。
「お父さん、彼のより大きい…お父さん、そろそろ…」
「本当にするのかい?父さんでいいのかい?」
「私、お父さんにして欲しい…」
私は真由子に生で挿入しました。経産婦でないせいか、とてもきつく感じました。
「はあ、はあ、お父さん、やっぱり上手ね。」
私は真由子の反応を確認しながらこまめに動きをコントロールしました。若い頃は女性を激しく抱きましたが、結婚してからは、愛おしい妻に如何に悦んでいただけるかを考えるようになり、まずは妻を逝かせる努力をしました。今は、相手が娘ですが事の運びは同じです。真由子の膣が私の陰茎を締め付けます。私はできるだけ真由子が悦ぶ場所を選びながら真由子の身体を味わいつつ、陰茎の根元で真由子の陰芽にも摩擦を与えました。
「あああーっ、お父さん!」
真由子は私にしがみつきながら逝きました。私も堪えていた引金を引き、真由子の中へ子種を蒔きました。初めての父娘の交わりは、最も近い血縁者の体内に最も近いDNAを注ぐ背徳感を伴うものでした。
「お母さん…ごめんなさい…」
真由子はそう呟いて、涙を溢れさせました。

 私達は愛し合っても愛の結晶を残すことができない、淘汰される個体です。だから、お互いの愛を確認した4年前から、年に数回私達の性交を録画しています。家で普通に愛し合う場面、旅行先の旅館で愛し合う場面など、編集したDVDが現在8枚になりました。時々再生して、あの時のあの角度が気持ち良かったなど真由子に言われた事は、実践に応用します。そして、最後に真由子の膣内に注いだ私の精液が流れ出る場面を見ると、真由子は股間を押さえて私に性交をねだるのです。
 私達は旅行する時に好んで和風旅館を選びます。宿帳には本名で記しますから、どういう関係に見られているか興味があります。何故かと申しますと、翌朝、寝具やクズカゴに明らかな性交の痕跡を残します。それを見た方がどのように私達の関係を推理するのでしょう。

 私は、タバコも止めましたし酒も週末以外は控えて体力づくりを怠らず、精力を保つ努力をしています。昨夜も真由子を抱きまたし、今夜もこれから抱くつもりです。私達は、食事やお風呂と一緒で性交が生活の中に自然に組み込まれています。私達の性交は、挿入まで20分の前戯があります。挿入してから10分くらいはあまり動かないで唇を重ねて抱き合っています。そのうち快感が全身を包みますので、自然に真由子は自分の気持ち良い場所へと私を導きます。あとは真由子を逝かせる努力あるのみです。逝った時の真由子を見ながら、私は真由子の膣内に私の愛精を注ぎます。
 いつまで真由子を抱けるか分かりませんが、末永く真由子を愛して行こうと思っております。

バイトで中出し

俺は大学生の頃、とんでもないバイトをしていた。バイト先のパート主婦に誘われてSEXしてしまった。30才の美人で理恵さんといい、見た目は清楚で、浮気するようには見えなかった。誘われたときは信じられなかったが、こんな美人とはなかなか出来ないからやってしまった。しかし、これが間違い。5回目に関係したとき画像を見せられた。俺と理恵さんのセックス画像だ。言うとおりにしてくれなかったら旦那に見せるという。女は怖い。条件の一つは、卒業までの二年間、理恵さんとの関係を続けることであった。もう一つが…

ついに理恵さんから呼び出しがあった。茶髪の女性がいた。結婚6年で24才、子供が出来なくて困っていた。二人とも元ヤンキーさんだそうで、折角なので優秀な子供が欲しいらしい。一流大学の血液型A型かO型の学生の遺伝子を探しており、俺に白羽の矢が立ったらしい。俺は「超」は付かないが、一流と呼ばれる大学に籍を置いている。この女性とSEXして妊娠させろというのだ。この女性がA型、旦那がO型なのだ。俺はこの女性とSEXした。3日連続で中出しした。見事妊娠した。旦那との子供として育てるらしいが不安だ。理恵さんから10万円もらった。種付料は口止め料込みで20万円で、理恵さんと折半になる。仕事と割り切れば大丈夫といわれた。

こんなバイトが月1~2回あり、1セット(3日連続中出し)での成功率は半分以下、40%くらいだ。妊娠前に6万円(中出し1回2万円?)、妊娠が確認されたら14万円支払うシステムだ。同じ方が3回までに妊娠しなかった場合、それ以上は断ることにしている。有閑金持のご婦人が安全日に若い大学生を6万円で食べるようになっては困るからだ。

強烈だったのは38才の方で、失礼ながら外見が…体重は70kgくらいはあるだろう。お顔の方も…この方のご主人に興味が湧いた。がんばって立たせた。汗ばむ肉との格闘といったところだが、この方喘ぎ方は可愛らしいのだ。1セットで妊娠してくださいと一番願った方だ。でも、毎回帰りしなに「ご面倒をおかけしました」とお辞儀をして帰られた。きっと、人間的に魅力のある方なのだろう。願いが通じ、1セットで妊娠した。残金には菓子折りがつき、「大変お世話になりました。」と一筆添えてあった。この方、内面が美しい方なのだ。

一番若かったのは22才の女子大生の新婚さんだった。44才の土地持ちオヤジと財産目当てに結婚したが、そのオヤジは自分より頭が悪過ぎるので、こいつの子供なんか産みたくないっていうから恐ろしい。でも、久しぶりに自分と同じ年代の女性とSEXできてうれしかった。妊娠するなと願った。もう3回できるから。でも2セット目で妊娠してしまった。他の方々は少なからず後ろめたさを感じているご様子なのだが、この新婦さん、SEX満喫状態で「腹ボテにして~」などと叫んで乱れること乱れること。凄かった。

最後は理恵さんを妊娠させて大学を後にした。20人近い子孫を残したので、動物のオスとしては優秀かもしれなけど、大学時代、恋愛が出来なかった。理恵さんの事は大好きだったが、大学生のときに女子大生と付き合ってみたかった…

最初の子、あのヤンキー夫妻の元に産まれた子供は今年小学生。大丈夫かな?ちゃんと育ててくれてるかな?俺は一生、どこにいるか分からない子供たちの心配をして生きていくのか…俺の子供同士で結婚なんてことにならなければいいが…

俺は2年前に結婚した。5才年下の美人で見た目は清楚だ。そう、理恵さんにそっくりで、猛アタックして落とした。今、23才の妻は妊娠6ヶ月だ。俺の子供だよな…

ちょっと怖い母

中学に入った頃、女物の下着にやたら興味を持つようになった。

ちょうど射精の気持ち良さを覚え、猿みたいに1日何回もオナニーに耽った時期。
なのに進学したのが私立男子校で、近所や親戚にも同年代の女の子がいない。
そんな環境のせいで、渦巻く性欲が方向性を誤った…のかどうかは知らない。

頭の中はエロが充満してるくせに、俺は家でも外でもマジメでおとなしい子。
下着泥とか大それた行為に走る度胸はない。一人っ子で女きょうだいもいない。
結果、興味の対象は身近にいる唯一の女性…つまり母親の下着になった。

念のため言い訳しておくと、別に母親そのものにハァハァしてたわけじゃない。
母は当時35歳。理知的美人と言えなくもないし、年の割にスタイルは良い方だ。
ただやっぱり母親だし、基本マジメで堅いというか、ちょっと怖いキャラ。
「ギャップ萌え」という言葉も知らない中坊には、エロの対象になり得なかった。


堅い性格と関係あるのかないのか、母は下着の管理はしっかりしてた。
洗濯するときは几帳面にネットを使うし、外干しは決してしない。
仕舞うときは、寝室のウォークインクローゼット内にある衣装ケースを使う。

下着を物色するには母の寝室へ行く必要があるんだが、これが結構難題だった。
俺が家にいる時間帯は、専業主婦の母もたいてい家にいる。
父の不在時、母の家事中とかに忍び込もうにも、そうそうチャンスはない。

当時の俺は、反抗期なんて考えられないくらい従順な良い子だった。
母の性格からして、下着に悪戯してるとバレたらムチャクチャ怒りそうだ。
下手こいて現場を押さえられたら…と考えると、どうしても慎重になる。

数少ないチャンスが母の入浴中。母は長風呂で、入ると最低30分は出てこない。
その間に寝室へ入り、クローゼットから下着を持ち出したことは何度かあった。

オカズにした下着は、また母の目を盗んで忍び込み、元の場所に戻しておく。
もちろんちゃんと畳むし、ザーメンを付着させるなんてもってのほかだ。
今から思うと、どうしようもないくらいヘタレな変態野郎だった。


 ※※※ ※※※


そんな中1の夏休み。その日は異常なほどオナニーしたくてたまらなかった。
部活の合宿とかがあって、しばらくオナ禁が続いてたせいかもしれない。
食欲より睡眠欲より性欲優先。しかも、どうしても女物の下着が使いたかった。

うまい具合に父は出張で不在だ。ただ、想定外だったのは母が夕食後、
リビングでビデオを観ながらワインを飲み始めたことだった。

母は滅多に飲まない人だが、たまに飲むと「怒り上戸(?)」になる。
怒鳴り散らしこそしないが、不機嫌になって怖いキャラに拍車が掛かるというか。
ただでさえ威圧されてる側の俺としては、こんな日にヘマするのは避けたい。
しかし、リスクを冒しても「オカズ付き」オナニーはしたい。どうしよう…

俺は先に風呂を済ませて子供部屋に引き揚げると、グラスを傾ける母に
あまり近づかないよう注意しながら、寝室に忍び込むタイミングを待った。


ようやく母がリビングを離れたのは、もう真夜中前だったと思う。

かなり飲んだらしく、少しおぼつかない足取りで浴室へ向かう。
あんなに酔った姿を見たのは初めて。大丈夫かな、という気も少ししたが、
そんなことより俺には、自分のオナニーの方が大事だった。どうかしてるぜ。

母が浴室に入ったのを確認して寝室に忍び込み、そっとクローゼットを開ける。
衣装ケース内にある下着は白やベージュが中心。それほど過激なのはないが、
脳細胞からエロ分泌液がバンバン溢れる中坊には、それでも十分興奮できる。

何枚かある黒いのや、横がヒモになってるパンティーを手に取ってみる。
硬くなったチンコを取り出して薄い布地に乗せると、ふわりと柔らかな感触。
そのままオナニーしたい衝動に駆られたが、さすがにここじゃマズい。

「戦利品」は部屋に持ち帰ってゆっくり楽しもう。今日は最低5発はできるぞ。
さてと、どれにするかな♪…と、持ち出す候補を何枚か手にした時だった。

ガチャッ!

えええっ!? 前触れもなくドアが開き、母が入って来た。

いや、廊下を歩く足音はしてたんだろうが、久々の下着あさりに熱中してた俺は、
不覚にも全く気付かなかった。母が風呂に行って、まだ15分かそこら。
こんなに早く出るなんて想定外で、すっかり警戒を解いてた。

この時ほど自分の間抜けさを呪ったことはない。

俺はウォークインクローゼットの中。ドアを閉めようにも手遅れだ。
とっさに体を引き、掛けてある丈の長い衣装の間に身を隠した。

ここで母が下着を取りにクローゼットを覗き込んだらアウトだ。
いや、開いてるドアを閉めようと近づいただけでも、確実に見つかる。

『どうしよう。ヤバい、ヤバいよ…』

生きた心地がしなかったが、幸い母は鏡台の前で乳液か何か付けると、
クローゼットに視線を向けることなくベッドへ向かう。とりあえずホッとした。

とはいえ危険は全然去ってない。クローゼットの奥でガタガタ震えながら、
俺は必死で善後策を考えた。とりあえず今、動くわけにはいかない。
ただでさえ怖い母が、今日はかなり飲んでる。見つかったらタダじゃ済まない。

俺が選んだのは…というか他に選択肢はなかったが、じっと息を潜めることだった。

部屋全体の照明は消えてて、灯りはベッドサイドのスタンドだけだ。
クローゼットはベッドから見て右方向で、窓と反対側に備え付けてある。
いったん横になったら、敢えて横を向きでもしない限り視界に入らない…はず。
ということは、衣装の陰で動きさえしなければ、見つかることはない…はず。

それに母は飲んでるから、ベッドに入ったらすぐ眠りに就く…はず。
そしたらそっとクローゼットから出て、忍び足で子供部屋に戻ればいい。
何とも自分に都合の良い発想だが、その時は名案だと思った。


しかし、甘かった。なかなか寝てくれない。

母はリビングから持ってきたワイングラスをサイドボードに置くと、
ベッドに仰向けに横たわり、枕を背もたれのようにして上体を少し起こす。
その姿勢で文庫本を読みながら、時折グラスに口を付ける。読書モードだ。

『早く寝てよ、お願いだから…』

クローゼットは1畳半くらい。風は通らないし、衣装に囲まれてかなり暑い。
額を流れ落ちる汗を拭うこともできず、祈るような思いでベッドを見つめる。
何分くらい経ったんだろう。視線の先で母が不思議な動きを始めた。

片手で文庫本を持ちながら、もう片手で胸のあたりをゆっくり撫でてる。
ん?と思って目をこらすと、胸の先端を指先でくすぐるように動かし始めた。

最初は胸がかゆいのかと思ったが、やがてオッパイ全体をゆっくりマッサージ。
白のネグリジェの薄い布越しに、乳首をつまんでるようにも見える。

『何? まさか…』

女性のオナニーを見たことはもちろんないが、何をしてるか察しくらいつく。
何せ俺自身、オナ禁前は普通に1日2~3回やってたわけだし。

息をのんで見守ってると、母はネグリジェの裾を引き上げ、
剥き出しになった白い太股をゆっくりと撫で始めた。俺から4~5メートル。
毛布も何もかけてないから、ベッドに横たわる全身が見える。

『うわあ…』

信じられない光景。いや、母も生身の人間だから性欲くらいあるんだろうが、
日頃のお堅い姿に慣れてた俺には、母と性的な世界がどうしても結びつかない。
そのくせ下着を盗み出してて矛盾してるようだが、母本人と母の下着の間には
明確な線が引かれてるというか。少なくとも自分ではそう思ってた。

しかし、そんな俺の戸惑いを無視し、ベッド上の母は片手でボタンを外し、
ネグリジェの前をはだける。よく見えないが、直にオッパイを揉んでるらしい。

『…すごい』

母が部屋に入って来た時、俺はチンコにパンティーを巻き付けてた。
慌てて短パンをズリ上げようとしたが、身を隠すのが優先で半ケツ状態だ。
ちょうど短パンのゴムの所にチンコ。片手にはパンティーを握り締めてる。
そんなかなり情けない格好のまま、俺は息を殺して見守るしかなかった。

「ああ…はぁ…」

母の口から、声とも息ともつかない音が漏れる。
ネグリジェの前ボタンは全部外れ、かなり大きめのオッパイがチラリと見えた。
そういえば、衣装ケースで見つけたブラジャーは「D」と「E」だったよな…

母は横になったまま腰を軽く浮かせると、パンティーをするりと脱いだ。
白くて柔らかそうな生地。就寝用かな? 脚は白くてムッチリした肉付きだ。

両脚を開き気味にして、内股を手のひらで撫で回す母。
やがて指先が中心部にとたどり着いたらしい。上を向いて深く息を吐いた。

「うううぅ…ああ…ああぁ…」

必死で押し殺しているようだが、さっきより声が大きくなってる。
文庫本をサイドボードに置くと、片手でオッパイを揉みながら、もう片手は股間。
切なげな声の合間、ヌチャ…ヌチャという湿った音がかすかに聞こえた。

アゴをだらしなく突き出し上気した表情が、やたらとエロく見える。
ほんの数メートル先で繰り広げられる痴態に、俺の視線は釘付けだ。

半分ずれた短パンの前から手を突っ込み、ギンギンの勃起を握る。
早く部屋に戻ってオナニーしたい。でも、もっと見ていたい…。
矛盾する欲望が頭の中をぐるぐる駆け巡る。その瞬間、緊張が一瞬だけ緩んだ。

バサッ!


自分のチンコを握りながら、気持ち良くて無意識に背を反らしたんだろう。
体を隠してたコートか何かがフックから外れ、クローゼットの床に落ちた。

実際は小さな音だったと思う。でも俺の耳には、エコーで何倍もの大きさに響いた。
同時にベッドの上の母が体をビクッとさせ、ゆっくりとこっちを向く。

しまったああああああぁぁぁぁ~~~~~っっ!!!!

たとえでよく聞く「全身から血の気が引く」というのは、たぶんこんな状態だ。
ムッとする熱気の中、汗がすうっと引き、本当に全身がガタガタ震えだす。
時間よ止まってくれ、少しでいいから過去に戻ってくれ、と真剣に祈った。

しかし、覆水は盆に返ってくれない。

クローゼットの方を見る母の表情がみるみる険しくなったと思うと、
跳ね起きるようにベッドを降り、ズカズカとこちらへ歩いてきた。
この時ほどテレポーテーションが使えればと願ったことはない。だが手遅れだ。

母はクローゼットの前で仁王立ち。中で震える俺と目が合う。
鬼神のような顔になると、俺の腕をつかんで引きずり出した。

「何してんのっ!」

ドスの利いた声で怒鳴る母。何をしてるか質問しておきながら答えも聞かず、
恐怖で顔を引きつらせる俺の頬に、もの凄い勢いで平手が飛んできた。

バチーーーーン!! 頬の痛みというより、頭全体に衝撃が走った。
一般人の平均値よりかなり美形の母だが、怒りに燃えた表情はほとんど般若。
いくら怖いキャラといっても、ここまで怖く感じたことはなかった。

そもそも普段の母は怒るとき、怒鳴りつけるより説教するタイプだ。
それに俺が幼い頃はともかく、有無を言わさず手を挙げるなんてあり得ない。
目つきも普段と違うし、まるで別人みたい。それだけ怒りが大きいのか…

「何してんのっ!」
「…ごめんなさい」

2度目の質問に、俺は蚊の鳴くような声で答えるのが精一杯だった。
謝罪の言葉が終わらないうち、2発目の平手が反対側の頬に飛んでくる。
バチーーーーーン!! 再び衝撃。言い訳も何も思いつかない。
恐ろしさと恥ずかしさで、このまま消えてしまいたいと真剣に思った。

「こんな所で覗いて、恥ずかしいと思わないの!?」
「ごめんなさい…」

よく考えたら、恥ずかしいのはむしろ母の方だが、勢いに押されたように、
頭の中で『俺って、なんて恥ずかしいことをしたんだ』という後悔が渦巻く。
もともと従順な俺は、ものすごい剣幕で怒る母を前に下を向くだけだった。

顔と一緒に視線を下げたのが運の尽き…だったのかどうかは知らない。


急な事態で慌てたのか、それとも酔ってて注意力が散漫になってたのか、
母はネグリジェの前ボタンを留めないまま、俺を叱っていた。

「あなたは、やっていい事と悪い事の区別もつかないの!?」
「ごめんなさい…」

うつむく俺の視線の先には、はだけたネグリジェからのぞく白いオッパイ。
ほんの少し垂れ気味だが、丸くて柔らかそうだし、ボリュームたっぷりだ。
アルコールと怒りのせいか、心もち赤らんでてセクシーさが倍増してる。

豊かな膨らみの先端には、ピンクのような茶色のような不思議な色合いの乳首。
母が俺の前で両手を振り上げて怒鳴るたび、小さく揺れながら見え隠れする。
想像より大きくてツンと張った感じ。白い肌とのコントラストが鮮やかだった。

視線をさらに下ろすと、股間に逆三角形の陰毛。これも想像より濃い感じだ。
女の股間を見たのは、幼い頃に母と入浴して以来かな。風呂上がりのせいか、
グリースか何かを塗ったみたいに、割れ目に沿って毛が立っていた。

「あなたって子は! パパが聞いたら何て言うかしら」
「ごめんなさい…」

謝罪の言葉を繰り返す俺の耳に、もう母の怒鳴り声は届いてなかった。
怒りが収まらない母が、左右に行ったり来たりして悪態をつくたび、
大きなオッパイが目の前でフルフルと揺れ、太股の付け根の毛が見え隠れする。

「これから当分、お小遣いはなしよ! ちゃんと反省して…」

そこまで言った時、母がギョッとした表情になって言葉をのみ込んだ。
せわしなく動いてた足が止まり、視線は俺の下腹部に向いてる。

母に見つかった時、全身と一緒に血の気が引いて縮こまったはずのチンコは、
知らぬ間に回復していた。むしろさっきより硬くなって、短パンを突き上げてる。
ずり下がったゴムの部分から、亀頭が今にも顔を出さんばかりの勢いだ。

母が俺の視線を追う。ネグリジェの前がはだけてると今さら気付いたらしい。
露わになった自分の裸体を見て、俺が勃起させてると、ようやく理解したようだ。

「あなたって子は、何を考えて…」

はだけた胸元を片手で慌てて寄せながら、もう片手で母が拳を握る。
3発目の平手打ちか、下手すれば拳か。覚悟を決めた俺は、思わず目を瞑った。


しかし、衝撃は来なかった。恐る恐る目を開けてみる。

目の前で母は、まだ拳を握り締め、怖い顔で俺の下半身を見据えてる。
殴られるかと思って身を固くした瞬間、パンツのゴムの押さえが外れたらしく、
限界まで膨らんだ勃起がブルンと宙に放り出されていた。うわっ、格好悪い。

全身と股間を硬直させる俺の前で、拳を握ったまま下腹部を凝視する母。
さっきより怒ってるような、驚いたような、そのくせほんの少しだけ嬉しそうな
何とも表現しがたい表情だ。ただ、普段とは明らかに目つきが違う。

ほんの数秒間、緊張感のある沈黙が流れる。動いたのは母の方だった。

母は拳を握り直すようにネグリジェの前をつかみ、意を決したような表情で
ゆっくり左右に広げた。隠れていた両乳房と陰毛が、再び露わになる。
そのまま両肩まで布をはだけると、足元にネグリジェがストンと落ちた。

俺は訳の分からないまま、母の全裸を見つめたまま立ち尽くす。
母は前に進み出ると手を伸ばし、腹と平行になるくらい反り返ったチンコを握る。
勃起を手にした瞬間、母がほんの少し目を見開いた。

全く予想外の行動に、全身に衝撃が走る。母はチンコを握ったまま
俺を部屋の中央へ引っ張っていき、ベッドに押し倒した。

倒れた俺に馬乗りになった母は、変わらず怖い顔だがほんの少し笑顔だ。
それはそれで怖いんだが、それより怖かったのが母の目つき。
焦点が微妙にボケてるというか。「目が据わってる」って、こういう状態なのか。


恐怖と衝撃と恥ずかしさ。とにかく尋常じゃない状況だが、なぜか勃起してる。
荒々しくTシャツと短パンを脱がされても、俺はベッド上で身を固くするだけ。
文字通り蛇に睨まれた蛙のように、されるがままだった。

俺を素っ裸にすると、母はギンギンのチンコを片手で握ったまま、
体を倒して全身を舐め回してきた。乳首、肩、首筋、耳、頬、そして唇。
口内に舌をねじ込むと、歯茎の裏側まで舐めそうな勢いで貪る。

『うわあぁぁ…』

まだ事態を消化できずにいたが、どうしようもないくらいに興奮する。
母が握るチンコの先端から、次から次へと我慢汁が溢れ出た。

「あなたって子は…」

母はもう一度つぶやくと、俺の腰に跨り、チンコの先端を自分の膣に当てた。
そのまま腰を下ろす。一瞬、亀頭に抵抗感みたいなものを覚えたが、次の瞬間、
勃起全体がズルッと母の中にのみ込まれた。ドロドロに濡れてたらしい。

『うわあぁぁ…』

異常すぎる状況でパニックに陥った俺の上で、母がゆっくり腰を上下させる。
ニュル…ニュル…と勃起が膣を出入りするたび、下腹部から快感が押し寄せた。

「ああ…あああぁ!」

母が獣のような声を漏らす。その間も、ずっと据わった目で俺の顔を見つめる。
恐怖で萎縮してたはずなのに、何だかどうしようもなく気持ちが高ぶった。
同時に、この数日間で溜まりまくった精液が下腹部にみなぎってくるのが分かる。

「はううっ!」

母の肉が一段と強く締め上げた瞬間、我慢の糸がプツリと切れた。
俺は仰向けのまま、奥深く挿し込んだ勃起の先端から白濁液をぶちまけた。


1度放出しても、チンコは柔らかくなる気配すらない。

今度ははっきりニヤリとした母。再び腰を上下に動かしながら、
俺の頭を両手でつかんで上体を引き起こした。座位の体勢だ。
目の前に揺れる大きなオッパイ。俺は引き寄せられるように、乳首に吸い付いた。

「あああ…凄い…凄いわ…」

ビンビンに張った乳首を吸いながら、両腕を伸ばして母の大きな尻を抱える。
当時の俺、セックスはもちろんエロ動画もまともに見たことなかったが、
本能に突き動かされるまま、腰を突き上げた。

母の上下運動が激しさを増す。結合部からブリュ、ブリュと湿った音。
そのたび全身が快感に貫かれ、俺に跨った母が狂ったように頭を振る。

「ああぁ~っ! いいぃ~!」

俺の顔をオッパイに押しつけるように抱き寄せながら、
母がエビのように背を反らし、上を向いて遠吠えのような声を上げた。
膣がビクビクっと痙攣するように、チンコを締め上げる。

うわ、ヤバい、また出ちゃう…オナニーなら手を動かすペースを調整できるが、
母はお構いなしに腰を振り立てる。むしろ激しさを増してる感じすらした。
カリと膣の上側の壁が擦れるたび、目から火花が飛ぶような快感が襲ってくる。

「うぐっ…だめえぇ! いく…いぐぅ…」

俺を抱き締める力が強まったのと同時に、母が全身をブルブルッと震わせる。
同時に俺の我慢も臨界点を超え、再び母の体内にザーメンを注ぎ込んだ。


母はエビぞりの状態から後ろに倒れ込んだ。下腹部はつながったまま。
俺は母の腰を抱いて前に倒れ、上から覆い被さる体勢になった。

「んふふ…」

仰向けの姿勢で俺を見上げる母は、やっぱり目つきがトロンとして別人みたい。
不思議で不気味な表情なのに、なぜか妖艶で、どうしようもなく興奮させる。

下で横たわる母が俺の顔を両手で引き寄せ、唇を重ねてきた。
母のねっとりした舌が口内をかき回す。俺も夢中で舌を挿し込んだ。
膣に埋まったチンコは硬いまま。いったい俺、どうしちゃったんだろう…

「あああ…、太いわぁ…」

俺の体の下でひしゃげたオッパイを揉むと、母がまた甘い声を漏らす。
指先で乳首をいじったら、今度は両脚で俺の腰を挟んで引き寄せてきた。

舌を絡めたまま、俺は再び腰を前後に動かす。
座位の時もそうだったが、セックスに関する知識なんてないに等しい。
でも、アソコの粘膜同士が擦れるとたまらなく気持ち良い。
その快感だけを貪欲に求め、俺はピストン運動の激しさを増していった。

クチュ…クチュ…クチュ…

極限まで膨張したチンコで膣を突くたび、不思議な水音が寝室に響く。

「あっ! あっ! あああぁ~~!

母の喘ぎ声が激しさを増す。チンコを締める力がさらに強くなったみたいだ。
下腹部の奥の方で、これまで2回より大きな波がこみ上げてきた。

「ヒイィッ! 突いて! もうすぐ…もうすぐよ!」

さっきから正気じゃなかったが、母の声はさらに狂気の度を増してきた。
それに突き動かされるように、俺は渾身の力を込めて腰を叩きつける。

「あああぁ! イクッ! イクウウウゥゥゥゥゥ~~~~!!!」

悲鳴のような声を合図に、3発目となるザーメンの波動砲が尿道から発射。
出しながらマジで全身がガクガク震えた。気が遠くなりそうな快感の中、
俺は『頭が真っ白になるって、こういうことなんだ…』とぼんやり考えた。


精根尽き果てた俺の下で、母はだらしなく口を開き、上気した表情だ。
荒い呼吸のたび、豊かなオッパイが上下に動く。気を失ってるようにも見えた。

3発出してようやく賢者になったわけでもないだろうが、急に恐ろしくなった。

腰を引くと、萎え始めたチンコがズルリと膣から抜け出る。
俺は母に脱がされた衣類を拾い集めると、ぐったりした母をベッドに残し、
そっと寝室を抜け出して子供部屋へ戻った。


 ※※※ ※※※


確かに「ものすごいことをした」という高揚感はあったが、実際のところ
どれだけ重大な事をしでかしたのか、餓鬼の俺には理解できてなかった。
翌朝はむしろ、母に怒られやしないか、ビクビク顔色をうかがってた気がする。

翌日の母は普段通り、マジメで少し怖いキャラ。俺とも普通に接してくる。
午後には父も出張から帰宅。昨夜のことを言いつけられたらどうしようと、
斜め45度の心配をしてたが、それも杞憂に終わった。当たり前か。

次の日も、その次の日も、何てことがない日常が過ぎる。
そのうち馬鹿な俺は、自分なりに都合良く考えた結論を導き出した。

「あの日のママはベロベロに酔ってて、自分が何したか覚えてないんだ…」

当時、中坊の俺に飲酒の習慣はなかったが、漫画やテレビを通じて
酔っ払って記憶をなくす大人がいるという知識はあった。


そう思ったら、また悪い虫が騒ぎ出すのが、幼いというか馬鹿というか。
1週間くらい後、また父が出張か何かで家を空けた日、
性欲を持て余した俺は、再び下着をあさりに母の寝室へ忍び込んだ。

母が浴室に入ったのを確認し、そっと足音を忍ばせて部屋へ。
さすがに前回の反省があるから、下手に長居する気はない。
お気に入りの下着さえゲットしたら、さっさと退散するつもりだ。

ウォークインクローゼットの中に滑り込み、下着の入ったケース開けると、
それまで見たことない黒レースのセクシーなパンティーを発見。新品らしい。
これで十分楽しめると満足した俺は、戦利品をポケットに押し込むと、
達成感に包まれてクローゼットを出た。すると…

目の前に母が立っていた。ええええぇ~~っ?

いつの間に風呂を出たんだ? いや、最初から入ってなかったのか?
それなりに物音には注意してたはずだが、母も忍び足で入ったらしい。

「捜し物、見つかった?」

怖い顔のままニヤリと笑う母の手には、飲みかけのワイングラス。
この前と同じ白いネグリジェの前ボタンは全部外され、大きなオッパイがのぞく。
パンティーは最初から脱いでたのか、こんもり茂った陰毛も丸見えだ。

俺は驚きと恐怖で、口をパクパクさせその場に立ちすくむ。
いつの間にか大きくテントを張った股間に、容赦なく熱い視線を浴びせる母。
グラスをテーブルに置くと、ネグリジェをはだけながらゆっくり近づいてきた。


いくら相手が酔ってても、生で3発も出して後始末もせず逃げたらどうなるか。
それから一晩かけて、たっぷり教え込まれたのは言うまでもない。

こたつの中でイカサレテ

私は2年前に勤めていた会社の取引先の営業マンと知り合い大恋愛の末、去年の秋に結婚した新婚ホヤホヤの25歳の新妻です。
ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました。
夫が2人目でしたが、夫はセックスがとても上手で女としての悦びも教わりました。
セックスの相性も良く結婚前はほとんど毎日時間を見つけては愛し合い、心身共にこの上ない幸福を感じて結婚しましたので、愛のないセックスは絶対ありえないとあの日までは強く信じていました。
この話はハワイへの新婚旅行を終え、私たち夫婦の仲人でもある夫の上司へ挨拶に行ったときのことです。
上司の部長さん夫婦は、私たちを快く迎えてくれ、奥さんの手料理に舌鼓を打っていました。
私たちが帰ろうとすると、部長さんがおいしいワインがあるからとお酒を頂くことになりました。
ゆっくりくつげるようにとコタツまでも用意していただきました。
2人共お酒は強くない方でしたが、上司の勧めるお酒を断ることも出来ず、少し無理をしながらも酒宴は進みました。
しばらくすると夫は居眠りを始め、そのまま寝入ってしまいました。
部長さんも「少し休ませてあげなさい」と夫をそのまま寝かせてしまい、私もほろ酔い気分で旅行の土産話などに花を咲かせていましたが、そのうち、膝のあたりにしきりに部長さんの手が当たるのに気づきました。
(いやだわ、部長さんたら、酔ってらっしゃるのね)
気のせいだと思いそのままにしていたのですが、その手が除々に膝から太腿にかけて這い上がってきたのです。
(えっ、うそ、やめてください)
私は、この時不覚にもフレアの白いマイクロミニをはいていたのです。
夫の上司でもありまた奥さんの手前じっと我慢をしなら耐えていましたが、それをいいことに部長さんのいやらしい手が更にスカートの奥へと伸び指が太腿の付根の奥の敏感な部分に触れてきました。
(お願い、やめて、ああっ、そんなにしないで)
何度か部長さんを睨みつけ手を払いのけましたが、しつこく太腿の奥を這いまわり、足の付け根をマッサージでもするように優しく揉みあげてきます。
それがとても心地良く不覚にも感じてしまったのです。
(やめてください、だめよ、いや)
私がたじろいでいると、すばやい動きで遂にパンストを膝のあたりまでずり下げてしまったのです。
(そっ、そんな)
こんな状態ではコタツから出ることも出来なくなってしまいました。
悪戯な指は太腿に吸い付くように撫でまわし、ビキニのショーツの上から一番敏感な部分を執拗に愛撫され、心では拒絶してもどうしようもなく、身体が反応して愛液が溢れ出そうになっているのです。
(ああっ、いやっ、そんなにしないで、感じちゃう)
愛してもいない人に一番大切な部分を愛撫され、いとも簡単に体がこれほどまで敏感に反応するなど、想像だにできませんでした。
夫とのセックスで今まで以上に身体が敏感になったのでしょうか?
しかし現実には身体中が熱くなり、愛する夫がいるすぐ隣で、夫以外の男の指で思わず喘ぎ声が出そうになるもう1人の自分がいる。
もう自分でもこの身体を制御できません。
私は奥さんに気づかれないよう必死に溢れ出そうになる喘ぎ声を指を唇に当てて押し殺していました。
すると部長さんは今度はゆっくりとショーツをずり下げその太い指を挿入し、アソコの奥深くまで愛撫を始めました。
「ああっ、だめっ」
おもわず声が漏れたのですが、部長さんはとっさにテレビの声を大きくして事無きをえました。
最初はゆっくりと、そして段々激しく指を1本、2本と絶妙なタッチで私の中にある性欲を掻き立てようとします。
すると指の動きに合わせるように腰が自然に動き出した時は、自分でも信じられないくらいでした。
それほど身体は部長さんの愛撫で興奮していたのです。
(そんなにされたら、いいっ、ああっ、いくっ、いっちゃいますぅ・・・)
あの時最初の絶頂に達していたのかもしれません。
延々と部長さんの愛撫が続き、私の下半身は部長さんのなすがままで今にも下半身が蕩けそうでした。
そして愛撫だけで何度も昇りつめてしまい気を失ったようでした。
うっすらと気が付くと目の前に部長さんのいやらしい顔がせまり、唇を合わせようとします。
拒絶する気力も無くその唇を受け入れしまい、まるで恋人同士のように抱合いながら、気の遠くなるような長くまた激しいキスが続き、再び身体が火照ってくるのがわかりました。
部長さんは舌を差入れながら、乳房をやさしく揉みしだいています。
すでに夫は寝室に運ばれ、奥さんはお風呂のようでした。
もう私達の行為の邪魔をするものは誰もいないのです。
私は新婚間もない人妻だということも忘れ、一人の女として、とにかく部長さんの肉棒を欲するまでに性欲が掻き立てられ、どうしようもなくなっていました。
部長さんの舌は唇から離れると下へ下へと這い回り、乳首を転がしながら、恥かしいほど濡れているアソコへと向っていきます。
「いいっ、こんなのはじめて、おかしくなっちゃう、」
愛する夫にでさえ汚らしいと拒絶しつづけた行為を生まれて初めて、それも自分から拒むこともなく進んで受け入れ下半身が蕩ける様な快感に酔いしれていました。
部長さんの頭をアソコに押さえつけながら昇り詰めようとした時、部長さんの舌は絶頂寸前でアソコから離れ、代わりに巨大な肉棒がひくついているアソコに近づいてきました。
それだけは絶対に許されない行為だとわかっていながらも、この身体はどうしようもなく部長さんを欲し、この肉棒で埋め尽くされたいと、心底思う自分が恐ろしくなってきます。
「あう・・ああ・・いいっ、すてき部長さん」
「またいきそうです、あああああ・・・・」
私の期待を遥に上回る快感に陶酔し、誰憚ることなく、感じるままに喘ぎ声を上げ続け自ら、より快感を得る為に、淫らに腰をくねらせながら部長さんの肉棒を深々と迎え入れ何度も何度もさらに上へ上へと昇りつめていきました。
こんなにすごいセックスははじめてです。
その後は二人で抱き合い舌を絡ませながら強烈なアクメの余韻に浸っていました

夜中に目が覚めると夫と同じ寝室で寝かされていました。
何も知らない夫の寝顔を見ながら、自分の犯した罪の深さを知り愕然としながらも、昨晩のあの激しい行為を思い出すと身体中が熱くなってきます。
この体験は本当の意味での自分を見出してくれたのかもしれません。
翌日は何事もなかったように、部長さんのお宅を後にしました。
後で考えてみると、お酒とコタツは部長さんの巧妙な罠だったのかもしれません。
これからもずっと夫を生涯の伴侶として愛しつづけますが、部長さんの罠にはまった事は、夫に対しては罪かもしれませんが、私にとっては決して悪いことばかりだとは言えないのかも知れません。

部長さんに抱かれて以来、愛する主人に対する罪悪感から、誠心誠意主人に尽くしてきました。
でも、生まれて始めて知った、女の悦びが頭から離れず、無意識のうちに自分であの場面を思い浮かべながら、慰めた事も有りました。
心の中では主人をこの世で一番大切な人ですが、身体が部長さんを求めているのです。
自分でもどうしようもなくなっていました。
そしてついにあの快楽に再び溺れてしまったのです。

主人が九州へ三日間の出張に出た日の夜の事です。
電話が鳴り出てみると、無言電話でした。
「誰かしら、失礼な人ね」
そして5分後に、玄関のチャイムが鳴り外を見るとなんと部長さんが立っていたのです。
「どうしたらいいのかしら、主人もいないし」
しばらく戸惑っていると、何度もチャイムが鳴り響きます。
私は胸の高鳴りを憶えながら、恐る恐る玄関を開けてしまったのです。
「こんばんわ、奥さん」
「部長さん、困ります、帰って下さい」
しかし部長さんは黙ったまま、私の体を引き寄せ、キスをしてきました。
「むむっ、やめてください」
私は言葉では拒絶したものの、何もできずにそのまま唇を奪われ、舌を絡ませていました。
部長さんはそのまま私を抱きかかえ、リビングのソファーまで連れていき、キスをしながら、Tシャツの上から乳房を優しく愛撫してきました。
しばらく乳房を弄ばれるうちに私は今まで我慢してきた性欲が一気にあふれ出たように、部長さんの抱き付いてしまい、自ら舌を絡ませていたのです。
部長さんの愛撫は下半身へと延び、ミニスカートの中へと滑り込み、ショーツの中へと入ってきました。
もうすでにアソコはぐっしょりと濡れていました。
「ああん、いや、やめてください、部長さん、そんなにされたら私・・・」
「奥さん、僕を待ってたんでしょう、下の唇はこんなに欲しがっていますよ。」
その言葉を聞いた瞬間、身体が熱くなり、さらにアソコから愛液が溢れ出してきました。
部長さんは巧みな愛撫でアソコに指を挿入しながら、奥深く掻き回してきます。
「あうっ、ああっ、すてき部長さん、あああああ~ん」
私ははしたない喘ぎ声をあげながら、身を委ねていました。
そして部長さんは今度は舌で愛撫し始めると、またたく間に絶頂を迎えました。
「いいっ、いきそう、部長さん、いきますっ・・・」
くちゃくちゃといやらしい音がリビングに響き渡り、最初のアクメに達したのです。

アクメの余韻に浸っている間もなく部長さんの大きな肉棒がアソコを貫いてきました。
「いいわ、とてもいいっ、もっとお願い部長さん」
「あいつよりもいいでしょう」
「いいっ、主人よりも部長さんの方が、とてもすてきよ」
私はこの瞬間を待っていたのです。
「またいきそう、いいっ、いっちゃう・・・」
部長さんの律動にあわせて、腰をくねらせ、何度も絶頂へと導かれていました。
その後も再びお風呂で前から後ろから何度も貫かれ、激しい快楽に溺れてしまいました。
主人がいない三日間は時間を惜しむように部長さんとのセックスに溺れていました。
その時は主人への罪悪感も消えて、とにかく部長さんと心行くまで快楽をむさぼっていたのです。

今では時々部長さんに呼び出されて、激しく抱かれています。
もう部長さん無しでは耐えられない身体になってしまったのです。
あなたごめんなさい。

最近のJS

男性です。
塾講師してます。

こないだ、ある事件が起こりました。

中学受験クラスにて。
理科の絵をホワイトボードに版書してましたが、あんまり上手に書けません。
消してから書き直しました。
書き直す前に、「ちょっと待って、書き直すから 。」
と言った途端、教室の私から見て右端で、バタンと音がしました。

クラスの中でも可愛い方のO林さんが、教科書を丸めて机を叩き、
「ふざけんなよ、M先生、次やったら犯すぞ!」
小学生に『犯す』と脅されたのです。

まあ、雑誌やテレビで、下らないセリフを覚えて、使ってみたんだなと気にも止めませんでした。

さて、その後の受験算数のクラスにも、先程のO林さんがいます。

ホワイトボードに書いた計算に、ミスを書いてしまいました。まあ、クラスの子供たちは笑って許してくれましたが、先程のO林さんは、私を睨んでます。

皆に演習させて、教室を見回っている最中に、彼女の所へ行き、
「どーした、O林ぃ、具合でも悪いかな?」と、何気なく聞いたところ、
「さっき、間違ったら、犯すぞって、言ったよな、レイプ確定だな。」と、
妖艶な笑みを浮かべるのです。

ドキッとする位の、大人びた微笑みです。

その後、授業が終わり、皆が帰宅しても、O林さんは、残ってます。

「どうしたO林ぃ、質問か?」
「・・・・さっき、犯すぞって言ったの、覚えてるでしょ!」

そういうと彼女は、ズボンの上から私のイチモツを優しく握りました。

「ぁぁ、ちょっ、ちょっと待て、O林、何してるのか、分かってんのか!」
「うん、間違えた先生にオ・シ・オ・キ。」

ビックリしている私に、いきなりキスをしてきます。しかも、ディープです。私の歯を、彼女の舌がまさぐります。

口を離した彼女は、
「ズボンの上からじゃ、布が邪魔だよねぇー。」と言うと、私のズボンのベルトを外しに掛かります。

咄嗟に腰を引き、ズボンのベルトが外れないようにしました。彼女の両手は、ベルトにつられて、私の方に近付きました。ベルトを外され、ズボンのチャックまで下ろされています。

丁度、私の上半身が、彼女の上半身を包む格好です。その私の体の下で、彼女は私のトランスの中に手を差し入れて、イチモツを探しています。

教室には誰も居ません。
彼女の両手が、私の息子を捕まえました。
「はぅっ。」つい、声が出てしまいました。

「先生、可愛いぃ~♪」
にこやかに微笑みながらそう言うと、彼女の両手は、竿を撫でながら、玉を揉んできます。

色っぽい目で私に
「先生、犯してあげる。」
と囁いてくるのです。

「やめ、やめ、お願い、やめてくれ。」最後の抵抗を試みました。
騒いでいる私の口を彼女が口で塞ぐと、また舌を入れてきます。

口を離した彼女は、
「うるさい、黙って犯されろ。」
と言い、自分のスカートをたくしあげました。

小学生とは思いたくない『黒』です。
膝上辺りまでずり下ろし、「男の人って、全部脱ぐより脱ぎかけの方が良いんでしょ!?」

まだ理性が残っていた私は、
「いや、こんなこといけない。すぐやめるんだ。」
との、ささやかな抵抗を見せました。

彼女は両手を背中に回し、ブラも外しました。黒です。

ブラから外れた生のおっぱいが、目の前にあります。小さくても形の良いものです。

彼女は、両手で左のおっぱいをかけ集めると、私の口に挿入してきました。
理性の吹き飛んだ私の舌が、彼女の小さな乳首を転がしています。

彼女は、中腰の姿勢の私のイチモツに、立ったまんま、上から覆い被さるように挿入してきました。

今まで抱いたどの女性よりも、小さな下の口です。誰よりもきつく締め付けてきます。
「あ、ぁぁ・・、はぅっ。」と、物凄く可愛い声で喘ぎます。

爆発寸前です。
しかも今、生です。

理性が持ち直してきて、
「お、おい、出る。」
叫んだ途端に、発射してしまいました。

彼女は、両手を私の首にかけ、
「ふふん、気持ち良かったでしょ。」
と笑うと、身体を私から離し、ティッシュでまんこと太ももに付いた精液を拭いています。

「どぅ、小学生にレイプされた感想は?恥ずかしくて、誰にも言えないんじゃないの?」
彼女は、指を私のお腹に突き立ててきます。

「あ、いや、それより、お前、生で・・」
「んっと、秘密。」
身支度を先に整えた彼女は、教室の中で、イチモツの先端から精液をまだ垂らしている私にそう言うと、
「じゃ、先生、さようなら。」と言い残し、教室を去っていきました。

私の中を不安が過ります。
生だったけど、大丈夫なのか?
私に恋愛感情?
妊娠したら、どうしよう?
両親に報告?
友達に報告?

どうしよう。誰かに相談しなくちゃ。
『小学生の女の子にレイプされた。』って。

Sな先生、好きでしたか?

本多えりな31歳独身、母親の地元で小学校の先生やってまーす。
彼氏はいたけど結婚はナイかな。
だってもう、それ以上の楽しみ知っちゃったから。

学校では教育熱心な先生演じてるのね。
都会いったら体罰とかご法度だけど。
こっちは保護者のヒトも、厳しい方がいいみたい。
家庭訪問したら、どうぞぶってくださいってお願いされちゃったりするし。
ま、あたしも鬼じゃナイんで。
オシリペンペンぐらいでいいですかー、って確認とるんだけど。
中には足りないってヒトもいて困っちゃう。
木の棒とか見せられるし。
あたしそんな趣味ナイよ、やりすぎじゃん。

でも、オシリペンペンは好きなんだよね。
されるってわかった途端しょんぼりする男のコとか、チョー可愛いじゃん?
まぁ、必要な時しかやんないけどさ。
無理やりとか、さすがにね、引くし。
でもね、5年生クラスなんだけど。
やっぱ勃っちゃう子とかいるわけさ。
敏感なとこ責めてるもんね、一応。
けど勃ったから許してあげちゃうなんてこともできないわけ。
どうしよって考えたけど、うーん。
とりあえず脱がせて、射精するまでペンペンしちゃう。
服のまま出しちゃっても困るでしょ?汚れるし。
男のコに「お漏らししちゃうから」って説明するんだけど、信じないの。
自分はそんなコトしないって思ってるんだろうなー。
そこがまた可愛いんだケド、結局ピュピュッて出しちゃうの。

あららー、お漏らししちゃったねー、5年生なのに恥ずかしーい。

みんなおしっこだって勘違いしちゃうんだって。
我慢してたのになんで??って、放心状態になるみたい。

誰にも言わないかわりに、オシリペンペンだね。

男のコはみんなコレで籠絡しちゃうの。
あとは宿題とか忘れたときに、放課後居残りしなさいって言うだけで。
みんなオシリだって思うんだろうね。
授業中、目が合うと涙目になったりしてチョー可愛いんだぁ。
勃っちゃうコって、いっつも同じなんだよね。
ほんとは手とかでシてあげたいと思うんだけど、やっぱ先生だし?そこまではできないかなぁ。

いまは控えめに、教育者として頑張りまーす。

処女膜フェチ

俺には二つ年下の和恵という妹がいる。俺と妹はお互いが初体験の相手だ。俺が中2、妹が小6の頃からお互いの体の違いに興味を持ち始めた。俺は妹が好きだったし、妹も俺のことが好きだったので、俺が中3、妹が中1の頃には親に隠れてキスしたり、お互いの股間を触りあってた。キスしながら、俺は妹に手コキされ、妹は俺に手マンされてた。

8年前、俺が高1の夏休み、両親が法事で出かけて中2の妹と二人で一晩過ごすことになった。妹は、SEXする絶好のチャンスだと俺を誘った。俺はデジカメを持ち出し妹の写真を撮った。制服姿や下だけ丸出しなどエッチな写真だ。妹も乗ってきて、開脚しておっぴろげた。俺は、更に拡げさせ、アップで処女膜が確認できる写真を撮った。そして、初めてSEXした。入っていくところは段階的に撮った。妹は、奥に進むにつれ「痛いよ」と言っていたが、急に「いってー」と叫んだ。俺はそのまま暫く動けなかった。大事な可愛い妹が可哀相だった。「和恵、もう止めようよ。」それでも妹は、「お兄ちゃん、ゆっくりなら動いてもいいよ」と言うのでピストンしたら、俺のチ○チ○に妹の血がついていた。妹の処女喪失はデジカメで撮影した。制服姿の写真から出血している写真、俺が射精した写真、血まみれのマ○コまで100枚以上になった。それから、両親の目を盗んで週に2、3回SEXした。覚えたての快感と背徳感に、二人は虜になっていた。

俺が高2、妹が中3の夏休み、妹の友達3人が泊まりに来た。夕方まで勉強していたが、何度も「お兄ちゃん教えて」と呼ばれた。この4人の中3女子の中では妹の和美が一番可愛いと思うバカ兄貴であった。でも一人、中学生に見えない大人びた美少女がいた。晴美ちゃんといって背も俺と同じくらいだ。他の二人はまあまあ、由佳ちゃんはいかにも真面目そうで、千尋ちゃんはちょっと大人しいと言うか暗い感じで、見た目は十人並みといったところか。夕食後、うちの風呂、古いけど広いから4人で入浴しているようだった。その後、妹の部屋で何やらガールズトークが始まっていた。壁に耳を当てると聞こえた。「お兄さんかっこいいよね」「そう?見慣れてるからわかんない。好みの問題じゃない?」「私は好みだな。」「うん。私も嫌ではないかな。」何かモテてる。悪い気はしない。同級生からはさっぱりなのに。「お兄さん彼女いるのかな?」「いたみたいだけど、今も続いてるのかは知らない。」「じゃあ、童貞じゃないんだ。」おいおい、彼女なんかいなかったいぞ。あ、彼女って妹のことか!そりゃ妹が兄貴とヤッたとはいえないな。「お兄さんにエッチ教えてもらおうか。」「経験しちゃう?」「ええっ、私は止めとく。」「私は無理。」「当たり前でしょ。和恵は近親相姦になっちゃうでしょ。」「とりあえず見せてもらおうか?和恵お兄さん呼んできてよ」俺は妹に呼ばれてみんなの前に座った。そして、晴美ちゃんと千尋ちゃんがエッチしたいと言い出した。「冗談でしょ。いくらなんでもまずいって。俺は一応断った。でも結局、一人ずつ俺の部屋に来て、するしないは雰囲気でと言うことになった。じゃんけんが始まった。

「お邪魔します。」千尋ちゃんが来た。色々お話をして、お互い見せ合うことになった。千尋ちゃんはチ○チ○を間近で見たのは初めてらしく恐る恐る触っていた。反応して勃起すると、「きゃっ」といって手を離した。俺は、千尋ちゃんにマ○コの写真を撮らせてもらった。妹にしたように拡げてもらい、処女膜も撮影した。そして弄り回すと濡れてきた。「千尋ちゃんどうする?」「入れてみてください。」俺はゆっくり入れてみた。「あたたたっ」「千尋ちゃん大丈夫?」「はい。何とか。」と言ったものの、5分でギブアップになった。処女喪失の要所要所を撮らせてもらった。「また、日を置いてチャレンジしてみようね。」といってウォシュレットで血を洗い流した。

「こんばんは。」晴美ちゃんが入ってきた。「千尋とはしたんですか?」「俺からは言えないよ。晴美ちゃんは美人だね。もてるでしょ?」「そんなでもないです。」「あの、おチ○チ○見せてもらえますか?」俺はパンツを脱いで下半身を晴美ちゃんの前に晒した。「うわー。初めて見た。」「お父さんの見たことないの?」「うち、母子家庭だから。」「あ、ごめんね。」「気にしないでください。触っても良いですか?」「どうぞ。」晴美ちゃんが触るとたちまち勃起した。「わわわ!すごく膨張するんですね。」「晴美ちゃんも見せてくれる?あ、写真撮らせてくれる?晴美ちゃんみたいな美少女撮って見たいな。」晴美ちゃんは最後には全裸になって、開脚してマ○コを晒し、「これはハズイなー。」と可愛く呟いた。晴美ちゃんにもマ○コを拡げてもらい、処女膜を接写した。晴美ちゃんは撮影されてるうち羞恥心で濡れていた。この娘は美人だけれどMかもしれない。手マンをしたらもうびしょ濡れで「はあー」っと吐息が漏れた。中学生とは思えないくらい色っぽい。「晴美ちゃん。してみる?」「お願いします。」撮影しながらそっと入れた。「ちょっと痛いかも。」「大丈夫?」「はい。大丈夫です。」出血は僅かだった。「晴美ちゃん、初めてだよね?」「はい。でも、私オナニーにてたから。」「正直だね。どんなことしてたの?」「柄がこけしの栓抜きを出し入れしてました。」「へえー。本当に正直にお話しするね。」「だって私、和恵のお兄さんを想ってオナニーしてたんです。だから今、とっても幸せです。はあっ。気持ち良いです。」俺は、デジカメを置いて、晴美ちゃんを抱きしめキスした。キスしながら腰を使った。「あん、あん、ああっ」晴美ちゃんは感じていた。俺は千尋ちゃんともしていたのでもういきそうだった。「ごめん、晴美ちゃん。いくよ。」晴美ちゃんのお腹に射精した。「気持ちよかったです。あ、これお兄さんの精子ですね。」そう言うと晴美ちゃんは手の上に俺の放ったものを乗せて臭いをかいでいた。「こんな臭いがするんですね。味はどうかしら?」といって舐めた。「少ししょっぱい。」それは汗だろう。でも、晴美ちゃんは美少女だ。和恵には申し訳ないが惚れそうだった。

晴美ちゃんが妹の部屋へ戻ったのでまた聞き耳を立てた。「晴美、完全にやったでしょ。クチュクチュあんあん聞こえたわよ。」「へへへ。気持ちよかった。和恵のお兄さんますます好きになっちゃった。今度告白しようっと。」「晴美やるわね。」俺は、明日彼女達が帰った後、和美にどう接したらよいか、考えあぐねていた。今日、取った写真をCDに焼いた。和恵、千尋ちゃんと晴美ちゃん。三人ともアソコの色や形が違う。処女膜も中心の空き具合が違う。なるほど晴美ちゃんは中心部の開きが他の二人に比べ大きい。

俺はこの後、和美に付き合ってあげてと言われて、晴美ちゃんと付き合った。晴美ちゃんは母子家庭で、お母さんお帰りが8時頃なので、放課後に晴美ちゃんの部屋でSEXしていた。月から金曜日、ほぼ毎日した。晴美ちゃんが求めて来るから俺も応じた。土日は和美の相手をした。晴美ちゃんは俺の高校に進学してきた。通学から学内まで晴美ちゃんは俺にべったりだった。少々鬱陶しかったが、こんな美少女と付き合ってるんだぞと自慢になるし、嫌われたくないから好きにさせていた。

大学は地元を離れたので晴美ちゃんとは別れてしまった。大学でも俺は塾講師のアルバイトで目ぼしい中高生をたらしこんで処女膜撮影に余念がなかった。写真だけの娘もいれば、3人に1人は処女をくれた。4年間で40人の写真が集まった。このうち12人は頂いた。ただSEXしてみたかったとか処女を卒業したかったと言う娘が8人で、その後付き合ったのは4人だった。でも1年に1人と言うわけではない。長い娘は2年半、短い娘は3ヶ月だった。つまり、二股バレてさようならと言うパターンだ。長い娘はSMや露出もして、年齢を偽り投稿誌へ投稿したが、採用されたのは俺が大学4年、その娘が高3の終わり頃に投稿した2回だけだ。やはり、初期の頃のものは幼すぎて18才未満と分かったのだろう。最後のほうは、その娘のアソコも主婦並みにドドメ色にめくれていたから採用されたのかもしれない。

俺は去年就職した。仕事を覚えるので忙しくて暫く女っ気が無かった。その頃フリーだった妹を抱いていたが、冬に彼氏が出来たのでその後は妹から誘ってくる以外は遠慮した。いま、就職して2年目だ。今年、高卒ですごく可愛い娘が入社してきたのであの手この手でやっと手に入れた。なんといっても名前が晴美という。あの晴美ちゃんは美人だったが、こちらの晴美は可愛い。晴美の18才の処女膜の撮影にも成功したし、その処女も頂いた。晴美はかなり痛がって出血もかなりあったが健気に耐えてくれた。俺が果てた後、優しく頭を撫でていたら、晴美は、「処女を捧げたんですもの、結婚して下さいますよね?」潤んだ瞳で見つめながら言った。彼女物凄く貞操観念が強い娘だった。逃げられそうにない。年貢の納め時かも知れない。でも、晴美は可愛いし、気立ても良い娘だから嫁さんにするのも悪くないかな。

Hな薬を手に入れたので

ついに、ついに女の子がHになる薬(媚薬)を手に入れちゃいました。
まず最初に俺の餌食になったのが2つ上の姉ちゃん。
童顔で結構かわいいのに姉ちゃんはもともとエロイ女でして、風呂上りにバスタオル一枚で歩くのはもう日課。
普通に谷間見えてるし、3日に1回は毛も拝めるくらいガードがゆるい。
きっとオナニーも大胆なんだろうけどいまだ見た事がない。
何度かノックなしの部屋突入をかましたが見事に全部ハズレ。
そこで俺を助けてくれるのが媚薬様だ!
夕飯準備を手伝うふりして、母親の目を盗んで姉ちゃんのお茶に媚薬を混ぜる事に成功!
その日、姉ちゃんはご飯前にお風呂に入っていた。
最高だ!こうゆう日は姉ちゃんバスタオル巻いたままの格好でご飯食べるのはお約束。
お父さんがいたら怒るんだけど、まだ帰っていない。
姉ちゃんがHな格好で風呂から出てきて、そしていつも通り俺の横に座った。
風呂上り喉が渇いてたんだろう、お茶をいっき飲み。
ありがとうございます!心の中で叫んだ!
しばらくして効果が表れた。
股間が気になるようだった。
左手は器を持たず、完全に股間を押さえている。
気のゆるみからタオルが何度もはだけておっぱいが丸見え。
それを直す手が遅いもんだからその度に見ちゃうよね。
俺のちんぽが立ってるのは当然だが乳首が立ってるのを俺は見逃さなかった。
股間を押さえたまま部屋に戻る姉ちゃん。
オナニーは確実だ!
後はタイミングだけなんだが、だがしかし俺のちんぽが待ってくれねー。
部屋に入って5分とたってねー…早いかもしれない…けど我慢できなかった。
ドアをめいっぱい開けて一気に踏み込んだ!
なんとそこは予想以上のパラダイス!
全裸の姉ちゃんが俺のほうに股を広げてちんぽバイブでオナっていた!
目をつむってる事とバイブのウィンウィンといった大きな音で俺の存在に気付いていない。
出し入れさていれるバイブが姉ちゃんのHなお汁に濡らされてるのがよく分かった。
そっと近づいて匂いも分かるくらい接近したところでついにと言うかやっと気付いた。
パニクル姉ちゃんから目をそらさずできることならこのままオナニーを見ていたい。
Hまでとは言わないが、フェラくらい持ち込みたい。
ちんぽを握り妄想は膨らむが現実AVとは違う。
キッとにらみつけられ、勃起したちんぽに蹴りをもらって追い出されてしまった。
なんだかその日は何回でも逝ける気がして、俺も裸になってオナニーしまくった。

媚薬様の有難さを実感し次なるターゲットへ
俺は大手TUTAYAさんの近くで長年頑張っている小さなレンタルショップで働いています。
そこは8割がアダルトDVDでして、まぁほとんどが男のお客さん。
お店にはおじさん店長と従業員の俺と100キロデブの女とおばちゃんの4人です。
そのおばちゃん(佐藤さん(仮))ってのが今回のターゲット。
42歳とてもお上品な顔立ちでお美しい方です。
アダルトコーナーでは結構な音量でエロDVDを流してるようなこんなお店なのに地元の人妻らしい。
よっぽどスケベなのかな。
そんな期待から媚薬様を握り締め出勤した。
前もってシフト調整しておいたのでその日は一日中、店長と俺と佐藤さんの3人だけ。
返却されたDVDの棚入れがアダルトばっかりであっても、女性の佐藤さんにも普通に行ってもらってます。
実はその佐藤さん目当てで来てるお客さんも何人かいるって事を彼女は知ってるのかどうか。
佐藤さんがアダルトコーナーに入るとお客さんが近寄ってきて後ろを通ってはちんぽを当てている人。
横で堂々とちんぽを握る人など色々います。
それでも逃げない佐藤さんは絶対Hだ!
佐藤さんより先に昼休憩をとり彼女の水筒のお茶に媚薬様を混ぜた。
心配事は彼女が休憩時間中に奥の部屋でオナニーを終わらせないかって事。
でもそれは俺には防ぎようがないので媚薬様に祈るのみ。
休憩を終え戻ってきた佐藤さんのほっぺと耳は真っ赤だった。
まだ分からない。
様子を伺っていると息がなんとなく荒くて肩や胸、太ももなんかをモゾモゾとさすっている。
媚薬様はまだ御健在だ!
店内にお客さんはいない。
店長は外に食べに出てて1時間は戻らない。
俺は佐藤さんに棚入れと整理を頼んだ。
誰もいないアダルトコーナーでHな気分になればと期待を込めて笑顔で見送りモニターにかぶり付いた。
それはあっと言う間出来事でして、佐藤さんの欲求が暴走を始めた。
監視モニターの事を完全に忘れ、床に膝立ちのオナニーが始まった。
スカートを巻くり上げまさぐる手はとても荒々しく動いている。
俺は生で見たくなりアダルトコーナーへ向かった。
棚の隙間から彼女の痴態を堪能しながら俺にも我慢の限界がきてちんぽを出してオナニーしようとした所で店長が戻ってきた。
彼女もそれに気付いて急いで戻ってきた。
時間が経つにつれて佐藤さんは落ち着き、俺の欲求だけが溜まっていった。
その後、閉店までチャンスはもうなかった。
脅迫してレイプでもいいから佐藤さんとやりたい!
帰る間際、佐藤さんに「今日アダルトコーナーでやってるのモニターで見ちゃった」って言ったんだけど、まさかの無視!
エッ!マジ!?逆に動揺した俺を残して逃げられてしまった。
姉ちゃんにも佐藤さんにも…俺って情けね~。
次の日、佐藤さんがちょっと怖い顔しながら寄ってきて「1回だけだから」と言い
何度もにらまれながら休憩室でフェラを頂いた。
薬の事バレたら俺はきっと・・・。怖!
それでも、媚薬様ありがとうございました。

KKK超強力催淫媚薬 禁断のセックス媚薬
リンク:

妹の勉強を教える代わりに抜いてもらった

俺が高2のときに7つ下の妹に勉強教えてと頼まれた
俺はテレビを見ていたしだいたい宿題は自分でやるものなので断ったがそれでも妹はしつこく迫ってきた
妹の「ねぇねぇ」のセリフに腹を立て
「うるさい」と大声で怒鳴ってしまった
当然妹は泣き出して「お兄ちゃんのばか」と自分の部屋に走って行った
しばらくはほっとこうとも思ったがやっぱり心配になり俺は様子を見に行った
部屋の前からも聞こえる妹の泣く声に俺は「悪かった 教えるから泣くな」
と優しく声をかけた
「ほんと」
妹は笑顔で部屋から出てきた
「ただし条件がある 俺のアソコを舐めてくれ」
「舐めるだけでいいのね わかった」
「マジで お前意味わかってるの?」
「全然 でも教えてくれるなら何でもいいよ」
「妹の笑顔に俺は罪悪感もあったが今まで彼女もなしエッチの経験もない俺が妹とできるチャンスだった
俺はズボンとパンツを脱いだ
「きゃ~~ お兄ちゃん何してるの?」
「これを舐めるんだよ」
と指をさした
「それを?  汚くない?」
「大丈夫毎日洗ってるし ネットにも大丈夫って書いてあったから」
「うん わかった」
俺は妹の顔に近づけた
「さぁくちを開けて」
妹は口を開け俺は一気に突っ込んだ
「お兄ちゃんこれで良いの?」
「もっとだよ」
俺はピストン運動を始めた
「苦しいよお兄ちゃん」
「我慢しろ」
「うん」
「いいぞ気持ちいいぞ」
「もうそろそろ出そう」
「何が出るの?」
「いいから それを全部飲んでな」
俺は妹の口の中に口内射精をした
「苦~い」
「さぁ勉強を教えてやるぞ」
              完

みゆきの夫 僕の奥さん

初めて投稿します。僕の妻みゆきは、今年28歳(僕は34歳です。)です。背が154cmと小柄ですが胸は90cm(Fカップ)あり、それでいて太ってはいません。子供は7歳の娘がひとりいます。

昔、新体操をやっていたこともあり、あそこの具合も最高に良く、普段は貞淑で、浮気も全くしません。(僕はしてますが(笑))
顔は広末凉子に似ていて、僕から見ても美人で可愛いと思います。
その妻を先日友達4人(僕を入れて5人ですが)で可愛がってあげました。
事の発端は乱交系のAVを観たのがきっかけでした。
僕は前から、妻が複数の男に抱かれて感じまくる姿を見たいとずっと思っていましたが、妻はそんなことをする女ではないと思い、ずっと言えないでいたんです。
思いきって
「このビデオみたいなことをしたい。お前が男に抱かれて喘いでいるとこを見たいんだ。」
と、言ってみました。
初めは黙って俯いていましたが…
「実はあたしも興味があって、ずっとそういうことを考えながら自分でしていたの…」
と言うではありませんか。
僕は驚いたと同時に、自分の長年の希望がかなうことで嬉しくてたまりません。
妻といろいろ打ち合わせして、知らない人より最初は僕の友人がいいということになりました。

早速、アキラとヨシキという友人と連絡を取って事の次第を話しました。
友人は前から僕の妻を気に入っていて、話した途端乗って来ました。
二人ともかなり興奮していて、早く決めようとせかしました。
「たっちゃん(僕のこと)の奥さん抱けるなんて、夢のようだ。」
と夢心地です。次の日曜日、二人を自宅に呼ぶように決めました。夏休みなので娘は一人で長期間、妻の実家へ遊びに行っていました。

ついに、待ちに待った日曜日が来ました。ところが、アキラとヨシキは別の友人のクロとヒロまで連れて来てしまったのです。あんまり嬉しくてついクロとヒロにも話してしまった様です。
妻に聞いたら、
「あたしのために来てくれたんでしょう?いいのよ…嬉しいの…大丈夫。」
と言いました。ついに5人で乱交する覚悟を決めたようです。

一人一人風呂に入ってもらって、リビングでちょっと酒を飲んで、いろいろ話をしましたが、友人たちの目がもう妖しく光っています。
そのうちクロなトークになり、妻の目も潤んできましたので、隠してあった裏ビデオをかけました。(もちろん乱交モノで複数の男が一人の女の顔にザーメンをかけまくる奴です。)
妻は、もじもじしながら、脚を閉じたり開いたりしています。そのうち妻は
「あたしもお風呂入ってくるね…」
とバスルームへ消えて行きました。
アキラとクロが
「もうガマンできないよ…奥さん…風呂でちょっと触ってきていいか?」
と聞くので、あんまりじらしても可哀相だと思い、OKしました。
ヨシキとヒロも行きたそうでしたが、狭いバスルームでは無理なので、とりあえず我慢してもらいました。
僕も興味をかきたてられて、2人がバスルームへ行ってから10分経って覗いてみました。
バスルームでは妻が大きなおっぱいをクロに揉まれながら、アキラと激しくキスしていました。
「奥さんのカラダ最高だよ…ほら、オレのも握ってごらん。固いでしょ?」
アキラが妻に自分の肉棒を握らせました。
「はん…あぁ…固い、クロさん…もっとおっぱい揉んで…あたしのおっぱい舐めて気持ちよくして…」
アキラのを慣れた手つきでしごきながら、クロにおねだりしています。クロもはりきって後ろから激しく妻のおっぱいを揉みしだいています。
アキラは恍惚とした表情で先っぽをもう濡らしています。妻と激しくディープキスしながら…
「ああ…入れて欲しい…欲しいの…あなた達のが…欲しい…ああ…ああん…」
妻のおまんこもすごく濡れていました。腰がなやましく動いて、見ている僕も変な気分になって来ました。
アキラが立ちあがって
「入れてやるから、奥さんの可愛い舌でオレのをしゃぶってくれよ。」
と言いました。(妻はすごくフェラがうまいです)
妻はアキラの肉棒に愛しげに頬ずりすると軽く口に含みました。クロはずっとおまんこに指を入れていましたが、バスルームの床に窮屈そうに寝転がると、妻を上に乗せて、おまんこを激しく舐め始めました。
妻はアキラの肉棒をちょっと咥えては離し、カリに舌を這わせて、ずるずる音をたてながら、フルートを吹くみたいに横へ滑らせたり、深く咥えて舌をくるくる回したり、手でしごきながら玉袋を優しく舐め上げたり、いろいろしてました。
クロのおまんこ舐めが気持ちいいみたいで、ときどき腰を浮かせたり、沈ませたりして、クロの鼻先へ濡れそぼったおまんこをこすりつけて、
「ああ…いいのぉ…いいのぉ…これがしたかったのぉ…」
と大きな声で言いました。
僕も興奮してバスルームに入ってアキラと並び、(狭かったです。笑)妻にWフェラさせながら言いました。
「みゆき、おまんこ気持ちいいか?ちんぽおいしいか?言ってごらん。」
妻は恍惚に顔を赤く歪めながらイヤイヤをしました。
「嫌ならやめるぞ。」
「あぁん…やめないで、いいの…おまんこいいの…おちんちんおいしいの…」
妻もかなり感じています。
僕はアキラがイキそうだと気づいて妻の可愛い口から、自分の肉棒を抜きました。よだれの糸が長く尾を引きます。
「ああ、奥さん…奥さん…オレ…もう駄目だ…出そうだよ…」
妻は上目使いにアキラを眺めて小さく頷きました。
「あっ…あああ…イク…イク…奥さん…ああ~」
アキラは大量の精液を妻の口へ注ぎ込みました。僕は
「みゆき、手に出して見せてごらん。」
というと、妻は両手にアキラの精液を吐き出しました。かなりの量でした。
妻は、舌でその精液を舐め取り、全部飲みました。
クロが立ちあがり、妻にフェラさせ始めました。僕はヨシキとヒロを呼んで、妻を風呂の入り口にバックスタイルで立たせて、ヨシキとヒロに見せてやりました。
クロと僕は妻の口に代わる代わる肉棒を押し込んでいます。ヨシキとヒロは妻のおまんこに指を入れて、大きく脚を開かせて、クリトリスをこすり上げます。ヨシキとヒロは妻のアナルまで綺麗に舐めてあげています。
「奥さんのおまんこ…すっげぇいやらしいよ…尻の穴も…指が入るぜ。」
妻はアナルは処女でしたが溢れ出る愛液を塗りたくられて相当に感じていて、アナルもなすがままでした。
「あん…あん…もっと入れて…欲しいの…おちんちん欲しいのぉ…いっぱい入れてぇ…」
妻がクロの肉棒を咥えながら叫びましたが、僕はいいことを思いついたのでまだ、挿入は許しませんでした。
そうしているうち今度はクロもイキそうになっていたみたいなんで、僕は腰を引いて妻がクロの肉棒をフェラするのを見ていました。クロは妻のフェラテクがすっかり気に入ったみたいで、女みたいな声を出しています。
だんだん速度が上がってきて、妻の頭をつかんでクロが腰を振ります。
「奥さん!!みゆきさん…ああ気持ちいい…イクぞ…イクぞ…さっきのビデオみたいに顔にいっぱいかけてやる!ああ…ああ、ホラ俺のを手でしごいて…」
クロは肉棒を妻の口から抜きました。
ちゅぽっと音がして、妻の口が名残惜しそうにクロの肉棒を追いかけて、舌先でちろっと舐めました。妻は、興奮で顔を真っ赤にしながらクロの肉棒をしごき出しました。
親指で先っぽのぬるぬるしているクロの肉棒の先走りの液をカリ全体に塗り伸ばしながら、クロの足元にひざまずいて玉袋を舐めたり、内腿に舌を這わせたりしながら、クロの肉棒をしごき上げます。
もちろんときどき手でしごきながら、ちんぽ先を含んだり舌でいやらしく舐めまわすのも忘れません。クロを上目使いに見ながら、
「いって…あたしの顔にかけていいの…いっぱい出してね。」
と淫らしく言いました。
「ああ…奥さん…奥さんの顔に…出す…ぞ…アアッ」
クロの肉棒から、かなりの量の精液が飛び、妻の顔に降り注ぎました。クロも溜まってたみたいで、最初の一飛びは妻の頭を飛び越えてバスルームの壁にはりつきました。
妻の顔は髪、額、鼻、右の頬あたりがクロのザーメンでどろどろです。
クロは妻の顔にべっとり付いた精液を妻の顔に塗りたくって、その指を妻に含ませました。
「ちゅぱっ、ちゅるっ…」
妻はクロの指を恍惚とした表情で舐めまわし、僕の顔を見て、目で
「あたしを見て…感じるのぉ、すごいのぉ、あたし、今日おかしいの」
と言いました。
それから顔からクロのザーメンをしたたらせながらヨシキとヒロのちんぽをWフェラし始めました。
僕は、妻のおっぱいを後ろからたっぷり揉んでやりました。妻は気持ち良さそうに喘いで、お尻を僕にこすりつけて来ます。
下から手を入れておまんこを触りました。妻は代わる代わるヨシキとヒロのちんぽを激しく咥え、しごきました。
「ああ、奥さん…いいよ…うまいね、」
「たっちゃんの綺麗な奥さんとこんなこと出来るなんて夢みたいだ、おお、そこ…奥さんそこ気持ちいいよ」
ヨシキとヒロもかなり興奮してきたようで、妻の口を奪い合うように肉棒を妻の顔に押し付けています。
ついには2本同時に咥えさせて出し入れし始めました。
妻の小さな可愛いお口が大きく広がっています。
「ん…うう…ううん、う~」
妻は苦しそうにうめきながらも、ヨシキとヒロの玉袋を優しく触っています。
僕も妻のおまんこに右手の中指と薬指を入れながら左手でクリトリスをこすりあげて、だんだんスピードを上げて行きました。
妻は声にならないうめき声をあげて体をひねりますが、ヨシキとヒロの肉棒は相変わらずしっかり深く咥えこんでいます。
「ああ…もう…イキそうだよオレ」
ヒロが言うと
「一緒に出そうか?みゆきさんの可愛いお顔にかけてやろうぜ!」
とヨシキが言いました。妻は2人の肉棒を口から抜き取ると、
「出してぇ…一緒にいっぱい、あたしの顔にかけて…おねがい…何でもしてあげるから、気持ちよくしてあげるから…」
ヨシキとヒロは妻をバスルームから出すと、すぐそばの部屋に連れて行って、妻の体を2人で愛撫しました。
ついに我慢できなくなったようです。
まんぐり返しで妻のおまんこを妻に見せながらヨシキがおまんこに舌を入れます。妻は嫌そうにしながらも、ときどき薄目をあけておまんことヨシキを見ながら喘いでいます。
妻は体がすごく柔らかいのでいろんな体位が出来ます。
大きく脚を開いてヨシキの舌を受け入れていました。
執拗に、妻の顔から足の指まで舐めまわすと、妻を座らせてヨシキはおまんこへ、ヒロは後ろからおっぱいを揉みながら妻の口を吸っています。
僕はアキラとクロとそれを眺めながら妻の痴態をビデオに収めています。
妻はもう何度もイッているようでした。
濡れたおまんこが光って、あとからあとから白く濁った愛液が出ています。
妻は頭を振って、ヨシキの舌に自分の舌を絡めてさも見てくれと言うようにビデオを構える僕の方へ目線を飛ばします。ふたたび妻を跪かせて、ヨシキとヒロのちんぽをフェラさせます。
ヨシキとヒロも限界でした。
妻はテクの限りを尽くして2人の肉棒を弄びました。
「おお…いい…もうイクぞ…」
「ああ…オレも…一緒に奥さんの顔にたくさんかけてやろうぜ。」
ヨシキとヒロは妻の前で自分の肉棒をしごき出しました。
妻は、目を閉じて2人の玉袋を優しく撫でながら、じっと2人のザーメンを浴びる瞬間を待っています。
僕は妻のその可愛い顔をアップでビデオに撮りつづけます。
ふいにヨシキが妻の顔を引き寄せて、
「あああ、奥さん、出すぞ…口空けて…舌も出して…おお…そう、その可愛い顔にいっぱい出すからな。」
そう言った瞬間ヨシキの先端からおびただしいザーメンが妻の顔にかかりました。
目と目の間にぶつかるように白い液が飛んで、それから、妻の鼻をつたって舌へどろりと落ちます。
ビデオのファインダーを通して妻がとても綺麗に見えます。
僕の肉棒もはち切れんばかりに固くそり返っています。妻のおまんこにぶちこみたい。。おまんこの中で友人が見ている前で、妻の体の中に精液をぶちまけてやりたい。。そんな衝動にかられながらも、必死にビデオを撮り続けました。
「あ…オレもイクイク…奥さん、こっち向いて…出すよ…おおお、ああ…」
ヒロがイキました。みんなすごい量のザーメンです。妻は、ヨシキとヒロの精液をおいしそうに舌で舐め取って飲みました。
飲む前にビデオカメラの前で、ヨシキとヒロの精液を顔に塗りたくり、口に入れたザーメンをカメラの前で舌を出しながら見せて、最後に飲みました。
「ああ…おいしい…いっぱい…もっといっぱい飲みたい。おまんこにも欲しいのぉ」
と言いながら…。
アキラとクロが回復して、妻を愛撫し始めましたが、僕はそれを止めると
「みゆき、おまんこして欲しかったら、みんなの前でイクまでオナニーして見せてごらん。」
妻はイヤイヤをしましたが、みんなが、オナニー見たいし、してくれないとしてあげないと言ったので、妻はしぶしぶ自分でおまんこを触り始めました。
そのうち感じてきたみたいで、
「ああ、アキラさんのおちんちんおいしいのぉ…ヒロさんの精液のみたいの…クロさんにおまんこ舐めて欲しい、ああ、ヨシキさん…キスして。。」
と口走って体をくねらせます。
僕はバイブとピンクローターを出して、アキラに手渡してみんなで手伝ってやれって言いました。
妻がもうイキそうと目で訴えかけてきたからです。
4人はそれぞれ妻を愛撫します。アキラが妻のおまんこにバイブを入れるとすごい声で喘ぎました。
妻の喘ぎ声はとってもセクシーです。
僕もビデオを撮りながら、自分の肉棒をしごき出しました。
もうみんな全裸です。僕は妻に肉棒を握らせて、ピンクローターをアナルへ入れてスイッチを押しました。
妻は目をトロンとさせて僕の肉棒をしゃぶりました。
「あああ…あなた…いいの…いけないあたしを許して…他の男性に体を触られて感じるの…こんなクロなあたし…恥ずかしい…ああ…あなた…愛しているのよ…」
僕の肉棒を愛しげに懸命に舐めながら、しゃぶりながら、妻は言います。
「あなた、アレ、やって…欲しいの」
息もたえだえに妻がおねだりしてきました。
僕は妻のおまんこからバイブを抜き取るとGスポットを愛撫しました。クリトリスをこすりながら、妻は
「ああ…ああ…あなた…イク…イクゥ…出していいの?ああ…もう…」
僕は彼らに
「いいもの見せてやるよ。」
と言うと指のスピードを上げて行きました。
かちゅっ。。こちゅっ…くちゅ…っと妻のおまんこの歓喜の音が響いて、もうそこまで、波が押し寄せていることを告げています。
「いいよ…みゆき…みんなに見せてあげなよ…イッていいよ…愛してるよ…ほら…こんなに濡れてる…」
僕が深く指を入れた瞬間妻が大きく喘いで、体が跳ねあがり、おまんこから大量の潮を吹き上げました。
ぴゅ~っぴゅ~って飛ぶそれを見て、友人達はかなりびっくりしていました。
ビデオはヒロに任せていたので、その瞬間もしっかり録画しました。
妻は完全にイッて、ぐったりとなりましたが僕は妻を引き起こしてフェラさせました。
友人達もそれを見て、一斉に妻に飛びかかるように争って妻の体を愛撫しました。
「はぁん…いいの…いいの…こんなに…濡れてるの、あたし…こんなの初めて…ああ…いい…いいのぉ…もっと…もっとして」
妻はうなされるように、されるがままになっています。アキラのちんぽを咥えながらクロの肉棒をしごき、ついにヨシキの肉棒を自分でおまんこに誘導してヨシキとセックスしは始めました。
ヨシキは滅茶苦茶に腰を振りながら
「みゆきさん…の…おまんこっていやらしいね、でもいいよ、すっごく締まる…」
「ああ、もっとして…ヨシキさん…気持ちいいのぉもっと…もっとぉ…」
妻もヨシキの腰に脚をからみつけながら、アキラとクロの肉棒を左右の手でしごいて言います。ヒロは興奮のあまり、妻の右足を掴むと、足の指をしゃぶり始めました。
「ヒロさん…いやぁ…そこ、汚い…」
「奥さんの…みゆきのなら汚くない…もっとしてあげる。」
ヒロはそういうと足の指の股を一本一本丁寧に舐めました。
妻は悦びの声をあげて、自分で腰を動かし始めました…ゆっくりと…だんだん、激しく…ヨシキはたまらず
「奥さん、そんなに動かしたらイッちゃうよ…おお…ああ…出そうだ…」
妻にはピルを飲ませていたし、友人達の間で妻は憧れの存在だったことを知っていた僕は、中出しをOKしました。
ヨシキの腰の振りが速くなり…震えながら停止しました。
僕の可愛い妻の中にヨシキはたくさん、放出したのです。
ついに僕も我慢出来なくなりました。
ヨシキにビデオカメラを渡すと、妻にキスしました。
おまんこの中からヨシキのザーメンがこぼれて、妻は少し涙ぐみました。
でも、再び愛撫するといつもの可愛い声をあげて、今度はアキラの肉棒を迎え入れました。
妻が頬を赤く染めて喘ぐので、再びピンクローターをアナルに入れて、ガムテープで止めてやりました。
「ああ、奥さん…ヨシキのザーメンでよく滑って気持ちいいよ。。」
「はぁぁ…気持ちいいのぉ…アキラさんもあたしの中にちょうだい…いっぱい出して…おまんこの中に…」
妻は僕の肉棒を握り締めてアキラとキスしながら激しく腰を振っています。
これがあの貞淑な妻なのでしょうか?でも、この姿は僕が望んだものなのです。
「奥さん…奥さん…ああ…オレ…前から奥さんのこと、ずっと好きだったんだ…たっちゃんにはかなわないけど、奥さんのこと好きなんだ…中で出していい?」
「嬉しい…いっぱい…いっぱい…ちょうだい…あたしの中に…おもいっきり出して…あたしも…イキそうなの、一緒に来て…ああ…」
妻も肩で呼吸しながら、アキラに応えます。
「奥さん…イク…イクよ…ああ…みゆき…たっちゃんには悪いけど、好きだ…うっ!」
アキラも妻の中で果てました。
妻はアキラが放出する寸前にアキラにディープキスをしながらイッたようです。
僕はアキラの気持ちを知っていたので、黙ってアキラの肩を叩いてあげました。
アキラは照れくさそうに言いました。
「ありがとう。本当はオレのためだったんだろうけど、オレに気付かれるからヨシキも呼んでくれたんだろ?ごめんな、クロとヒロまで呼んじまって…」
「いや、いいんだよ。」
僕はそう答えました。
本当はアキラに言うと真っ先に反対されると思っていたのですが、(事実最初は奥さんにそんなことするなよと反対されました。)妻もそれを望んでいるからと、説得したのです。
さて、妻への愛撫が続き、今度はヒロが挿入しました。妻も小さい体でよく応えています。
ヒロは騎乗位が好きらしく下から妻のおまんこを執拗に突き上げています。
ヨシキがビデオを回しています。
僕はとうとう我慢が出来なくなって、妻のお尻からピンクローターを抜くとアナルに指を入れました。
妻の体が一瞬ビクッと震えましたが、なすがままです。
妻の口にはクロの肉棒があてがわれています。
ヒロは妻を突き上げながら、おっぱいを揉んだり舐めたりしています。
妻はこれが好きなんです。気持ちよさそうに、クロの肉棒をしごきながら自分で腰を動かしています。ビデオを回すヨシキが
「奥さん本当にいい体してるね…こっち見て、舌出して…いい顔だよ…」
とか妻をもっと高ぶらせようと言葉をかけます。
僕は妻に手鏡を持たせて喘いでる自分の顔を見せました。
妻は自分の顔を見ながらまたイキました。
それでもヒロは執拗に妻を突き上げ、クロは妻に肉棒をしゃぶらせ続けました。
妻のアソコからはヨシキとアキラのザーメンがこぼれてぶちょぶちょと音がしますが、ヒロの動きはどんどん速くなります。
僕は我慢出来なくなって、かねてから買っておいた、アナルローションを愛液とザーメンを混ぜながらたっぷりと塗ると、妻の尻に自分の肉棒をあてがいました。
「あ…あなた…そこはイヤぁ…やめて、お願い…」
妻は尻をくねらせて逃げようとしましたが尻を掴んで、構わず深く突き入れました。
妻の体が停止し、苦痛に顔を歪めました。
でも僕は構わず腰を振りました。
妻の尻は最初に僕が今日いただくと決めていたんです。
妻は涙を浮かべながら我慢していましたが、少しずつ腰を動かすようになり、可愛い声で鳴き始めました。
「ああ…あなた、いい…お尻とおまんこのおちんちんが…いい…中でこすれるの…こんなの始めてああ…ああ…もっと、もっと突いて…めちゃくちゃにして…好きにして」
僕は妻の尻の締まりに驚きました。ローションを塗っているのに、ぐいぐい締めつけてきます。
「ああ、みゆき…気持ちいいよ…ああ…イク…イキそうだ…」
「はぁ…あなた…あたしも…あたしも…また…ああ…一緒にイッて…お願い…あなた、あなたぁ…ああ、もう…もう、イク…飛んじゃう…あなたぁ」
僕はあっという間に妻の尻の中に今まで我慢してきた、多量のザーメンを注ぎ込みました。
どく、どくっどく…っと7回くらい放出しました。
今までにない快感でした。汚くなんかない、妻のなら…生で入れて、おもいっきり出したい。ずっとそう思っていたのです。今日想いがかないました。
ヒロが言いました。
「もう駄目だ…みゆきさん、出すよ。中に…みゆきさんの中に…ああ…」
「ああ…ヒロさんもイクのね…あたしの中で…たくさんちょうだい…ああ…出して…」
妻が言った瞬間ヒロがひときを大きく妻を突き上げてそのままの姿勢で放出しました。
ヒロが肉棒を抜き取ると精液がドロリとこぼれてカーペットを汚しました。代わってクロが妻におおいかぶさって行きました。
僕がビデオを受け取って再びクロと妻の激しいセックスを撮り始めました。回復したアキラとヨシキは妻を見ながら自分で肉棒をしごいていました。
さっき出したばかりのヒロも興奮しているのが肉棒が小さくならず、妻をとり囲むようにして3人でオナニーしています。
僕も自分のをしごきながらクロがイク瞬間を待ちました。妻はもう何が何だか分からないらしくひたすらクロにしがみついてキスしながら腰を振っています。
「ああ…みゆき!もう駄目だ!」
アキラが妻の近くで叫び妻はアキラを咥えました。
舌を激しく動かす妻に合わせてアキラが肉棒をしごきます。
「ああ…顔に…顔にかけて…」
アキラは妻の顔に出しました。
さっき出したと思えない程の量です。続いてヨシキも妻の顔めがけて精液を出し、肉棒を妻に舐めさせて綺麗にさせました。
「ああ…奥さん…こっちもイクよ…ザーメンまみれの奥さんの顔…とっても綺麗だ…ああ…イク…出すぞ…奥さんのおまんこに俺のを、」
「ああ…ああ…出して、いっぱい出して…あなたの精液であたしのおまんこをいっぱいにして…イッて…あたしもまたイクの、イクの…いやらしいの、おまんこいいのぉ」
クロも妻の中でイッてしまいました。
僕はカメラをアキラに渡して妻を引き起こして、妻の顔の前に肉棒を差し出しました。
妻は包むように僕の肉棒をしゃぶりました。気持ちよすぎて頭がおかしくなりそうです。
ヒロが横から妻に肉棒を握らせて、妻のおっぱいに射精しました。もう、妻はザーメンだらけで、あのビデオの女のようになっていましたが、何故か綺麗に見えました。
僕は正常位で妻のおまんこに挿入すると激しく腰を打ちつけました。
ヨシキがそれを見て、妻の顔に射精しました。
僕は構わず妻にキスして舌を絡めて腰を振りました。妻が力いっぱいおまんこを締めつけてきます。
「はぁ…みゆき…僕も…いいよ…すごくい…綺麗だよ…みゆき…イク…イク…出すよ…」
「ああ…ああ…あなた…一緒にイッてね…あたしと一緒に…」
僕と妻は同時にイキました。
妻もすごい声をあげて痙攣し、ぐったりとなりました。精液だらけの妻の体が愛しいと思いました。
夜遅くまで、ずっとみんなでセックスしました。
夜中ベランダに連れ出してセックスしたり、バイブを入れたまま買い物に行かせたりしてその日はみんなでザコ寝しました。
次の日また、朝早くから妻をみんなで抱いて、精液をありとあらゆるところにかけてあげました。
妻はザーメンだらけになりながら、僕達の肉棒の愛欲によく応えてくれました。みんなが昼過ぎに満足して帰ったので一緒に風呂に入って妻の体を洗ってあげました。それから、夜まで、妻の横で添い寝してあげました。
妻は冷静になったのか、後悔して泣きました。僕は僕が望んだことだからと、妻を優しく抱きしめてあげました。
「もう、したくないかい?僕はみゆきのこういう姿が見たかったんだ、感じて精液まみれになって、潮まで吹いて、そういうみゆきの姿が見たかった、ごめん。」
「いいの…またしたいかも…あたしも望んでいるの…でも、愛しているのはあなただけ、あなたに黙ってしないもの。また、してくれる?みんなで…」
「うん、いいとも。」
こういう愛の形もあるんだな、と思いました。
数日後、アキラとクロの二人が昼頃から遊びに来ました。
先日の話になって、盛り上がってきたあたりで
「なんだか思いだしたら、勃起してきたよ」
等と言い出したので
「みゆきも凄く良かったみたいよ。また、やりたいって。まったく女は底無しだね」
と僕が言いました。そして。
「悪い。ちょっと買い物があるから、適当にやってて」
と夕方前には戻る事を告げて家を出ました。10分ぐらいして妻に電話を入れました。
「ん・・・どうした・・・の?」
「あいつらは?」
「いるよ・・・んっ・・・」
「あいつら、今日もみゆきとエッチしたくて家に来たんだってさ。おまえもあいつらとのエッチしたかったんじゃない?」
「うん。そんな事・・・・・あっ・・・はぅ」
「そんな事言って、まさかやってるの?」
「うん・・・・・・はっ・・・はっ・・・」
「気持ちイイの?」
「・・・・・・うん気持ちイイ・・・・・・」
「入れられてるの? 誰の?何処で?」
「リビング・・・アキラさんが後からいれてる・・・あっ」
「クロは?」
「あはっ・・・目の前・・・」
「クロは口でしてるの?」と妻に聞くと、
「ううん・・・ハァ・・・あっ・・・おまんこ・・・」
「えっ?、前と後ろ同時なの?」
「う、うん・・・あっ、あっ、だめっ、そこ・・・ああっ、いいぃぃぃ」
と言うと独特のクチョ、クチョって、いやらしい音が聞こえてきました。携帯電話を交尾しているアソコにあてているようでした。
さらに、しばらくして妻の喘ぎ声が響いてきました。僕は淫乱な妻の姿を想像して興奮しまくりです。
電話の向こうの妻の声はとても淫らでいやらしく激しいものでした。
しばらく近所を散歩してから、期待に胸を膨らませ帰宅しました。玄関には友人クロの靴だけがあり友人アキラの靴はありませんでした。家に上がるとリビングには人の気配がありません。
風呂場から人の声と音がします。
風呂場のドアの影に隠れて耳をそばだてるとクロと妻の声がしました。
僕が「ただいま」と平静を装いながら風呂場のドアを開けました。
風呂タブに座ったクロの股間に顔を埋めている妻がいました。
二人とも、一瞬動きが止まりましたが、僕が
「おっ?いい事してるね」
と言うと妻が
「お帰りなさい、アキラさんならさっき帰ったわよ」
と答えました。
その話の間も妻の手はクロの肉棒をなれた手つきで愛撫しながら動きを止める事はありませんでした。
僕は何事も無かったように
「んじゃ」
と風呂のドアを閉めた後、そっとドア越しに耳をたてました。するとクロが
「旦那のと、コレどっちが気持ちイイの?どっちを入れて欲しいの?」と尋ねると妻は
「クロさんのは、一番すごく感じるのぉ。すごーく入れたいぃぃ」
と答えました。クロが
「よし、じゃあ出ようか?」
と言って風呂を出てきました。僕は急いで居間に戻るとあわててテレビのスイッチを入れました。
「のぼせたかな?」
バスタオル一枚でクロが妻と話をしながら出てきました。僕が
「スッキリした?」
と尋ねるとクロが
「のぼせそうだよ」
と苦笑いしながら言うので
「まぁ、お楽しみだったようだしね」
と無関心を装って答えました。
するとクロはバスタオルを対面のソファに投げ捨てると、そこに裸で大の字に座りました。さらに誇示するように勃起した極太の肉棒を堂々とそそり立って僕を威圧していました。
「みゆき。早くやろうぜ」
と、妻を呼び捨てにして命令しました。
妻はチラッと僕を見ましたが、かまわずクロの極太肉棒を丁寧にしゃぶりはじめました。
対面のソファで自分の妻が他人にフェラチオをさせられている姿は嫉妬と興奮が混じりあって言葉になりませんでした。クロが
「みゆきちゃん、どうしたいの?ん?」
といじわるな口調で妻に聞くと、妻が
「ジュポ・・・んっ・・・入れて、ジュポジュ・・・入れたいの」
とクロに哀願しだしました。
「しょうがない淫乱奥様だな。旦那の目の前で他の男の肉棒で突かれたいんだ?」
「そうなの、みゆきは淫乱なの。お願い、入れてください。」
そう言うと妻は座ったままのクロに自らまたがるようにして、極太肉棒をゆっくりと自分のオマンコに挿入していきました。
しばらくの間、妻は激しく腰を振り、悶えながらクロにしがみついて悦びの声をあげていました。
もちろん、結合部分は僕に見せつけるように丸見えで、白く泡だったクロと妻の愛液が、二人の快感の高さを知らせてくれました。クロが妻の耳に何か囁くと妻が
「これ・・・クロさんのが‥おっきくて、すごくて・・・一番感じるの」
「僕のが一番だろ?他の肉棒じゃ物足りなくなっちゃったんじゃないの?」
「だって、すごいっ・・・大きいんだもん。・・・あっ・・・これ・・・これが・・・一番凄い・・・あぁぁ~、きもちいいのぉ・・・」
と交尾している部分を僕に見せつけるようにして、二人は僕の目の前でディープキスをして、まるで恋人のように激しく愛し合っています。
妻のアソコがいっぱいにひろがりクロの肉棒はゆっくりなったり早くなったり挿入を繰り返しています。
「ああ、本当にすごいの。いっちゃう~」
「みゆき、僕もいくぞ」
本当に異様な光景の中、二人は声をあげて絶頂を迎えました。
妻のオマンコに挿入された肉棒がビクンビクンとしたあと交尾部分からクロの精液があふれ出てくるのがはっきりわかりました。
二人とも興奮の余韻からか、小さな痙攣のような動きをしながら抱き合って、ディープキスをはじめました。
そして、クロがなにやら妻の耳元でささやくと
「うふっ、すごい楽しみ。おねがい、みゆきは淫乱なメスなんだから。そんな女がスキなくせに。うふふ。もっと、楽しませて・・・」
そう言って妻は淫らな表情でよだれを垂らしながらクロと再び淫らしく舌をからめはじめました。その妻の左手薬指には指輪が光っていました・・・。
僕は、ある意味嫉妬にも似た快感の中、なにかを達成した不思議な満足感に浸っていました。

妻は女王様

俺は31才 妻の美奈子は44才
2人の時は美奈様と呼ぶ様に命令
されています。

妻は元SM女王様&実家は2件のマンション経営と4件のアパート経営
あと貸地等している家の御嬢様
まぁ実家は結婚して初めて聞かされました。知り合った時からお金は
ありましたが、SM嬢だからかなって思っていました。
俺は美奈子が勤めていたお店の
呼び込みバイト当時20才

美奈子は俺を可愛がってくれ
呼び込みの他に
送迎すれば1回10000円
買い物の運転手10000円
けどプライベートsexはなし
美奈子も俺が彼女が居たのは知っていたので一線は引いていました。
俺も美奈子に対して
凄く綺麗な人で大人の魅力満載でした。品もありなんでこの人が
SM嬢なんて…
しかし俺は小遣い貰えるし姉弟みたいな感覚だったのが本音でした。
美奈子はよく俺と彼女の下ネタを
聞いてきてはちゃかされました。
「智~昨日もちゃんとH頑張った!?」
「千波ちゃん満足させてる?」
(う~ん 大丈夫だょ♪美奈姉と違って子供だから!)
「ハハハ♪私はベテランか?」
普段 美奈子は優しい女性です。

俺が21才になった時に俺は彼女と
別れ落ち込んでいました。
そんな時
「智~!飲みにいこ♪」
「明日の夕方6時にマンション前に迎えにきて!!」
美奈子からの電話がありました。
俺は次の日マンションへ
「おはょ♪買い物いこ♪」
(飲みは?)
「お姉さまが美味しいの作ってあげる♪部屋飲み!!」
(うん…ありがとう)
買い物して部屋に
「智、初めてだょね部屋来るの!?」
(うん♪広いね俺の部屋の3倍はあるし…彼氏さんは?)
「んっ!!私が彼氏いないの知っていて!!この口か~」
美奈子は俺の口を手でふさぎました
甘くていい香りです!
食事をして2人でソファに
「智!!智は普通の子じゃ無理!」
悪酔い…絡み酒?
「智!!智は私が面倒みてあげる♪」
(ありがとう)
「明日バイト辞めてきなさい!」
「わかった!?」
(無理だょ!!店に借金あるし!!車のローンあるし!!家賃払えなくなる)
「借金!?いくらあるの!?200か300か
?」
口調も変わってきてました…
「そんなの心配するな!!みんなまとめて智の面倒は私がみる♪智は私が守ってあげちゃう♪」
(ありがとうね♪美奈姉~)
俺は酔っ払いと思い軽くあしらうつもりでしたが
「だから~いくら要るんだ!?」
(全部で280位かな?)
美奈子は立ち上がり寝室へ
バサッ!!
「300!明日返しておいで♪あとアパートも今月末で引き払っておいで
智はここに住みなさい!!」
(美奈姉~いいの?借りていいの?
俺絶対に返すね!!)
「ばぁ~か!それじゃぁ意味ないじゃん♪智は私が守ってあげちゃう♪」
座っている俺に抱きついてきました
(うん…ありがとう♪美奈姉ありがとうございます)
「大丈夫だょ♪けど智~智は私の言う事聞くんだよ♪」
(うん♪だって俺、美奈姉大好きだし♪)
「よし!!いい子だ!!智は私だけのモノ」
美奈子はキスをしてきました♪
「契約のキス終了」
「智は私と結婚して~私の命令きくんだょ♪私のペットになるの!!わかった!?」
(うん。わかった!!)
「よし!!」と同時にパチッ
ピンタ!!
「今から2人の時は美奈様!!返事は」
(はい…美奈様)
「ウフ♪ハハハ♪智は私の可愛いペットになった♪」
「智~下に正座!!」
俺はソファに座る美奈子の前に正座しました。
「智~可愛いねぇ~まずはちゃんと挨拶してごらん♪」
(美奈様…ペットにして頂いてありがとうございます。なんでも命令を聞きます!!よろしくお願いします!!)
「よくできました♪智!!口開けてごらん♪」
俺は命令通りに
「智!!私の足舐めたい?」
俺は口を開けたまま頷きました。
「よし!!私にたくさん奉仕してごらん♪」
(ありがとうございます美奈様)
俺が太股辺りに顔を近づけたら
バチッ!!またピンタ
「ばぁか♪指の1本1本からでしょ」
俺は美奈子の左右の足指や指の間すべて舌で愛撫しました。
「智!!全裸になって立って」
俺は全裸になり直立
「あれ?智~勃起してるね♪」
「見ててあげるからセンズリしてみな♪」
(はい…ありがとうございます)
俺はチンコを握りしめ美奈子の前でオナニー
「逝くのはダメだからね♪」
(はい…)
「どう?女に見られてセンズリするの!?」
(恥ずかしいです…けど気持ちいいです…)
「気持ちいいんだ♪素直じゃん」
「そこに横になってごらん♪」
俺は仰向けに横になりました。
「センズリは続けて♪」
美奈子はそう言うと足の指をまた俺の口に突っ込みニヤニヤ見ていました。
「智~次はなにしたい!?」
(美奈様の身体中舐め奉仕したいです…お願いします!!)
「オマンコも舐めたいって事?」
(はい…舐めたいです…)
美奈子はショートパンツを脱ぎ
パンティ1枚になり俺の顔の上に股を近づけてくれました。
「ほら♪」
届きそうで届かない距離
俺は舌を精一杯伸ばしました…
「必死じゃん♪可愛い~」
そう言うと今度は顔面に股間を押し付けてきました。
息が出来ない状態
それでも俺は必死に舌でパンティの隙間からオマンコを舐めようとしていたら、俺の両乳首を思いきりつままれた痛みで(ング…)
「頑張れ♪」
どれくらいの時間かはわかりません
圧迫から解放
「よし頑張ったね♪」
「生マンコ舐めたい?」
(お願いします。美奈様のオマンコ舐めさせて下さい!!)
「ちゃんと土下座してみな♪あと私の身体にも全部に様つけなさい♪」
俺は美奈子に土下座しながら
(僕に美奈様のオマンコ様に舐め奉仕させて下さい!!)
美奈子は俺にパンティを脱がす許可をくれました。
ソファに座る美奈子
俺はまた美奈子の足指奉仕からふくらはぎ太股…そしてオマンコに
美奈子はソファに足を上げM字開脚で迎え入れてくれました。
甘くて美味しいマンコ汁
スゴい量の汁
俺の顔はマンコ汁でぐちゃぐちゃになりましたが美奈子がいいと言うまでの事
1時間以上舐め奉仕
その間美奈子は何度も俺の顔や口の中に潮を掛けました!!
頭を鷲掴みされてオマンコに擦り付け美奈子は喘ぎまくりでした。
その時点で俺はまだ射精許可はなし
longクンニ終了です…
美奈子も全裸になり
「智…こっちにおいで…」
女王様でなく優しい美奈子の口調
俺は美奈子の横に座り
(美奈様ありがとうございます…美奈様のオマンコ様凄く美味しかったです。)
「そっか♪可愛いね!!智~私と一緒に居られる!?」
(はい!!美奈様本当に大好きなんです美奈様と一緒に居させて下さい!
なんでも命令に従います!!)
「よしよし♪智まだ出してないよね
今日は初日だから今日だけ望み叶えてあげる♪どうして射精したい?」
「口内!?顔射?オマンコ?センズリでもいいよ♪」
「ゴムはないから中出しはダメ~」
(…美奈様のオマンコ様…入れさせて下さい!!最後は顔に…)
美奈子はニコッと笑って
「いいです!許可してあげる♪」
そう言うと美奈子は俺のチンコを握りしめ手こきを始めました。
扱きながらキスをして2人の唾液で音が聞こえるハードなディープキス♪
美奈子も勃起した俺のチンコに顔を近づけゆっくり焦らしながら舐めてくれました。
亀頭!!裏筋!!玉!!指でアナルを刺激しながらです♪
チンコを加えてからが絶頂
バキュームフェラ!!ジュボジュボジュボと全部吸われる感覚♪オシッコも出そうな
千波もフェラは好きで暇さえあれば触っているかフニャチンでも口に入れて遊んでいましたが次元違い!!
(美奈様ありがとうございます…気持ちいいです…オマンコ様いいですか?)
美奈子は髪を乱し俺を見つめて
「逝きそう?じゃ♪私と智の初エッチしよっか♪」
無邪気…
美奈子に寝室に連れて行かれベットに
横になってキスをしながら美奈子のバストに身長のわりに大きい
年齢のわりに張りがある
俺は美奈子のバストにゆっくり愛撫
乳首を舐め回し噛み右手はオマンコにクリトリスを摘まみゆっくりそして激しく擦り指2本を挿入浅く深く
Gスポットを刺激したり
その度に喘ぎまくり身体をうねらす美奈子
俺は美奈子のオマンコ汁が好きになりクンニを
美奈子の両足の膝を持ち拡げ美奈子に覆い被さりました。
挿入!!
美奈子を抱えキスをしながらバストを揉み腰を動かした!!
途中美奈子を四つん這いに体勢を変えてバックから犯しました…
「アッアッアッ…気持ちいい~」
「奥…奥にあたるよ~」
美奈子はシーツを掴みながら喘ぎまくり
射精の時俺は美奈子の前に行き
美奈子の顔にたくさんの精子を掛けました!!
美奈子は目や鼻に付いた精子を
指で集めて自分の口に運び口の中で精子を味わってから飲み込みました
美奈子は俺の股間に顔を埋め残りの精子も吸出し掃除フェラ
「智~私のオマンコ気持ちよかった?」
(はい!!凄く気持ちよかったです)
(フェラも全部!)
「そう♪彼女より?」
(全然!!同じ女性だって思えない)
「ウフ♪でも智は私のペットだょ~
私の許しなければセンズリもsexも
射精も出来ないの!」
(はい!!勝手にセンズリしません!
美奈様の声が掛かるのを我慢して待ちます♪)
「よし♪よし♪後でもう一度しよっか♪」
「智って店のプレイ内容知らないんだっけ?」
(はい…初心者向けのは客に説明するから分かるけど、その後のは女の子と客の話しみたいだし)
「だね~智には順番に教えてあげるね♪あと浮気は絶対にイヤだからね
携帯の女の子消去できる?」
(できます!!今美奈様の前でもできます♪)
「いいよ♪信じるから♪後で消去して」
俺は完全に性的奴隷になりました。
金の繋がり…かもしれないけど
美奈子を本当に好きです。
今は店も辞めて毎日一緒に居ます!!
美奈子の言ったSMの順番…
飲尿や食糞
蝋燭や鞭
尿道に異物挿入
ペニバンでのアナル調教
2日間縛られ放置され
与えられたのはオシッコと少量の
ウンチだけの時もありました。
美奈子のおかげで
仕事をしなくていいのが現実です。

性器には無数のピアスが施されており、 妻は男と会っていない時でも神経がそこに集中し 理性を完全に支配されているのだ。

妻が刺青の男に虜にされて、人妻でありながら理性を奪われ
本能のまま肉欲を求めて出かけるようになる。
次第に服装が派手になり、男の目から見て
色艶、交尾好きであることを容易に悟られる雰囲気を醸し出すようになる。
無数の真珠でグロテスクな肉棒に密壺を貫かれ、
淫蜜を滴らせながら中だしを乞う様は淫メスそのもの。
気が付くと太ももには牡丹と蛇の刺青が施されており、
蛇は妻の陰唇を狙うように舌舐めずりをしている絵柄である。
性器には無数のピアスが施されており、
妻は男と会っていない時でも神経がそこに集中し
理性を完全に支配されているのだ。

それを見た自分はふと男と妻が獣のように交わりあう
姿を想像して驚くほどみなぎってしまう。
やがて兄弟の契りの道具として、妻は二人の男と同時に交わり
まさに兄弟として異なるほとばしりを次々と奥に注ぎ込まれ
歓喜の声をあげ、熱い白濁液で痙攣しながら絶頂に達する。

男は人妻を弄ぶことではいろんな癖を持っていた。
人妻を孕ませることに対し異常に執着している。
その過程として他の男とも絡ませることで仕込まれた性技を自ら楽しむといった
嗜好も持っていた。

人妻のアナルにしか興味のない男は徹底的にアナルを仕込む。
それは室内に限らず、屋外でも調教が行われる、
獣医が用いるような巨大な浣腸器で比重の重い液体を用いて
浣腸を繰り返す。
人妻が朦朧としても徹底的にそれを繰り返す。
アナル栓をされ、ピンヒールを履かされた人妻は
思えない服装をさせられて、屋外を連れまわされる。
繰り返し襲ってくる生理現象と闘いながら、
屋外男性トイレに連れ込まれて男のものを
咥えさせられながら許可が出るまで奉仕させられる人妻。
羞恥で最も恥ずかしい攻めを繰り返し受けた後の人妻は
覚悟を決めたようにおとなしくなる。

男は妻だけでなく目を付けた何人もの人妻をわが物として
徹底的に仕込んでいる。

他人に貸出た人妻はたくさんの異なる男と交わり
あらゆる性技を仕込まれる。
時間の感覚を失い、何度も果てることで思考感覚が麻痺し
底なしの肉欲快楽の地獄へと徹底的に落とし込まれるのだ。

男が狙った人妻をやりつくすと孕ませ行事として
三日三晩人妻を孕ます目的のみで犯す。
相手をさせる人妻は時には複数の場合もある。

完全に落とし込まれた人妻は男の攻めに激しく反応し
家庭や旦那のことも考えることもなく
自ら男の腰に脚を絡めて中だしを乞う。
熱く雄々しくそびえ立つ凶器に自ら腰をうずめ
激しく腰を振りながら男の射精を促す。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妻が廃人に。。。

32歳男です。妻は28歳で綾香に似たちょっとおっぱいの大きい中小企業の事務員です。興味本位でネットで見つけた乱交パーティに妻を説得して夫婦で参加しました。
指定されたホテルの部屋に着くと、私だけ別の部屋に連れていかれて説明を受けたり同意書にサインをさせられたり身体チェックと言って病気のことを質問されたりけっこう長い時間かかりました。私は初めてだったのでこのようなものなのかと思い、言われるままにサインをしたり着替えたりしていました。説明のビデオというのがとくに長い時間かかって、「これは勃起の状態を確認するのだ」と言われて、内容は安っぽいビジネスホテルで見るようなエロビデオのようでした。それでも私は精いっぱい勃起させて見せて、立派な男に見えるように努力しました。
どれくらい時間がたったかわかりませんがバスローブに着替えてようやく妻の待つ部屋に行くと、そこにはすでに一回戦を終えたようにぐったりしている着衣の乱れている妻がベッドに横たわっていて、ベッドに上には大黒という刺青をした毛の濃い裸の大きな男が一人、ベッドのまわりには3~4人の男がやはり裸で立っていて、部屋の中はあきらかに精子と汗のまざったような匂いがたちこめていました。
「えっ?」と思わず声を出した私に先ほどまで部屋で説明をしてくれていた男は「もうサインしただろ」と態度がかわって怒鳴りました。耳元でいきなり大きな声を出されたので耳の中がギーンと響きつづけるほどでした。
妻は目はあけているのですが何もみえてないようにぼんやりした表情で、私が「美貴」「美貴」って声をかけても答えません。近づこうとするとベッドの上の男がなにか叫んで、私はまわりにいた男2人から腕を掴まれました。
「こいつ奥さんやられてんのに勃起してるぜ」と誰かが言い、男たちに笑われました。たしかに私は妻のあわれな姿を見て勃起してしまったのです。心は妻のことを心配しているのに体は勃起してしまう。なんだかこれまでにない感覚でした。
妻のブラウスは乱暴に胸元を開かれたのか、ボタンがとれているようでした。肩からずり下げられていて、妻のお気に入りの白いブラジャーも紐がだらりとなってカップの部分はめくりあがっていました。どんなことをしたのかズボンはびっしょり濡れていて片足だけ脱がされていて、薄いピンクのパンティは無理やり引っ張られたのかクロッチの部分が伸びてしまってして妻のアソコの毛にどろりと誰かの精液がついていました。
「ほかの女性は?」と私は聞きましたが、聞いたこと自体が馬鹿でした。さいしょから女性は私の妻ひとりだけの参加で、あとはこの男たちだけだったのです。
「奥さんのビデオはあとで買い取ることもできるからね」と説明をしていた男。「素人はまずはそこで見とけよ」と言われて、何もできないまま私はベッドの横に立っているだけでした。大黒という男が一人で妻を攻めつづけます。やっぱりそうでした。パンティを脱がさないままで大黒のおおきなモノが妻の中に出し入れされていました。大黒は妻のブラジャーに噛みつきながら引っ張り、ときどき妻の頬をビンタもしました。あまりに乱暴にするので私は顔をそむけてしまいましたが、「次準備」と大黒が怒鳴ると、ベッドの横にいた男が1人ベッドの上に乗って、妻の顔の上で自分の勃起したモノをシコシコしはじめて「いくぞ」と言いながら妻の目のあたりに発射しました。そんなに勢いはなくどろどろっと精液が垂れて、妻の顔の額から目の上のあたりにかけられました。
説明の男は耳元で「興奮してんの?」とか「アナルって家でもやんの?」とかつぶやいてきます。私は必死に「しません」と首をふって、妻のほうを向きました。
大黒のモノは私のなんかまったく比べ物にならないくらいの大きなモノで、こんなのをもっている男がいるのかと、それはそれで驚くようなものでした。こんなのを美貴は入れられてしまったのか。
「次は尻穴」と大黒が言うと、ローションみたいなものを男が持ってきて、乱暴にパンティの上から流しました。そして、エロビデオなんかで見たような丁寧な準備などないままに大黒はモノを妻のお尻の穴に差し込みました。「きいー」というこれまで聞いたこともない妻の叫び声が聞こえて、次の瞬間にはおおきなおならのようなブブっていう音がして、大黒は「いちばん奥に当たった」と言いました。「またウンコつくな」とか言いながら大黒は腰を前後に振り、そのたびに妻の体も前後い動きました。「尻穴のほうからくっついてくるわ」と大黒は言って、両手を妻の腰から離して上に広げて腰を振りつづけます。大黒の手は妻の体から離れているのに妻の体は大黒の腰の動きとあわせて前後に動きます。
そしてまた別の男がぐったりとした妻の上半身を抱えるようにして妻の顔の前でシコシコしはじめて今度は鼻のあたりに発射しました。妻の表情はほとんどなくなっており、涙なのか汗なのか、顔が濡れた感じでびしょびしょになってました。
3・4時間くらいたったでしょうか。説明をしていた男が「終了」「終了」と言うと、大黒もほかの男たちも無言のまま荷物を持って部屋を出て行き、説明していた男が「あとは好きにしていいから」「この部屋は明日朝10時までに出て行ってくれたらいいから」と言いました。それから、「ビデオは買う?10万だけど無修正だよ」と言いました。
私が何も言わないでいるとその男は部屋を出て行きました。そして私と妻の二人だけが残されました。私は自分でも気付かないうちにおしっこをもらしていました。もう勃起はなおっていました。妻の美貴は顔の頬が赤くはれて、お尻の穴からは透明に近い色の血と茶色い液体が太ももに垂れていました。髪も乱れ、幅とズボンはびしょぬれで、「シャワーを浴びようか」と声をかけても無言、「大丈夫か」と声をかけても無言、ただうつろな目で遠くを見ています。
ネットのサイトでは写真を公開されることはありませんでしたが、いまでもあのビデオのことが心配でたまりません。妻はその日以来廃人のようです。

/////////////////////////////////////////////////

「風俗大王」の嫁

学生時代のバイト先に「風俗大王」の異名を持つ親父がいた。推定40歳。
小学生の子供がいるバリバリの既婚者だが、無類の好き者なんだこれが。
ソープだヘルスだ性感だと、どんだけ通ってんだよって感じ。

俺も何度か「帰りにヘルス連れてってやろうか」と誘われたが、
薄給のバイトに声を掛けられてもなあ。
というか浮気したいなら素人女を口説けば済むのに、手間が惜しいのか、
わざわざ高い金払って女と遊ぶってのが理解できなかった。


そんなある日、職場の人たちと飲みに行った席で、
若手社員(♂)が大王に無邪気な質問を投げ掛けたのが事の始まりだ。
「大王さん(仮名)、そんだけ絶倫だと奥さん身が持たないんじゃないスか?」

絶倫と言われて気を良くしたのか、大王が自慢げに語り始める。

「俺ね、仕事とセックスは家庭に持ち込まない主義なの」
うわわっ、いきなり大正時代の親父テンプレ発言。

「古女房相手じゃオチンチン勃たないんだよなー。色気ないし」
その割にしっかり子供作ってるじゃん。

「うちの女房さ、淡泊っつうかセックスがあまり好きじゃないんだよね」
女の草食系?それとも年食って枯れたのかな。

「シタくないのに相手させるのも何だし、これも女房孝行だな」
う~ん、ものすごく自分勝手な言い訳の気がする。

「愛情が冷めたわけじゃないけど、身内の感覚になるっていうかさ」
飲み会の席にいた既婚親父には、この意見に賛同する人が多かった。

「まあ、お前も結婚すりゃ分かるよ」
つうか、あんたほど通ってる既婚者も珍しいんじゃね?

「ところで2次会、駅前のピンサロ行かない?」
行きません。てかその店、こないだ「地雷踏んだ」って言ってなかったっけ?

心の中で突っ込みながら適当に相槌を打ってたが、まあ女には聞かせられんわな。
男ばかりの職場じゃなきゃ、3日でセクハラ告発されてたと思う。

 ( ´ー`)y─┛ ( ´ー`)y─┛

飲み会から2~3週間後の週末、社内レクリエーションのバーベキューに参加した。
「家族みんなで」という社長の方針で、家族持ちの社員は妻子同伴。
最初は家族で固まってたが、すぐにバラけ、奥さんたちは集まってお喋りを始める。
社長命令で子供の相手をさせられてた俺は、成り行きで奥様グループに入った。

そこで初めて大王の奥さんと会ったんだが、何というか‥‥普通の主婦だった。
旦那と同年代の推定アラフォーで、不細工とは言わんが美人ってほどでもない。
強いて言えば自民党の野田聖子と同系列かもしれん。
薄化粧でラフな格好だったせいか、全体的に地味な印象。
中肉&やや小柄で、特にナイスバディーとも思わなかった。

もっとも、話した感じは悪くない。確かに華があるタイプじゃないが、
大王が主張するほど色気不足でもないだろう、と正直思った。
女性陣との会話はそれなりに盛り上がり、
奥さんたちとメアドを交換してその日はお開きになった。


それからしばらく奥さん連中と普通にメル友してたんだが、
ある日、何の気なしに大王嫁に「今度、飯でも一緒にどうですか?」とメールしてみた。
すると「昼ならいいよ。バイト休みいつ?」と返信。
そのまま話が進んで、近くのモールで昼飯を食うことになった。

正直、この時点じゃ大王嫁をどうこうしようなんて考えてなかった。
年上は趣味じゃないし。食事に誘ったのも社交辞令半分というか、軽い気持ちだった。

ランチに来た大王嫁‥‥この仮名もどうかと思うんで「聖子さん」にするが、
バーベキューの時のジーンズ&薄化粧と打って変わって、スカート&しっかりメイク。
だからって急に美人になるわけもないんだが、それなりに化けるから女って不思議だ。

「若い子とデートなんて、オバさんウキウキするわ」と嬉しそうな聖子さん。
飯は今イチだったが話は弾み、俺から見た好感度はさらにアップした。
結局その日は食事の後、買い物に付き合って終わったんだが、
翌週になって彼女の方から「ランチでもどう?」とお誘い。
まあ、断る理由もない‥‥というか誘われて少しだけ喜ぶ俺がいた。


2回目に行ったのは個室じゃないがテーブルごとに間仕切りがある店で、
昼間からワインも出た。そのせいか少し突っ込んだ会話になって、
こっちから聞けなかった大王の風俗通いの愚痴も、彼女が切り出してきた。
大王さん、隠してるつもりがバレてんだよ~。

当たり前だが、妻としちゃ風俗に通われるのは辛いし腹も立つ。
ただ、大王が言った通り聖子さんの方もセックスが苦痛な部分もあって、
夫婦間がレスなのも事実だという(年数回のペース)。
だからって風俗通いを認めるのは嫌だし‥‥と、彼女なりに悩んでるそうだ。

「だったら、夫婦のセックスが楽しくなるように工夫したらどうですか?」
「そんなこと言ったって‥‥ねえ?」

本当は倦怠期の中年夫婦に性生活を指南するビデオとか、
そっち系のサイトとか探してみたら、とアドバイスするつもりだった。
けど、少し酔った瞳で上目遣いする聖子さんを見て、気が変わったんだよな。

「じゃあ‥‥研究してみましょうよ。俺、手伝いますから」

途中のやり取りをダラダラ書いても仕方ない。
結論から言えば食事の後、少し回り道してラブホに入ったら、案外すんなりついて来た。

 ( ´ー`)y─┛ ( ´ー`)y─┛

部屋に入って、とりあえず抱き締めてキス。聖子さんが腕の中で小さく震えてる。
これだけの年齢差‥‥てか俺のほぼ2倍の年の相手は初めてだったが、
流れからして俺が主導しなきゃならない雰囲気だ。

まず2人でシャワー。聖子さん、かなり恥ずかしがってたが、
脱衣所で舌を絡めながら服を1枚ずつ脱がせると早くも興奮してきたみたい。
ついでに俺も脱がせてもらった。

バーベキューの時は『特にナイスバディーでもない』と思ったが、
実際に脱がせたら「意外とイイね~!」ってのが率直な感想だ。
やや小ぶりな胸はBくらいだが、お椀型で悪くない形だし、
ふにっとした手触りもグッド。肌が白くきめ細かいのも俺的には高得点だ。

背後から抱き締め、肩越しに唇を合わせながら乳首を指先で転がすと、
聖子さんの口から「あっ…あっ…」と声が漏れる。
乳首はすぐ硬く立ってきた。感度よーし。
片手でオッパイをいじりながら、もう片手は下半身へ移動させた。

どっちかと言えば細身の上半身に比べたら、腰回りはやや肉厚か。
本人は腿の太さを気にしてたが、ムッチリ感は悪くない。
ウエストから尻、脚のラインも、グラビアモデルとは違う
「リアルな生活感のあるエロさ」みたいなのを醸し出してる。

泡だらけで抱き合いながら全身を愛撫。尻の少し上と内股が性感帯らしい。
敏感な乳首を正面からペロペロ舐めながら、指先で性感帯2カ所を刺激すると、
効果てきめんで悶えるわ悶えるわ。
アソコに指を這わせたら、早くもベトベトに愛液が溢れてた。

濃いめの陰毛をかき分けるように指でいじると、
聖子さんは「イヤ…」なんて言いながら自分から股を開く。
指先で微妙な強弱を付けてこねくり回したら、
しゃがんだ俺の頭を掴みながら「ああぁ…」と嗚咽を漏らし、
包皮に隠れてたクリが顔を出した。

マンを持して指を挿入する。
1本‥‥2本‥‥そのたび「あんっ…」という声とともに、小柄な体に力が入る。
ぬめっとした中は経産婦の割にきついかも、と思ったのは一瞬だけで、
指でかき回すと結構広くて奥行きもある感じだ。なのに包み込むような締め付け具合。
別に俺、百戦錬磨のヤリチンじゃないが、それまで経験した女とは少し違う感じだ。

チュバチュバと乳首を吸いながら、片手で尻の性感帯を刺激し、
もう片手でアソコを愛撫。風呂の中だが太股は愛液でベトベトだ。
親指でクリをいじりながら人差し指と中指で膣内をまさぐると、
奥さん、良い声出しますねえ。
指を奥まで入れて子宮口(?)をつついたら、
そのたび「ううっ…ううっ…」と下半身をよじらせるのがまたエロ過ぎ。
どうやらクリより奥が感じるらしい。「中派」って言ったっけ。

ならばと思って、挿入した2本指の先を軽く曲げて刺激したら‥‥ドンピシャ。
指を出し入れして膣の上壁にあるスポットを擦るたび
「あ‥‥あ‥‥あ‥‥」だった喘ぎ声が「ああ…ああ…ああ…」と激しさを増す。
さらに出し入れ速度を速めたら、しまいには「あああああ~~」と叫んで潮を大噴射。
ピシャ、ピシャって感じで液体を噴き出すと、俺に抱きつくように膝から崩れ落ちた。

風呂場の床に座り込んだ聖子さんの目の前には俺の股間。
この時点で半勃起してたが、聖子さんはトロンとした表情でチンコを手に取ると、
ためらいなく口に含んだ。

フェラのテク自体は大したことないが、ジュポボっと本当に美味しそうに吸い立てる。
チンコへの愛着が感じられる‥‥という言い方も変だが、本当に好きなんだなと思った。
誰だよ、彼女がセックス好きじゃないなんて言った奴は。

 (、、゚Д゚)y─┛ (、、゚Д゚)y─┛

風呂場でたっぷり盛り上げてから、定番のお姫様だっこでベッドに移動。
布団に転がり込むと聖子さん、俺にしがみついて唇を重ね、舌も挿し込んできた。
よっぽど溜まってたんだな。

今も理解不能なんだが、抱き合ってディープキスしてると、
野田聖子風の中年女なのに、顔立ちも体型もやたらエロく魅力的に見えてくる。
特に声が体格の割に低めで、あれで喘がれるとたまらんのよね。
絡みながら「俺って、オバさん相手でも勃起するんだー」と自分で感心してたが、
何割かは彼女の声に興奮したのかもしれない。

風呂場でのフェラでチンコも準備万全だし、ラブホ備え付けのコンドームを装着。
正上位になって見つめ合う。「入れますね」「うん…ちょうだい…」
腰を進めてズズズズっと挿入。ハメる瞬間、両手で顔を覆いながら
「あああぁ…ん」とヨガる聖子さんの仕草が最高に可愛かった。

風呂場で指入れした時も広いのか狭いのか分からなかったが、
実際にチンコを入れると‥‥何これって状態だ。

膣自体は深くて広いんだが、やっぱり締め付けが半端ねえ。
しかも処女とか経験の浅い子にたまにいる「キツい」って感じじゃなく、
柔軟性があるけど膣圧が高いと言ったらいいのかな。
ぬめっとした粘膜がチンコ全体を満遍なく包み込む感じだ。
医学的なことは分からんが、括約筋とかあの辺の筋肉が発達してるのかもしれん。

これはたまんねー、と腰を前後させると、聖子さんも体を反らせて
「ああ…そこ…いいわぁ…」と悶えながら、俺の腰に脚を絡めてきた。
俺のチンコ、少し上反り気味でエラも大きめなんだが、
張り出した部分が潮吹きスポットに擦れて、そのたび彼女が狂ったように反応する。
もちろん俺も擦れると気持ちイイぃ~っ。

互いに一番感じる場所が当たるもんだから、
抜き挿しすればするほど気持ち良くなる「快感のインフレスパイラルやぁ~」。
ううっ、いつもより早めに絶頂を迎えそうな予感。
これはマズいと思ったが、俺の意思を無視するように腰の動きは激しさを増す。
聖子さんも「駄目…駄目…あっ…あっ」と喘いでたが、
とうとう「いやあああぁぁぁ~」と絶叫しながら全身をビクンビクンと痙攣させた。

ちなみに、射精モードに入ってから実際に出すまでの「往生際の悪さ」が俺の持ち味。
恍惚状態の聖子さんを強く抱き締めると、腰を打ち付けるペースを上げ、
さらに彼女を1回イカせてから俺もゴムの中に放出した。
ムチャクチャ気持ち良かった~。

「すごい…死ぬかと思っちゃった」

腕枕の中で聖子さんはつぶやくと、俺に体をすり寄せてきた。
いいトシして何でこんなに可愛らしいのよ。
思わず抱き締めると、彼女も俺の首にしがみついて唇を合わせてくる。
絡まる舌と舌。何というか情念が感じられるキスで、あっという間に回復して
‥‥というか出した後も萎えなかったんだが‥‥そのまま2回戦に突入した。

2回戦は片脚を抱えながらの松葉崩し。
密着度合いが増すし、さっきとは当たる場所が違って、これはこれでたまんねー。
亀頭の先に子宮口が当たると、聖子さんが「うっ…うっ」と切ない声を漏らす。
正上位に戻り、ビンビンに立ってる聖子さんの両乳首を激しく刺激しながら
腰をグラインドさせたら、「いや…いや…いやあああぁ~」と絶頂に達した。

俺も2発目を放出してぐったりしてると、
聖子さんが布団の中に潜り込んでチンコをチロチロ舐めてくる。
おお~っ、股間に血が集まってグググっと頭をもたげる海綿体。
すると彼女が布団からぬっと顔を出して「しよっ(はぁと)」。
その表情にグッときて一気にフル勃起に回復すると、そのまま3回戦に突入した。

3回戦は後背位だ。
つかみ甲斐のある尻肉に興奮して、盛りの付いたオス犬みたいにピストン運動。
松葉崩しとも違う当たり所に快感も急上昇し、ベッドから落ちそうになる聖子さん。
というか実際、最後はベッド脇で立ちバックのままフィニッシュした。

いくら若くても3連戦はキツい‥‥と横になってたら、
聖子さんが俺の体によじ登るようにまたがってチンコをペロペロ。
あんた性欲の化け物ですか。
ねっとりフェラしながら69の体勢に移行し、俺の目の前にはパックリ割れたアソコ。
これは舐めるしかないでしょ‥‥と反射的に思う俺もどうかしてるな。

口へ吸い込んだクリを舌先で転がしながら、鼻先で膣口を刺激する俺の得意技に、
聖子さんは「そこ…そこ…いいぃ~」。
喘ぎ声だけでフル勃起に回復する俺のチンコも見上げたもんだ。
彼女は腰の位置を俺の下腹部にまで移動し、背面騎乗位ってのか?自分から挿入した。

「ああっ…ああっ…ああぁっ…」とヨガリながら、激しく腰を振る聖子さん。
陰毛が摩り切れるんじゃないかと思った。途中で向きを変え普通の騎乗位になると、
俺が突き上げるのに合わせ絶妙のリズムで腰をバウンドさせる。
こいつ天才か、それとも熟練の技術か。
最後は俺に覆い被さって唇を重ねながら、2人同時に昇天した。

結局、夕方までかかって俺が出したのは4回。
聖子さんが何回イッたのかは知らんけど、
あとで聞いたら「う~ん、全部で15回くらい?」と語尾上げで答えてくれた。

 ( ´ー`)y─┛ ( ´ー`)y─┛

ハメながら当然おかしいと思った。何が「淡泊でエッチが好きじゃない」だよ?
ムチャクチャ濃厚でスケベじゃねえか!まったく大王、いい加減なこと言うよな。

しかし、考えてみたら聖子さん自身も「セックスが苦痛」と言ってた。
夫婦間でレスなのも事実らしいし。どういうことだ?

聖子さんの説明では、こういうことらしい。

?精神的不一致
大王のセックスって、とにかく「自分が出したい」が基本。
だから奥さんとする時も、まず横になって「気持ち良くしてくれ」だそうな。
で、奥さんが頑張って手や口で勃たせるとさっさと挿入。
勝手に腰振って、勝手に射精して「お疲れさん」なんだとか。

そこまで極端じゃないにせよ、少なくとも聖子さんはそう感じてるわけだ。
大王の側に相手を気持ち良くさせようって気がないから、彼女も気持ち良くない。

?肉体的不一致
聖子さんの感じるツボはズバリ「中」。
特にGスポットを擦られると潮を噴くし、奥の子宮口(?)をズンズン突かれたら
「腰が壊れそうなくらい気持ち良いの。うふふっ(←思い出し笑い)」だそうな。
突いた俺も気持ち良かったけど。

で、これは物理的にどうしようもない部分もあるんだが、
大王のモノ、聖子さんの感じるポイントに当たらないらしい。
長さや太さが足りないのか、チンコの形が彼女のアソコと合わないのか。
「旦那のサイズ?う~ん、Aちゃん(俺)の半分くらいかな」と言ってたが。

まあ、モノが届かないなら指で刺激するとかバイブ使うとか、
工夫のしようもあるんだろうが、
大王って基本的に「相手を気持ち良くする」という頭がない。
結果的に聖子さん、俺とハメて初めて「本気でイク」のを経験したんだとか。


それからしばらくは大変だった。
俺がバイト休みの前日になると聖子さんがメールで誘ってくる。
午前中に待ち合わせ、早めの昼飯を食ってラブホへ直行。夕方までハメまくった。

さすが人妻というか基礎体温はちゃんと付けてるらしく、危険日以外はナマ外出し。
安全日は中出しすることもあった。生理中以外は大なり小なり危険なのは承知だが、
彼女は中が感じるから、ナマだと快感も二乗なんだよな。

年食ってエロに目覚めた反動か、ホント飽くなき性欲って感じで俺を求めて来る。
体の相性が良いもんだから、俺も誘われるままに付き合った。
1回会えば最低3発はしたし、多い時は週5日ハメた。我ながらケダモノだったわ。

しまいには聖子さんと会うためバイトを休むようになり、さすがにマズいと考えた。
いくら大王でも、嫁がこんだけ浮気してたら気付くだろうし。
2人で話し合って回数を抑えることにしたが、その分1回がさらに濃密になった。

一度、日程をやり繰りして2人で1泊旅行したんだが、
夕方から翌朝まで食事を挟んで、家族風呂でも布団の中でもヤリまくった。
途中から数えてないけど10数回はしたと思う。
今のところ、あの夜が俺の人生のバッケンレコードだ。
最後の方は射精感だけで精液はスカスカな感じだったが、
それでもフル勃起でヤリきった俺のチンコを終わってから褒めてあげた。

 ( ´ー`)y─┛ ( ´ー`)y─┛

これだけだと「どんな淫乱女だよ」と思われるかもしれないが、
別に聖子さんが特殊ってわけでもないらしい。

実は聖子さんと会う回数を減らしてから、
バーベキューの時にメル友になった他の奥さんも何人か誘ってみた。
聖子さんと会うまで10歳以上離れた人とハメたことなかったし、
「人妻ってそんなに性欲が強いの?」と思ったわけ。

大王ほどじゃないにせよ、風俗通い常連社員の奥さんに限定。
ある程度は俺の好みも入れて、20代から40代の3人を個別に誘った。
結果、全員あっさり落ちた。若い子より簡単だったかもしれない。

しかも日ごろ溜まってるのか、3人ともベッドの中じゃ恐ろしいほど貪欲。
どの奥さんも2回戦、3回戦を求めてくるし、
1回会ったら2回目以降は向こうから誘ってきた。
性欲だけなら聖子さんを入れた4人とも、甲乙つけがたいかもしれん。

もちろん聖子さんの「締まり具合」のことも頭にあった。
「経産婦になるとアソコも良い感じになるの?」と期待してた部分もある。
まあ結論から言えば、聖子さんが特別に名器だったんだが。
でも、それ以外の3人もそれなり良かったのは事実で、
俺が年上にハマるきっかけになったな。

ちなみに念のため、ヤリチン自慢とかそういうんじゃねえぞ。
というかモデルやCAならともかく、主婦を口説き落としても自慢にならんし。

ともあれ夫婦とも性欲旺盛なのに、風俗に通う旦那と、若い男と浮気する嫁。
一見すると何だかもの凄く無駄な気もするんだが、
このズレがあるから風俗産業が成立して、若い子も経験値が積めるのかもな。

セックス大好き。乱交パーティーで七発もしちゃいました。

私は、37歳の専業主婦です。子供が二人(二人とも女の子)いて平凡ですが幸せに暮らしています。見た目だって女優の水野真紀に似ていて自分でいうのもなんですが、美人だと思っています。よく言われるのが「上品な顔をしてセックス好き」まさにその通りです。同い年の主人とは週に2~3回セックスしますが、それじゃあ物足りません。本当は毎日セツクスしたいのに・・・。でも疲れて帰ってくる主人に毎日セックスをおねだりするのはちょっとかわいそう。なので、この間は久しぶりに乱交パーティーへ行ってきました。私、他の人がセックスしている中で、自分もセックスしてそれを見られるのが大好き。この日常とかけ離れたセックスが堪らなくイイのです。一人目のお相手はいかにもスケベそうなオジさま。荒々しくキスをされ、カットソーをはぎ取られ、おっぱいが丸出しに。Eカップと大き目だけど少したれ気味。乳輪が大きくて子供を産んでいるせいか、黒っぽく肥大しています。でも男性陣はこのおっぱいに興奮するみたい。ちなみに今回は人妻限定の乱交パーティーです。主人とは4日前にセックスしたきりなので、もうシたくて、シたくて。オジさまには大きく口を開けて乳輪から口に含み強めに吸ってくれました。「あっ、あ~ん」思わず声が出ちゃう。おっぱいは舐められるの大好き。しこたま吸い舐めしてもらい、おまんこもたっぷり舐めてもらいました。クリちゃんを舐められながらおっぱいも揉んだりいじられたり。あっという間にイッちゃいました。たくさんフェラチオしてあげて「もう我慢できないの。おまんこに入れて~」とおねだり。足を思い切り広げられ、おちんちんを突っ込んでもらいました。「あーん。いいっ。おっきくって固いわ。最高!」ズコバコ突かれていい気持ち。おまんこにおちんちんが出たり入ったりするのがよく見えます。隣を見ると、他のパーティーでも何度かあったことのあるサエコちゃん(見た目がタレントのサエコちゃんに似ているから勝手にそう呼んでます)も、おまんこの真っ最中。片足を高く持ち上げられて結合部が丸見え。意外とキレイなサーモンピンクのおまんこにおちんちんが入っています。「もうダメっ。イクっ」サエコちゃんが叫ぶと「俺もイクよ。おまんこの中に出していいだろう」「だめよ。私には主人がいるのよ」私は「サエコちゃん、中に出してもらったほうがいいわよ。おまんこの中に出してもらうと本当にめちゃくちゃ気持ちいいから。本来セックスとはそういうものよ」私は、そう言い、自分も腰を振りながら絶頂がくるのが分かりました「ああん、イク、イクっ。」「どこに出す?」「もちろん、おまんこの中よ。なるべく奥の方に出して」「ああっもうだめっ。早くっ。おまんこに白いのうんとうんとかけてっ」「本当に中出しが好きだな。よしっ。たくさんマンコにかけてやるぞ」「ああっ」私がイクと同時に子宮口の入り口にドバドバッとザーメンがかけられました。私は大満足。サエコちゃんに「見て。サエコちゃん。おまんこの中にこんなにたくさん出してもらっちゃった」と言って二本の指でおまんこを開くとタラタラーっと精子が出てきました。興奮したオジさまは、「よし。もう一丁」と言ってもう一回私の足を広げるとおちんちんを突っ込んできました。二回戦目のスタートです。「ああんっ、二回目なのに固いっ。またすぐイッちゃうわ」それを見て興奮したサエコちゃん、「私にも中出しして」と男性にかわいくおねだり。男性はバックでサエコちゃんのおまんこに挿入し、3回もザーメンを放出しました。その後も私は、イケメンや素敵なオジ様と繰り返しセツクスをし、合計七発もしました。気持ちよかった~。ほかの人のセックスも見たけど、大体みんな中出しなのね。だって中出しってほんと気持ちイイもの。私は満足して帰路につきました。家に帰りシャワーを浴びて一通り家事を済ませ、深夜に主人が帰宅。なんとなく罪悪感。だから罪悪感を払しょくするために、私からセックスを誘うことに。(いつもだいたい私がセックスを誘うんだけどね)色っぽいショーツを1枚だけ着けて、上半身は裸。おっぱい丸出し。主人に「ねえ、しようよ」とおねだり。主人はかなり疲れているのか「今日はちょっと疲れてるんだよな」私はおっぱいパンチを主人の顔に浴びせながら口元へ乳首を持っていきます。「だーめよー。今日はたっぷりセックスするの」やっと主人もその気になったらしくおっぱいを吸い揉みし始めました。そしてパンティをはぎ取りクンニ開始。「ああんっ」昼間、色んな男に精子を注がれたおまんこを主人が舐めているのを見て興奮も倍増。シックスナインの体勢を取りながら、おまんこはビショビショ。「ああっ、いいっ」我慢できず私は主人の上に乗りまたがりました。主人のおちんちんは大きいので大好き。上になり、好きなように腰を使いました。我慢できずつい「おまんこ、おまんこ、気持ちいいっ」と声が出てしまいました。主人は、私が「おまんこ」と言ったり、女性上位の体位をとることをあまり好みません。ですが、今日はあまり気にしていないようでした。私は「もうだめ。イクわっ」と言うと「俺もイキそうだ。イクときは正常位で」と言ったので下になり、主人の肩に足を乗せてのフィニッシュでした。ドバドバッとザーメンをおまんこにかけまくってもらいイイ気持ち。おまんこからあふれ出てくる精子を見て興奮した主人は「もう一回いいかな」と言って再度挿入。「あっ、いいっ。いいわっ。またすぐイキそう」私はすぐにポルチオイキが出来るので、もう絶頂を迎えそう・・・。主人と同時にイキました。終わった後、後始末をして就寝。「ああ。気持ち良かった」昼間いろんな男の人に抱かれて、夜は主人とセックス・・・。毎日でもしたいな。こうなったらやっぱり出会い系かな。セックスフレンド欲しいな。それとも逆ナン??夢は広がります。

叔父さんと京子ちゃん

僕の体験を書こうと思います。
 あれは僕が中一の時、母方の実家に行った時の事です。
 その時、他の親戚一同は墓参りか何かで出かけてて、家には僕と姉(高1)と叔父さんしかいませんでした。
 初めはリビングで三人一緒にテレビを見ていましたが、僕は知らないうちに寝てしまっていました。
 ふと目覚めると、ソファーに座っている姉の股間に叔父が顔を埋めていました。最初何をしているのか分からなくて、ぼーっと眺めていたのですが、少しして叔父が姉のオマンコを舐めている事に気付きました。
 叔父は執拗に舐めたあと、今度は指をオマンコに入れ、ゆっくりと、時には速く出し入れしました。
 姉は「はぁ、はぁ」と呼吸が荒くなっていました。
 叔父が「圭子ちゃん気持ち良くなってきた?」と尋ねると、姉はコクッと小さく頷きました。
■ 叔父は「じゃ叔父さんも気持ちよくしてくれる?」と言って、ズボンとパンツを脱いで姉の横に座りなおしました。
 姉は叔父の股間に手をやり優しくペニスをさすっていました。
 ペニスが勃起してくると、姉はパクッとペニスを咥え、ゆっくりと顔を上下に動かし出しました。
 叔父は「上手だよ」とか「気持ちいいよ」とか言いながら、姉の髪を手で梳いていました。
 ふとその時、寝たふりしながら見ていた僕と叔父の目が合ったように思いました。
 すると叔父はニヤッと笑うと、姉をソファーの上に仰向けに寝かし正上位で挿入しました。
 ペニスが入った瞬間姉は「あぁ!」と声を漏らし、リビングにはテレビの音と、叔父の腰の動きに合わせて軋むソファーのギシギシという音と、姉の「はっはっはっ」と息を吐く声が響いていました。
 次に叔父は姉を引き起こし対面座位になりました。
 こうなると向かいのソファーに座っている僕からは結合部だけでなく、姉の肛門まで丸見えでした。
 この後、叔父と姉は正上位で果てました。
 事が終わり、姉がリビングから出て行くと、叔父が寝たふりしている僕の隣に座って、
「いつまで寝たふりしてるんだ?健司も大人になったな、今度はお前の筆下ろしだな」
 と言って僕の勃起した股間を触りながら言いました。

 叔父と姉の行為を見た翌日、僕は叔父と姉が気になって仕方ありませんでした。
 たぶん、ずっと二人のどちらかを目で追っていたと思います。
 当然、昨晩は二人の行為を思い出しながら自慰にふけっていました。
 昼過ぎになって叔父さんが「じゃぁ健司、そろそろ行こうか」と僕に話しかけてきました。
 僕は何の事か分からず「え?」と戸惑っていると「いいから来い」と言って僕を車に乗せました。
 叔父さんはニヤニヤしながら「昨日は何発抜いたんだ?」とか「オナニーはいつからだ?」とか聞いてきました。
 15分位して車が止まりました。叔父さんの家でした。
 叔父さんに連れられて家の中に入ると、従姉の京子ちゃん(叔父さんの娘で当時は中三)がテレビを見ていました。
 京子ちゃんが愛想なく「おかえり」と言いながらこちらお振り返りました。
「あ、健ちゃん、どうしたの?」
 と僕に気付き話しかけてきました。
 京子ちゃんは受験前だったので、近所ということもあり、母方の実家には初日に顔を出しただけでした。
 僕が何も言えずにいると、叔父さんが「京子、健司の筆下ろししてやってくれ」と言いました。
「え?!」僕も京子ちゃんもビックリして一瞬固まってしまいました。
 叔父さんは京子ちゃんの肩を抱き寄せると、京子ちゃんの胸を揉みながら、
「健司に昨日、圭子ちゃんとやってるとこ見られてな、口止めの代わりに筆下ろしをさせてやろうと思って」
 と言いながら胸を揉みながら京子ちゃんの股間に手を這わせていました。
 京子ちゃんは「ちょっと」「いや」と小声で言いながら、叔父さんの手を征そうとしていました。
 叔父さんに胸や股間を執拗に触られる京子ちゃんを見て、僕のペニスは勃起していました。
 叔父さんはその事に気付くと京子ちゃんの手を取り、
「ほら健司のチンコ起ってるぞ。相手してやれ」
 と言って、僕の股間を触らせました。
「ホントだ。硬くなってる」
 僕のペニスをズボンの上から擦りながら京子ちゃんは言いました。
 京子ちゃんはズボンの上からペニスの形、大きさを確かめるようにゆっくり優しく触りながら僕の顔を覗きました。
 京子ちゃんと目が合った瞬間、
「ああっ!」僕は射精してしまいました。
 これには京子ちゃんも叔父さんも驚いた様でした。
「えっ?もうイッタの?」
 京子ちゃんは言いながら、僕の穿いていたズボンとパンツを一緒にずらしました。
 僕は手でペニスを隠しましたが、パンツに精液がべっとりとついていました。
 僕は恥ずかしくて泣きそうになって俯きました。
 京子ちゃんは「だいじょうぶだよ」と言って、汚れたパンツを持って出て行きました。
 叔父さんは僕の頭をクシャクシャと撫でてくれました。
 京子ちゃんは戻ってくると「今パンツ洗って乾燥機で乾かしてるから、すぐ乾くよ」と言って、持ってきた濡れたタオルで僕の精液まみれの手と股間を拭いてくれました。
 するとすぐに僕のペニスは起ってしまいました。
 京子ちゃんは「健ちゃんスゴイね。もう元気になっちゃった。お父さんとはえらい違い」と言ってペニスを摘まんで僕と叔父さんに見せました。
「これなら健ちゃんエッチできるね」
 と京子ちゃんは言ってチュッと僕の口に軽くキスしました。
 京子ちゃんは僕の手を引き叔父夫婦の寝室に僕を連れて行きました。
 ベットの前で京子ちゃんは立ち止まり服を脱ぎました。
 全裸の京子ちゃんが「ほら健ちゃんも脱いで」と言って僕の上着を脱がしてくれました。
 京子ちゃんがベッドに腰掛けました。
 僕は勢いよく京子ちゃんに抱きつきキスしました。
 チュッチュッと唇を吸っていると、京子ちゃんが舌を入れてきました。
 とても気持ち良くて僕も舌を絡ませました。
 僕は早く挿入れたくて口を離すと京子ちゃんの足の間に入り、オマンコ目指して腰を突き出しました。が、うまくいきません。
 すると横から叔父さんが僕のペニスを握り、京子ちゃんのオマンコの入り口に導いてくれました。そして遂に挿入しました。
「ああ!入った!すごい!あったかい!」
 僕の感激の言葉に京子ちゃんは微笑みながら「うん、うん」と頷いてくれました。
 僕は本能のままに腰を振りました。
「ああっ!」ものの数回で射精してしまいました。
 膣内射精されたにもかかわらず、京子ちゃんは落ち着いていました。
 京子ちゃんは「どうだった?気持ちよかった?」と僕の背中を撫でながら言いました。
 僕が京子ちゃんから離れると、京子ちゃんのオマンコから僕の精液が流れ出てきました。
 それを僕がじっと見ていると、叔父さんが裸で僕の目の前に立ちました。
 叔父さんのペニスは勃起していました。
 叔父さんはコンドームを手にしていました。叔父さんはコンドームのつけ方を僕に教えながら自分のペニスに着けると、そのまま京子ちゃんに挿入しました。
 京子ちゃんと叔父さんの、父娘のセックスが目の前で行われました。
 それはまるで一種の教習のようで、正上位、バック、座位などいろいろな体位が披露されました。
 京子ちゃんは「あん、あん」と激しく感じていました。
 最後に正上位で叔父さんが達しました。
 精液の溜まったコンドームを見せてくれて、避妊の仕方を教わりました。
 僕はすぐにコンドームを装着して二回目のセックスに挑みました。
 叔父さんはコンドームを1ケース置いて出て行きました。
 その日は夜まで何度も何度も京子ちゃんと楽しみました。

お兄ちゃん

大好きなお兄ちゃん♪
お兄ちゃんと言っても、隣の家の2歳年上の幼馴染のお兄ちゃんです。
お兄ちゃんはとてもカッコよく私の友達にも人気があります。

小さな頃から一緒で、幼稚園や学校も一緒に通ってました。
お互いに一人っ子で、親同士も仲がよく本当の兄弟のように過ごしていました。
小学生の途中まで一緒にお風呂に入ってたりしてました。
学校に行くときは毎朝、私が部屋まで起こしに行かないと起きてきません。

私が小学5年生でお兄ちゃんが中学1年生の時に、いつものように起こしに行くとお兄ちゃんの
股間が盛り上がっていてビックリしました。

何度かそんなことがあって、私は気になって触ってみたくなりお兄ちゃんを起こす前にこっそりと
触ってみると固くて棒のようなものが入っているみたいでした。
お兄ちゃんは気がつかないで寝ていました。
それからは、たまにお兄ちゃんに気がつかれないように何度か触っていた気がします。
そのうち学校で性教育を受けた時に勃起というものを知りました。

私が中学生になった頃、お兄ちゃんに恋をしました。ただ好きっていうだけではなくて、お兄ちゃん
と一緒にいたい。お兄ちゃんのことを考えると胸の奥がキュンとするようになっていました。

いつものように朝、お兄ちゃんを起こしに行くと驚く光景が目に入りました。
寝ているお兄ちゃんのパンツの脇から勃起したオチンチンが飛び出ていました。玉まで丸見えで
した。

私は触りたい衝動にかられ、お兄ちゃんのオチンチンを指でそっと触れてみました。
するとオチンチンがピクンと動きました。私はドキッとしてお兄ちゃんの顔を見ましたが、気がつか
ずに寝ていたので、玉もそっと触ってみると玉もグニョと動きました。
それでも起きないお兄ちゃんを見て、私は玉の方から裏スジに沿ってオチンチンの先の方に指を
這わせるとピクンピクンとお兄ちゃんのオチンチンが動き、先の方から透明な液が出てきました。
オシッコかな?と思いながら、自然とその透明な液に触れました。
糸を引きヌルヌルとしていました。

お父さんのオチンチンはよく見ていましたが、なぜかお兄ちゃんのオチンチンはそれとは違って綺麗に見えて、とても愛おしかったです。

そのうち、わたしはお兄ちゃんのオチンチンを思い浮かべるとオマンコがムズムズするような感じを覚え、少しずつオナニーをするようになったと思います。
お兄ちゃんが高校生になるとお兄ちゃんには彼女ができたようでした。
学校の方向も変わってしまい一緒に登校することはなくなりました。
朝、起こしに行かなくてもお兄ちゃんの彼女が電話で起こしてくれるみたいで私はお兄ちゃんには必要なくなったと泣いて過ごす毎日でした。

そのうちお兄ちゃんへの気持ちも薄れてきて、中学3年生になった私にも同級生の彼氏ができました。その彼氏とデートした帰りにキスを迫られました。その時にお兄ちゃんの顔が浮かびました。
急に涙が出てきてキスを拒み、逃げ出してしまいそのままお兄ちゃんの所へ行ってしまいました。

思いつめたような顔の私を見てお兄ちゃんは優しく迎えてくれて、私を部屋へ招いてくれました。
私はその時のことを正直にお兄ちゃんに話して、小さな頃からお兄ちゃんが好きだったことを告白しました。
お兄ちゃんは戸惑いながらも私の頭を撫でてくれて慰めてくれました。私はお兄ちゃんに「ごめんね。ごめんね」とずっと謝っていた気がします。気持ちも楽になった私は落ち着きを戻しお兄ちゃんに送られて家に帰りました。

数日後、彼とは別れました。私がお兄ちゃんを想う気持ちは変わっていませんでした。
私はお兄ちゃんと同じ高校に行こうと心に決めて勉強しました。そして合格しました。

合格祝いにお兄ちゃんが何かプレゼントをしてあげるから何がいい?と言ってきたので、私は冗談ぽくでしたが「お兄ちゃんが欲しい」と言いました。
お兄ちゃんは「まだ俺への気持ちは変わってないのか?」と聞いてきたので「うん」と答えました。
お兄ちゃんは優しく微笑んで「おいで」と私の手を引いてお兄ちゃんの部屋に招かれました。

部屋に入ると、お兄ちゃんは優しく私を抱き寄せキスをしてくれました。
唇と唇が触れる程度のキスでしたが、私はお兄ちゃんに抱きつき今度は自分から唇を重ねキスしました。私の口の中にお兄ちゃんの舌が入ってきてお互いの舌を絡め合わせました。
お兄ちゃんは「本当に俺なんかでいいのか?後悔しないか?」と言ったので「お兄ちゃんがいいの」と言いました。

お兄ちゃんに導かれベットに寝かされ、また舌を絡めるようなキスをしながらお兄ちゃんは私のオッパイを服の上から揉んで来ました。私はそれだけで体が熱くなり「あん・・・」と声が出てしまいました。
私の太ももあたりにお兄ちゃんの硬くなったオチンチンが当たっていて、それを感じるだけでイってしまいそうでした。
そのうちお兄ちゃんは服の中に手を入れ、ブラをずらして直接オッパイを揉んできて乳首を指で挟みクリクリとしてきました。私のオマンコはジンジンしてきて何かが溢れてきそうな感じになり喘ぎ声が止まりませんでした。恥ずかしいので声を押し殺そうとするのですが、乳首をクリクリされるたびに声が漏れてしまっていました。
お兄ちゃんの手が下に降りてきて、太ももを触り出しスカートの中に入って来た時には、私はお兄ちゃんに力強く抱きついてしまっていました。

おっぱいを揉まれながら、太ももを触りますがオマンコにはなかなか触ってもらえず、私は心の中で「早くオマンコを触って!」と言っていました。

「脱がすよ」とお兄ちゃんが言って、服を脱がされました。お兄ちゃんの目の前に誰にも見せたことのないオッパイがさらけ出され乳首を舐められたり吸われたりしました。
そうされながら、パンティーに手をかけられ下げようとしたので脱がされやすくするために、私から腰を浮かせていました。全裸にされただけでとても興奮しました。
ついにお兄ちゃんの手がオマンコに触れてきました。体中が性感帯のようになってしまいました。
お兄ちゃんが割れ目に沿って指を動かすたびにクチュクチュといやらしい音がしました。
「はるみ(私)は濡れやすいんだね」耳元でお兄ちゃんが囁きます。「いや・・・」としか私は返せませんでした。
そうされながら、お兄ちゃんは私の手を取り、自分のオチンチンに導きました。
ズボンの上から触ったオチンチンは昔触ったように固くて棒のようでした。

「お兄ちゃんも・・・」と私は言って、お兄ちゃんのズボンを脱がすとオチンチンの先の方のパンツが濡れていました。最初はパンツの上からオチンチンを触っていましたが、パンツの中に手を入れ直接握ってしごくと私の手の平がお兄ちゃんの液でヌルヌルになりました。
「お兄ちゃんのも濡れてるよ」と私が言うと「ガマン汁って言うんだよ。はるみが色っぽいからいっぱい出ちゃったんだ」とお兄ちゃんは言いました。

お兄ちゃんの服を脱がせて、仰向けにさせてパンツを脱がすとヌルヌルになったオチンチンが赤くビンビンになっていました。しばらく触っていると、お兄ちゃんに抱き寄せられてオッパイに吸い付いて来ました。そしてお兄ちゃんに促されるように69の体制になりました。
「お兄ちゃん、恥ずかしいよ・・・」と言うと、「はるみの綺麗なオマンコ、お兄ちゃんによく見せてよ」と言って指で広げられました。オマンコにお兄ちゃんの息がかかり、じっくりと見られてるようで恥ずかしかったです。
いきなりオマンコをお兄ちゃんは舐めてきました。「汚いよ~」という私の言葉など無視して舐めたり吸ったりしてきます。私はお兄ちゃんのオチンチンを握ったまま喘ぎ腰を振ってしまいました。

感じながらも私はお兄ちゃんのオチンチンが愛おしく、頬ずりしてしまいました。ほっぺたはガマン汁でベトベトになりましたが全然嫌じゃありませんでした。そして何も言われていないのに自分からオチンチンをシコシコしてあげました。すると先の方からガマン汁がどんどん溢れてきたのでペロッと舐めてみました。何の味もしませんでした。
そしてオチンチンをペロペロ舐めて、そのうち口に含みました。
口に含み舌を絡ませるようにしながら、玉を触ったりオチンチンをしごいたりしていると、お兄ちゃんは「そんなにされたら出ちゃうよ」と言いました。
私は構わず続けていると、少し違う味がしてきました。ちょっとすると「出ちゃうよ!」とお兄ちゃんが言うと口の中に熱いものがビュっと出てきました。ゆっくりとしごくたびにビュっと出てきます。
お兄ちゃんは「うぅ~」と言いながらビクンビクンしていました。
出なくなるまでオチンチンを咥えてました。そしてオチンチンがしぼんでいき、口を離しました。
私の口の中はお兄ちゃんの精液でいっぱいでした。お兄ちゃんは「ごめん・・・ティッシュ!」と言ってティッシュを持ってきましたが、私は飲み込んでしまいました。
「飲んじゃった!」と言うと「え?飲んじゃったの?」とお兄ちゃんはちょっと驚いていました。
「ダメだった?」と私が言うと、「いや、はるみが嫌じゃなければ・・・お兄ちゃんは嬉しいよ」と言いました。
お兄ちゃんのしぼんだオチンチンをみると先からまだ精液が少し垂れそうになっていたので、私は「まだ出てる」と言ってオチンチンを掴み、先っぽをチュッチュと吸って精液を吸い出して飲んであげました。

その後、お兄ちゃんは私を押し倒して体中を触り舌を這わせました。
オマンコを舐めてくれてると、体中がビクンビクンとしました。
そのうち気がおかしくなるような気がして、お兄ちゃんに舐めるのをやめてもらいました。
まだイクことが怖かったのかもしれません。

しばらく裸で抱き合ってお話しました。お兄ちゃんは付き合っていた彼女と別れていました。
彼女とはキスとペッティングまででセックスまではしてないと言っていました。
色々と聞く私に対してお兄ちゃんは素直に教えてくれました。
ちょっと悔しかったけど、お兄ちゃんは彼女のオマンコを舐めたり、指を入れたりしてたそうです。
彼女もお兄ちゃんのオチンチンをフェラしてあげたりはしたけど口内射精は絶対にしてくれなかったそうで、私が口内射精させてくれたうえに精飲までしてくれたことは本当に嬉しかったようです。
「私はお兄ちゃんのならいくらでも飲んであげたい」とわたしが言うと、熱いキスをしてくれました。
無理に言ってるわけではなく、本当に私はお兄ちゃんの精液を飲みたいって思ってました。
飲んであげることで、お兄ちゃんは私のもの!という気持ちになれていたんだと思います。

それからは毎日のようにお兄ちゃんのオチンチンをフェラして精液を飲んであげました。お兄ちゃんも私の体中の隅々まで舐めてくれました。セックスまではしていませんでした。
お互いが初めてだったので、敬遠していたのかもしれませんね。

1ヶ月後くらいには私もイクことができました。そして指もオマンコに2本くらい入るようになり、ついにセックスをしました。思ったほど痛くなくて出血もほとんどしませんでした。

暇さえあればお互いを求め合ってセックスをしました。当然コンドームはしていました。
わたしが生理の時は口でしてあげて精液を飲んでいました。
お兄ちゃんは大学生になると私の勉強を教えてくれることになり家庭教師として私の家に来て教えてくれたり、お兄ちゃんの部屋で教わったりしていました。勉強のあとはセックスしていました。
私も大学生になりました。

そんな関係が3年ほど続いてお兄ちゃんが社会人になって車を購入するとドライブなども行くようになり初めてラブホにも行きました。初めて行ったラブホは興奮して2時間の休憩じゃ収まらず延長して何度セックスしたかわかりません。腰が立たなくなるほどでした。
正常位はもちろん、バックや騎乗位、対面座位、立ちバックでもしました。
高速沿いにあるラブホだったので、窓際に手を付いてバックからお兄ちゃんのオチンチンにオマンコを突かれながら近くを走る車に見られている思うと、内ももを伝って愛液が床に垂れてしまうほど濡れ感じました。
お風呂の中でも対面座位でお兄ちゃんにお尻を持ち上げられながら下から突かれました。

車の中や公園でセックスしたりフェラしてあげたりもしました。
ドライブ中、運転しているお兄ちゃんのズボンからオチンチンを出し、フェラしてあげたりもしました。
お兄ちゃんも運転しながら、私に下半身だけ裸にさせて手でオマンコを触ったり指を入れられ、助手席でイっちゃったこともありました。

二人とも、だんだんとエッチなことがエスカレートしてきて変態になっちゃってました。

一番変態ぽかったことと言えば・・・東名高速で渋滞にあってしまった時に、お兄ちゃんがオシッコしたくなってしまって、どうしようと焦っている時に、「飲んであげようか?」と私が言ってオチンチンを出して咥えてあげてオシッコを飲んであげたことがありました。
お兄ちゃんのなら全然嫌じゃなかったです。

次の春に私は大学卒業です。それと同時にお兄ちゃんと結婚します。
ずっとお兄ちゃんと呼んでいるので、結婚したらお兄ちゃんは変だけど・・・きっとお兄ちゃんと呼んでしまいます。
誰かに私たちのセックスしてる声を聞かれたら近親相姦だと思ってしまいますね。
今でも「お兄ちゃんのオチンチン早く欲しい・・・」「私のオマンコにお兄ちゃんのオチンチン早く入れて」「お兄ちゃんの精液、いっぱいお口に出して~」そんなこと言っています。
エッチな言葉を言うと、おにいちゃんが喜ぶので言うようにしてます。

今年の夏に結納を交わしてからは、セックスは生でしています。やっぱり生でするとオマンコの中でカリが引っかかるようで気持ちがいいです。
射精はいつも顔か口に出してもらって、最後はお口でオチンチンを綺麗にしてあげています。
大好きなお兄ちゃんのだから・・・
毎日、お兄ちゃんの精液が飲めるなんて幸せです♪

最近のお兄ちゃんは「結婚したら、裸エプロンで・・・」が口癖です。それとアナルにも興味が出てきたようで、アナルセックスにも挑戦してます。頑張ってる割にまだ細いバイブしか入らないのですが・・・アナルにバイブを入れられたまま、オマンコをお兄ちゃんのオチンチンで突いてもらうとすぐにイってしまいます。
そのうち、太いバイブをオマンコに入れてもらいながら、お兄ちゃんの勃起した大きなオチンチンをアナルに入れてもらって突いて欲しいです♪

下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁2

嫁と結婚して4年経ちますが、子供はまだいません。6歳年下の嫁はまだ29歳で、若々しくて可愛らしいです。
155cm45kgのロリ体系で、某クッキングアイドルに顔が似てる感じです。ただ、ロリっぽい雰囲気のわりに、胸はそこそこ大きく、エロマンガに出てくるロリキャラっぽい感じです。

そんな、言うことのない嫁なのに、最近微妙に倦怠期でした。セックスレスと言うほどではないですが、もしかしてそうなっちゃうのかな? と、少し寂しく思ってました。

そんなある日、ちょっとした出来事がありました。
嫁の下着をちょくちょく盗んでいたのが、隣に引っ越してきた家族の息子さんだったとわかったのです。

泣きながら謝る圭くんに、私は最近目覚めた寝取られ性癖を満足させようと思いました。

さすがに、エッチなことをするには至りませんでしたが、嫁は圭くんにアソコを見せてしまいました。

NTR使える寝取られサイトとか、萌えた体験談系のサイトに書いてあるような過激なことは出来ませんでしたが、私にはそれで充分でした。


圭くんが帰った後、こっそりトイレでオナニーをする嫁に、そのままトイレでフェラされました。

『カチカチになってるよ。あなたも興奮したんでしょ?』
嫁は、興奮でうわずった目で言います。嫁は、若い圭くんにアソコを見られたことで、もの凄く興奮していました。
でも、それ以上に興奮している私がいます。

私は、狭いトイレの中で嫁を立たせると、そのままバックではめました。
『ンふぅ? あなたぁ、もっとぉっ! 気持ち良いっ! ンあっ? ンッくぅ……ヒィあっ! あっ?』
トイレのタンクに両手をつき、あえぐ嫁。いつものセックスとはまったく違うリアクションをします。
いきなり入れたのに、ほぼ無抵抗で奥まで入るくらい濡れた嫁のアソコ。そして、痛いほど締め付けてくる膣。

圭くんに嫁のアソコを見られてしまったこと、圭くんが嫁の脱ぎたての下着を持って帰ったこと、そんなことを考えると、嫉妬で狂ったように腰を振ります。

『あっ! アッ! あぁっ? あなたぁっ! 固いぃっ! イッちゃう! イッちゃうよぉ? ンふぅっ!! ふぅあぁーっ!!』
「イ、イクっ!」
『イクッッ!』

私は、あっけないくらい簡単にイッてしまいました。でもそれは、嫁も一緒でした。

『中に出しちゃったね?』
嫁は、嬉しそうに言います。
「あぁ、子供、作ろっか……」
私がそう言うと、嫁は嬉しそうに笑いながら、
『うん!』
と言ってくれました。


この日から、また二人のセックス熱が復活し、ほとんど毎日するようになりました。
子供を作ることを目的としたセックスですが、嫁は私を興奮させるために、色々としてくれるようになりました。

『ねぇ、あの時、もし圭くんが触ってきたらどうした?』
嫁は、私の乳首を指で触りながらそんな事をいます。嫁はあの日の私の興奮を見て、何となく私の性癖に気がついたようです。
「舞は、どうして欲しいの?」
私が、興奮を抑えきれない感じで言うと、
『もちろん、止めて欲しいよ』
と、イタズラっぽく言います。

そして、私の乳首を舐めて、ペニスにも手を伸ばしてきます。
『あれれ? カチカチだね。私が圭くんに触られちゃうの、想像した?』
笑いながら言う嫁。実際その通りですが、違うと否定します。
『フ~ン、じゃあ、もう圭くんと遊ばないの? それでいいの?』
ニヤニヤしながらそんな事を言う嫁。まるで痴女プレイみたいです。もともと嫁は、その見た目通り、セックスに関してはおとなしめでした。童顔でロリっぽい見た目通り、受け身がメインで、可愛らしくあえぐだけみたいな感じでした。

それが、あの一件以来、こんな風に積極的に責めてくれるようになりました。
自分で言うのもおこがましいですが、嫁は私のことを凄く愛してくれていると思います。自営業で、お金も時間もそこそこあり、苦労はかけていないですし、私自身、嫁に一途です。
それなので、嫁は私を喜ばせるために、圭くんのことを持ち出しながらセックスをするのだと思います。
でも嫁も、若い圭くんにあんな事をする自分自身に、興奮しているのかもしれません。

私は、ここで責めに転じます。嫁に覆いかぶさりながら、
「圭くんに、触って欲しかったの?」
と言い、大きめの胸にむしゃぶりつきます。
『ンッ、あぁっ……そんな事、ない……ンふぅ……アッ!』
「だって、こんなになってるよ?」
そう言って、嫁のアソコを触ると、ビックリするくらい濡れています。あの時も、圭くんにアソコの中まで見られて、嫁は濡れすぎて、床に雫を垂らしてしまいました。

『あぁっ! ダメぇ……これは、違う……アッ! あなたぁ……違うのぉ……』
嫁が、恥ずかしそうに言います。

「今度、また家に圭くん呼ぶよ?」
私は、そんな事を言いながら、嫁のアソコを触り続けます。溢れ出る雫をクリに塗りつけながら、ねちっこく責めていきます。
『ダメぇ……そんなの……あぁっ! また見られちゃう……あぁんっ』
「見られたいんだろ? 圭くんに、膣の中まで見られたいんだろ!?」
私自身、言っていて興奮でワケがわからなくなります。
『ンふぅっ!! アッ! ダメぇっ! だ、めぇ……あぁっ! 見られちゃう……あなたぁ、ごめん、うぅくぅ……なさ、いぃ……』
嫁は、興奮しすぎて言葉も途切れがちになります。

私はそんな嫁を見ていて、もう限界でした。若すぎる圭くんに、また恥ずかしいところを見られ、触られる嫁……そして、その若い指で感じてしまう嫁……そんな事を想像すると、爆発しそうでした。

私は、必死という感じで嫁に覆いかぶさると、そのまま挿入しました。私のペニスが、無抵抗に入っていきます。濡れすぎて、潤滑しすぎという感じです。私が普通の精神状態の時に、こんなに濡れてしまっていたら、濡れすぎで私の快感も鈍ると思います。

でも今は、この濡れている状態が、圭くんのせいだと思っていますので、嫉妬で快感が高まっている感じです。

『あぁっ! ダメっ! あっ! あーっ! 気持ちいいぃっ! あなたぁっ! 固いぃ! ンアッ! んふぅっ! ふぅーっ! あぁっ!』 
嫁が、私にしがみつくように抱きつき、泣きそうな声で感じています。

「圭くんに、こうされたいんだろ!? 圭くんに、犯されたいんだろ!?」
私は、興奮しすぎてバカになったように叫びます。
『ダメぇっ! そんなの、あぁっ! ダメっ! 言っちゃダメっ! ダメだよぉっ!』
嫁は、ダメダメと言いながら、アソコはキュウキュウと締め付けてきますし、あえぎ声もどんどん大きくなります。
もう、否定していても、本心は丸わかりという感じです。

「いいから! 言ってみろ! 本当はしたいんだろ!?」
私は、いつもとは口調まで違う感じで叫んでしまいました。普段はこんな風に、声を荒げることはありません。
『し、したいっ! あなたっ! ごめんなさいぃっ! イクっ! イクぅっ!!』
「あぁ、舞っ!」
私は、若すぎる圭くんに抱かれる嫁を想像しながら、信じられないくらい大量に射精しました……。


セックスが終わり、甘えてくる嫁に、
「ねぇ、本当に、したいの?」
と、怖々と聞くと、
『え? ふふ、内緒』
と、ニッコリと笑いながら言いました。

こんな事を毎日のように繰り返し、私も嫁も、どんどん本気になっていきました。

そんなある日、圭くんが家に来ました。あの日以来、隣同士なのに顔を合わせることもなく、1ヶ月ほど経っていました。
休みの日の午後なので、嫁と2人で昼ご飯を食べているときに、インターホンが鳴りました。

嫁がドアの所に行き、返事をしながらドアを開けます。インターホンで確認することなく、いきなりドアを開けてしまう嫁に、いつも注意はするのですが、もうクセになってしまっている感じです。

『あら! どうしたの? ビックリ!』
嫁の驚いた声がします。私も気になって玄関に行くと、緊張した顔の圭くんがいました。
「あれ? どうしたの? まぁ上がりなよ!」
私は、なんの疑問も持たずに、それどころか喜んでいました。あの刺激が再び……そんな思いでした。

「ハ、ハイ、お邪魔します……すいません」
ガチガチに緊張している圭くんを見て、嫁もニヤけています。

そしてリビングに通し、話を聞きました。
緊張して、恥ずかしがりながらだったので、なかなか要領を得ませんでしたが、要約すると、”この前嫁にもらった下着がもうダメになってしまったので、もう一枚下さい”と言うことでした。

『え? ダメになったってどういう意味?』
嫁が、不思議そうに聞きます。私も聞きたいことだったので、やっぱり嫁も理解できてないんだなと安心しました。

「そ、その……汚れすぎて……臭いとかも……」
その説明は、余計に私と嫁を混乱させました。

その後も、恥ずかしがる圭くんからなんとか聞き出し、やっと理解しました。
圭くんは、あの日以来、嫁のショーツをオカズに、猿みたいにオナニーをしていたそうです。そして、興奮のあまり、漏らした精子がかかってしまったりして、汚れと臭いが日に日にキツくなっていったそうです。

『あ、洗えばいいのに!』
嫁が、顔を真っ赤にしながらそう言いました。
「だって、洗ったら、舞さんの匂いも消えちゃいそうで……」
圭くんのこの言葉に、私は二重にドキッとしました。
嫁が他の男に名前で呼ばれたこと、圭くんが嫁に好意を抱いている感じがしたことです。

『そんなの、言ってくれれば新しいのあげたのに! それ、どうしたの?』
「え、えっと、ココに……」
そう言って、ポケットからコンビニの袋に入ったそれを取り出しました。

嫁は、慌ててひったくるようにそれを奪い、袋の中をのぞき込み、
『げっ、コレは……ちょっとキツい』
とつぶやくように言うと、そのままコンビニ袋の口を縛り、キッチンのゴミ箱に捨てました。

それを、悲しそうな顔で見る圭くん。私の中で、ムクムクとイタズラ心と寝取られ性癖がもたげてきます。

「勝手に捨てちゃダメじゃん。それ、あげたモノでしょ? だったら、圭くんの所有物だよ」
『だ、だって、あんなのダメだよ……』
「何が?」
『ぅ、その……カピカピだし……』
「何がカピカピなの?」
私のその追求に、圭くんが顔を真っ赤にして恥ずかしがりました。

『せ、精液……』
「そっかw でも、代わりあげないと。今あげたら?」

「お、おなしゃっすっ!」
圭くんは、あまりにも勢いよく言うので、お願いしますが変な風に聞こえました。それを聞いて、嫁はプッと吹き出し、
『そんなに慌てないのw いいわよ、あげる。でも、ちょっとだけ条件出しちゃおっかな?』
と、イタズラっぽく言います。

この言葉に、圭くんはえっ!と言う感じで固まりました。そして私は、これから何が始まるんだろうという期待感でいっぱいでした。

すると嫁は、スカートの裾の方を指でつまみ、ゆっくりと持ち上げ始めました。
白い太ももが姿を現わし、そのままどんどん根元まで見えてきます。

いきなり始まったセクシャルなショーに、圭くんも私も目が釘付けでした。
そして、とうとうショーツが姿を見せました。薄いピンクのレースのショーツは、嫁が気に入っているヤツです。よく身に着けているのを見ます。当然その分、けっこうな使用感があると思います。


完全にスカートがまくれ上がり、ショーツが丸見えです。うっすらと、へアが透けて見えるのもわかります。

リビングで、嫁が自分でスカートをまくり上げ、圭くんにショーツ姿をさらす……夢にまで見たシチュエーションです。

条件ってなんだろう? そう思っていると、
『じゃあ、圭くんが脱がせて。そしたら、持って帰っていいわよ』
と、条件を提示しました。
「エッ!? い、いいんですか?」
圭くんは、ものすごく驚きながらも、嬉しさを隠しきれないという顔です。

『それでいいわよね? あなた?』
嫁が、妙にエロい表情で聞いてきます。私は、ノータイムで即うなずきました。

『ふふw、いいって言ってるよ。はい、どうぞ』
嫁がそんな事を言いながら、圭くんに歩み寄ります。嫁は、こんな事をするような女性ではありませんでした。清純とか、貞淑と言う言葉の方が似合う女性でした。
年下の男の子に、痴女のように迫るタイプではありませんでした。
私が知っている限り、私の前に2人と付き合ったことがあるそうです。詳しくは聞いていませんが、ごく普通の付き合いだったようです。ネット体験談みたいに、調教されていたとか、やりまくっていたという過去もないと思います。

でも、今目の前の嫁は、完全にエロキャラです。やはり、人は誰でも隠された一面があるのかもしれないです。
でも、それこそが私の見たかったモノです。夫の知らない妻の顔……そのフレーズだけで、軽く抜けそうです。


圭くんのすぐ目の前まで移動した嫁は、相変わらずスカートをまくり上げたままです。
『どうしたの? 恥ずかしいよw』
エロ女教師みたいな口調で、圭くんに言う嫁。ノリノリな感じに見えます。

「い、いいんですか?」
圭くんはショーツを凝視したまま、かすれる声で言いました。
『は・や・く?』
ゾクゾクッと来る言い方です。私は、もう勃起していました……でも、それは圭くんも同じみたいです。ズボンの股間部分が、クッキリはっきり盛り上がっています。気弱で内気の圭くんのそれは、ズボンの上からもけっこう大きい感じがしました。

自慢ではないですが、私は短小の仮性人です。正直、コンプレックスを持っています。なので、他人のが大きく見えるだけかもしれませんが、若い大きなペニスに狂う嫁を想像してしまいました。
”あなたのより良い!”
”あなたのより大きい!”
”このおチンポと結婚する!”
そんな、寝取られ体験談定番のセリフが頭をよぎります。

圭くんは、傍目から見てもわかるくらい震える手で、嫁のショーツに手をかけます。

当たり前のことですが、ショーツを脱がせるために下着のサイド部分に手をかけると言うことは、嫁のカラダに直接触れると言うことです。とは言っても、たかが腰の横の部分ですが、それでも、嫁のカラダに他人の手が触れるのを見るのは、恐ろしく淫靡な感じがします。

圭くんは、ゆっくりと下着を下に引き下ろし始めます。そして下着が引き下ろされていき、へアが見え始めます。
圭くんの、荒い息づかいだけが響きます。そして、嫁を見ると、頬を赤くして恥ずかしそうな感じはありますが、口が微妙に空いていて、目も熱っぽくなっています。
こんな顔の嫁は初めて見ました。私とのセックスの時は、はにかんだような顔をするだけです。

そして膝まで下着が下ろされると、嫁が脱がせやすいように片足をあげました。そして圭くんは、嫁のショーツを脱がせました。
脱がせ終わると、圭くんはそのショーツの股間部分の内側を見ます。
『ちょ、ちょっと、早くしまいなさい!』
嫁が、慌ててそう言います。
「ゴ、ゴメンなさい、なんか、湿ってたんで……」
圭くんが謝りながら、ポケットにしまいました。でも、圭くんのその言葉に、嫁は顔が真っ赤になっています。

「興奮したの?」
私が声をかけると、
『バカ……』
と、恥ずかしそうに言いました。

「ありがとうございました……」
圭くんが、謝りながら部屋を出ようとします。

「圭くん、それだけだと、すぐにまたダメになるでしょ? ブラももらえば」
私は、自分でも自分がどこから声を出しているのかわからないくらい、うわずった声で言いました。
「エッ!」
『えぇっ!?』
嫁と圭くんがハモりながら言います。

「良いんですか!?」
圭くんの食いつきようは凄かったです。考えてみれば、思春期の男の子なんて、性欲しかない感じです。

『あなた……』
嫁は声が小さくなっています。でも、よりトロンとした目になっています。

「ほら、早くあげないと」
私はあおります。
「おぅあぁしゃすっ!」
圭くんは、もう何を言っているのか聴き取り不明です。

『じゃあ、脱いでくる……』
結局、ほとんど考える間もなく、嫁は同意しました。やはり、嫁もノッているのだと思いました。


「ダメだって、ココで脱がないと……」
私の言葉に、嫁も圭くんも無言になります。しばらくそのまま無音状態でしたが、ゴクンと、ツバを飲み込む圭くんの音で、嫁が動きました。

なんか、Tシャツの中に腕を入れて、器用にブラを外す動きをします。結局、Tシャツを脱がずにブラを外し、それを袖のところから引っ張り出します。

ショーツとおそろいの、薄いピンクのレースのブラは、湯気が出ているような感じに思えました。
『はい?』
ニッコリと笑顔で言いながら、ブラを圭くんに手渡す嫁。でも圭くんは、差し出されたブラに目もくれず、嫁のことを凝視しています。

そこで私は気がつきました。嫁のTシャツに、ポチンと2ヶ所、突起が浮き出ていることに……。

人妻 香苗 4

27


恭子 「香苗さ~ん!」


香苗 「ぇ……?あ、恭子さん。」


それはある日の朝の事だった。

香苗がゴミ出しに行くところで、後ろから来た恭子が声を掛けてきた。


恭子 「おはようございます。」


香苗 「おはよう、恭子さんは今から出勤?」


恭子 「はい、なんだかお隣なのに、お顔合わせるのは久しぶりですよね。」


香苗 「ホント……恭子さん近頃は一段と忙しそうね、帰りもいつも遅いんでしょ?」


以前は恭子を部屋に呼んで晩御飯を共に食べたりしていたが、最近はそういう事もめっきり減ってしまっていた。

最近の恭子は今まで以上に朝の出勤が早く、帰りも夜遅い。

休日に何度か恭子を食事に誘おうかと考えていた香苗だったが、きっと疲れているだろうと思って遠慮していた。


恭子 「毎年この時期は忙しいんですよ。祐二さんも最近は忙しいんじゃないですか?」


香苗 「うん、やっぱり今はどこの会社も忙しいのね。恭子さんも大変でしょ?疲れとか溜まってるんじゃない?」


恭子 「ん~多少はありますけど、私今の仕事好きだから、結構楽しんじゃってます。それに今の時代、仕事がないより忙しい方が恵まれてると思いますし。」


香苗 「そ、そっかぁ…。」


そう仕事の話をする恭子の表情は明るかった。

毎日仕事を長時間して、部屋には寝るためだけに帰ってきているような忙しい生活をしているというのに、恭子の表情からは疲れは感じられない。


……やっぱり恭子さんは凄いわ……


そんな恭子に対して、同年代の女性として香苗が尊敬心を抱くのは当然かもしれない。

自分とは違う人生の道を歩んでる女性が近くにいる。

自分も結婚せずに仕事を続けていたらどんな人生になっていたのだろう。

でも少なからず、恭子のように社会に揉まれ、忙しさに追われる毎日を送る事に、自分が耐えれる自信は無かった。

そういう事を考えるといつも同じような結論に至る。祐二と結婚してよかったと。

楽な道を選べて良かったという意味ではない。

この先子供ができたりすれば、子育てと家事で今の数倍忙しくなるだろうし、専業主婦も楽ではないのだから。

しかし家事が得意な香苗にとっては、やはり女性としてこちらの道がきっと正解だったのだ。


恭子 「そういえば……香苗さん、最近英治が昼間にご迷惑掛けてたりしませんか?」 


香苗 「……え?」


英治……それは恭子の恋人であるあの中嶋の事だ。

香苗は急に恭子が中嶋の話をふってきた事に動揺していた。


香苗 「あ……え…えっと中嶋さん?ど、どうして?」


恭子 「最近英治、私の部屋にずっといるんですよ。」


香苗 「そ、そうなんだ……。」


恭子 「え?香苗さん知りませんでした?私の部屋にずっと英治がいた事。」


香苗 「ぇ…あ…そ、そういえばエレベーターで1回いっしょになったっけ……そっかぁずっと居たんだね、それは知らなかったぁ……」


この時の香苗は明らかに動揺と嘘が顔に出ていて不自然だった。

そう、香苗が言っている事は嘘である。

恭子の部屋に中嶋が居座っていた事は知っていたし、それどころか香苗は、恭子の部屋で昼間中嶋が毎日何をしているのかまでよく知っているのだから。


恭子 「彼の仕事って基本的にどこでできますから。」


香苗 「そ、そういえばそうだったね……。」


恭子 「だから昼間とか香苗さんに迷惑とか掛けてないか心配で、あの人変わってるとこあるから。」


香苗 「べ、別に……そんな事は無かったけど……会ってないしね……」


恭子 「そうですか、それなら良かった。何か英治がご迷惑掛けるような事があったら直ぐに私に言ってくださいね、叱っておきますから。」


そう冗談っぽく笑いながら言われ、香苗もそれに合わせるようにして笑顔を作っていた。

恭子の電車の時間もあるので、マンションの前で早々に別れた2人。

恭子に手を振り終わった香苗は、思わずその場でため息をついた。


香苗 「……はぁ……」


恭子の元気で幸せそうな顔を見ていたら、なんだか香苗は気が重くなるような気分になった。

中嶋が昼間にしている事、それを知った最初の頃は恭子にその事を伝えるべきか迷っていた香苗。

別の女性を部屋へ連れ込んでいる中嶋に、1人の女として嫌悪感や憤りを感じていた香苗。

しかし今、毎日自分がしている事を考えたら、決して恭子にその事は言えない。



ゴミを出し終わり部屋へと戻る途中、ふと恭子の部屋のドアの前で立ち止まった香苗。


……今、この部屋に中嶋さんがいるんだわ……


毎日毎日、あんな事をしているいい加減な男。

普通に考えたら嫌悪感しか感じない男。

しかしそんな男に香苗は今、密かに振り回されている。

欲求に負けてしまったあの日から、香苗の昼間の生活は一変してしまった。

家事の仕事も、近頃手抜きになってしまっている。

こんな事ではいけないと思いながらも毎日してしまうあの行為。やめられないあの行為。


香苗 「……。」


恭子の部屋のドアをじーっと見つめる香苗。

このドアの向こうにその原因を作っている張本人がいるのだと思うと、なんだか身体がまた熱くなってくるようだった。


香苗 「……。」


と、香苗がそんな事を考えながらボーっと恭子の部屋の前で立ち尽くしていたその時だった。


ガチャ……


香苗 「……えっ……!?」


香苗は一瞬、心臓が止まるのではないかというくらいに驚き、そして焦った。

突然その恭子の部屋のドアが開いたのだ。


香苗 「……ぁ……」


突然の事にその場で固まってしまう香苗。


そしてその部屋から出てきたのは当然、あの男だった。


28

全身が強張って、身体が動かない。

ここ最近の香苗にとって、ずっと声と妄想の世界だけに登場していた男が、今目の前に現れたのだ。

自分の妄想の中で膨らみ続けていたその男のオーラに、香苗は一瞬にして包み込まれ、固まってしまった。

緊張とは違う、何か心臓をガシッと掴まれてしまったかのような気持ち。


香苗 「……」


中嶋 「……ん?」


恭子の部屋から出てきた中嶋は、開けたドアのすぐ目の前に人がいるのに気付き、一瞬少し驚いたような表情を見せた。

しかしそれが隣に住む香苗だと分かると、中島の表情はすぐにあのニヤっとした笑みに変わる。


中嶋 「あれぇ?奥さん、どうしたんですか?そんな所に突っ立って。」


香苗 「ぇ……ぁ……」


中嶋の声だ。

いつも壁越しにこっそり聞いていた中嶋の低い声が、胸の奥まで響いて身体の中にまで入ってくる。

その瞬間、香苗は自分の身体が急激に熱くなっていくのを感じた。

ドクドクドクドクドク……と、身体の芯から血液が沸騰していくかのように一気に熱くなっていく。

中嶋のオーラと低い声に自分の身体が侵食されていく、そんな感覚だった。


香苗 「…ぁ……あ、あの……えっと……」


パニック状態。

中嶋に今何を聞かれたのか、自分が今何を答えればいいのか分からない。
それどころか、どうやって声を出せばいいのか、どうやって呼吸をすればいいのかさえ香苗には分からなくなっていた。

それぐらいに動揺していたのだ。


中嶋 「ん?どうしたんですか?顔が真っ赤ですよ奥さん。」


香苗 「い……いえ……あの……」


額から汗がジワァっと噴き出してくる。

物凄くアルコール度数の高い酒を飲んだときのように、香苗の身体はある種の反応を示していた。

そう、頭で感じて起きる反応ではなく、つま先から脳髄までの全身が、香苗の意思とは関係なく大きな反応を示している。

そしてそれはもちろんアルコールのせいでなく、明らかに目の前にいる男、中嶋に対して香苗の全身が反応を示しているのだ。


……ハァ……ハァ……ハッ…ハァ……ハァ……ハァ……


香苗は中嶋の顔を見る事ができない。香苗は顔を下に向け、その視線は中嶋の手をジッと見つめていた。

中嶋のゴツゴツとした男らしい大きな手、太い指。


中嶋 「……だ、大丈夫ですか?」


……ああ……何これ……熱い……身体が熱い……


なんだか身体が熱くなると同時に聴覚が急激に狭くなっていくようだった。

外の街の音などは全く聞えなくなり、香苗の身体を熱くさせる中島の声だけがダイレクトに身体に入ってくる。


香苗 「……ぁ…あの……ハァ……」


一気に火照っていく身体の中で、香苗は下腹部でいつも感じていた、あのモヤモヤムラムラとした感覚が身体の中から一気に溢れ出て決壊してしまうような怖さを感じた。

そしてジンジンと身体の熱がその下腹部へと集まってくる。


……ハァ……ハァ……ハァ……


香苗のアソコが、ヴァギナが、尋常じゃない程に疼いている。


……イヤ……どうなってるの……私の身体……ああ……もうダメ……



中嶋 「体調でも悪いんですか?」


そう言って中嶋が香苗に一歩近づいた瞬間、香苗はハッと何かに気付いたようにして口を開いた。


香苗 「ぇ……ぁ……ご…ごめんなさいッ!」


そう声を発すると、香苗は慌てた様子で自分の部屋まで駆けて、そそくさとドアを開いて中へと入っていってしまった。


香苗が居なくなった場所で呆然と立っている中嶋。


中嶋 「……なんなんだ?今の……。」


中嶋は香苗の自分に対する振る舞いに、不思議そうな顔をしていた。

ごめんなさいとは、何を謝ったつもりだったのか。


中嶋 「なんであんなに慌ててたんだ?」


先程の香苗の様子を見れば当然浮かんでくるような疑問だ。

香苗の様子は明らかに不自然であり、変だった。

火照った顔、潤んだ瞳、少し開いた口。

今考えて見るとあれは明らかに体調が悪いといった表情ではない。


まるであれは……女のあの時の表情……


中嶋 「……。」


少しその場で考え込むように腕を組む中嶋。

頭の中で先程の香苗の表情を思い出す。

そして中嶋はその香苗の表情から、すぐにある事を察した。

それが分かった瞬間、中嶋の顔はニヤっとなんともイヤらしい、そして不気味な笑みを浮かべた。


中嶋 「……フッ……ハハッ、もしかしてあの奥さん……へへ…いいねぇ、久しぶりに楽しめそうだな……。」


29

香苗 「ハァ……ハァ……」


胸の高鳴りがまだ止まらない。

玄関で閉めたドアに凭れながら、香苗は目を閉じて今しがたの出来事を頭の中で再生していた。


香苗 「……私ってバカ……絶対変に思われてる……」


中嶋の事を過剰に意識してしまっている。
もしかして今の自分の態度でその事を中嶋に勘付かれてしまったのではないかと、香苗は心配になっていた。


香苗 「……」


しかしそんな心配よりも、今香苗の頭の中で大半を占めているのは、先程見た中嶋の姿だった。

広い肩幅、太い腕、大きな手、長い指、まさに?男?を感じる体格と風貌。


……中嶋さんってあんなにも逞しい身体してたっけ……


香苗はどちらかというと、ああいった見るからに?男?を強調している容姿の男性の事はタイプではなかった。

しかしなぜだろう、今はなんとなく違うような感じがする。

女として、むしろ中嶋のような軽そうな男は苦手であったはずなのに。

いや、苦手なのには今も変わりはない。香苗が愛しているのは今も夫・祐二であって、中嶋に対する感情はそれとは違う。

でも、先程中嶋の姿を見た時、中嶋の声を聞いた時、中嶋の逞しい腕を見た時、あの中嶋の手が自分の股の間に侵入してくるのを想像してしまった。

中嶋は女性の相手をする時、あの長い指をどのように動かすのだろうか。


香苗 「……ハァ……」


香苗が中嶋に対してそんな事ばかり考えてしまうのも無理はない。

香苗はここ数週間、毎日のように中嶋を性の対象としてオカズにしてきたのだから。


……ハァ……ハァ……ハァ……



身体の火照りが一向に治まらない。

香苗は玄関からそのまま寝室へと向かった。

そして寝室にあるクローゼットを開け、その奥からガサゴソとある物を取り出そうとする。



中嶋と見知らぬ女性との行為は1週間の内、平日の5日間で行われていた。

それを香苗も毎日聞いて、自慰行為を続けていた。

オナニーでの軽い絶頂も覚えた香苗は、その甘い快楽にどっぷりとハマってしまっていたのである。

身体の中に溜まったムラムラ感を解消したいという欲望に、いつもどうしても負けてしまう。

いけないと思っていても、やめられなかった。

自分自身がある種のスパイラルに入ってしまっているのだという自覚があるにも関わらず、香苗は自我の欲望を抑える事ができないでいたのだ。

そんな香苗の今の身体は、依存性の中毒に掛かってしまっていると言ってもいい。

それが特に分かるのが、土日だ。

土日は祐二も家にいる事が多いのでそれをできないし、隣から中嶋達の声が聞こえてくる事もなかった。

だから毎日のように溜まってしまうあのムラムラ感を、土日は解消する事のできないのだ。

本来なら愛する夫と過ごせる嬉しい休日であったはずの土日が、今の香苗には苦痛になってしまっていた。

溜まり過ぎたムラムラ感は苛立ちに変わり、実は少し前に祐二とちょっとした事で口喧嘩をしてしまった香苗。香苗にしては珍しい事だ。
もちろんすぐに香苗が『ごめんなさい、変だよね、私…』と言って謝った事でそれは治まったが、これはもう、中毒症状が出ていると言っていい。

オナニーによって性欲を解消しなければ、今の香苗は普通でいられないのだ。

だから週末なるといつも月曜日が待ち遠しく感じてしまう。

溜まりに溜まった性欲を解消する月曜日のオナニーは、その分快感も大きかった。


ガサゴソ…


クローゼットの奥に隠すように置いてあったそれを、香苗は手に持ってベッドの側に移動した。

手に持ったそのピンク色のオモチャのような物をじっと見つめる香苗。


香苗 「……」


中嶋が先程部屋から出て行ったのは、また女性を連れてくるためだろう。

そしていつも中嶋達が行為を始めるのは昼頃からだ。

今はまだ朝の9時。

しかし、今の香苗はもう時計の針が回るのを待っていられなかった。


……ハァ……ダメ……我慢できない……


眩しいほどの日光が差し込む寝室のカーテンをしっかりと閉めた香苗は、ベッドの前で服を脱ぎ始める。

裸になりたかった。服も下着も、身体を締め付ける全ての物が息苦しい。

生まれたままの姿で、全てを曝け出したい。

中嶋と会った余韻が残っている内に、それに溺れたい。


あっという間に裸になった香苗は、ベッドの上に座り、先程取り出したオモチャを再び手にした。


もっと快感を感じたい、そんな気持ちからエスカレートしていった毎日の行為。

中嶋の声が聞こえない午前中には、パソコンでアダルトサイトを見る事もあった。

人妻が夫とは別の男と激しく不倫SEXをする、そんなジャンルばかりを見て、自分をそれに重ねていた。

そんな中で目に留まった、大人のオモチャの販売サイト。

散々迷ったあげく、香苗はそれを購入してしまった。

今となってはそのピンクローター無しの生活は香苗には考えられない。

香苗は自分の指だけでは感じられない快感を知ってしまったのである。


香苗 「ハァ……ハァ……」


寝室にヴーーーーンという震動音が鳴り響く。

ゆっくりとそれを自分の股間に持っていく香苗。

目を閉じて、夫ではない男、先程会ってしまったあの男の姿をを思い浮かべる。

そしてそのオモチャが敏感な部分に当たった瞬間、香苗はベッドの上で快感を感じると同時に思わずこう口から漏らした。


香苗 「……ァアアア……中島さん……ンハァァ……」


30

香苗 「……え?出張?」


祐二 「あぁ、突然なんだけど、来週からな。」


相変わらず仕事で忙しい日々を送っていた祐二。

毎日帰りが遅いのはもう当たり前にになっていたが、今度はそれに加え出張だという。


香苗 「来週から?何日くらいの出張なの?」


祐二 「たぶん1週間くらいかなぁ。地方の工場で色々とやらないといけない仕事があってさ。」


香苗 「1週間も……。」


香苗は思わずそう小さく声を漏らした。


祐二 「ごめんな、最近。構ってやれなくて。」


香苗 「えっ?ご、ごめん、そんなつもりで言ったわけじゃないけど……祐二は一生懸命お仕事頑張ってるんだもん。でも、あんまり無理しないでね。」


祐二 「うん。……そうだ、この忙しさが一段落したら、久しぶりにどこか旅行にでも行くか。年休でもとってさ。」


香苗 「え~いいの?でも休みなんて取れるの?今会社色々と大変でしょ?」


祐二 「まぁたぶん大丈夫だと思う。香苗が行きたい所に連れて行ってやるよ。」


香苗 「祐二……ありがとう。」


香苗は祐二の心遣いが嬉しかった。

いつも祐二の優しさを感じた時、この人と結婚してよかったと思う。


香苗 「……。」


しかし最近の香苗は、そんな幸せを感じた後、どうしても心を押し潰されるような辛い感情を抱いてしまう。

自己嫌悪。

今の自分の普通ではない精神状態に、香苗は大きな不安を覚えていた。


……絶対おかしい……こんなの私じゃない……私……正気じゃなくなってるんだわ……


香苗がこんなにも苦しむのは、祐二が1週間出張すると聞いた時、一瞬心がスーっと楽になるような気持ちを抱いた自分が居たからだ。

1週間、祐二は家に帰って来ない。晩御飯の仕度や家事に、時間を縛られる事はない。
だからその1週間は思う存分にあの世界に浸れるのではないか。

あの世界から帰ってきて、毎晩祐二の顔を見る度に辛い思いをしないで済むのだ。

そんな事を心の片隅で香苗は思ってしまっていたのだ。


香苗 「祐二、忘れ物無い?」


祐二 「あぁ、ちゃんとチェックしたから大丈夫だよ。」


祐二が出張に行く当日の朝。

結婚してから今まで、祐二が出張に出掛ける事は何回かあったが、1週間も家を離れるのは初めてだった。


香苗 「食事はちゃんと栄養のあるもの食べてね、カップラーメンで済ませちゃダメよ。」


祐二 「ハハッ、なんか母さんみたいだな。そんな事まで心配しなくても大丈夫だよ、ちゃんと食べるから。」


香苗 「だって祐二の独身時代の食生活って酷かったもの、インスタントばっかりで……。」


祐二 「まぁなぁ、でもお陰様で毎日香苗の手作り料理食べてるから舌は肥えちゃってるよ。インスタントじゃなくて、ちゃんと店で栄養ある物食べるよ。」


香苗 「ホントは外食ばっかりも良くないんだけどねぇ。」


祐二 「じゃあ香苗も付いてくるか?俺専属の栄養士として。」


香苗 「フフッ、ホントに付いて行っちゃうよ?」


祐二 「そんな事したら同僚にすっげぇ冷やかされそうだな。」


香苗 「フフッ……祐二、帰ってくる日はご馳走作って待ってるね。」


祐二 「うん。よし、じゃあ行って来るわ。」


香苗 「気をつけてね……あ、下まで荷物運ぶの手伝うよ。」


大きなバックをそれぞれが持って、仲良さげに部屋から出る2人。


祐二 「大丈夫だって、1人で持てるからぁ。」


香苗 「いいのぉ!私に持たせてっ。」


祐二と香苗が部屋から出た所でそんなやり取りをしている時だった。

ガチャっという音が聞こえ、隣の恭子の部屋のドアが開いた。


香苗 「……っ!?」


その瞬間、香苗は一瞬ドキっとして動きを止める。


恭子 「あっ……香苗さん、祐二さん。おはようございます。」


香苗 「……。」


部屋から出てきたのが恭子だと分かると、香苗はホッと胸を撫で下ろした。


香苗 「お、おはよう恭子さん。」


祐二 「おぉ、恭子さん久しぶり!……あれ?もしかして恭子さんも出張とか?」


祐二の言葉で香苗も恭子が大きなバックを持っている事に気付いた。


恭子 「そうなんですよ、って事は祐二さんも出張ですか?」


祐二 「えぇ、一週間程ね。お互い忙しい時期みたいだね。」


3人はそのまま共にマンションを降りていく。

話によると、恭子も1週間程の出張らしい。

祐二と恭子が「大変だねぇ」などと話している間、香苗は何やら考え込んでしまっているような表情をしていた。


香苗 「……。」


祐二 「そっかぁ、じゃあ香苗はしばらく1人ぼっちだな?」


香苗 「う、うん……。」


恭子 「そうですよねぇ、祐二さん居ないと寂しいですよね、香苗さん。」


香苗 「え?ま、まぁ別にそんな……私は私で1人の時間を楽しもうかなぁ、なんてね。」


香苗はそう強がって見せる。しかしもちろん、香苗の不安は1人で寂しいからという事ではない。

もっと別の事を、この時の香苗は想像してしまっていたのだ。


……祐二も、恭子さんも居ない……1週間……


1週間。


まさかこの1週間で、香苗の人生が大きく狂わされてしまう事になるなんて、この時の香苗はそんな事思いもしていなかった。


31

祐二と恭子を見送り終え、部屋へと戻ってきた香苗。


香苗 「……。」


1人になって静まり返った部屋で、今日から1週間、どう過ごそうかと考える。

何にも縛られる事のない、自由気ままな時間。

特にこれといった趣味のようなものはない香苗。あえて言えば、祐二のために毎日料理を作る事、それをしている時が香苗にとっては一番好きな時間であったと言えるかもしれない。

しかしその祐二は1週間居ないのだから、今は特に積極的にやりたい事などないのだ。


香苗 「……。」


香苗はリビングに立ち、そこから恭子の部屋がある方の壁をじっと見つめた。


……今日も、隣にいるのかな……


数分その壁を見つめた後、香苗はいつも通りに部屋の掃除を始めた。



ポカポカとした温かな日差しが窓から差し込むリビング。一通りの掃除を終えた香苗は、ソファの上で眼鏡を掛けて本を読んでいた。

久しぶりの読書。

元々本を読むのは好きだった香苗。しかし最近はゆっくりと読書を楽しむ事もなかったため、随分と前に買って棚に並べたまま読んでいなかった本がいくつもあった。この1週間でそれらを一気に読んでしまうのも悪くない。


香苗 「……。」


窓から心地良い風が入ってくる。

ゆっくりと流れる時間の中で、活字から生まれる物語の世界に浸る香苗。


しかしそんなゆったりとした時間は長くは続かなかった。

本を読んでいても内容が全く頭に入ってこなくて、なんだか落ち着かない。

正午を過ぎた頃だろうか、読書に集中できなくなってしまった香苗はついには本を閉じてしまった。


香苗 「……はぁ……」


香苗は思わずため息をつく。それはあの事を頭からどうしても外せない自分自身に対してのため息。


そろそろいつもの時間だ。


やはりあの非日常的な世界が、今日も香苗を誘惑してくる。

中嶋の声に身体の奥を掻き回され、熱くさせられるあの感覚が。


カチ……カチ……カチ……


普段は聞えない、リビングに掛けられた時計の針の音が、静まり返った部屋では少し五月蝿く(うるさく)感じる。

しかし時間は刻々と過ぎていったが、その日の昼、隣からいつものような声はなかなか聞こえてこなかった。


香苗 「……今日は、いないのかな……どうして……?恭子さんが出張だから……?」


そんな事を考えながらソファに座ったまま、本を開いたり閉じたりしていたら、気付いた時には3時を過ぎていた。

なんだか少し、肩透かしを食らったかのような気分。

そう思ってしまうのは、やはりあの刺激的な盗み聞き行為をしたいと思っている自分がいるから。


香苗 「……はぁ……。」


またため息。

もう今頃、祐二は出張先でバリバリ働いているだろう。

なのに自分は結局、いけない誘惑に惑わされ何も手に付かないまま時間を潰してしまった。

もうじきに夕方になってしまう。いつもなら、そろそろ晩御飯の買出し仕度と忙しくなるのだが。


香苗 「あれ……もしかして買い物行かないと駄目かしら……。」


香苗がキッチンへ行き冷蔵庫の中を確認すると、思っていたよりも食材が殆どなかった。

自分1人の分ならどうにかなるだろうと思っていたが、肉類や魚類も無いし、野菜も少ない。これでは買出しに行かないと、いくら1人でも質素過ぎる。


香苗 「よし、買い物行こうかな。」


どうせやる事が無いのだから少し料理に手を掛けて美味しいものを作ろうかと、香苗は思い立った。

それに買出しついでに少し洋服などのウィンドウショッピングでもしてこれば良い気分転換になる。

香苗はそう気持ちを切り替えると、昼間の悶々とした気分から勢い良く脱するかのように服を着替え、早々に買い物へと出掛けた。



香苗 「ん~……あ、これいいなぁ。」


楽しそうに色々な商品を見てまわる香苗。

1人で買い物はいつもの事だが、今日のように時間を気にせずゆっくりと自分の好きな物だけを見れるのは久しぶりだ。

服、靴、時計や普段あまりしないアクセサリー、インテリア雑貨。

祐二が居ない時に買うのは気が引けたので止めたが、女性である香苗にとっては、やはりこういった物は見ているだけでも楽しい。

なんだか悶々としていた気分がスーっと晴れていくようだった。

他にもこうやって女性としての喜びや楽しみを感じる瞬間はやはりあるのだ。

このところ、中嶋の事が原因であまりに非現実的な世界に浸りすぎていた香苗は、今日のこの女性らしい良い気分転換で現実の世界にしっかりと戻れたような気がしていた。

やっぱり性的な事へのめり込んでしまうなんて自分らしくない。

香苗は今までの人生を、それなりに女性らしく清楚であるようにと暮らしてきたつもりだ。

そしてこれからも、祐二の妻としてなるべく女性として清らかでいたいと今この瞬間、香苗は思えたのだ。

それに気付いた時、香苗は昼間の、心のどこかでいけない事を想像していた自分が馬鹿らしくなった。


……あんな変な欲に負けてたらダメだわ……


香苗は自分で大切な事に気付き、あの世界から抜け出せたのだと、思わず微笑んだ。


香苗 「フフッ、今日の料理はちょっとだけ贅沢しちゃおっかなぁ。たまには1人でワイン飲むのもいいよね。……あっ映画とかレンタルして見ようかなぁ。」


一通り見たいものを見て満足した香苗は、食料品売り場で食材を買い、別の店で映画をレンタルすると、晴れやかな気分で自宅へと戻って行った。


32

夕陽の光でオレンジ色に染まる街。

道は仕事から帰宅する車で少しずつ混み始めていて、歩道には部活終わりの中学生や高校生が楽しそうに話をしながら歩いている。

そんな当たり前のようで貴重である、平和な光景を眺めながら、香苗は車を走らせていた。

夕方というのは皆が安心したい時間帯だ。

疲れる仕事や学校を終え、あとは家に帰れば家族との寛ぎの時間が待っている。

?今日の晩御飯はなんだろうな?だとか、ある家を通り過ぎたときにスパイシーな香りを感じると?あ、ここの家は今日カレーかぁ?などと思いながら帰り道を歩くのが、平凡だけど幸せなのかもしれない。

香苗は流れ歩く人々を見て、ボンヤリとそんな事を考えながら車を走らせていた。


地下駐車場に車を止めバタンとドアを閉めて、マンションのエレベーターへと向かう香苗。

夜ご飯を食べた後はゆっくりと映画を見よう。

しかしそんな風にささやかな贅沢を想像しながら、降りてくるエレベーターを待っていたその時、香苗は一瞬、後ろに人の気配を感じた。


香苗 「……?」


そういえば前にも同じような事があった気がする。

何か嫌な予感を感じながら香苗は、ゆっくりとその気配のする後ろに振り向いた。


香苗 「……ぁ……」


中嶋 「あれ?また会いましたねぇ奥さん。」


その姿を見た瞬間、その声を聞いた瞬間、香苗は身体の芯がゾクゾクと震えるのを感じた。

先程までのホンノリとした幸せの気分が、一気に別のものに切り替わる。


香苗 「な、中嶋さん……。」


中嶋 「ハハッ、またそんな驚いた顔して。僕の顔に何か付いてます?」


香苗 「い、いえ……そうじゃないですけど、突然だったのでビックリして。」


中嶋 「そうでしたかぁ、いやぁすみませんでした、突然背後から誰かが近づいてきたらそりゃ驚きますよねぇ。」


香苗 「……。」


しかし最初は驚きはしたものの、中嶋という男を目の前にしても、香苗は以前よりは冷静さを保てていた。

前は中嶋と会話をしているだけで、不思議と身体が熱くなっていくのを感じたが、今はなんとか抑えることができる。


……何も……何も意識する事なんてないんだから……


中嶋 「……恭子がね、出張でしばらく居ないんですよ。」


香苗 「ぇ……?えぇ、そうみたいですね。」


エレベーターのデジタル数字が切り替わっていくのじっと見つめながら、香苗は中嶋との会話に応えていた。


中嶋 「旦那さんも、出張なんでしょ?」


香苗 「えっ!?」


中嶋の言葉に香苗は思わず驚きの声を上げた。


……どうしてこの人がその事を知ってるの……?


中嶋 「恭子がさっきメールで知らせてくれたんですよ、今朝会ったんですよね?」


香苗 「あ……はい……。」


当然、恭子と中嶋は恋人なのだから、そういう事を会話の中で連絡し合っていても不思議ではない。だから祐二が出張している事を中嶋が知っていても別に驚く事ではないのだが。


中嶋 「じゃあ奥さんはしばらくお1人なんですね?」


香苗 「ぇ……えぇ…まぁ……。」


相変わらず中嶋のネットリとした話し方と言葉を聞くと、変な気分になる。
不快ではないのだけれど、自分の女としての本能が何か警戒を呼びかけきていた。


中嶋 「女性1人じゃ色々と不安でしょう?何か困った事があったら俺に言って下さいね。隣に居ますから。」


香苗 「あ、ありがとうございます……。」


中嶋 「恭子に言われたんですよ、奥さん1人だからもし何かあった時はってね。」


香苗 「そうでしたかぁ……。」


あの優しい恭子なら言いそうな事だ。

だがしかし、未だにこの中嶋があの恭子の恋人だなんて信じられない。
あんな毎日のように別の女性と関係を持っているこの男が。

恭子はあの事を本当に知らないのだろうか。


香苗 「……。」


でも、あの優しい恭子の事だからもしかして中嶋がそういった男だという事を全て承知の上で付き合っているのかもしれない。

普通に考えて、毎日毎日人が入れ替わるようにして自分の部屋に入っていて気付かないのはおかしい。

だとしたら、恭子はこの中嶋の何に惹かれているのだろうか。

多くの浮気を許せてしまう程の何かが、この中嶋にはあるのだろうか。

香苗はふとそんな事を考えながら、中嶋と共に降りてきたエレベーターの中へと入っていった。


33

中嶋 「今夜も手作り料理ですか?」


中嶋は香苗が手に持っている買い物用のバッグを見ながら言った。


香苗 「ぇ……えぇ……。」


対する中嶋は手にコンビニのビニール袋を持っている。


中嶋 「いいですねぇ、お1人でもやっぱりちゃんと作るんですね。俺なんかこれですよ。」


そう言って中嶋はコンビニの袋の中身を香苗に見えるように広げる。

香苗がそれをそっと覗くように見ると、中にはいくつものカップーラーメンが入っているのが見えた。


香苗 「……晩御飯……これなんですか?」


中嶋 「ハハッ、まぁ俺はいつもこれですから、結構美味しいんですよ。奥さんに1つあげましょうか?」


コンビニの袋からカップラーメンを1つ取り出し、香苗に差し出す中嶋。


香苗 「い、いえ……私は……。」


香苗は少し困ったような表情でやんわりとそれを断った。


中嶋 「ハハッ、冗談ですよ。奥さんみたいな人はこんなの食べませんよね。でもまぁ俺は料理しないし、恭子も料理はあんまり得意ではないんでね。これで済ませてしまう日も多いんですよ。」


香苗 「そうですか……。」


香苗は中嶋の話を聞いて、ふと昔の事を思い出した。

まだ結婚する前、祐二と付き合って間もない大学時代、インスタント食品ばかりを食べていた祐二に栄養のある物を食べさせてあげようと祐二の部屋へ料理を作りによく通っていた事。

スーパーで買い物をしてから祐二が住んでいたアパートに行くのが凄く楽しかった。

確か初めて祐二の部屋に行った時も、料理を食べさせてあげるという理由で行ったのだっけ。


そんな事を思い出している間に、エレベーターが香苗達の部屋の階に到着し、ドアが開いた。

エレベーターから降りれば、部屋はすぐそこである。


中嶋 「じゃあ奥さん、何かあったらいつでも言って下さいね。お隣同士の仲だし、気軽に言って下さいよ。」


香苗 「あ、ありがとうございます。」


そう言って2人は別れ、それぞれの部屋へと入っていった。



香苗 「……はぁ……。」


玄関のドアを閉めた香苗はその場で1つため息を付いた。

前程じゃないにしても、やはり中嶋と2人で話していると変に気疲れしてしまう。

しかし少しの間だったが、中嶋の話を聞いていて、中嶋という人間を自分は少し勘違いしているのかもしれないと香苗は思った。

自分はもしかして中嶋に対して警戒心を持ちすぎているのではないかと。

確かに女性達との関係が特殊である事は間違いなく、その価値観は香苗には全く理解できないものだ。

だけど、それ以外の部分はいたって普通なのかもしれない。

?何か困った事があったら言ってくださいね?というような心遣いをされたからなのか、香苗は素直にその事については良心なのだと受け止めていた。

毎日隣の部屋で中嶋と関係を結んでいた女性達は、その雰囲気から中嶋に好意を持っている女性達であったように思える。

決して無理やり中嶋が女性に何かをしているような感じではなかったし、女性は中嶋に何をされても嫌がっている様子はなかった。

中嶋は独特な雰囲気を持っている男性だが、自分が何か警戒しないといけないような相手ではないのかもしれないと香苗は思い始めていた。


香苗 「……。」


強引に女性に対して何かをしてしまうような、そんな人ではないような気がする。

女性に好意を抱かれやすく、そして恋愛感が香苗や祐二とは違う人。ただそれだけの事なのかもしれない。

そもそもあんな盗み聞きのような事を自分がしなければ、中嶋を変に意識するような事もなかったのだ。

恭子は香苗にとって大事な友人であり、中嶋はその恭子の恋人だ。

今度恭子に恋愛観の話など、さりげなく聞いてみれば良いのかもしれない。

人の価値観は人それぞれ。

打ち解けてそういった話もしてみれば、中嶋との関係性も少しは理解できるのかもしれない。


グツグツという鍋の中からする美味しそうな音、そしてスパイシーな香りがキッチンから漂う。

エプロン姿の香苗が、小さな鼻歌交じりで料理をしている。


香苗 「うん、結構いい感じかな。」


香苗が作っているのはカレー。

本当はもっと手の込んだビストロ風のフランス料理を作る予定だったが、急遽変更したのだ。

なぜそんな事をしたのか、その理由は鍋の中のカレーの量を見れば理解できる。

コトコトと美味しそうに煮込まれているカレーは、どう見ても1人分の量ではない。


香苗 「……やっぱりカレーが一番無難よね。」


味見をしながら香苗はそう呟いた。

なんとなくメニューを変更し、なんとなく多く作ってしまったカレー。

なぜこんなにもカレーを作ってしまったのか、自分でもよく分からない。

いや、よく分からなくても良いのかもしれない。

ただただ純粋な良心でカレーを沢山作ったのだと、香苗は自分に言い聞かせる。


香苗 「……。」


しかし作ってしまったものの、香苗はまだ迷っていた。

このカレーを、あの人物の所に持って行くかどうかを。


34

香苗 「……ふぅ……。」


1つ深呼吸をしてから香苗はインターホンのボタンを押した。

中に中嶋が居る部屋のドアの前で香苗は返答を待っている。

手にはカレーが入っているタッパとサラダとフルーツが入ったタッパを持って。

最後まで迷いながらボタンを押した香苗の胸は、若干の緊張で高鳴っていた。

もしかして余計な事だったのかもしれない。
でもカレーは大量に作ってしまったわけだし、1人ではとても食べきれない。

どうしてこんな事をしているのか自分でもよく分からないが、香苗の中で、カップラーメンばかり食べていると言う中嶋が、なんだか昔の祐二と少し重なっている様な感じがして、ほっとけなくなったのかもしれない。

とにかく香苗は世話好きというか、そういう性分なのだろう。


香苗 「……。」


しかしインターホンで呼んでから少し経つが、部屋の中からの反応が無い。


……どうしたんだろう……もしかして出掛けちゃったのかなぁ……


2分程経過してから、もう一度ボタンを押してみたがやはり反応は無い。


香苗 「……ふぅ……留守かぁ……。」


そう呟き諦め、香苗が自分の部屋に戻ろうとしたその時だった。


中嶋 『は~い、どちらさん……あっ!奥さん!』


小さなスピーカーから中嶋の声が聞こえた。

インターホンに付いているカメラで香苗の顔を確認した中嶋が、威勢のいい声で部屋に戻ろうとした香苗を呼び止める。


香苗 「ぁ……あの……吉井です……あの……」


中嶋 『ちょ~っと待っててくださいね、今出ますから。』


香苗 「は、はい……。」


一度居ないと思って、せっかく料理を作ったのに残念だったという気持ちと、緊張が切れて少しだけホッとしたような気持ちが芽生えていただけに、中嶋が居たのだと分かるとまた妙に緊張感が増してくる。


香苗 「……。」


ドアを開けて中嶋が出てくる姿を思わず想像してしまう。

中嶋は自分が持っているものを見て、どんな反応をするのだろう。喜んでくれるだろうか。

それとも、またあの持ち前のネットリとした視線で身体をジロジロと見てくるのだろうか。

しかしこれまでの事を考えると、恐らく中嶋の女性を見る目というのはいつもああいった感じなのだろうから気にする事はない。

友人である恭子の恋人が隣の部屋に1人で居て、カップラーメンしか食べる物がないと聞いたから、自分はごく自然な善意でその人に料理を持ってきただけなのだ。

今まで恭子にだってそうしてあげた事はあるし、以前隣に住んでいた人にもよく料理を持って行く事があったのだから。

いつものように笑顔で料理を渡し、さっさと部屋に戻ればいいだけの話。何も緊張する事なんてない。

香苗はそう自分に言い聞かせて中嶋が出てくるのを待っていた。


香苗 「……。」


ドタドタとして少し慌てているような足音が近づいてくる。


……来る……


そしてそのドアはガチャっという音と共に勢いよく開いた。


中嶋 「いやぁお待たせしてすみません!ちょっと風呂に入ってたもんですから。」


香苗 「……えっ!?キャァッ!!!」


しかし部屋から出てきた中嶋の姿を見た瞬間香苗は、思わず悲鳴に似た声を上げてしまった。

そして身体ごと顔を横に向け、視線を中嶋から逸らす。

中嶋は香苗にとってあまりに衝撃的な姿で現れたのだ。


中嶋 「あ~すみません、慌ててできたもので、へへっ……。」


自分の姿を見てすぐに拒否反応を示した香苗に軽い感じで謝りながら中嶋は笑っていた。


香苗 「あ……あの……困ります……そんな格好で……。」


顔を真っ赤にする香苗。しかしそれは仕方の無い事かもしれない。
なんと中嶋は腰にバスタオルを巻いただけの、ほぼ裸に近い格好で香苗の前に出てきたのだから。


中嶋 「ハハッ、そんな奥さん、今時上半身裸の男の姿なんて珍しくもないでしょう。結構純情なんですねぇ。」


香苗 「そ、そんなの……普通服着るじゃないですか……。」


香苗は依然赤い顔のまま目を逸らして、そう言い返した。


中嶋 「そうですかねぇ、俺っていつも部屋の中じゃあんまり服着てないですから。いやでも、驚かせてしまってすみません。」


香苗 「……」


言葉では謝っていてもなんら反省の色がない様子の中嶋に、香苗は言葉を失っていた。


中嶋 「で?どうしたんです?何か用があったんじゃないですか?」


香苗 「……ぇ……あっ……あの……これ……。」


中嶋の問いに、香苗は顔を背けたまま手に持っているものを中嶋の方へと差し出した。


中嶋 「ん?これは……?」


中嶋は不思議そうな顔をしながら香苗の手から料理の入ったタッパを受け取る。


香苗 「あの……お口に合うか分かりませんけど……。」


香苗の言葉を聞いて中嶋はタッパを開けて中を確認した。その瞬間、中嶋の顔は一段と嬉しそうな笑顔に変わった。


中嶋 「おお!カレーじゃないっすか!これ奥さんが作ってくれたんですか?俺のために?」


香苗 「……ハイ……あ、じゃなくて……ちょっと作り過ぎちゃって……それで……」


中嶋 「マジっすかぁ、うわぁ美味そうだなぁ、ありがとうございます。」


香苗 「……ハ、ハイ……ぁ……」


中嶋の声があまりに嬉しそうにしているから、思わずもう一度中嶋の方を見てしまった香苗だったが、再度その上半身裸の姿を見て慌てて目を逸らす。


中嶋 「へぇ、こっちはサラダかぁ美味そうだなぁ、こんなまともな食事は久しぶりですよ。」


香苗 「あの、お口に合わなかったら捨ててもらっても結構ですので……。」


中嶋 「ハハッ何言ってるんですか、こんな美味しそうなものを俺は残しませんよ、絶対に。しかも奥さんがせっかく作ってくれたものなんですから。」


香苗 「そ、そうですか……それなら良かったです……じゃあ私はこれで……。」


香苗は顔を背けたままそう言うと、突然そそくさと自分の部屋へと戻って行ってしまった。


中嶋 「えっ?あ、ちょ……」


中嶋が何か言う前にドアを開けて部屋に入って行ってしまった香苗。


中嶋 「……。」


中嶋からしてみれば、その香苗の様子は明らかに不自然なものであった。

しかし慌てた様子で部屋へと戻って行くその香苗の姿を見て、中嶋の口元はニマァっとイヤらしい笑みを浮かべるのであった。


中嶋 「へへ……やっぱりあの奥さん、いいねぇ……そろそろ仕掛けてみるかぁ……フフッ…。」


35

香苗 「もう何なのよあの人、あんな格好で……。」


自室に戻った香苗は動揺覚めやらぬ状態でそう呟いた。

一瞬で目を背けたものの、香苗の頭の中にはバスタオル一枚だけの中嶋の姿が焼きついてしまっている。

小麦色に焼けた肌、太い腕、厚みのある胸板、割れた腹筋。

中嶋の身体は、同じ男性であるにも関わらず、夫である祐二の身体とは全く違うものであった。だから香苗は余計に驚いてしまったのかもしれない。

まさに男らしい身体というのはああいった身体の事を言うのだろうか。


香苗 「……はぁ……」


変に高ぶってしまっている気持ちを落ち着かせようとキッチンでミネラルウォーターをコップに注ぎ、口に運ぶ。

身体の中に入ってくる水の冷たさが心地良く感じる。

その冷たさを体内で感じた時、香苗はようやく気が付いた。自分の身体が異様に火照っている事に。

まるであの盗み聞きをしていた時のように。


香苗 「……イヤ……あんなの見ちゃったから……」


香苗は自分の身体が性的なものに反応し、興奮をし始めている事を自覚せざるを得なかった。

ドク……ドク……と身体の中心から体温が上昇していく。

中嶋の前から離れ自室に戻ってきても、それは全く下降へと向かおうとはしていない。

寧ろ興奮はさらに高ぶっていってしまう。

そして香苗はどうしても想像してしまう。

あの筋肉質で太い腕、あの大きな手に自分の細い腕を掴まれたらきっと逃げられない。

そのまま引っ張られれば、糸も簡単に部屋の中に連れ込まれてしまっていただろう。

そして……


香苗 「……ハァ……。」


熱い吐息が漏れる。

実際の中嶋は香苗にそんな素振りは全く見せなかった。

しかし今の香苗の頭の中は?いけない?妄想だけで埋まってしまっていたのだ。

中嶋のような男性。祐二とは全くタイプの違う男性。


あんな逞しい身体を持った男性に抱かれたら……どうなってしまうのだろう……


ジンジンとした疼きを下腹部に感じながら香苗は頭を横に振る。


香苗 「もうイヤ……カレーなんて持って行かなきゃよかった……。」


香苗は自分で分かっている。

もうこうなってしまっては自分は自慰行為を我慢する事はできないだろう。

頭では自分自身に憤りを覚える程後悔しているにも関わらず、身体はそれを明らかに喜んでいる。

中嶋の裸を見た瞬間から入れられてしまったあのスイッチ。そう、あの発情のスイッチ。

あんな事で簡単に自分の中のスイッチを押されてしまうなんて。


香苗 「……ハァ……」


いくら我慢しようとしても我慢できない事は分かっている。

だから香苗はあえて我慢する事をすぐに止めた。

この興奮を発散しなければ、妄想の中の中嶋は頭の中から出て行ってくれない。

ミネラルウォーターをゴクゴクと飲んだ後、香苗はそのまま寝室へと向かった。



香苗 「ァァ……ハァ………ン…ァ……」


夫が出張で居ないからなのか、今日の香苗の喘ぎ声は少し大きめだった。


クチュクチュクチュ……!!


ベッドの上で一糸纏わぬ姿になっている人妻は手を股間で激しく動かしている。

発情したメスの激しいオナニー。それはこのメスが激しい性行為を望んでいる事の証である。


香苗 「ハァ……ンァ…ああ……ンッ…ァ……」


たった5分だ。

中嶋に会ってから、たったの5分後に、香苗は寝室で自慰行為を始めたのだ。

昼間はあれ程はっきりと我欲からの決別を決心していた香苗が、今は異常なまでの性欲にドップリと浸って溺れている。

身体の中で発生したドロドロしたものはあっという間に全身を支配してしまう。
昼間はそんなもの、全く気配すら無かったのに。

暴走し爆発してしまった性欲は、もう自分では止められない。


……本当のあなたは違うでしょ?


……本当は凄くエッチなんでしょ?


……エッチな事をしたくてしたくて仕方ないのでしょ?


そんな言葉を、心の中に居るもう1人の自分が問いかけてくる。

そしてそのもう1人の自分は決定的な一言を香苗に言ってくる。


……もうね、あなたの身体は祐二じゃ満足できないのよ、本当は分かっているのでしょ?


……一生祐二とのSEXだけで我慢できるの?



メンメンの官能小説
リンク:

初めはフェラだけのつもりだった

今まで何度か映画館でフェラされたことがあった。次第に僕もフェラしてみたいと思うようになったけど映画館じゃ無理。そこで掲示板で募集してみた。40代以上、場所あり、サイズは平均以下で書き込んでみたら3人からメールが届いた。メールでやり取りをして1人の人と会うことになった。指定された場所で待っていると相手が車で迎えにきてくれた。45才のおじさんで優しそうな感じ。車の中では今までの経験とかどんなことがしたいか聞かれた。僕の経験はフェラをされたことやアナルに指を入れられたことがあるだけと答えた。おじさんの部屋に入るとすぐに服を脱がされておじさんも服を脱いだ。明るい部屋で裸になるのは恥ずかしい。平常時はほとんど被ってる仮性包茎。おじさんは僕のチンポをつまんで「 恥ずかしがらなくていいからね」と言ってチンポの皮を剥いてきた。「綺麗でかわいいね」と言うと
風呂場に連れていかれた。おじさんに体を洗ってもらった。おじさんは僕のチンポを念入りに洗った後、アナルも洗ってきた。そしておじさんが自分の体を洗ってから寝室に連れていかれた。チンポを洗ってもらっている時に勃起すると思ってたけど緊張の為か勃起しなかった。寝室に入るとおじさんが「メールで女の子みたいにされたいって言ってたよね、これに着替えてみて」と言って服を渡された。渡されたのは女性用のショーツとセーラー服、紺のハイソックス。ショーツを履いてみるとかなり小さくてなんとかチンポが収まってる感じ。後ろはお尻が透けて見えている。セーラー服を着てハイソックスを履くとおじさんは「似合ってる、すごくかわいいよ」と言って抱きしめながらキスしてきた。ベッドに寝かされるとキスしながら僕の乳首をさわってきた。指先で触ったり摘まんだりした後、服を捲り上げて乳首を舐めてきた。「うっ」と思わず声が漏れてしまった。おじさんは「乳首気持ちいいかい?本当に女の子みたいだね、我慢しないでね」と言って更に乳首を刺激してきた。乳首を舐めながらおじさんは僕の太ももの付け根を触ってきた。そしてショーツの上からチンポを触ってきた。僕のチンポは乳首の刺激だけで勃起してしまった。おじさんは「すごい硬くなってるよ」と言ってショーツからチンポを引っ張り出した。チンポをシゴキながら「どうしてほしいのかな?」と言ってきた。僕は「チンポを舐めてください」と答えた。すると「今は女の子なんだからチンポじゃないだろ、クリトリスだよ。もう一度どうしてほしいのか言ってごらん」と言われた。僕は「はい、私のクリトリスを舐めてください」。おじさんは僕のチンポを舐めてから口にくわえた。めちゃくちゃ気持ちいい。僕が「もう逝きそうです」と言うとおじさんはフェラをやめてしまった。そしておじさんが僕を抱き起こすと、僕の目の前にチンポを突きだして「今度は君の番だよ、シャブリたかったんだろ?」と言ってきた。おじさんのチンポは太くはないと思うけどずる剥けで先が大きい。僕は舌で先っぽや裏筋のあたりを舐めてみた。するとおじさんが「早くくわえてみて」と言って僕の口にチンポを押し込んできた。おじさんはゆっくりチンポを出し入れしながら:「もっと吸って、舌を使って」とか指示してきた。おじさんのチンポが完全に勃起すると僕の口からチンポを引き抜いて「どうだ?チンポ美味しいか?」と聞いてきた。「おじさんのチンポ、とても美味しいです。」と答えた。「じゃあ、今度は四つん這いになってごらん」と言われおじさんにお尻を向けて四つん這いになった。おじさんは「かわいいお尻だね」と言ってお尻を撫でてからショーツを脱がされた。そして僕のお尻を手で拡げあなたがを舐めてきた。「綺麗でかわいいマンコだね」と言って舌を押し込むようにしてきた。しばらく舐めた後、今度はローションを塗ってゆっくり指を入れてきた。おじさんの指はすんなり入ってきた。自分で指を入れるより数段気持ちいい。そしておじさんの指が2本に。ちょっときついけど痛みはない。おじさんはゆっくり出し入れしながら「これならチンポ入っちゃうよ、どうする?」と聞いてきた。僕は「できるなら入れてほしいです。」と答えた。「じゃあ、何処に何を入れてほしいのか言ってみて」と言われた。僕は女の子になったつもりで「私のマンコにおじさんのチンポを入れて下さい」とお願いするように言った。おじさんに仰向けに寝かされてM字開脚させらさせられた。そしてアナルにローションを塗ってからチンポを押し当ててきた。何度も強く押し当てられていたら徐々にアナルが開いてきた。そして更に強く押されると少し痛かったがおじさんのチンポかついに入ってしまった。おじさんは「痛くない?大丈夫?」と聞いてきた。僕は「ちょっと痛かったけど大丈夫です。ありがとうございます」と言った。初めてアナルにチンポを入れてもらえてとても嬉しかったんです。おじさんはゆっくり前後させながら徐々に奥まで入れてきました。そしてついに「ほら、分かる?奥まで入ったよ」と言ってキスしてきました。僕は嬉しくておじさんに抱きついてしましまいました。おじさんは腰を動かしながら「凄く気持ちいいよ、もう逝ってもいいかな?」と聞いてきた。僕は「はい、逝って下さい」と答えた。おじさんの動きが早くなってアナルが痛かったけど自分のアナルで逝ってもらえるのが嬉しかった。そしてついに「じゃあ逝くよ」と言って更に動きが早くなった直後、僕のアナルからチンポを引き抜いて僕の顔の前に突きだした直後、おじさんは
僕の顔に大量の精子を発射した。僕は射精直後のチンポに思わずシャブリついてしまった。おじさんのチンポはくち口の中でも脈打ちまだ射精をしているみたいだった。自分の精子とは味も匂いも違うみたいだった。おじさんは僕の口からチンポを引き抜くとアナルに指を入れながらフェラで逝かせてくれた。今までにない大量の精子が出た。

地方アイドル

今はどこにでもある地方アイドル
娘についていたあるイベント会場
マイナー過ぎてお客さんは
20~30人位

一応 握手会みたいなものがあり
他も家族連れがほとんどでした。
3人組のグループです。
18才から20才
誰が何歳かは全く興味なし!!

握手が始まって最後の子になった時に、手のひらに紙キレみたいな物をもらいました。
開いてみたら、携帯番号です。
「Akiです!よかったら、夕方6時に連絡下さい」
6時に…意味不明のまま連絡

俺「もしもし…手紙もらった者ですが…」
Aki「もしもし♪ありがとうございます♪連絡こなかったらって心配してました。」
俺「まぁ~なにかなって?」
Aki「今日の夜8時ころお時間ありますか?」
俺「時間はあるけど、場所だょね…N市内なら大丈夫だけど…」
Aki「市内です!あの…先に言います。アルバイトしたいんです。」
俺「アルバイト!?何?」
Aki「とりあえずカラオケとかで…」
俺「わかりました…N駅前でいいかな?」
Aki「はい!!ありがとうございます♪」
俺は不思議な感覚
いろいろ噂は聞いた事はあります。
地方アイドルの枕営業
詳しくは聞かずに家内に飲みに行くと嘘をついて外出しました。
駅に着いて電話
俺「もしもし…着きました。今ロータリーの所です。」
Aki「すみません♪右の公衆電話の中にいるのわかります?」
俺「あぁ~見つけました。真ん中の小さい子だよね。」
Aki「小さい(笑)そぅです♪小さいのでし♪」
俺「ごめんね…今向かいます。」
Aki「お願いします♪」
合流して乗車
俺「カラオケでいいんだよね」
Aki「…そぅですね…あまり人のいないカラオケ店てわかりますか?」
俺「金曜だからね?どうかな?」
Aki「任せます。」
俺はちょっと郊外のカラオケ店へ
入室
Aki「すみません…ぶっちゃけ アルバイトお願いしたじゃないですかぁ~
正直 生活イッパイイッパイなんですよ…」
俺「うん…まぁいいけど何のバイト?ところでなんで俺?」
Aki「優しそうなパパ(笑)」
俺「ハハハ…で何のバイト」
そぅいうと、Akiは俺の横に座りました。
Aki「これはお礼です!」
いきなりのキスからでした。
キスをしながら手は胸をなでながら腰のあたりまできました。
Akiの手は股に
俺「ちょっと…見つかるよ…」
Aki「歌って♪」
俺「うん…」
とりあえずカラオケ入れました…
その時にAkiはソファの下に
俺も男です。勃起Max
Akiはファスナーを下げて生で俺の
ぺニスをだしました。
亀頭を柔らかい舌で舐めながらシゴキます!!歌にならない歌…
次の曲は流れたまま口内射精
さすがにゴックンはなくティッシュに出してAkiはトイレに
戻ってきて
Aki「ビックリしましたぁ~?」
俺「ごめんね…気持ち良すぎて我慢出来なくて!」
Aki「大丈夫ですよ♪」
俺「バイト料、いくら?」
Aki「いつもはフェラで1.5なんですょ
でも、今日はこれまでお礼でいいです。最後までで2大丈夫ですか?」
俺「お金は大丈夫だけど…」
Aki「お願いします…貧乏なんで♪」
俺たちは2時間位歌ってラブホへ

ラブホに着いて
俺「たまにこういうバイトするの?」


Aki「絶対に内緒にして下さいね…地元では初めてなんですょ♪」
俺「もちろん黙ってるよ!」
Aki「私シャワーしてきます♪一緒に入りましょう~時間もったいないから♪」
俺「さすがにね~」
けどAkiは「背中流させて下さいよ♪
私父親いないから~」
俺はひぱられて浴室に
身体中を洗ってくれまたそのまま
立ちフェラでした。
俺も2回射精したら3回目はキツイ
Akiをベットに誘いました。

Akiは身長も小さいが胸も小さい(笑)
まさに幼児体型
ベットに横になって
腕枕をしながらAkiの胸に触って
小さい割りには敏感でビクッ
Akiに覆い被さりキス
バスローブの紐をとりAkiを全裸にさせました♪
右手をAkiのオマンコに
凄く濡れていました。
俺はAkiのオマンコを舐めたくなり
Akiのオマンコに
妻に対するよりクンニは頑張っていました。
Aki「私にもいいです?舐めさせて欲しいんだけど♪」
俺は69に
Akiのオマンコ
小さい膣で締まりも凄く
俺がGを刺激したら直ぐ潮がでました

俺「Akiちゃん…入れていいかな?」
Aki「うん」
Akiはゴムまで付けてくれました。
正上位からの挿入
Akiも子供みたいな声で喘いでいました。
俺も射精寸前
最後はバックから果てました!!
Akiは最後に
「本当にパパになってもらいたいな」
って言ってた!!
俺は冗談に受けました。
別れる時に2の約束だったけど
3渡して別れました。
家に着くちょっと前に電話がきて
Aki「また連絡していいですか?今日はありがとうございました♪」
その後は5回
Akiのバイトをしました。
信じてくれないかもですが実話です
今はアイドルは辞めて事務職をしているようです。

【最終回】奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした

僕は、一緒に暮らすことで、マコさんのことをどんどん好きになっていきました。もともとマコさんのことは好きでしたが、一緒に暮らしている今では、愛してると言ってもいいくらいの感情に育っていました。

でも、ユキも同じなのかな? ケイスケさんへの気持ちが強くなってしまったのかな? そう思うと、会いたくて仕方なくなります。
もう、交換生活を始めて1ヶ月ちょっと経っていました。
その間、モノがどこにあるかとか、事務的なメールを数回、マコさんとユキが交わしただけで、僕はユキと、会うことはおろかしゃべったりメールもしていませんでした。


今回、僕が提案し、それにマコさんも同調してくれたので、久しぶりに4人で食事をしようという流れになりました。

どこで食事をしようかと、マコさんとユキが色々とメールでやりとりしましたが、結局、単純に家が広いので、ケイスケさんの家に行くことになりました。

『なんか、変な感じだね。私、他人(ひと)の家に遊びに行くって気持ちになってる。自分の家なのにねw』
マコさんも、そんな事を言います。何となく緊張している感じでした。確かに、1ヶ月以上も家を空け、他の場所で他の男と夫婦生活をしていたわけですから、無理もないと思います。

そしてケイスケさんの家に着き、インターホンを鳴らすと、
『いらっしゃい! ドア空いてるよ!』
と、懐かしいユキの声がします。僕は、それだけで胸がいっぱいになりました。

そして家に上がると、マコさんもどこか落ち着かない感じです。
『久しぶり~! 元気だった?』
ユキが、マコさんと僕に言ってきます。ユキは、長めだった髪をばっさりと短くしていました。
『あれ~、髪切ったんだ! ふふw、それ、ケイスケの趣味でしょ?w』
マコさんが、ニヤニヤしながらそんな事を言います。

僕は、その言葉にドキッとしました。そう言えば、マコさんもショートカットです。ケイスケさんは、短い髪が好きなんだと思います。
そしてユキは、ケイスケさんの趣味に合わせるために、あの艶やかな自慢の黒髪を切ってしまった……。
言いようのない嫉妬と焦燥感が僕を包みました。
ユキの髪は、本当に綺麗で大好きでした。ユキも、結構ケアに気を使っていたはずです。それを、何年もかけて伸ばしたモノを……きってしまった……。


「可愛いじゃんw」
僕が泣きそうになりながらも、なんとかそう言うと、
『そう? ありがとう』
と、ニコっとしながら言いましたが、あっさりとリビングに行ってしまいました。何となく、他人行儀というか、壁がある感じがして不安な気持ちになりました。


そして、リビングのテーブルの上には、デカい寿司桶がありました。
「久しぶりだね! 元気だった?」
同じようなことを言うケイスケさん。ケイスケさんは、とくに何も変化はありませんでしたが、何となく若返ったような感じがしました。
『なんでお寿司なの? 私作ろうと思ってたのに』
マコさんがケイスケさんに言います。マコさんは料理が得意というか、プロみたいなものなので、僕も毎日食事が楽しみです。

「いや、ほら、大事な身体じゃん? ほら、さっそく食べようよ」
そんな風に、調子よく言うケイスケさんに、
『相変わらずだねw』
と、マコさんが嬉しそうに言います。

それに引き替えユキは、僕に話しかけてきません。
「赤ちゃん、調子はどう?」
僕が、心配してることを聞きます。何かあったら、当然連絡があるはずなので、連絡がなかったと言うことは、なにも問題がなかったということですが、やはり気になります。

ユキはお腹をさすりながら、
『うん。順調だよ。昨日も一緒に病院行ったんだよ。ね、あなた?』
と、ケイスケさんに言いました。
「そうそう。先生も、順調って言ってたよ」
ケイスケさんも、ごく普通な感じで言いました。

「え?一緒に行ってるんですか?」
僕は驚いて聞きました。先生には、ケイスケさんはどの立場で接してるんだろう? 夫として? 僕は変に焦りました。

『そうだよ。いつも一緒に行ってくれるんだよ。ね?』
ケイスケさんに微笑みかけるユキ。
「まぁ、父親としての責任かな?w」
ケイスケさんもこんな事を言います。2人とも、からかっている感じはなく、本気みたいです。なんか、パラレルワールドにでも迷い込んだ気分です。

『へぇ、そんな事言うなんて、真面目になったねw』
マコさんが、からかうように言います。

「やっぱり、子供が出来ると変わるよw」
ケイスケさんは、ユキのお腹を優しく撫でながら言います。
『もう、胎教とかしてるんですよ』
ユキは、マコさんに言いました。
『もう!? 早いんじゃない?』

『へへw パパが教材とか買ってきてくれたから?』
ユキは、嬉しそうにケイスケさんを見ながらいいます。

『ホント、変われば変わるものねぇw』
マコさんはこんな事を言います。ケイスケさんとユキの夫婦そのものの振る舞いを見て、何とも思わないんでしょうか? 僕は、悪い夢を見ている感じです。


そして、食事が始まります。楽しそうに近況報告をする3人。僕だけ、無口になっていました。

『あなた、お茶は?』
ユキは、自然にケイスケさんに言います。
「お、ありがとう」
ケイスケさんも、ごく自然に答えます。
『お弁当ついてるよw』
ユキはお茶を注ぐと、ケイスケさんの唇の端に付いたご飯粒を指で取り、自分の口に運びました。

『新婚みたいだねw』
マコさんがからかいます。マコさんは、ケイスケさんのことが大好きだったはずです。深く愛していたはずです。こんな風に見せつけられて、平気なのが不思議です。

ケイスケさんとユキは、本当に夫婦そのものの感じでした。会話の端々に、お腹の子はケイスケさんの子だと信じ切っているのも伝わってきます。

マコさんはそれに動じず、ナチュラルに僕と夫婦を演じます。でも、僕はどうしてもぎこちなくなってしまいます。

そして食事が終わり、飲み始めました。と言っても、妊婦の2人は飲めませんので、つまみを食べる感じです。

僕も違和感と言うか、疎外感を感じながらも、なるべく平然としてるフリをしました。

すると、
『ユキちゃんはエッチしてる?』
と、マコさんが前触れもなく聞きました。
『え? してますよ? マコさんは?』
ユキは、当たり前ですが何か? みたいな感じです。

『毎日w ほら、生理が来ないからw』
マコさんも、嬉しそうに言います。

『一緒だねw』
ユキが、ケイスケさんに微笑みかけながら言います。
「妊娠すると、性欲増すのかな?」
ケイスケさんは、ほろ酔いで言います。
わかっていたことですが、胸が痛いです。自分の愛する妻が、他の男と夫婦生活をして、毎日セックスもしている……受け止めきれないような、異常な状況です。でも、僕はユキの言葉を聞いて、おかしなくらい興奮していました。

『あれ? パパのこんなになってるw』
マコさんが、僕の勃起したペニスを指でつつきます。

『ホントだw 浩くんエッチだね』
ユキが言います。今日、初めて名前を呼んでくれました……。
「いや、俺もこうだよw」
ケイスケさんは、ファスナーを開けて、勃起したペニスを取り出しながら言います。
『バカw』
マコさんは、あきれたように言います。

でもユキは、そのペニスを握ると、
『カチカチ? パパの、カチカチだよ? 好きぃ……』
と言いながら、口に含んでしまいました。
「あぁ、ユキ……」
気持ちよさそうに声を出すケイスケさん。
いきなり始まったフェラチオに、僕は唖然としながらも、苦しくなるくらい興奮していました。
ユキは、僕やマコさんなどいないかのように、熱心に口での奉仕をします。ケイスケさんも、それを平然と受けています。
日々、当たり前のようにこんな行為が行われているのが伝わってきます。

でもそれは、僕とマコさんも同じです。食事中でも、テレビを見ているときでも、外に買い物に行っているときでも、したくなるとする……そんな感じでした。
ケイスケさんとユキも、やっぱり同じだったんだ……そう思うと、切ない気持ちと嫉妬心が大きくなり、それがそのまま興奮に変わっていきます。


『パパ、見過ぎw』
マコさんが、僕に微笑みながら言います。そしてマコさんも、僕のモノをまさぐり始めました。ファスナーを開けて、あっという間に僕のモノを取り出すと、ユキと同じようにフェラを始めました。

自分の妻が他の男にフェラをしているのを見ながら、その男の妻にフェラをしてもらう。
こんな異常なシチュエーションも、簡単に受け入れてしまう僕がいます。

『あなた、ベッド行こ?』
ユキがケイスケさんに、はにかみながら言います。
すると、
「先行ってるよ」
と、ケイスケさんが僕とマコさんに言い、寝室に向かいました。僕は、マコさんにフェラをされながら、2人が仲良く手を繋いで寝室に移動するのを見ていました。

『どうする? 私たちも行く?』
マコさんは、何とも言えず妖艶な顔で言います。僕は、すぐにうなずきました。

そして、マコさんに手を握られて寝室に移動すると、奥のダブルベッドの上では2人がキスをしていました。それだけではなく、すでに2人は、全裸になって対面座位で繋がっています。

『もうしてるw』
マコさんは嬉しそうに言います。あんなにケイスケさんを愛してると思っていたマコさんが、まったく嫌がることもなく笑っている。不思議な感じがしました。

そして僕も、ベッドの上で熱烈にキスをしながら一つにつながるユキを見て、大きな興奮に包まれていました。

部屋に入ってきた僕を見ることもなく、夢中でケイスケさんとキスをするユキ。激しいキスです。舌と舌が絡み合い、お互いに強く吸ったり、かき混ぜたり、唾液の交換みたいな事もしている感じです。そして、時折2人は視線が絡み合います。ユキのケイスケさんを見る目は、恋する乙女のようにキラキラしていました。そして、ケイスケさんのユキを見る目も、アントニオバンデラスみたいにギラギラとしていました。

『あなた、いつもより固いよ……マコさんが見てるから、興奮してるんでしょ?』
ユキは、ちょっと怒った感じで言います。
「そ、そんな事ないって!」
ケイスケさんは、図星だったみたいで、大慌てで否定しました。
『そんな事あるよ。ダメだよ、私だけ見てて……あなた、愛してる』
そう言って、またキスをするユキ。あんなに奥手で恥ずかしがりだったユキが、きっぱりと言います。そして、僕の存在などないように振る舞います。

ケイスケさんは、チラチラとマコさんのことを気にしているのが丸わかりです。僕も、ユキのことがものすごく気になっています。


以前のユキは、僕がマコさんと手を繋ぐだけで泣きそうになるくらい、僕のことを愛してくれていました。独占欲と束縛が凄かったです。
でも、その独占欲が今では、すべてケイスケさんに向けられているように思えます。

「ユキ、愛してる」
ケイスケさんも、マコさんがいるのにそんな事を言います。その言葉を聞いて、マコさんが僕の手をギュッと握ってきました。マコさんを見ると、少し目が赤くなっています。

僕はそんなマコさんを見て、胸が痛くなりました。そしてそのままキスをすると、僕にガシッと抱きついてきました。

『一番愛してる?』
すぐ隣から、ユキの声が聞こえてきます。

「……一番愛してる」
ケイスケさんが、少しためらったあと、そう言いきりました。

マコさんは一瞬悲しそうな顔をしたあと、ニコッと笑い、僕をシングルベッドに押し倒しました。そしてそのまま、僕にキスをしました。マコさんはスカートの中に手を突っ込み、ショーツだけを脱ぎ、僕に覆いかぶさります。あっという間に僕のモノを膣内にくわえ込み、着衣のまま僕と対面座位になるマコさん。
『パパ、愛してる。誰よりも、ずっと愛してる』
真剣な目で、僕にそう言うマコさん。

僕も、言わなければ……そう思っていると、
『また大きくなった。マコさんの事気にしてるでしょ! 私だけ見て!』
と、隣のベッドから、ユキの怒った声が聞こえます。マコさんが、僕に愛してると言ったことで、ケイスケさんが興奮してカチカチになったのが、気に入らないのだと思います。
ケイスケさんは、寝取られ性癖です。そんなケイスケさんが、マコさんの言葉を聞いて興奮するということは、マコさんのことを愛しているということの証明みたいなモノです。マコさんのことを何とも思っていなければ、マコさんの言葉で興奮するはずもないからです。
ユキには、それが気に入らないのだと思います。ユキの独占欲の強さと、ケイスケさんへの愛が怖いと思いました。

でもそれだけではなく、ケイスケさんに焼き餅を焼くユキを見て、怖いとか、絶望的な気持ちになると共に、目眩がするほど興奮しているのも事実です。

「マコ、愛してるよ。一番愛してる」
僕は、ユキのことを気にしながらも、そう言いました。
マコさんは、本当に嬉しそうに笑うと、またキスをしてくれました。

でも、ユキはなにも反応がありませんでした。僕がマコさんに、一番愛してると言っても、何も変わらないユキ……。
マコさんは、ケイスケさんが同じ事を言ったとき、涙目になりました。ユキは、聞こえていないのかな? と思うくらい無反応で、ケイスケさんのことだけを見つめ、キスをしています。

妻の気持ち 続き 最終

今 妻は深い眠りについてます。今までに妻の行動で分かったこと 、出会いカフェにK子という名を使い昼から5時まで平日に行くらしい。私は、その後妻の行動を調べ 待っていたとき、ついにその日がやってきました。
タイトなスリットのある黒のミニスカートに大きく胸が開いたニット、コートを羽織り妻が出会いカフェに入っていきました。
私も店に着くなりK子さんに会いたいと店長に交渉しました。基本 個室に入る人を選べない仕組みですが、私も常連になってきたので 承諾してくれました。ただし今は違う部屋に入室中なので、待てますかとのこと・・・ 
私「待ちます」 店長「それまで他の子を紹介します」
じりじりとした時間、他の子との話はそこそこに 私は長く待たされました。先日の妻の行為が思い出されます。他の男に口説かれ、ちんぽを握り、男に蹂躙された妻・・・  他の子に退出してもらい、いよいよ妻が部屋をノックしてきて・・・
妻「初めまして、   えっ・・・  何?・・・」  私「座れよ」  驚きのあまり声も出ません。
私「他の部屋で何をしてたんだ?」 妻「何で いるの?」
私「酒を飲んでいるのか?」  妻「無言・・・・」 私「俺は 何もかも知ってるんだ! 股を開け!」
妻のミニスカートを強引に拡げて スカートをたくし上げ 中を見ました。肌色の薄いストッキングをはいたムチムチの太ももの奥には、黒のハイレグパンティがくい込み、陰毛やオマ○コが隠し切れないほど小さい面積のものでした。そして巨尻をアピールするかのようなTバック・・・  私「これで男を誘っているのか?」
妻は言い訳できないと悟ると ぽつりぽつりと話し始めました。
刺激と興味で出会いカフェのを知ったこと、そこではいろんな男の人が妻のことをほめてくれたり 自分(の体)に興味をもってくれて女としてときめいてしまい、うれしい気持ちがあったのだそうだ。
この個室に入ると 男たちが勃起したちんぽを見せ、私を抱きたいと言われるともう何が何だか分からなくなってしまうのだと・・・
私「前の男とはどこまでやった?」  妻「無言・・・・」
私の嫉妬心はもう限界だった。妻の服を脱がし 裸にして足をM字に拡げて、オマ○コを晒しました。
まだ、濡れていたのです。パンティはヌルヌルの液が付着し、オマ○コはぱっくりとだらしなく口を開いていました。
他の男が入口を開いて拡げた跡がわかります。穴が奥の方まで見えるからです。
迷わず私はオマ○コにちんぽを突き刺しました。でも悲しいことに使われた後のオマ○コ・・・ユルユルなのです。
妻の巨尻をつかみ 悔しさを噛みしめながらバックで夢中で腰を振りました。そのとき妻は私を制止し、ソファーにあおむけにさせたと思うと、自らまたがってきました。そして上からちんぽを入れてくれました。腰を上下に振り、アソコに奥に奥に飲み込ませた後、クリトリスがこすれるように陰唇を指で拡げて ちんぽの根元に勃起したクリをあてがうと グリグリと押し付けてきたのです。
妻はいつのまにか この店で自分の好みの体位を見つけ、あらゆる男のちんぽをいかせる淫乱女になっていました。
ユルユルだったオマ○コが急にキュウッと締まりだします。ちんぽの根元にクリが圧迫されるたびにアソコがドロドロと液をあふれ出し オマ○コの奥がちんぽを吐き出そうとするかのように締まるのです。徐々に妻が痙攣し始めました。昔のセックスとは全然違います。あまりの気持ちよさに妻が逝く前に 私はあっという間に逝かされてしまいました。
妻はちんぽをきれいに拭いてくれ、自分のあそこから出てくる精子を処理しながら一言  「ごめんね・・・」
すっきりしたからでしょうか・・・私は普段の会話ができるようになりました。
私「こんなに上手だとは知らなかった  ここで会って付き合ってる奴はいるのか?」
妻「怒らない?」 私「あぁ・・」  妻「うん」
妻はここに来始めのころは、いちゃいちゃしたり多少触られても、話だけで一線を越えることはなかったそうです。ただ ちやほやされる行為を楽しんでた頃、ある男に出会ったのです。
妻「私もあなた以外のちんぽを見たことはあったけど、彼のは今までに出会ったことのないものだった・・・先っぽが大きくて三角の形をしてて平べったいの・・・・・ボツボツしててハブみたいな毒蛇の頭みたいでおちんちんとは違うような・・・・そんなおちんちんが ビクンビクン動くのをみて なんかおかしくなってしまったの・・・」
その男に出会ったことで いつしか妻は普段見ることのできないちんぽに急に興味を持ち始め、以来ちんぽに何十本も出会いたい衝動をこの店で充足する淫乱女となってしまったのでした。
今もその男とは、平日の昼間に呼ばれたり 深夜にも近くまで来て私の知らぬ間に大きな公園の駐車場でカーセックスを強要されたりしているのだそうです。妻を呼び公園でやられているのは露出も楽しんでいるのでしょう。
妻「でももう会わないようにする・・・許してくれる?」  私「約束できるか?」
私たちは我が家に帰り、妻の寝顔を見ています。
妻がこれからどうなっていくのか分かりません。でもあの時の男と楽しんでる妻の体、奉仕してる姿は同時に私にたまらない興奮と最高の自慰行為を教えてくれました。いろんなちんぽを見て興奮する妻 乳首をビンビンにした巨乳を揺らしながら誘いをかける妻
スカートの奥にピチピチのTバックパンティを仕込み、巨尻を揺らしながら男のやらしい手や舌を待ちこがれる妻の顔は恥らいながらも男をHな行為に誘う最高にいやらしい淫乱女でした。
この姿をまだ見ていたい気持ちもあるのです。私に他の男との行為を見せてくれるならば・・・
今後の妻の気持ちは・・・・

妻を誘ってみようかと・・・

以前からSWや3Pに興味があり、いつ妻を誘ってみようかと迷っていました。

そしてとうとう勇気を出して妻にSWサイトを見せて反応を見ました。

妻は私以上に興奮して興味を持ちました。
妻は26歳で小柄ですがけっこうクラマーでおとなしく可愛いタイプです。

「もし、俺意外とプレイすることになったらどんな男がいい?」と
聞くと以外にも妻は40歳から50歳くらいのおじさんがいいと答えました。

どうしてと聞くと脂ぎったおじさんに迫られてイヤイヤと嫌がりながらも
体中を舐められてだんだん自分がその気にさせられて、
嫌いなタイプの男なのに体が男を求めて入れられてしまい最後は中に出されてしまう。
そうして嫌いなはずの男が好きになってしまうような妄想を
今までに何度もしたことがあると告白されました。私は興奮しました。
4ヶ月かかってそういうタイプの男を見つけました。
というよりもすごく身近にいたんです。アパートの隣に住んでいる一人暮らしの52歳の男性でした。
私が仕事で留守の間に妻は何度か隣の家に呼ばれて世間話をしたりしていたのでした。
専業主婦で暇をもてあましている妻は時々そのおじさんの家に行って、
いやらしい話をしたりエロビデオをみたりしていたのでした。

私はそれを聞いてかなりムッとしましたが、
模様替えと口実をつけてベットを隣の部屋と隣り合わせの部屋に移し、
妻とのセックスの声が隣に聞こえるようにしました。
アノ時の声がすごく大きい妻のあえぎは必ず隣のおじさんに聞こえると思いました。
私はこれから妻がその男に抱かれるかもしれないと思ったら毎晩のように妻を抱き、妻が狂ったようにむせび泣くまでやり狂いました。

やがてチャンスはやってきました。
近くの温泉センターでその男と出会ったのです。
サウナの中で男と話をしていると男はしきりに私のペニスを見ていました。
「一人暮らしは気ままでいいですね、けっこう遊んだりしているんでしょ?」と
話をその方向に持っていくと男は「いやいや結構不自由していますよ、
お宅は奥さんが美人だしいいですねぇー毎晩激しい声が聞こえてきて
一人暮らしには毒ですよ」
と言いはじめました。「やっぱり聞いていた」私はぞくっとしました。

「今晩、家に帰ってから一杯飲みませんか?」
「いいですねぇ」
「うちは1歳の子供が寝ているからお宅に料理を持って行ってやりましょうよ
隣なら子供が目が覚めても大丈夫だし」
そういう話になって意気投合しました。
「でも、奥さんに迷惑じゃないですか?」
「そんなこと無いですよ、うちの女房が時々遊びに行っているんでしょ?
いつも面白い話をしてくれて優しいから好みのタイプだと言ってましたよ。
なんならうちの女房を口説いてみますか?ハハハ」

というと、一瞬男はまじめな顔でゴクリとつばを飲み込みました。
けっこう脈ありでした。

「いやね、最近インターネットでSWや3Pのページを見たりしているんですけど
あれってぞくぞくしますよね。自分の妻が他の男に抱かれて、
精子を中に出されるなんて考えたら嫉妬と興奮で眠れなくなる時があるんですよ」

二人きりのサウナの中で二人とも暑さを我慢しながら興奮してきました。
私は今晩目の前にいる男のペニスが妻の中に入り、
そのペニスで悶えあえぐ妻の中にその先から
白い精液がドクドクと注がれるかもしれないとおもたら、
勃起してきました。

「すいません、想像したら立ってきてしまいました。
別に男にその毛があるわけじゃないからご心配なくアハハハ」

そういうと、男が

「私も妻がなくなる前に二、三度スワッピングクラブに行った事がありますよ。
もう十年位前の話ですが。あれは興奮しますよね。
でもね、いつも妻はすんなりと他の男に抱かれるんですけど
私は妻のほうが気になって
入れるには入れるんですけどイケないんです。
聞いたらそういう男って多いみたいです。」

そんなことをしゃべる男のペニスもかなり大きくなっていました。
私とは太さも雁首の張り具合も違っていました。
私はピンクで長くきれいな感じですが、男のものはずんぐりと黒く太く
雁首がものすごく張り出していました。
この雁首で中をかき回されたら妻は泣きながら悶えのけぞるんだろうな
などと考えると興奮が収まらず、ピンと立ったペニスを隠そうともせずに
サウナを出て水風呂に飛び込みました。

風呂から出てさっそく妻に約束したことを報告しました。
妻は複雑な顔をしていました。
家に帰り妻は料理を作り、私は隣の家にお邪魔してお酒を飲み始めていました。
やがて妻が料理を持って来ました。
風呂上りの妻の真っ白い肌はピンクに染まり、胸の開いたパジャマを着て
少しぴったり目のパジャマのお尻にはくっきりとパンティーの線が
浮き出ていて、股間の盛り上がりが私さえも興奮させるような格好でした。
料理をテーブルに並べるたびに身体を曲げるので胸の隙間から
おっぱいの谷間が丸見えで、男はじっとそれを見ていました。

妻はその夜、私が実行に移すことを察していたのか、いないのか
新品の下着を身に着けていました。
しばらく料理と酒と会話を楽しみました。
しかし、私の頭の中はどうやって二人をセックスに結びつけるか
そればかりを考えていました。
しばらくして子供が目を覚まして泣き出しました。
妻が行こうとしたので

「いいよいいよ、俺が行ってくるから。
寝かしつけて俺も寝てしまったら二人で楽しんでいてもいいから」

そう言って部屋に戻りました。
子供はすぐにまた眠りました。
私はベットの部屋に行って壁に耳をつけて二人の会話を聞いていました。
最初は普通の世間話でしたが、妻が

「私が木村さんの家に時々来ているって話したから、あの人怒って
失礼なこと言ったんじゃない?」

「そんなこと無いよ、いい旦那さんだね人が良さそうで好感が持てるよ」

「そう、私木村さんとエッチなビデオ見たりしてるって言ってしまったから
ここに来るって言い出したとき、お酒を飲んでその話になって
喧嘩するんじゃないかと思ってヒヤヒヤしていたのよ」

「大丈夫だよ、それより旦那さんって立派なモノを持っているだね」

「えっ、あそうかお風呂だから見えるわね」

「サウナの中で色々と話していたら二人ともあそこが立ってきて、
びっくりしたよ。あのチンポで毎晩やられたら美保子ちゃんも
大声であえぐはずだよね」

「やだぁー聞いてたのぉー恥ずかしい。それよりお風呂の中で男同士で
話をしてどうしてあそこが立つの?」

「旦那さんが、今晩美保子ちゃんを口説いてみないかって言うんだよ」

「まぁーあの人、またそんな事言って」

「美保子ちゃんがわしのちんぽを入れられて悶えるところを想像したら
立ってきたって...ちんぽがへそにつきそうなくらい立ってたよ」

「最近あの人、私を他の人に抱かせてみたいって言うのよ。」

「美保子ちゃんはどうなんだい?」

「私も興味があるから、それいいわねって言ったわ。
私ね、ファザコンの気があるのかしら
木村さんみたいにずっと年上の人にされて見たいって
言ったの。あっ...それであの人私をここに置き去りにしたのかな」

「そうだと思うよ。だとしたらどうするこんなおじさんとしてみるかい」

「あははは、してみるかって面と向かって言われたら返事に困るわよ。
じゃあ、私今晩、きむらさんにやられちゃうんだ...どうしよう」

「布団出そうか...いいかい」

「・・・・」声が聞こえないということは妻はうなづいたようでした。

すぐに襖を開ける音がしてバサッバサッと布団を出す音がしました。

「私、ちょっとだけ様子を見てくる」

妻が部屋に戻ってきました。
私はベットで寝ているふりをしました。

「ちょっと、あなた、起きているんでしょ、寝た振りしてるんでしょ、
いいの?私やられちゃうわよ。」

と妻が私に言いました。

「後で行くから鍵は開けておいてくれよ」

それだけ私は言いました。
妻は、寝室でブラジャーをはずして、また向こうに戻っていきました。

「おやっ、ブラはずしてきたんだね。乳首がぷっくり出てセクシーだよ」

「私、乳首が大きめでしょ子供生んだら黒くて大きくなったら」

「いいんだよ、それが普通なんだからコリコリしてやろう」

「あっ、いやぁーん...ああ」

「もう、立ってしまってるよ、ほら」

「うあーいきなりおちんちん出すの、エローい」

「今から美保子ちゃんはこのちんぽでアンアン悶えてこの先の穴から
わしの精液をいっぱい中に出されるんだよ」

「えっ、やっぱり中に出しちゃうの?なんだか変な気分」

「安全日かい?まずようなら外に出してもいいよ」

「大丈夫だと思う、そろそろ生理前だから。それより途中で始まったら
ごめんなさいね」

しばらくの間二人の声は聞こえなくなりました。
かわりに「はあーん」「あああ」という妻の声と
「可愛いなあ、いつかこうなれたらいいとずっと思っていたよ
でも、こんな禿げたおじさんでいいのか、
おおおっ美保子ちゃんちんぽの触り方が上手いな、舐めてくれないか」

そんな声が聞こえてきました。
私はそばで見てみたい気持ちをぐっと抑えて想像力を膨らませることにしました。
妻が入れられるまで約一時間くらいかかったでしょうか、

「お願い、もうして、入れて、おちんちん」

こんな声を数十回聞きました。
私のペニスは透明な液体がどんどん溢れてきてパンツがべとべとに濡れていました。

「そろそろ、一つになろうか」
「うん、早く、早くもう変になりそう」

一分ほどシーンと静まり返ったと思ったら

「はぁぁーーん、いい、きもちいいーー」

妻のとびっきり大きな声と共に待ち望んでいた世界が始まりました。
声にならない声と甘くむせび泣くような妻の声が隣の部屋から
聞こえるのです。
いつもは私の目の前で白い太股を広げて真っ白い肌の中心に黒いヘアーを
見せて、甘えた顔を私を見たり、のけぞって白目をむいたりしている
妻が目の前ではなく隣の部屋で、サウナで見たあのペニスを入れられて
悶えているのです。

「はうっはうっ...ひっかかるのがすごいぃー...
こりこりってして...そうそうあああっ...すごいすごいきもちいいーー」

まるで襖一枚向こうのように大きな声が聞こえてきます。
しばらく続いた妻の大きな声が少し緩やかになってきました。
疲れたのかつながったままで休憩している様子でした。

「美保子ちゃんの穴は小さいから雁首がよくひっかかって気持ちいいよ
ヘアーも少なめでいやらしいヘアーをしているなぁー」

「あん、あんっ...もっと突いて、木村さんのおちんちんのでっぱり
すごい、なんだかあそこの中を引っ張り出されるみたい。
ああああっそうそうそこがいいの」

「旦那以外のちんぽの味はどうだ?隣で聞いているのかな?
きっと旦那は嫉妬でぴんぴんにちんぽ立たせて今頃たまらない気分だよ」

「とうとう、あの人以外のおちんちんでエッチしちゃった、すごい興奮ね、
今からまたズンズンされて木村さんのを出されるんでしょ、
頭の中がエロエロでいっぱいになってる...ねぇーもっとしていっぱいして」

「よーしとりあえず一回出すかな」

「あぁぁーーーーっ、いいわーすごいすごい、ああー私出されるの?
とうとう出されるの...エロいエロい...木村さんのおちんちんから出される...あああ」

私はとうとうたまらなくなってこっそり部屋を出てそーっと隣の部屋に入りました。
部屋に入ると先ほどとは違った音質の妻のあえぎ声が響き渡っていました。
そしてクチュックチュッといういやらしい音も聞こえてきました。

「ああっそろそろ....いく...いきそう...」

襖を少し開けると明かりをつけたままの部屋の真ん中に布団が敷いてあり
その上にはぱっくりと開いた妻の両股とその間で
カクカクと腰を振っている男の尻が見えました。
二人はしっかりと抱き合い、妻の顔が男の肩の上に見えていました。
妻は男の背中にしっかりと手を巻いてしがみつき、男の肩を噛みながら

「あああっいくぅーっいくーっ、もうだめ...あああいくいく」

と叫んでいました。

「くうっくふぅぅーーっああっ」

男が力強く妻の股に腰を打ちつけ始めました。
男の先から妻の中に大量の精液が注がれている瞬間です。
私は夢中でペニスをしごきました。射精しそうになると我慢し
おさまるとまたしごきました。

妻が私に気づきました。
しかし、私を無視するかのように男の唇を吸いながら
腰をくねくねとくねらせながら余韻を楽しんでいるようでした。

「気持ちよかったかい?」
「うん、死ぬかと思った。最初にじらされたからなんだか十回分エッチした気分」

私は嫉妬でどうにかなりそうでした。
そして部屋に入っていきました。
男はびっくりして起き上がりました。
妻の中から出てきたペニスの先から妻のあそこに糸がつながっていました。
男のペニスの先には白い精液とペニスのさおの周りは妻の愛液がべっとりと
ついていやらしい光を放っていました。

「あっ、出てきた。ティッシュ取って」

私はそばにあったティッシュの箱を妻に渡しました。
シュッシュッシュッと三枚抜くと妻はそれを股間にあてがいました。

「ごめんね、へいちゃん。すごく感じちゃった。愛してるからね」

「いやぁー最高の奥さんだね。まだチンポの先が余韻で穴の中にいるみたいだよ。
ありがとうというのがイイのかなアハハハ」

「へいちゃん、出したいんでしょ?お口で抜いてあげようか?それとも
ここでエッチするの?あっちでする?」

「三人でしてみようか」と私は言いました。
「もう少し回復するまで待ってよ、さすがに歳には勝てないよ」

男がそういうので、

「ここに泊まっていいですか?布団もう一枚あります?」

男は布団を出してくれました。
そして妻は私のペニスを咥えてくれてぺろぺろと舐めてくれました。

「木村さんのも舐めたのかい?」
「うん、木村さんのってエラすごいのよ、あごがはずれそうなくらい
張っていてね、中でコリコリされたらもうどうにでもしてって感じで
気持ちイイのよ」

その言葉に嫉妬した私は妻の身体にむしゃぶりつきました。
そしてしばらく妻の身体を舐めまわしました。
「へいちゃん、入れておちんちん入れて」

という妻の言葉で私は妻の中に入りました。
妻の中は男の精液でトロトロに濡れていました。
いつもの愛液だけの濡れ具合と違い、すべりがよく
にゅるんにゅるんとしていました。

私のペニスはエラが少ないので、先ほど妻がコリコリしてとあえいでいた
ものすごい声は聞こえませんでした。それが悔しくて奥のほうまで
ずんずんと突き上げると

「奥にあたるぅぅーへいちゃん...へいちゃんのは奥がいい」

そう言ってくれました。
そのうちに男が妻の口にペニスを入れてきました。
そうして私が妻に発射し、次に男が妻に挿入し、目の前で犯される
妻をはじめて見ることができました。すざましい光景でした。
男が二回目の精液を妻に注ぎ込むころには私のペニスは再び上を向いていました。

さすがに妻はへとへとになった見たいで
「あそこがひりひりしてきた、今度は手でしてもいいかな」

そう言って最後の一回を手で抜いてもらいました。
朝目が覚めると10時を過ぎていました。
ふと、隣を見ると妻が見えません、あれっと思って隣の布団を見ると
男の股の間に妻がもぐりこんでいました。

「ああ、起きちゃった?朝立ちがおさまらないから抜いてもらおうと
思って...」

布団をめくると妻が男のペニスを咥えていました。
そして朝から男の精液を口で受け止める妻を見せられて
私は遅刻の電話を会社に入れて急いで出勤しました。
全裸の妻と男を布団に残したまま自分ひとり出勤するのはたまらない気分でした。

夕方4時ごろ気になって仕事の合間に妻に電話をかけましたが誰も出ませんでした。
大家さんに電話番号を聞いて木村さんの家に電話をかけるとまだ妻は
いました。

「子供はどうした?」と聞くと
「あははは、実家にあずけちゃった」
「えーっ、それでまだそこにいるのか?」
「うん...怒ってるの?」
「そりゃそうさ、いいかげんにしろよ。それで?」
「何?」
「あれからまたしたのか?」
「うん...ごめんなさい」
「何回したんだ?」
「うーん...待って家からかけなおすから、着替えるから五分待ってね」

10分ほどしてから妻から電話がかかりました。

「五分って言ったじゃないか!」
「だって、裸だったから...」
「お前、それじゃ浮気と同じじゃないか」
「ごめんなさい」
「いいよ。帰ってから話そう」

そう言って電話を切りました。
家に戻り妻に聞くと一日中男と裸で過ごしていたようでした。
私は妻をお仕置きしてやろうとバイブを取り出そうとしました。

「バイブは?」
「....」
「どうしたんだ?」
「あっちにもってった」
「お前、そんなものまで持ち出して...」
「だって、一度SMぽいのしたくて」
「したのか?」
「うん」
「どうやって?」
「縛られてバイブ入れられて...そのまま出て行って」
「バイブ入れられたまま木村さんいなくなったのか?」
「うん、一時間くらい...私何回も死にそうになっちゃった」
「そんなに良かったのか?」
「私、その後木村さんのおちんちん入れられて初めて失神しちゃった」

これから私は昼間仕事に出ると妻と男は二人きりでいつでも逢えることになります。
妻はそれを楽しみにしているに違いありません。
とんでもないことをしてしまったのか、それとも新しい世界に踏み込んだのか...

スワッピングパーティーでご懐妊・・・・

参加しているスワッピングパーティに、ある日突然義妹が友人に連れられて参加してきた。
彼女は驚いていたが、妻はもっと驚いていたようだ。
妻は3人姉妹の長女、義妹は三女であり十歳も年下。結婚して1年ちょっとしか経っていないのに旦那に内緒でスワップに参加する大胆さ。流石は中学から援交していた根っからのサセ子である。もっとも、先にフライングでスワップ参加し、後から私の参加をを切り出した妻も結構なサセ子で、二女も色気ムンムン。血の様である。
一同が介するリビングに渋々と引っ張ぱられて来て、新人紹介で晒された義妹の裸体をを見て2度びっくり。なんと無毛の恥丘にはMAZO、オッパイには?bU9、さらに友人が恥ずかしがる義妹を寝かしてM字開脚させるとラビア両側に淫乱とタトゥが入っている。
ニップルとラビアにチェーンとあしらったピアスが下がり、やはり?bU9と入ったネックレスを付けている。デザインからして耳も胸もラビアも全部セットのようで、石もエメラルドだろうか緑の石で統一されている。
この日義妹は新人歓迎として当日居た男性、私を含む10数人からほとばしる歓迎を受けて悶えまくった。
4時間ほど弄ばれ、姉である妻と少し話したのち、嬉々として友人と共に帰っていった。
帰途の車中で、妻は私が知らない義妹の高校時代にあったいきさつを話し出した。
義妹のを連れてきた友人、実は妻のモト彼のようだ。
義妹が高校2年の夏休み、いつものように外泊を繰り返す奔放な毎日を送っていた。妻いわく、三女の義妹は三姉妹の中でも飛びぬけてセックス好きのサセ子で、中学早々には破瓜を済ませセフレも常に何人かいたようである。
もっとも、娘たちの性に関しては両親ともに無頓着で、3姉妹とも同じようなものだったようだ。
そんな夏休みに、義妹が1週間ほど帰宅しなかったそうだ。1~2日帰らないのは普通でもちょっと今回は長過ぎないかと家族で話していたところでひょっこり帰ってきた。
特に変わった様子もなくあっけらかんとしていたので気にも留めなかったそうであるが、あとで考えるとその日を境に風呂上りに裸でうろつかなくなり、脱衣所でしっかり着替えるようになったようである。
年が変わり正月に珍しく一同が揃い、楽しく正月を過ごしておとそ気分で迎えた夜。妻が風呂に入ろうと脱衣場のドアをあけると丁度ほろ酔い気分の三女があがったところで、乳首から下がるチェーンと股の黒い文字らしきものを見つけ驚いて凝視すると、三女もはっと我に我に返りバスタオルで隠しながらニヤっと笑ったそうな。
見せて見せて、とせがむと“イイでしょう”とバスタオルを払った胸には、、、綺麗な造作のニップルピアスに??69の刻印をあしらったネックレス、何より目を引いたのが右オッパイの??69と下腹部のMAZOの刺青であった。耳のピアスと統一されたデザインで、緑に輝く石が控えめに存在感を引き立てて、特注品のようである。“エメラルドだよ”とパジャマを着ながら答える三女に、何と聞いていいやら惑う妻。
“お姉ちゃんにだけ後で話すよ”と微笑みながら2階に上がっていった妹を、たまらず風呂そっちのけで追って行ったそうである。
“私、ある人たちに囲われていて、そのリストの69番目っていうことなの。“
と言って裸になった裸体を凝視すると、股下にも何か下がっている。
“ここにもあるのよ“とソファに腰掛けて開いた両足の付け根、性器の両脇には淫乱の2文字が。。。
ラビアには4穴が穿たれ、前側にはオッパイと同じデザインのピアスが下がっている。後ろ側は膣口の位置で穴の空いたプラグをねじ込まれ、その穴には膣穴を塞ぐ柔らかな素材の荒いネットが。貞操帯で完全に私生活を調教されているようである。
“オッパイに?bェあるのは私で7人目“とちょっと誇らしげである。
“夏に一週間外泊したでしょ、あの時なのよ。“とその時のことを語り始めた。
気前の良い援交相手から泊まりの誘いがあり、いつもと違う車に乗せられついて行くと複数の恐持て男性をあてがわれ、夜遅くまで休みなく抱かれ縛られ失神するまでイカされ続けた。
いつの間にか全裸で眠っていて、起き上がると4つのベッドがあり女性が寝ている。下半身に違和感を覚えてまさぐるとアヌスにプラグが刺さっている。おっぱいや下腹部には見慣れない文字やチェーンがある。びっくりして声を上げると他の女性が目を覚まし起き出した。
他の女性もみんな全裸で、義妹の近くに集まってきた。みんな下腹部はつるつるで、?bT5とか61とかの文字がある。
“69番目の新人さんね”
“わあ羨ましい、オッパイにマーク付き!”
“5月生まれでしょう”
“監禁は最初だけよ、びっくりしたでしょ”
目が覚めたばかりの義妹には何がなんだか分からないながらも、同じ援交の仲間ってことはすぐわかり、ホッとしたところでノック音がして援交の相手が数人の男とやってきた。
他の女性たちは男に連れられて出て行った。
援交相手は優しく、しかし強い口調で説明した。
1. 今回は一週間ここで調教を受けること。
2. 援交は月に数回、出来る限り受けること。
3. アクセサリーは取らないこと(切らないと取れない)
4. 相手の男性と直接のやり取りはしないこと。
5. 一切の男性関係を持たないこと。
6. ここの援交は20歳の誕生日まで。それ以降は自由。
義妹のマゾ性癖を見透かし、刺青や陵辱調教を進んで受け入れると判断のもと、睡眠薬で眠らされ刺青とピアスを打たれたのである。ピアスもネックレスも継ぎ目がなく外せない。石は本人の誕生石ということは、事前に準備されたのだろう。10歳台女性のみ縁交を斡旋する仕組みのようで、顧客は金持ちばかりだろう事は想像に難くない。
女性は趣向別に分けられているようで、美女系というより背が低く童顔の義妹はハードSMには似合わないと判断され、刺青ピアスにアヌス性交までの愛玩中出し人形として調教を受けたようだ。
三姉妹とも(次女のは見てないが)恥毛腋毛は全くなく、うぶ毛があるだけ。
本来の調教なら恥毛の永久脱毛の後でMAZOの刻印の筈が、一晩で全部済んでしまった事や調教をあっけないほど素直に受け入れたため、調教担当の評価は頗る良かったらしい。
ルックスの良さや輪姦中出しなど、性奴として見込まれた女性だけが肌に消えない刻印を刻まれて囲い者になり、その中でも人気の出そうな女の子にはオッパイ?bェ入るらしい。
支払いは他の子の3倍!。
他に小中学校の女生徒が登録しているローティーン組もあり、同様に縁交を斡旋されているとのこと。ローティーンと言えど調教は容赦なく行われるが、流石にラビア2箇所のピアスと下腹部の剃毛および赤文字アルファベットの刺青になるそうである。アヌスはしっかり拡張され、睡眠薬で眠らせて消せない処置をされるのもおなじということである。
刻印は選ばれた証であるとと共に有無言わせず服従を納得させる手段でもあるようだ。
因みに、高校入学年齢になるとMAZOと淫乱・?bェ追加刺青され、ピアスも追加される。
20歳を超えると退会が許されるが、辞めるのは3割以下とのこと。ナンバーの後に星が入るのと、好きなピアスや刺青が無料で施してもらえる。結婚してなお登録され呼び出しをうける人妻も多いそうだ。
監禁2日目の朝、他の女の子を同室させるのは安心させるためと、今後も楽しく安全な援交が約束されていることを納得させるためらしい。特にローティーンの説得には有効のようである。
事実、義妹はそれ以降の新人監禁には安心説得役の1人として何回か泊まったそうな。
ただただ驚嘆である。普通、これだけ服従の証を刻まれれば多少なりとも反発はあろうに。
が、当時妻は義妹を見て正直羨ましく思ったそうな。既に27歳だった妻は妹から入会を誘われ、一時は奴隷契約に憧れはしたが妹ほど思い切れないず(義妹も強制執行だが)あと一歩の勇気が出なかったそうである。
そのため、私との婚約が決まったとき、消えない証を刻んで欲しいと刺青や局所ピアスをせがまれ、恥丘にビーナスを掘り込み局所に同様のピアスを施した程である。
似たもの姉妹とはよくいったものである。
義妹への指名は、事のほか多かったとのこと。
女子高生然としたいでたちに、医者や大学教授あたりに人気があったようである。
しかし義妹は1対1では淡白なセックスが多く欲求不満らしく、件のお世話係に乱交輪姦の斡旋を願い出ていたらしい。
ローティーンに混ざって、とあるホテルで行われた秘密のパーティにコンパニオンとして参加したこともあり、絶対名前が出せないような著名人にも出会ったそうである。
数人は会場で剥かれ、余興で処女オークションまで企画されたとのこと。
当然パーティ終了後は、全員各部屋へお持ち帰りである。
破格の報酬を貰っていた筈であるが、特に高級品を着飾ったりせず公私ともにセックス以外は女子高校生らしい清楚?な振る舞いだったとのこと。程々に裕福な家庭だったのでさほど物欲に走らず、持ち物も地味であった。
それはスワッピングに来た今も同じで、女子高生かと見間違うようないでたちだった。
しかし結局、義妹の趣味と実益を兼ねた縁交は星がつく前に終わってしまった。
?bW0人目ほどの女性が訴え出た事がカギになり、デートクラブ?は摘発されトカゲのしっぽ切りで黒幕はつかずじまい。
押収名簿から義妹は警察の事情聴取を受け、刻まれた調教から一応被害者扱いとなり、保護者として妻が一緒に行ったそうである。
施されたピアス切除や刺青消去を薦められたが本人は大変気に入っており、旦那も当然了解なのか今もってそのままであった。
因みに、親はこのことを知らないそうな!!
そんな昔話を聞きながら渋滞した高速でハンドルを握り、昼間味わった義妹の余韻に浸っていた。
次のスワッピングパーティが楽しみだ。
と、自分勝手な妄想に取りつかれていた翌週末、友人に連れられて義妹が相談にやってきた。
相談の内容もぶっ飛んでいた。
“スワッピング仲間で義妹を中出し輪姦して妊娠させよう。”
聞けば義妹の旦那の血液はB型。確かに登録夫婦のうち男性の22人中16人がB型である。
しかし、スワップの前提はゴム付きセックスであり、生厳禁なのは友人も良く知っていることである。
訳を聴くと、義妹の旦那が原因らしい。
義妹とは援交を通じて知り合い、一旦は別れていたが件の援交事件以降、落ち着いた家庭と子供が欲しくなり、よりを戻して結婚したらしい。
ところが、排卵日を狙っても産婦人科で受精卵着床を助ける薬を使っても一向に妊娠しないので朝方にセックスを求めて精液を採取し産婦人科で検査すると、、、精子の数が圧倒的に足りず、妊娠の可能性は数パーセントととの結果に愕然としたそうな。
夫婦仲は円満で、別れる気は毛頭無いが子供は欲しいので種付けをしてくれということだ。
相談を受けた友人も災難だが、妻のみならず妹まで手に掛けていたバチである。妻の妹と知っていて手を出し、結婚後もセフレとしてスワッピングに連れてきたのである。
せがまれた友人も自分の種付けで妊娠させるのは荷が重すぎるので断ったらしいが、義妹本人がそれなら誰の子か分からず孕めるスワップ種付けを望んでいる。
ここで断られたら、適当なかつてのセフレ数人と作るだけ、と本人は完全に割り切っている。
乱交好きサセ子の開き直りは恐ろしい。
かわいい女の子の胎内に中出し孕ませOK+後の責任一切不要なら、考えてみればうまい話ではないか!。ただし1対1の種付けでは、孕んだあとで特別な感情が入りそうだ。
幸い、義妹の素性は友人が連れてきた子としてしか皆に明かしていない。
責任無し種付け慈善活動をスワップ仲間に頼み込んだ結局、B型夫のカップルのうち13組が匿名を条件に快諾。
こうなれば日程を合わせて種付け実行である。
肝心の進行であるが、13人のセックスを1人ずつ始めからやったら何時間掛かるか分かったもんじゃない。色々相談したところ、女性会員からの天使のような進言をもらった。
各カップル同士セックスをして、出せるところまで達したら急ぎ体を離して義妹の膣口と合体して中出しするという、逆当て馬方式である。
当然、各女性は中途半端で放される屈辱に晒されるが、10数人の中出し輪姦に対する興味の方が遥かに強いようである。義妹はごく短時間で打ち込まれるだけはでセックスを堪能できないとわがままを言っていたが、全員出したあと心ゆくまで何発でも友人が責任を取ることで落ち着いた。
さてさて、やってきた排卵日当日。丁度土曜日である。
忙しく休日出勤する旦那を送り出すと、早くから友人と我が家にやってきた。
一応、早朝に旦那に種付けをして貰ってきた様子。旦那の子である証拠作りにも余念が無い。
着床を良くする薬も飲んだそうな。
希望者は複数回セックス可能としたが、帰宅時間の関係で10時から15時までが種付け時間と取り決めた。会場の友人別荘に9時についてみると、既に7割が裸でウオーミングアップ中。義妹には出発時に目隠しをしてある。会場や参加者を覚えられない為である。
1回目に顔を晒したのが悔やまれるが、同じ人間である証拠はない。
会場に入ると、暖気運転十二分の1番バッターがポジションに着き、副も脱がずにベッドに押し倒し種付けを開始した。
本来、セックスは生殖という子孫繁栄のためのはず。本文を全うするだけという義務感?を下半身に集中した全男性の関心を一手に集めている。
女性陣の目が痛い。
数分で1発目が胎内へと打ち込まれる。子宮に精液がしみわたるように2分間は体を離さないルールが突如出来る。精液がこぼれないよう枕を腰下に引く。それでも溢れ出る精液をエロ本よろしくグラスで受け、溜め込んで最後に流し込む準備に、と万事余念は無い。
1回目が終わったところで義妹は手早く全裸に剥かれ、右手足・左手足同士が拘束具で繋がれる。
イク瞬間に手で目隠しをずらしてし埋葬になったため、急遽とった対策なのだが拘束された姿は視覚的にも強制種付け強姦然していい雰囲気である。
結局、13人が一周するのに、結局3時間近くを費やした。
短時間づつとはいえ13本連続で殆ど咥えっぱなし。少しタイミングをはぐらかされながらもイカされること数回。
到着時から我慢していたおしっこをイッた直後に漏らす場面も。
もっとも、おもらしを画策して車中でお茶やコーヒーをたくさん飲ませ、着くなりトイレをせがむ義妹を無理矢理会場へ押し込んだのだが。のどが渇いたというので追加でビールも飲ませたし。
2回目を待ちわびる希望者が何人も発射準備OKで待っている。代わる代わる被さって、次々に精液を奥深く放ってゆく。排卵日を迎えて、精子がよりどりみどり。卵も幸せ者である。
最後に友人が奥深くに放った時には19発目を数えていた。
そして最後の仕上げ。
コップに2センチ近く溜った精液を膣に返し、極太張型で押し込むのは旦那を寝取られた恨み心頭の女性陣の役目。
腰を上げさせ膣口にコップの精液を注ぎ込み、男性4人掛かりで義妹を押さえて女性が楽しそうに一人づつ極太張型を膣口にあてがい両手で一気に押し込む。痛みからか快感か、義妹は泣き叫び、腰を揺するが4人がかりで押さえられては抗う術はない。そんな姿を楽しそうに眺めながら女性は交替し律動は激しさを増す。中には押し込んで更に体重を掛けてねじ込み廻す念の入った女性も出て大ウケ。
妻は血縁者ということで遠慮のかけらもなく、更に太い張型をねじ込む。その目には中出し輪姦を羨む羨望と嫉妬が浮かび、こね回しに嗚咽が上がるたびにテンションは高まっていった。
最後は膣口に極太栓をされ、種付け終了である。
ラビアは小さな南京錠で閉じられ、更に上から頑丈な貞操帯を掛けられた。
おしっこが抜ける様、穴が開いて。粗相しないようアヌスプラグまで付いている。鍵は当然渡さない。女性から用意された、心のこもったプレゼントである!?。
副無し帰宅を命ぜられ恥ずかしがる義妹に、加えて帰途で2回以上の公衆トイレ使用との食事、買い物指示が架せられた。意外にも白いスケスケブラとガータストッキングも与えられた、優しさからではなく、合法的にトイレやレストラン、買い物に寄る試練を架すためのものである。最小限は隠しているので法的問題はないが、スケブラとガータ・貞操帯は全裸よりイロっぽい。両手は使えないので、トイレは貞操帯をつけたままお漏らし、当然拭えないので滴ったまま。食事は友人に食べさせて貰わなければならない。
そんな指示をあたえられながら足の枷は外され、ブラやガータを穿かされ両手は貞操帯脇につながれて。。と準備は進み出発の時は近づいてくる。
とりあえず移動することは出来るが、目は見えないし手も使えない。友人のクルマの助手席に手拘束半裸のまま押し込まれる義妹。おもらし促進のため次々と飲まされたビールが今だ効いておりトイレ我慢、服もなく隠すことも許されない強制露出。の楽しい帰途である。
大きなおしっこシートが敷いてある事も知らず、苦しみぬくであろうか?
目隠しはトイレか食事に行くときまで、両手は買い物まで外してもらえない。
義妹の携帯に旦那から帰宅は10時を過ぎるとの電話があった。誠に好都合である。
友人は帰途のコース案を女性たちと楽しそうに練っている。
待っている間に、義妹は妻からお茶を大きなマグカップ一杯を飲まされた。更にドア横にストロー付きの缶コーヒーを差し入れられる。
“飲みきるまではトイレに行かしちゃ駄目よ。当然無人の所や物陰も駄目!”
“これ、予備のお茶。トイレのあとに揉ませてあげてね!”
“クルマで粗相したり、わがまま言ったらどこかの駅に降ろしちゃいなさいよ”
“3万円渡すから、食事か買い物で使い切るまで帰しちゃ駄目よ”
当初は普通に帰すはずが、女性たちのアドバイスで帰途も楽しんでもらう事になったのだ。
逆当て馬役を女性陣が買って出たのも道理である。
義妹はマンション入り口で1人降ろされる。タイミングよく誰かに見つかってしまう。無事部屋に着いて貞操帯が運良く外せても、、、切断困難なラビアロックが義妹に与えるのは絶望か羞恥か、はたまた随喜の涙か。
結局、トイレと食事はこなしたが躊躇して時間を掛け過ぎ、帰宅時間となってしまった。
10時前に約束通り両手拘束のままマンション前に降ろされてしまった。
新築で入居者が3割ということもあり、誰と会うこともなく何とか部屋にたどり着き、不自由な手つきで玄関を開けて滑り入った。万一旦那が帰宅していたら則アウトである。
ここまでは、友人が外から確認している。
義妹は苦心ししながらも両手を外すまでは出来たが、予想通りウエストで締められた貞操帯は女1人では外せなかった。一時は旦那に輪姦種付けがバレる覚悟を本気で決めたらしいが、旦那は深夜に酩酊帰宅という幸運に救われてしまった。残念。
翌日、気の毒に早朝から接待ゴルフに旦那が出かけるや否や、義妹がウチまで飛んで来た。
妻は三女が来ることを予測して次女を呼び寄せてあり、義妹は次女の姿に困惑しながらも用件を切り出した。用件とは当然、貞操帯を外してもらうこと。
“何でもするから”と懇願する義妹に、妻が“それって奴隷の誓約?”と笑いながら無能に切り込む。セフレとの遊びや普通のスワップならともかく、種付けだけは旦那に絶対知られたくない義妹は、結局姉2人に奴隷服従を宣言。
女同士は、全くもってシビアである。
ロシアンルーレットは見事当たり、義妹はめでたく?ご懐妊と相なった。
19連発や羞恥プレイは涙モノだったとか!。
ただ今4ヶ月目。勿論誰の子かは分からない。
無責任中出し懐妊の代償は、女性陣の御機嫌直しハワイスワップツアー開催で手打ちになった。
ところで、二人目の子供はどうするのであろうか?
義妹からは、またみんなに是非と懇願されている。
子供は数人欲しそうであるが。。。。

卒業したのは童貞と‥‥

大学一年のとき、越してきたアパートの隣の部屋に住む涼香さんというOLさんと仲良くなった。涼香さんは僕より8歳年上の27才で、とても綺麗なお姉さんだった。僕は、恥ずかしながら当時童貞で、綺麗な涼香さんと話すとき顔が赤くなっていた。5月の連休のときである。ついに童貞を卒業するときがきた。が、相手は涼香さんではなかった。涼香さんの知り合いで真紀子さんと言う38歳のおばさんだった。

真紀子さんは旦那さんらしき人が運転する車で僕を迎えに来た。親子と言うことである温泉旅館に泊まった。風呂に入り、豪華な夕食も頂いた。あまり飲んだことが無かったがお酒も飲んでほろ酔いだ。布団が敷いてある。真紀子さんが、脱ぎだした。旦那さんも脱ぎだした。
「さあ、始めましょう。童貞さん、いらっしゃい。」
「あ、あ、あの、旦那さんいらっしゃいますが‥‥」
「構わんよ。いやあ、親子相姦みたいで興奮するなあ。」
旦那さんはニッコリ笑ってそう言った。僕は真紀子さんにチ○チ○を弄られ立ってしまった。
「あらあら、随分とご立派だこと。」
「おお!君でかいなあ。」
立てたまま他人と比べたことが無いから知らない。
「舐めて。」
真紀子さんが股を広げた。旦那さんが、舐める箇所を指示した。
「あん。あん。」
真紀子さんが喘ぎだす。僕は興奮してきた。この人僕の倍の年だ。
「入れて。」
「あの、避妊‥‥」
「そのままで大丈夫。」
僕は真紀子さんに入れた。暖かい。腰を振ってみた。気持ちいい。3分くらいでいきそうになった。
「出そうです。」
「そのまま出しなさい。」
僕は真紀子さんの中に射精した。
「今度はオレの番だな。」
旦那さんは、真紀子さんの汁と僕の精液だらけのチ○チ○を舐め始めた。僕はあまりの事に固まってしまった。不覚にも男にフェラされて立ってしまった。旦那さんのチ○チ○は既に立っていた。なるほど僕より小さい。すると旦那さんは満足そうに、シャンプーの容器のようなものからドロッとした液体を出すと僕のお尻の穴に塗り始めた。旦那さんは、僕のお尻の穴にチ○チ○をあてがい、
「力を抜いて、はい、深呼吸。すーはー‥‥」
お尻の穴にゆっくりと旦那さんのチ○チ○が入ってきた。凄い違和感である。
「あの、う○こが出そうです。」
「そのうち良くなるから。」
旦那さんはゆっくり腰を振る。何ともいえない変な感覚で、されるがままにしていてもいいか‥‥という気持ちになってきた。やがて、
「うおおっ」
お尻に熱いものを感じた。旦那さんが僕のお尻の中に射精したのだ。僕は、童貞と初アナルを同時に奪われた!

翌朝5時半頃起こされ、朝風呂へ行った。その後、真紀子さんとセックスした。真紀子さんと正常位中の僕のお知りの穴に、旦那さんがチ○チ○を入れてきた。僕は先に真紀子さんに中出ししてしまったが、旦那さんが終わらないので真紀子さんとは繋がったままだ。旦那さんの腰を振る振動が、まだ真紀子さんの中にいる僕のチ○チ○を刺激して、また立ってきた。真紀子さんが、
「後ろからして。」
というので、真紀子さんの後ろから僕が、僕の後ろから旦那さんがという格好になった。旦那さんが射精した。僕は2回目なのでまだ大丈夫だった。バックのまましていたら、旦那さんの精子が僕のお尻の穴から流れ出し、チ○チ○を伝って真紀子さんのアソコまで到達した。やがて僕も射精した。

別れ際、真紀子さんは私に封筒を渡した。中には現金10万円と真紀子さんの連絡先が書いてあり、「また遊びましょう」と書いてあった。

アパートに帰ると、涼香さんがニヤニヤして、
「どうだった?フフフ」
その後、大学生活は涼香さん、真紀子さん夫妻とセックス三昧だった。表向きは涼香さんが恋人だったので堂々と付き合っていた。週3~4回は涼香さんの相手をした。8才年上とはいえ凄い美人だから友達からは羨ましがられた。大学二年のとき、真紀子さんの娘さんの家庭教師を頼まれた。高校受験だった。大学卒業と同時に涼香さんとは切れた。社会人となっても真紀子さん夫妻とは続いた。

そして僕も26才になった。今は、真紀子さんを「義母さん」旦那さんを「義父さん」と呼んでいる。今春、20才になった娘さんと結婚した。義母に童貞を捧げ、義父に初アナルを奪われ、その娘の処女を頂いた。こんな男は珍しい。義父母との関係は、回数は少なくなったが続いている。もちろん、妻は知らない。

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした15

奥手で恥ずかしがりだった嫁のユキ。仲良くなったケイスケさん夫妻との刺激的な体験を経て、すっかりと淫乱な女性になりました。

ケイスケさんと、ケイスケさんの奧さんのマコさん、そして僕とユキ。4人で同室でするスワップや、複数プレイは麻薬的なほどの快感を僕にもたらしてくれました。

そして、ユキとマコさんは、ほぼ同時に妊娠しました。ケイスケさんは先天的障害で、精液の中に精子が極端に少なく、通常の性交で妊娠できる可能性は、10%もないと医者に言われています。

そして、僕はユキとマコさんに、ケイスケさんもユキとマコに、何度となく中出しをしているので、僕とケイスケさんのどっちの種かは確証がありません。
ただ、確率から行くと、両方とも僕の種だと思います。マコさんもユキも、そしてケイスケさんですら、僕の種で2人が妊娠したと思っているようです。


ただ、僕だけは違います。ユキが妊娠したのは、ケイスケさんの精子と、ユキの卵子が結びついてそうなった……そう思っています。そうであって欲しいと思っています……。
自分の愛する妻が他人に妊娠させられる……それを望む僕は、狂っているのかもしれません。


妊娠すると、さすがに乱れたセックスの日々は終わりました。40歳間際だったマコさんは、本当に子作りを焦っていました。そんな中出来た赤ちゃんだったので、その喜びようは凄いモノがありました。ケイスケさんもそれは同じで、4人で集まっても、性的な事はなくなり、産まれてくる赤ちゃんの話ばかりになりました。

ある意味、普通の関係に戻ったわけですが、僕は寂しさを感じていました。僕はマコさんに対して、はっきりと恋心を持っていましたし、ケイスケさんに抱かれるユキを見て、手も触れずにイクほどの興奮を覚えていました。
それが急になくなったのは、やっぱり寂しいです。

そんな寂しさも感じながら、日々が流れ、安定期に入りました。
『浩くん、あのね……マコさんとずっと話してたんだけど、私、明日からケイスケの家に行くからね。うちにはマコさんが来るからね』
もう、誰が見ても妊娠してるとわかるくらい膨らんできたお腹をさすりながら、ユキが言いました。
「えっ? それって、一日だけって事?」
『違うよ。出産間際までだよ』
少しの迷いもなく、決定事項の通知みたいに言うユキ。

僕は、あまりのことに言葉もなくなります。でも、妊娠しているユキが、他の男と夫婦生活をする……それは、考えただけで震えるほど興奮します。

僕がわかったと告げると、ユキはニッコリと嬉しそうに笑いました。すると、インターフォンが鳴りました。出てみると、宅急便でした。
結構大きめの段ボールが4箱届き、不思議に思っていると、
『マコさんの荷物だよw 私のも、もう送ってあるからw』
と、ニコニコと言います。僕の許可なんか関係なく、すでに決定事項として動いていたみたいです……。


『浩くん、しばらく会えなくなるから、今日はエッチしようね?』
「え? いいの?」
妊娠以来、さすがに怖くてセックスはしていませんでした。たまにユキが手でしてくれたりはありましたが、つわりとかもあり、口でしてもらうことはありませんでした。

安定期に入ると、つわりとか不快感が嘘のようになくなったみたいです。

そして夜になり、シャワーを浴びて先にベッドに寝ていると、妊婦とは思えないようなセクシーな下着を身にまとったユキが入ってきました。
スケスケのビスチェと、マイクロミニみたいなスカートの付いたショーツ。
妊娠で大きくなった胸が、丸見えになっています。そして、大きくなったお腹も丸見えです。
妊婦の神聖な感じと、エロい下着の娼婦みたいな感じが混じり合い、尋常じゃないくらいのエロさをかもし出しています。

『なんか、久しぶりだからドキドキするねw』
ユキがそんな事を言いながら、ベッドに潜り込みます。その姿を見て興奮状態の僕は、すぐにユキにキスをしました。
唇が触れるだけのキスは、毎日のようにしていました。でも、舌を絡める濃厚なキスは、もしかしたら妊娠する前以来かもしれません。

『浩くん、愛してる』
キスをしながら、そんな事を言ってくれるユキ。もう、愛おしくてたまりません。
僕も愛してると言うと、
『ごめんね、明日から他の人の奧さんになっちゃうけど、忘れないでね……』
と、少し潤んだ目で言われました。でも、その言葉でバカみたいに興奮する僕がいます……。

『あれれw なんでこんなになっちゃったの? ふふw 変なの~』
ユキが、僕のはち切れそうに勃起したペニスを、指でつつきながら言います。
恥ずかしさで、顔を赤くしながら何も言えない僕に、
『半年以上もケイスケの奧さんになるから、アソコの形変わっちゃうねw 浩くんのじゃ、ますます感じなくなるかもねw』
こんな風に言葉で責めるユキ。あの奥手で恥ずかしがりだったユキが、痴女のように僕を責めます。

僕は、もう我慢出来ずにユキにむしゃぶりつきます。荒々しくビスチェをまくり上げると、妊娠で大きく張った感じになった胸にむしゃぶりつきました。乳輪も乳首も、すっかりと黒ずんできたユキ。可愛らしい顔に似合わないグロなそれが、余計に僕を興奮させます。

『アン? 浩くん、気持ちイイぃ……乳首、もっと舐めてぇ?』
ユキは、すっかりととろけた顔でおねだりします。ユキも久しぶりのエッチなので、興奮が高まっているのだと思いました。
乳首を舐めて、指でも責めると、
『あっ! ッあっ! ンふぅ……あぁっ! 気持ち良いよぉっ。浩くん、愛してる?』
と、可愛らしくあえぎます。妊婦とするエッチは、不思議な感じでした。もうすでにお腹の中には生命が宿っていて、子作りする必要はない状態です。それなのに、セックスをする矛盾。本当に人間は、楽しみのために生殖行為をするのだなと思いました。

必死で責める僕ですが、ユキは感じながらも、終始余裕がある感じです。僕の頭の中では、ユキがケイスケさんとのキスでイッた場面が浮かんでいます。キスだけでイッてしまったユキ……僕ではとても無理だと思います。

嫉妬と敗北感を感じながら、僕はユキのアソコを舐め始めました。ショーツを脱がすと、ユキのアソコはもう濡れていました。ショーツを脱がして、マイクロミニっぽい布だけになった下半身。中途半端に下腹部が隠れるのが、余計にエロい感じです。丸見えよりも、少しでも布があった方がエロく見えるのは、なぜなんでしょうか?

そんな事を思いながら、ユキのアソコを舐め始めます。すでに大きくなっているクリトリスを舐めると、
『ンふぅ……あ、あっ! 気持ちイイぃ! 皮剥いてぇ……直接舐めてぇ?』
と、はしたない注文をつけてきます。
僕は言われるままに、クリの皮を指で剥きながら、直接肉の芽を舐め始めました。
『あぁっ! んンッ! ふ、うぅ……そう、そこぉっ! もっとぉっ!!  噛んでぇっ!』
ユキは、そんな注文をつけてきます。軽く噛んだりされるのは、ケイスケさんとのエッチの時にされたことです。

僕は、痛くしないように軽く噛むと、
『んンあぁっ!! もっとぉッ! もっと強くぅ! ンヒィあぁっ!』
と、ユキはあえぎます。おっかなびっくりで、もっと強く噛むと、
『ンひぃっんっ! イクっ! イクっぅっ! 浩くん、イッちゃうぅっ! あぁぁっー!』
と、大きくあえいで果てました。


『ふふw イッちゃった? ねぇ、私もするね』
ユキはそう言うと、僕のペニスをくわえてきました。
『大っきいいね? こんなに大きかったっけ? すごいね?』
そんな風に言いながら、パクッとくわえてきました。くわえると同時に、舌が複雑に動き、同時にバキュームもしてきます。
久々でしたが、ユキのテクは衰えていませんでした。もともとユキは、フェラが下手どころか、したことがありませんでした。
それが今では、ケイスケさんに仕込まれて、職人みたいなテクニックです。

自分の嫁が、他人の手によってフェラ名人にされる……最悪なことなのに、最高に興奮する僕がいます。

あっという間にイキそうになり、それをごまかすように、さらにユキのアソコを舐めようとしました。
ユキを誘導して、69の格好になります。こんな恥ずかしい格好を、ユキは恥ずかしがりもせずに出来るようになりました。
ケイスケさん夫妻に見られながらセックスをするうちに、羞恥心が薄くなったのだと思います。

僕はユキのアソコを舐めようとして、固まりました。さっきは見えませんでしたが、69の格好になると、ユキのお尻から何か金属製のリングが出ているのに気がつきました。

「こ、これ……なに?」
僕は、嫌な予感しかしませんでした。
『ふふw 引っ張ってみて?』
ユキは、いたずらっ子みたいな言い方をします。
僕はそのリングに指をかけると、引っ張りました。思いの外抵抗感が強く、かなり力を込めて引くと、黒い台座みたいなものが見えてきました。

ユキのアナルが広がり、黒い台座みたいなものが姿を見せ、引っ張るたびに台座の見える範囲が大きくなります。
『んぁっ、んンッ!』
ユキは、痛そうというよりは、気持ちよさそうな声をあげます。僕がけして入れることを許されない穴。ユキのアナルは、ケイスケさん専用と宣言されています。

さらに力を入れると、イキなり黒い塊が飛び出てきました。それは、根元が細く、先に行くに従って膨らんでいる形状で、栓みたいな感じでした。実際、あとで知りましたが、それはアナルプラグというもので、栓そのものでした。

『ンあぁっ! ヒィ、あぁ……』
スポンとアナルプラグが抜けて、ユキはガクガクッとしました。強い快感を感じたようです。

アナルプラグが抜けると、ユキのお尻の穴は広がったままです。そして、強い栗の花の匂いと共に、白い液体が流れ出てきました。
69の格好でそんな事になったので、僕の胸に白い液体がこぼれて液だまりになります。

「な……これ……ケイスケさんとしたの?」
僕は、まさかと思いながらも、その可能性しか思いつきませんでした。

『そうだよ? しばらく会えなくなるから、浩くんにサプライズプレゼントしようと思ってw』
と、ユキは笑いながら言います。僕は、その笑顔と同時に、射精していました。
『キャッ! もう~w 浩くんはホントに変態さんだなぁw』
ユキは、笑いながらそんな事を言います。

僕は、裏切られたと思いました。妊娠以来、セックスはしていませんでした。当然、ケイスケさんとユキがしているはずがないと思っていました。疑ってもいませんでした。

「い、いつから? ケイスケさんとはいつからしてるの?」
僕は混乱とショックで、震える声で聞きました。
『えっと、妊娠して1ヶ月くらいかな? あっ、でも、お尻でしかしてないからね! 安定期に入るまでは、危ないもんね』
ユキは、そんな事を言います。僕は、怖くなりました。まったく気がつきませんでした。4人で食事をしていても、エッチな話題にすらなりませんでした。

こんな風に、僕に隠し事をしていたユキ。とても現実とは信じられません。

「マコさんは? 知ってるの?」
『もちろん、内緒だよ。浩くんは、マコさんとしてなかったの?』
「当たり前じゃん!」
『へぇ、そうなんだ。どうして?』
「どうしてって、ユキを裏切ったり出来るわけないじゃん!」
『裏切る? どうして?』
「だって、ナイショで会うなんて……」
『父親と会うのに、許可がいるの?』
ユキは小悪魔というか、悪魔のようなことを言います。

「そんな! だって、俺の子だよ!」
『本当に? そう思う?』
意味ありげに言うユキ。ユキのその言い方に、僕は急速に自信がなくなっていきます……。

「そんなこと……」
『浩くんは、どっちが良いの?』
「……」
『やっぱりw 浩くんが望むから、ケイスケので受精したんだよ?』
「そんなこと……」
出来るの? と、聞けない僕。

『私にはわかるよ。母親だもん。ケイスケので受精したって、わかる』
ユキは、本気で言っているように思えます。僕は、何も言えませんでした……。


そして、結局そこでセックスは終わりました。これからしばらく会えなくなる前の、最後の機会だったのに、挿入する事もなく終わってしまいました。


そのあとは、シャワーを浴びて一緒に寝ました。2人でベッドに入ると、ユキは抱きつきながら、
『ヒロ君……しばらくの間、ケイスケの奧さんになるけど、忘れちゃダメだからね』
泣きそうになりながら言うユキ。変な感じでした。ユキが始めたことで、僕は意見すら出していません。
「悲しいなら、やめなよ」
僕は、ごく当たり前のことを言いました。

『ダメだよ。だって、生まれたら、またしばらく会えなくなると思うし……』
「そんなにしてまで、一緒に暮らしたいの?」
『うん? だって、こんなチャンス、もうないかもしれないから』
「……帰ってくるよね?」
『どうかな? わかんないって言った方が嬉しいんでしょ?』
「……うん」
『正直だねw 変態なヒロ君も大好きだよ?』
そう言って、頬にキスをしてくれました。

そして、しばらくすると寝息が聞こえ始めます。マコさんと久しぶりにセックスできるのは、僕も当然嬉しいです。でも、半年もユキがケイスケさんの奧さんになるのは、さすがにプレイの域を超えている気がします。

でも、半年後にユキが帰ってきて、すっかりとケイスケさん色に染められているのを想像すると、胸が痛いくらいドキドキします。
そんな事を考えながら、気がつくと僕も寝ていました。

朝になると、ユキが朝食を用意して待っていました。
『おはよ~。今朝はちょっと気合い入れてみたよ』
にこやかに笑いながら言うユキ。確かに、結構なボリュームの朝食がテーブルに並べられていました。
「凄いね! 美味しそう! いただきます」
僕は、そう言うと食べ始めました。休日の朝は、朝食を摂らないこともあります。でも、今日は食べながら、胸がいっぱいになってきます。
これっきり、二度と会えなくなるわけでもないのに、僕は泣きそうになりながら食べました。

僕のその様子に気がついたユキは、やっぱり目が真っ赤になっています。
『いっぱい食べてね』
声がかすれている気がします。

そして、何となくしんみりした空気のまま、朝食は終わりました。

そして、ユキは部屋を出て行きました。
『浩くん、元気でね。行ってきます』
ユキは出ていく間際、悲しそうに言いました。でも、お別れのキスもありませんでした。
ユキが出ていくと、僕は涙を流してしまいました……。

でも、感傷に浸る間もなく、マコさんがやって来ました。
マコさんは、ドアを開けて入ってくると同時に、僕に抱きついてキスをしました。
ユキと同じ時期に妊娠しましたが、年齢の違いもあるのか、ユキよりお腹が大きく思えました。小さかった胸もかなり大きくなっていましたし、全体的にふくよかになったきがします。

そんなマコさんが、僕の口の中に舌を突っ込み、凄い勢いでかき混ぜます。
そしてそのまま僕を壁に押しつけるようにすると、僕のペニスをまさぐります。
『凄いね? もうカチカチじゃんw』
マコさんは、挨拶もすっ飛ばしてこんな事をします。ユキとケイスケさんみたいに、こっそりと会ってセックスをしていたわけではないので、相当欲求不満がたまっているようです。

僕とキスをしながら、スカートをまくり上げ、ショーツを膝まで降ろすと、壁に手をつき立ちバックの姿勢を取ります。
ユキがいなくなり、感傷的になっていましたが、そんな気持ちも吹っ飛びました。
『パパ、早く赤ちゃんに、こんにちはって言ってあげて?』
マコさんは、とろけきったような顔で言います。僕は、ファスナーを降ろすと、そのまま生で挿入しました。ググッと肉をかき分けながら、マコさんの膣中に僕のペニスが消えました。妊娠前、マコさんのアソコは、ユキの拳が入るくらいに拡張されていました。
久しぶりということもあるのか、マコさんのアソコはキツキツで痛いほどでした。

『ンおぉぉぉっ! パパぁっ! 凄いぃっ! 大きいよぉっ! あぁっ! コレ、ずっと欲しかった! ンあっ! あっ! あぁっ?』
マコさんは、本当に気持ちよさそうにあえぎ出します。他人の奧さんと、コレから数ヶ月もの間、夫婦として暮らす。それは、凄く背徳的で、恐ろしく淫靡な感じがしました。

マコさんの膣奥まで入れて、思いきりガンガン突いてみようと思いましたが、先にマコさんが動きました。僕に腰をぶつけるようにして、自分でピストンを始めます。立ちバックで、女性の方が腰を振るのは、何度見てもたまらなくエロいです。

「マコさん、会いたかったです」
僕が、思っていたことを言うと、
『マコって呼んで! パパぁっ! 会いたかった! 愛してるっ! もっとしてっ!』
マコさんが、泣きそうな声で言います。僕は、その大きくなったお腹が心配になりますが、マコさんがガンガン腰をぶつけてくるのにつられるように、腰を振り始めました。

『あっ! あぁっ! 凄いぃっ! パパっ! イッちゃうッ! もっとぉッ! 赤ちゃんの部屋ノックしてぇっ!』
マコさんは、凄いことを口走りながらイキそうになっています。僕も、久しぶりの膣肉の感触に、もう限界でした。

「マコっ! イクっ! イクよっ!」
『イッてぇっ! パパぁっ! 愛してるっ!』
そう言いながら、同時に果てました。
『う、うあぁ……熱いの、わかる……へへw 赤ちゃん、溺れちゃいそうだねw』
マコさんは、幸せそうに言いました。

こうして、マコさんとの夫婦生活が始まりました。当然、最初は違和感ありありでしたが、すぐに慣れました。
そして、マコさんの性欲に、驚かされる日々でした。マコさんは、安定期までの5ヶ月、ずっとセックスしたかったそうです。でも、やっと授かった子に、万が一があってはいけないと、オナニーすら我慢していたそうです。

健気なマコさんに対して、ケイスケさんは内緒でユキとアナルセックスをしていたと思うと、なんか釈然としません。

マコさんは性欲も凄いですが、僕への気持ちがとても強く、嬉しいのと同時に、ちょっと怖いと思うこともありました。

そして、マコさんとの夫婦生活を続けながら、僕の頭の中はいつもユキのことでいっぱいでした。どんな風に日々過ごしているのだろう? どんなエッチをしているのだろう? そんな想像が浮かんでは消えていきます。

ユキは、ケイスケさんにお尻の処女を捧げました。それだけではなく、アナルセックスするために腸内を綺麗にするとき、ケイスケさんに一番恥ずかしい姿まで見られてしまっています。

あの奥手で、超恥ずかしがりだったユキが、人前で排泄姿をさらすなんて、絶対にあり得ないことだと思います。でも、ユキは何度もさらしてしまいました……。

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした15

奥手で恥ずかしがりだった嫁のユキ。仲良くなったケイスケさん夫妻との刺激的な体験を経て、すっかりと淫乱な女性になりました。

ケイスケさんと、ケイスケさんの奧さんのマコさん、そして僕とユキ。4人で同室でするスワップや、複数プレイは麻薬的なほどの快感を僕にもたらしてくれました。

そして、ユキとマコさんは、ほぼ同時に妊娠しました。ケイスケさんは先天的障害で、精液の中に精子が極端に少なく、通常の性交で妊娠できる可能性は、10%もないと医者に言われています。

そして、僕はユキとマコさんに、ケイスケさんもユキとマコに、何度となく中出しをしているので、僕とケイスケさんのどっちの種かは確証がありません。
ただ、確率から行くと、両方とも僕の種だと思います。マコさんもユキも、そしてケイスケさんですら、僕の種で2人が妊娠したと思っているようです。


ただ、僕だけは違います。ユキが妊娠したのは、ケイスケさんの精子と、ユキの卵子が結びついてそうなった……そう思っています。そうであって欲しいと思っています……。
自分の愛する妻が他人に妊娠させられる……それを望む僕は、狂っているのかもしれません。


妊娠すると、さすがに乱れたセックスの日々は終わりました。40歳間際だったマコさんは、本当に子作りを焦っていました。そんな中出来た赤ちゃんだったので、その喜びようは凄いモノがありました。ケイスケさんもそれは同じで、4人で集まっても、性的な事はなくなり、産まれてくる赤ちゃんの話ばかりになりました。

ある意味、普通の関係に戻ったわけですが、僕は寂しさを感じていました。僕はマコさんに対して、はっきりと恋心を持っていましたし、ケイスケさんに抱かれるユキを見て、手も触れずにイクほどの興奮を覚えていました。
それが急になくなったのは、やっぱり寂しいです。

そんな寂しさも感じながら、日々が流れ、安定期に入りました。
『浩くん、あのね……マコさんとずっと話してたんだけど、私、明日からケイスケの家に行くからね。うちにはマコさんが来るからね』
もう、誰が見ても妊娠してるとわかるくらい膨らんできたお腹をさすりながら、ユキが言いました。
「えっ? それって、一日だけって事?」
『違うよ。出産間際までだよ』
少しの迷いもなく、決定事項の通知みたいに言うユキ。

僕は、あまりのことに言葉もなくなります。でも、妊娠しているユキが、他の男と夫婦生活をする……それは、考えただけで震えるほど興奮します。

僕がわかったと告げると、ユキはニッコリと嬉しそうに笑いました。すると、インターフォンが鳴りました。出てみると、宅急便でした。
結構大きめの段ボールが4箱届き、不思議に思っていると、
『マコさんの荷物だよw 私のも、もう送ってあるからw』
と、ニコニコと言います。僕の許可なんか関係なく、すでに決定事項として動いていたみたいです……。


『浩くん、しばらく会えなくなるから、今日はエッチしようね?』
「え? いいの?」
妊娠以来、さすがに怖くてセックスはしていませんでした。たまにユキが手でしてくれたりはありましたが、つわりとかもあり、口でしてもらうことはありませんでした。

安定期に入ると、つわりとか不快感が嘘のようになくなったみたいです。

そして夜になり、シャワーを浴びて先にベッドに寝ていると、妊婦とは思えないようなセクシーな下着を身にまとったユキが入ってきました。
スケスケのビスチェと、マイクロミニみたいなスカートの付いたショーツ。
妊娠で大きくなった胸が、丸見えになっています。そして、大きくなったお腹も丸見えです。
妊婦の神聖な感じと、エロい下着の娼婦みたいな感じが混じり合い、尋常じゃないくらいのエロさをかもし出しています。

『なんか、久しぶりだからドキドキするねw』
ユキがそんな事を言いながら、ベッドに潜り込みます。その姿を見て興奮状態の僕は、すぐにユキにキスをしました。
唇が触れるだけのキスは、毎日のようにしていました。でも、舌を絡める濃厚なキスは、もしかしたら妊娠する前以来かもしれません。

『浩くん、愛してる』
キスをしながら、そんな事を言ってくれるユキ。もう、愛おしくてたまりません。
僕も愛してると言うと、
『ごめんね、明日から他の人の奧さんになっちゃうけど、忘れないでね……』
と、少し潤んだ目で言われました。でも、その言葉でバカみたいに興奮する僕がいます……。

『あれれw なんでこんなになっちゃったの? ふふw 変なの~』
ユキが、僕のはち切れそうに勃起したペニスを、指でつつきながら言います。
恥ずかしさで、顔を赤くしながら何も言えない僕に、
『半年以上もケイスケの奧さんになるから、アソコの形変わっちゃうねw 浩くんのじゃ、ますます感じなくなるかもねw』
こんな風に言葉で責めるユキ。あの奥手で恥ずかしがりだったユキが、痴女のように僕を責めます。

僕は、もう我慢出来ずにユキにむしゃぶりつきます。荒々しくビスチェをまくり上げると、妊娠で大きく張った感じになった胸にむしゃぶりつきました。乳輪も乳首も、すっかりと黒ずんできたユキ。可愛らしい顔に似合わないグロなそれが、余計に僕を興奮させます。

『アン? 浩くん、気持ちイイぃ……乳首、もっと舐めてぇ?』
ユキは、すっかりととろけた顔でおねだりします。ユキも久しぶりのエッチなので、興奮が高まっているのだと思いました。
乳首を舐めて、指でも責めると、
『あっ! ッあっ! ンふぅ……あぁっ! 気持ち良いよぉっ。浩くん、愛してる?』
と、可愛らしくあえぎます。妊婦とするエッチは、不思議な感じでした。もうすでにお腹の中には生命が宿っていて、子作りする必要はない状態です。それなのに、セックスをする矛盾。本当に人間は、楽しみのために生殖行為をするのだなと思いました。

必死で責める僕ですが、ユキは感じながらも、終始余裕がある感じです。僕の頭の中では、ユキがケイスケさんとのキスでイッた場面が浮かんでいます。キスだけでイッてしまったユキ……僕ではとても無理だと思います。

嫉妬と敗北感を感じながら、僕はユキのアソコを舐め始めました。ショーツを脱がすと、ユキのアソコはもう濡れていました。ショーツを脱がして、マイクロミニっぽい布だけになった下半身。中途半端に下腹部が隠れるのが、余計にエロい感じです。丸見えよりも、少しでも布があった方がエロく見えるのは、なぜなんでしょうか?

そんな事を思いながら、ユキのアソコを舐め始めます。すでに大きくなっているクリトリスを舐めると、
『ンふぅ……あ、あっ! 気持ちイイぃ! 皮剥いてぇ……直接舐めてぇ?』
と、はしたない注文をつけてきます。
僕は言われるままに、クリの皮を指で剥きながら、直接肉の芽を舐め始めました。
『あぁっ! んンッ! ふ、うぅ……そう、そこぉっ! もっとぉっ!!  噛んでぇっ!』
ユキは、そんな注文をつけてきます。軽く噛んだりされるのは、ケイスケさんとのエッチの時にされたことです。

僕は、痛くしないように軽く噛むと、
『んンあぁっ!! もっとぉッ! もっと強くぅ! ンヒィあぁっ!』
と、ユキはあえぎます。おっかなびっくりで、もっと強く噛むと、
『ンひぃっんっ! イクっ! イクっぅっ! 浩くん、イッちゃうぅっ! あぁぁっー!』
と、大きくあえいで果てました。


『ふふw イッちゃった? ねぇ、私もするね』
ユキはそう言うと、僕のペニスをくわえてきました。
『大っきいいね? こんなに大きかったっけ? すごいね?』
そんな風に言いながら、パクッとくわえてきました。くわえると同時に、舌が複雑に動き、同時にバキュームもしてきます。
久々でしたが、ユキのテクは衰えていませんでした。もともとユキは、フェラが下手どころか、したことがありませんでした。
それが今では、ケイスケさんに仕込まれて、職人みたいなテクニックです。

自分の嫁が、他人の手によってフェラ名人にされる……最悪なことなのに、最高に興奮する僕がいます。

あっという間にイキそうになり、それをごまかすように、さらにユキのアソコを舐めようとしました。
ユキを誘導して、69の格好になります。こんな恥ずかしい格好を、ユキは恥ずかしがりもせずに出来るようになりました。
ケイスケさん夫妻に見られながらセックスをするうちに、羞恥心が薄くなったのだと思います。

僕はユキのアソコを舐めようとして、固まりました。さっきは見えませんでしたが、69の格好になると、ユキのお尻から何か金属製のリングが出ているのに気がつきました。

「こ、これ……なに?」
僕は、嫌な予感しかしませんでした。
『ふふw 引っ張ってみて?』
ユキは、いたずらっ子みたいな言い方をします。
僕はそのリングに指をかけると、引っ張りました。思いの外抵抗感が強く、かなり力を込めて引くと、黒い台座みたいなものが見えてきました。

ユキのアナルが広がり、黒い台座みたいなものが姿を見せ、引っ張るたびに台座の見える範囲が大きくなります。
『んぁっ、んンッ!』
ユキは、痛そうというよりは、気持ちよさそうな声をあげます。僕がけして入れることを許されない穴。ユキのアナルは、ケイスケさん専用と宣言されています。

さらに力を入れると、イキなり黒い塊が飛び出てきました。それは、根元が細く、先に行くに従って膨らんでいる形状で、栓みたいな感じでした。実際、あとで知りましたが、それはアナルプラグというもので、栓そのものでした。

『ンあぁっ! ヒィ、あぁ……』
スポンとアナルプラグが抜けて、ユキはガクガクッとしました。強い快感を感じたようです。

アナルプラグが抜けると、ユキのお尻の穴は広がったままです。そして、強い栗の花の匂いと共に、白い液体が流れ出てきました。
69の格好でそんな事になったので、僕の胸に白い液体がこぼれて液だまりになります。

「な……これ……ケイスケさんとしたの?」
僕は、まさかと思いながらも、その可能性しか思いつきませんでした。

『そうだよ? しばらく会えなくなるから、浩くんにサプライズプレゼントしようと思ってw』
と、ユキは笑いながら言います。僕は、その笑顔と同時に、射精していました。
『キャッ! もう~w 浩くんはホントに変態さんだなぁw』
ユキは、笑いながらそんな事を言います。

僕は、裏切られたと思いました。妊娠以来、セックスはしていませんでした。当然、ケイスケさんとユキがしているはずがないと思っていました。疑ってもいませんでした。

「い、いつから? ケイスケさんとはいつからしてるの?」
僕は混乱とショックで、震える声で聞きました。
『えっと、妊娠して1ヶ月くらいかな? あっ、でも、お尻でしかしてないからね! 安定期に入るまでは、危ないもんね』
ユキは、そんな事を言います。僕は、怖くなりました。まったく気がつきませんでした。4人で食事をしていても、エッチな話題にすらなりませんでした。

こんな風に、僕に隠し事をしていたユキ。とても現実とは信じられません。

「マコさんは? 知ってるの?」
『もちろん、内緒だよ。浩くんは、マコさんとしてなかったの?』
「当たり前じゃん!」
『へぇ、そうなんだ。どうして?』
「どうしてって、ユキを裏切ったり出来るわけないじゃん!」
『裏切る? どうして?』
「だって、ナイショで会うなんて……」
『父親と会うのに、許可がいるの?』
ユキは小悪魔というか、悪魔のようなことを言います。

「そんな! だって、俺の子だよ!」
『本当に? そう思う?』
意味ありげに言うユキ。ユキのその言い方に、僕は急速に自信がなくなっていきます……。

「そんなこと……」
『浩くんは、どっちが良いの?』
「……」
『やっぱりw 浩くんが望むから、ケイスケので受精したんだよ?』
「そんなこと……」
出来るの? と、聞けない僕。

『私にはわかるよ。母親だもん。ケイスケので受精したって、わかる』
ユキは、本気で言っているように思えます。僕は、何も言えませんでした……。


そして、結局そこでセックスは終わりました。これからしばらく会えなくなる前の、最後の機会だったのに、挿入する事もなく終わってしまいました。


そのあとは、シャワーを浴びて一緒に寝ました。2人でベッドに入ると、ユキは抱きつきながら、
『ヒロ君……しばらくの間、ケイスケの奧さんになるけど、忘れちゃダメだからね』
泣きそうになりながら言うユキ。変な感じでした。ユキが始めたことで、僕は意見すら出していません。
「悲しいなら、やめなよ」
僕は、ごく当たり前のことを言いました。

『ダメだよ。だって、生まれたら、またしばらく会えなくなると思うし……』
「そんなにしてまで、一緒に暮らしたいの?」
『うん? だって、こんなチャンス、もうないかもしれないから』
「……帰ってくるよね?」
『どうかな? わかんないって言った方が嬉しいんでしょ?』
「……うん」
『正直だねw 変態なヒロ君も大好きだよ?』
そう言って、頬にキスをしてくれました。

そして、しばらくすると寝息が聞こえ始めます。マコさんと久しぶりにセックスできるのは、僕も当然嬉しいです。でも、半年もユキがケイスケさんの奧さんになるのは、さすがにプレイの域を超えている気がします。

でも、半年後にユキが帰ってきて、すっかりとケイスケさん色に染められているのを想像すると、胸が痛いくらいドキドキします。
そんな事を考えながら、気がつくと僕も寝ていました。

朝になると、ユキが朝食を用意して待っていました。
『おはよ~。今朝はちょっと気合い入れてみたよ』
にこやかに笑いながら言うユキ。確かに、結構なボリュームの朝食がテーブルに並べられていました。
「凄いね! 美味しそう! いただきます」
僕は、そう言うと食べ始めました。休日の朝は、朝食を摂らないこともあります。でも、今日は食べながら、胸がいっぱいになってきます。
これっきり、二度と会えなくなるわけでもないのに、僕は泣きそうになりながら食べました。

僕のその様子に気がついたユキは、やっぱり目が真っ赤になっています。
『いっぱい食べてね』
声がかすれている気がします。

そして、何となくしんみりした空気のまま、朝食は終わりました。

そして、ユキは部屋を出て行きました。
『浩くん、元気でね。行ってきます』
ユキは出ていく間際、悲しそうに言いました。でも、お別れのキスもありませんでした。
ユキが出ていくと、僕は涙を流してしまいました……。

でも、感傷に浸る間もなく、マコさんがやって来ました。
マコさんは、ドアを開けて入ってくると同時に、僕に抱きついてキスをしました。
ユキと同じ時期に妊娠しましたが、年齢の違いもあるのか、ユキよりお腹が大きく思えました。小さかった胸もかなり大きくなっていましたし、全体的にふくよかになったきがします。

そんなマコさんが、僕の口の中に舌を突っ込み、凄い勢いでかき混ぜます。
そしてそのまま僕を壁に押しつけるようにすると、僕のペニスをまさぐります。
『凄いね? もうカチカチじゃんw』
マコさんは、挨拶もすっ飛ばしてこんな事をします。ユキとケイスケさんみたいに、こっそりと会ってセックスをしていたわけではないので、相当欲求不満がたまっているようです。

僕とキスをしながら、スカートをまくり上げ、ショーツを膝まで降ろすと、壁に手をつき立ちバックの姿勢を取ります。
ユキがいなくなり、感傷的になっていましたが、そんな気持ちも吹っ飛びました。
『パパ、早く赤ちゃんに、こんにちはって言ってあげて?』
マコさんは、とろけきったような顔で言います。僕は、ファスナーを降ろすと、そのまま生で挿入しました。ググッと肉をかき分けながら、マコさんの膣中に僕のペニスが消えました。妊娠前、マコさんのアソコは、ユキの拳が入るくらいに拡張されていました。
久しぶりということもあるのか、マコさんのアソコはキツキツで痛いほどでした。

『ンおぉぉぉっ! パパぁっ! 凄いぃっ! 大きいよぉっ! あぁっ! コレ、ずっと欲しかった! ンあっ! あっ! あぁっ?』
マコさんは、本当に気持ちよさそうにあえぎ出します。他人の奧さんと、コレから数ヶ月もの間、夫婦として暮らす。それは、凄く背徳的で、恐ろしく淫靡な感じがしました。

マコさんの膣奥まで入れて、思いきりガンガン突いてみようと思いましたが、先にマコさんが動きました。僕に腰をぶつけるようにして、自分でピストンを始めます。立ちバックで、女性の方が腰を振るのは、何度見てもたまらなくエロいです。

「マコさん、会いたかったです」
僕が、思っていたことを言うと、
『マコって呼んで! パパぁっ! 会いたかった! 愛してるっ! もっとしてっ!』
マコさんが、泣きそうな声で言います。僕は、その大きくなったお腹が心配になりますが、マコさんがガンガン腰をぶつけてくるのにつられるように、腰を振り始めました。

『あっ! あぁっ! 凄いぃっ! パパっ! イッちゃうッ! もっとぉッ! 赤ちゃんの部屋ノックしてぇっ!』
マコさんは、凄いことを口走りながらイキそうになっています。僕も、久しぶりの膣肉の感触に、もう限界でした。

「マコっ! イクっ! イクよっ!」
『イッてぇっ! パパぁっ! 愛してるっ!』
そう言いながら、同時に果てました。
『う、うあぁ……熱いの、わかる……へへw 赤ちゃん、溺れちゃいそうだねw』
マコさんは、幸せそうに言いました。

こうして、マコさんとの夫婦生活が始まりました。当然、最初は違和感ありありでしたが、すぐに慣れました。
そして、マコさんの性欲に、驚かされる日々でした。マコさんは、安定期までの5ヶ月、ずっとセックスしたかったそうです。でも、やっと授かった子に、万が一があってはいけないと、オナニーすら我慢していたそうです。

健気なマコさんに対して、ケイスケさんは内緒でユキとアナルセックスをしていたと思うと、なんか釈然としません。

マコさんは性欲も凄いですが、僕への気持ちがとても強く、嬉しいのと同時に、ちょっと怖いと思うこともありました。

そして、マコさんとの夫婦生活を続けながら、僕の頭の中はいつもユキのことでいっぱいでした。どんな風に日々過ごしているのだろう? どんなエッチをしているのだろう? そんな想像が浮かんでは消えていきます。

ユキは、ケイスケさんにお尻の処女を捧げました。それだけではなく、アナルセックスするために腸内を綺麗にするとき、ケイスケさんに一番恥ずかしい姿まで見られてしまっています。

あの奥手で、超恥ずかしがりだったユキが、人前で排泄姿をさらすなんて、絶対にあり得ないことだと思います。でも、ユキは何度もさらしてしまいました……。

変態スワッピング

午後のシティホテルの一室、
 薄暗い部屋、眼を凝らすと、小さいスタンドがベッドの上の女体、いしい妻の白い裸体、形の良い胸、腹、Wの形にされた脚が浮き上がり微かに見えます、
 妻の下腹部には男の顔が埋められたまま、 被虐性と嫉妬心、卑猥な想いが、自分のM性の性癖をかき立てます、
 
 「ああ、きっと、男の唇、舌、指が妻の淫核を剥き、陰唇をなぞり、尿道口から膣孔、アナルを弄り回している、」
 あれほど恥ずかしがっていた妻が、スタンドの照明で、白く浮かぶ太股で、男の顔挟み、微かに善がり声を発しています、
 「うう、いとしい妻が初めて逢った男に・お○んこ・弄られて、感じている、もう火がついたら、妻はきっとこの男の勃起した茎の挿入を、許すだろう、」
 私は自分でピンピンに勃起した茎をしごきながら、ソフアーの陰から凝視してると、後ろから、もう一人の男に抱かれました、
 「さあ、可愛がってあげよう、」そう言われ優しく唇を合わしました、男が私の耳元で「奥さんと同じように、お○んこしてあげよう、」 わたしはこれから、いとしい妻が知らない男に犯されるのを、盗み見しながら、この大柄のゲイの男にお尻を犯されます、
 私ソフアーに四つ這いにさされ、後ろ手に軽く縛られて、「たっぷり可愛がってあげようね、こんなに大きくして、」口を開かせられて、男の陰茎を刺し込まれました、「ううう、デカイ、雄の臭いのする肉棒、」
 ベッドの上ではいとしい妻が男と69の体位で上になり、男のソソリ勃つ陰茎を優しく唇と舌で愛撫しながら、チラッとこちらを見た様です、私の被虐性癖にも火が付きました、「犯して、女の様に最後は中に出して!」心のなかで、叫びました、    
 妻は上から男の顔に股がり、白いお尻を押し付けさされて、何時も私にするように右手で
男茎を握り、亀頭を舐めています、「ああ、男気持ち良いだろうな!、」
 
 「あんなに股拡げられて、妻の陰唇の奥、膣口にきっと男の舌が挿入されているんだ、」 妻への情欲、男への嫉妬、私のMの被虐性、
 
 妻は耳元で男に何か言われて、首を振り、嫌がったが、促され体躯座りにされて、私に見せつけるように股を大きく開き、男に愛撫され男の唾液と愛液で、ベトベトに濡れたお○んこを自分で開いて見せながら、舌と舌を絡めた濃厚なキスを交わしました、
 「ああ、もう妻はさかりの憑いた雌、肉慾負けた女体、」
 男は妻を引き寄せ、先ほどの妻の濃厚なフエラで、私よりひと回り大きい、ピンピンに勃起した陰茎を,いとしい妻の濡れ輝る陰部に当てがい、ゆっくり亀頭で卑猥な肉淵を撫でながら
 また耳元で何か囁きました、 妻は首を横に振り嫌がりましたが、男に促されて
  「ああ、早く入れて下さい!わたしのお○んこに、チ○ポ入れて下さい!」
 「あああ、なんと卑猥な言葉を、、言わされている、」 妻[お願い、!!はやくお○んこして!」
 
 妻は屈曲位にされ、私に挿入が良く見える様に、男の大きな身体が妻の尻に密着して行きます、、、妻[ああ、凄い、良い、」
 14cmはある男のいきり勃った茎が、いとしい妻の濡れぼそった陰唇を広げ、膣孔の粘膜の奥深く、突き刺されました、「ひ~~~~!」妻の歓喜の声、
 
 それをソフアーから、隠れて覗き見しながら、勃起させて、ゲイの男にお尻を弄くられる私、
 男はゆっくり淫茎を膣に挿入したまま、妻を屈曲位から、正常位にさせました、妻の上から圧し掛かり、唇を合わせ舌を絡ませディープキッスしたまま、腰を突き上げ、
 妻の奥深くぬるぬるの肉襞壺に、はち切れそうに勃起した肉棒を挿送し、お互い性器を擦り合わせ、
 「ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅ!」卑猥な音を発しながら、快感を味合いながら、ふたりは欲情の世界に、、、
 
 もう愛しい妻は今理性を無くしています、逢って数時間でお互いに顔、からだ、だけが気に入つた、40歳の雄と33歳の雌の性交、
 私はもう以上、最後に男が、愛しい妻の、
  淫核を剥き出し、淫唇を捲り、膣孔の粘膜を青筋立てた肉棒で擦り回して、子宮口に白濁の精液を1射、2射、3射、噴射され、その精液が妻の膣孔に溜り、
 
男の射精を受けてよがり声を上げて男にしがみ付く、妻を見ることは、耐えられないです、
 
 タチの男に促され、別室に行きました、彼とは何回かからだを交えていました、「さあ、奥さんの様に抱いてあげよう、」
舌を絡め合い、乳首をすわれ、お互いフエラし合い、男にアナルを責められ、もう気持ちは女、「妻も今男とからだでセックスの快楽を味わっている、」 
 そう思いながら、同じ屈曲位にされて、お尻の孔にローションを塗り込められて、やがて、アナルに彼の亀頭が押し付けられてきました、
 
 「ああ、入れられる。」口を開き、お尻の力を抜いていっぱいにアナルを開いた時、「うう、入る、ああ、入った、ああ、」
 男に抱きつき、更に激しく唇を吸い合い、男のお尻に挿入された陰茎の動きを味わいました、引き抜かれる時の直腸の内襞の摩擦感、
 刺し込まれる時の圧迫感、「あああ、」女のようによがり声が出ます、 もう隣の部屋で男に抱かれて、お○んこされている妻の事は気になりません、
 
 男の肉体の欲情、男と男の卑猥な肛門性交、彼はとても上手です、時間を掛けて、横後ろから、真後ろから、最後は強く抱き合い、
 わたしのお尻の孔奥深く、射精されました、 「ああいい、良く締まったよ、」 彼はまだ20代、私より10歳若い、
 しばらく休んで、 隣の部室をそっと覗くと、妻が男に跨り、まだ、セックスの真最中、 それを見てまた欲情してしまいました、
 朝まで男と妻は隣の部室で過ごし、何回もセックスしたそうです、 私もタチの彼と、朝まで、抱き合い3回もアナルセックスされました、

ああああああああ

わたしは京都に住む40歳と32歳の夫婦です。
子供もようやく手を離れ、妻と最近はよく食事や散歩へとよく出歩きます。
今までは妻も私もSEXには淡白な方だと思ってました。
現に月に2~3回くらいがせきのやまでした。
先週の日曜日、大阪の日本橋と言うところに妻とテレビを買いに行った時
の話です。
地下鉄のホームで電車のスポーツ新聞を見ていたら、いろいろHな記事が
ズラリ並んでいました。
妻と人目を気にしながら読んでいたら、カップル喫茶の欄があり妻がこれ
なあにと私に聞いてきました。
私も実際行った事なかったんですが大体の想像はついていましたので知り
える範囲で妻に説明しました。
妻は相当の衝撃があったらしくしばらく無言だった。
その顔を見ると完全に想像だけで興奮しているのが私にはわかりました。
実際のところ私も興味がないわけもなく妻に今日行ってみようかと切だし
ました。
へたすりゃ、しばらく口を聞いてもらえないかも知れないかと内心はひや
ひやでしたが、妻もあたまっから拒否せず知ってるひとがいたらどうする
のとかこの年で行ったら笑われるわよとかまんざらでもない返事です。
ようし今日は社会勉強のつもりで行ってみようよ、変な雰囲気ならすぐに
出れば良いじゃないかとすんなり決行と相成りました。
おそるおそる門をたたいたのは上本町にあるカップル喫茶です。
入り口は地下へ降りる階段のおくで何やら怪しげなムードです、勇気を出
していざ突入すると暗い廊下があり突き当たりに受け付けが見えました。
しり込みする妻に行ってみようよとあちこち見まわしながら進むと、廊下
からみえるボックスで上半身裸の女性が男性の股間にまたがってオッパイ
を愛撫されてるではありませんか。
私たち夫婦は目が点になりながらも見て見ぬ振りでとりあえず受付まで、
足を運びました。
おどおどした様子で分かったのか店員さんが、はじめてのご来店ですかと
尋ねました。
はいと答えるといろいろ説明をしてくれましたが、妻も私も先ほどの刺激
で気もそぞろで料金を払った以外何も覚えてませんでした。
言われるままにBOXへ案内されドリンクを頂きしばらくは二人して、固
まっていました。
妻がすごい所ねと言った顔は今までに見たことのないような表現できない
陶酔した顔でした。
私が上を見てごらんと言いました、なんと天井がガラス張りで全体が覗け
る仕組みになってます。
すでに妻は感じてました触っても良いかと聞くとお願いと言う返事が返り
さすがに服は脱げませんでしたがまくり上げたスカートからすでに濡れた
パンティを下ろしさっき見たカップルのごとくすんなり合体してしまいま
した。
いつもは義務のようにしかしなかったSEXがこんなにドキドキの中で、
興奮しまくりの行為など私たち夫婦には信じられない事です。
あっさり果ててしまった私のジュニアを妻はフェラしてくれました。
これも私たち夫婦始まって以来の事です。
そして20分くらい余韻に浸ってカップル喫茶を跡にしましたがあの興奮が
今でも忘れられません。
私も妻も癖になりそうな気がします。
以上はじめての経験でした。

はじめてのスワッピング

「旦那さん、(入れて)いいですか?」ご主人が妻の口から
チンポを抜きながら言った。チンポは唾糸を引きながら妻の
口から離れた。それは青筋を浮かべテカテカと光りながら天
をむいて脈打っていた。まさに雄の性器であった。ご主人は
妻の足元に回り足をM字型に開いた。その中心部の恥毛は濡
れて陰唇にへばり付いていた。天を向くチンポを片手で押し
下げながら亀頭で割れ目を2度3度となぞった。ぱっくりと
口を開いた妻のまんこ…亀頭を僅か含ませてご主人は私を見
た。

今年の正月は最高の正月だった。妻からの素晴らしいお年玉
、それはSWの承諾。その夜の姫初め、まるで新婚初夜の気分
だった。心なしか妻も上気しているようだった。早速兼ねてか
ら用意していたSW相手夫婦の写真をベッドに五枚並べてみた。
既に条件なども話しあい、いつでもOKを連絡できるご夫婦達
であった。妻が選んだのは年齢40代後半でややでっぷり型ダ
ブルの服が似合いそうな紳士と30代半ば、和服姿の奥さんの
夫婦だった。社員10人の会社社長だと言っていた。処置済み
なので中だし…も条件に合っていた。妻は「性病は大丈夫?」
と心配そうだったが「本当の夫婦なら心配ないよ」と説得した。

その日、朝からそわそわと落ち着かなかった。何となく無口な
私達だった。待ち合わせるレストランに向かう車のなかでも無
口だった。口を開くと「やっぱ止めよう」と妻が言い出しそう
でしゃべるのを敬遠していたのだった。レストランでコーヒー
を飲みながら暫く待った。やがてご夫婦がやって来た。簡単な
挨拶と自己紹介。どうしても堅くなり勝ちな私達にご夫婦で話
し掛けて雰囲気を和らげてくらた。

「じゃぁ行きましょうか」
ご主人は先に立って車に案内してくれた。モーテルの部屋は和
室だった。手前の部屋には座卓、奥の部屋に布団が敷いてあっ
た。ここでもご主人の話は面白く私たちは何度も笑った。「風
呂に入りましょうか」ご主人は妻を見ながら言って浴室に消え
た。妻は暫く動かなかったがやがて意を決したように立ち上が
った。脱衣の音がして、浴室のドアが開閉した。二、三度水音
がして静かになった。「気になる?」奥さんが言った。「あち
らから中が見えるわよ、ご覧になったら?」私は見たかった。
妻が如何しているか見たかった。奥さんと抱き合うようにして
奥の部屋に移った。

妻は湯船の中で抱きしめられていた。ご主
人の舌が妻の唇を割っていた。奥さんが体をすり寄せて来た。
私は奥さんを抱きしめながら妻がされている様なキスを試みた。
奥さんは私のチンポを確かめるように手を伸ばしてきた。私の
ものは堅くいきり立っていた。「待ってて」奥さんは慣れた手
付きで和服を脱ぎ、ブラとショーツになった。「貴方も脱いで
よ」促されて私もトランクスだけになった。妻達が出てきた時
、私と奥さんは立ったままキスの最中だった。奥さんはチンポ
を撫でながら言った「あなた、旦那さんの大きいわよ」「お、
そうかい、可愛がってくださいよ」。

浴室ではキスとクンニを
した。奥さんのオマンコは薄毛でやや赤みがかって卑猥だった。
湯の中で指をオマンコに差し入れてみた。奥はぬらぬらと淫液
が溢れていた。浴室から出ると妻達は奥の布団で抱き合ってい
た。妻の口にチンポが差し込まれていた。妻は片手で根元を握
りながら顔を横に動かしていた。チンポがゆっくり出入りして
いた。私も二人の真似をして奥さんの口にチンポを差し込んだ。
奥さんのフェラは上手だった。「旦那さん、入れていいですか
?」兼ねて打ち合わせの通りご主人が教えてくれた。私はどう
しても妻が挿入されるその瞬間が見たいとご主人にお願いして
いたのだった。覚悟はしていたものの私の脳裏に逡巡するもの
があった。(いいのか?本当に?今ならまだ間に合う、止めて
と言える)だが一瞬の躊躇の後、頷いてしまっていた。

ご主人
は殊更ゆっくりと膝を進めた。亀頭が割れ目を押し広げながら
埋没し、そして青筋を浮かべた雄のチンポが根元まで挿入され
た。瞬間、妻は背筋を反らせ顔を仰け反らせ、シーツを握り締
めた。「気になる?」「すみませんね、やっぱり気になる、ご
めんなさい」「いいんですよ、皆さんそうなんですよ。一回終
わるまでゆっくり見てましょう」奥さんを横抱きし、キスをし
ながら乳房を揉み割れ目に指を這わせながら妻のオマンコを観
察していた。正常位で交わりながら舌と舌が絡み合っていた。
不思議に嫉妬はなかった。妻は時折眉間に皺をよせ、男の肩に
両手で抱きつき爪を立てていた。両足がM字型に曲げられ足首
を男の太腿に掛けた時がエクスタシーの時だった。妻の足が何
度かこの型を作った。「いく!」ご主人の声。男の激しい腰使
いが十回、二十回と続きそして緩やかになった。クリをチンポ
の根元で押しつぶすような動きは妻が最も好きなエクスタシー
時の動き方だった。妻は大きく口をあけ下から男にしがみ付い
て身体を硬直させた。

今、男の精液が生のまま妻の中へ注ぎ込
まれている。その様子を観察しながら突然今まで何百回も聞か
されてきた妻の彼、会社の上司との情事を思い出した。そして
めらめらと妻の彼に対して嫉妬の念が沸いてきた。会社の彼と
の時も妻は今と同じエクスタシーを迎えているのだろうか。彼
の精液をたっぷり注ぎ込まれて帰ってくるのだろうか。今妻の
上に乗って尻を振りながらイッているのが妻の彼だとしたら冷
静でいられるだろうか・・・ご主人が体を起こした。妻の身体
からチンポが抜かれた。それは淫液で濡れ光りながらまだ天を
向いて脈打っていた。妻は明るい照明の下に無防備の身体をさ
らしていた。私は妻の足をM字に広げて割れ目を観察した。そ
こはひくひくと息づいていた。息づくたびにご主人の精液が
じゅくじゅくと滲み出ていた。滲み出た精液は陰唇から溢れ、
会陰を伝いシーツに染みを描き出していた。
(中略)
元のレストランに戻った。
妻「あなた、見た?どうだった?妬いた?」
私「あぁすごく妬いたよ、俺の無理を聞いてくれて済まなかった」
ご主人「それがいいんですよ。大いに妬いて、それを超えた所に
    夫婦の固い絆があると思いますよ」
ご主人「奥さん、素晴らしいもの、お持ちですよ。ジューシーだし
    よく締まるし・・・旦那さん幸せ者ですよ」・・・・・・

スワッピングパーティーでご懐妊・・・・

参加しているスワッピングパーティに、ある日突然義妹が友人に連れられて参加してきた。
彼女は驚いていたが、妻はもっと驚いていたようだ。
妻は3人姉妹の長女、義妹は三女であり十歳も年下。結婚して1年ちょっとしか経っていないのに旦那に内緒でスワップに参加する大胆さ。流石は中学から援交していた根っからのサセ子である。もっとも、先にフライングでスワップ参加し、後から私の参加をを切り出した妻も結構なサセ子で、二女も色気ムンムン。血の様である。
一同が介するリビングに渋々と引っ張ぱられて来て、新人紹介で晒された義妹の裸体をを見て2度びっくり。なんと無毛の恥丘にはMAZO、オッパイには?bU9、さらに友人が恥ずかしがる義妹を寝かしてM字開脚させるとラビア両側に淫乱とタトゥが入っている。
ニップルとラビアにチェーンとあしらったピアスが下がり、やはり?bU9と入ったネックレスを付けている。デザインからして耳も胸もラビアも全部セットのようで、石もエメラルドだろうか緑の石で統一されている。
この日義妹は新人歓迎として当日居た男性、私を含む10数人からほとばしる歓迎を受けて悶えまくった。
4時間ほど弄ばれ、姉である妻と少し話したのち、嬉々として友人と共に帰っていった。
帰途の車中で、妻は私が知らない義妹の高校時代にあったいきさつを話し出した。
義妹のを連れてきた友人、実は妻のモト彼のようだ。
義妹が高校2年の夏休み、いつものように外泊を繰り返す奔放な毎日を送っていた。妻いわく、三女の義妹は三姉妹の中でも飛びぬけてセックス好きのサセ子で、中学早々には破瓜を済ませセフレも常に何人かいたようである。
もっとも、娘たちの性に関しては両親ともに無頓着で、3姉妹とも同じようなものだったようだ。
そんな夏休みに、義妹が1週間ほど帰宅しなかったそうだ。1~2日帰らないのは普通でもちょっと今回は長過ぎないかと家族で話していたところでひょっこり帰ってきた。
特に変わった様子もなくあっけらかんとしていたので気にも留めなかったそうであるが、あとで考えるとその日を境に風呂上りに裸でうろつかなくなり、脱衣所でしっかり着替えるようになったようである。
年が変わり正月に珍しく一同が揃い、楽しく正月を過ごしておとそ気分で迎えた夜。妻が風呂に入ろうと脱衣場のドアをあけると丁度ほろ酔い気分の三女があがったところで、乳首から下がるチェーンと股の黒い文字らしきものを見つけ驚いて凝視すると、三女もはっと我に我に返りバスタオルで隠しながらニヤっと笑ったそうな。
見せて見せて、とせがむと“イイでしょう”とバスタオルを払った胸には、、、綺麗な造作のニップルピアスに??69の刻印をあしらったネックレス、何より目を引いたのが右オッパイの??69と下腹部のMAZOの刺青であった。耳のピアスと統一されたデザインで、緑に輝く石が控えめに存在感を引き立てて、特注品のようである。“エメラルドだよ”とパジャマを着ながら答える三女に、何と聞いていいやら惑う妻。
“お姉ちゃんにだけ後で話すよ”と微笑みながら2階に上がっていった妹を、たまらず風呂そっちのけで追って行ったそうである。
“私、ある人たちに囲われていて、そのリストの69番目っていうことなの。“
と言って裸になった裸体を凝視すると、股下にも何か下がっている。
“ここにもあるのよ“とソファに腰掛けて開いた両足の付け根、性器の両脇には淫乱の2文字が。。。
ラビアには4穴が穿たれ、前側にはオッパイと同じデザインのピアスが下がっている。後ろ側は膣口の位置で穴の空いたプラグをねじ込まれ、その穴には膣穴を塞ぐ柔らかな素材の荒いネットが。貞操帯で完全に私生活を調教されているようである。
“オッパイに?bェあるのは私で7人目“とちょっと誇らしげである。
“夏に一週間外泊したでしょ、あの時なのよ。“とその時のことを語り始めた。
気前の良い援交相手から泊まりの誘いがあり、いつもと違う車に乗せられついて行くと複数の恐持て男性をあてがわれ、夜遅くまで休みなく抱かれ縛られ失神するまでイカされ続けた。
いつの間にか全裸で眠っていて、起き上がると4つのベッドがあり女性が寝ている。下半身に違和感を覚えてまさぐるとアヌスにプラグが刺さっている。おっぱいや下腹部には見慣れない文字やチェーンがある。びっくりして声を上げると他の女性が目を覚まし起き出した。
他の女性もみんな全裸で、義妹の近くに集まってきた。みんな下腹部はつるつるで、?bT5とか61とかの文字がある。
“69番目の新人さんね”
“わあ羨ましい、オッパイにマーク付き!”
“5月生まれでしょう”
“監禁は最初だけよ、びっくりしたでしょ”
目が覚めたばかりの義妹には何がなんだか分からないながらも、同じ援交の仲間ってことはすぐわかり、ホッとしたところでノック音がして援交の相手が数人の男とやってきた。
他の女性たちは男に連れられて出て行った。
援交相手は優しく、しかし強い口調で説明した。
1. 今回は一週間ここで調教を受けること。
2. 援交は月に数回、出来る限り受けること。
3. アクセサリーは取らないこと(切らないと取れない)
4. 相手の男性と直接のやり取りはしないこと。
5. 一切の男性関係を持たないこと。
6. ここの援交は20歳の誕生日まで。それ以降は自由。


続き・・・・・・

変態スワッピング

午後のシティホテルの一室、
 薄暗い部屋、眼を凝らすと、小さいスタンドがベッドの上の女体、いしい妻の白い裸体、形の良い胸、腹、Wの形にされた脚が浮き上がり微かに見えます、
 妻の下腹部には男の顔が埋められたまま、 被虐性と嫉妬心、卑猥な想いが、自分のM性の性癖をかき立てます、
 
 「ああ、きっと、男の唇、舌、指が妻の淫核を剥き、陰唇をなぞり、尿道口から膣孔、アナルを弄り回している、」
 あれほど恥ずかしがっていた妻が、スタンドの照明で、白く浮かぶ太股で、男の顔挟み、微かに善がり声を発しています、
 「うう、いとしい妻が初めて逢った男に・お○んこ・弄られて、感じている、もう火がついたら、妻はきっとこの男の勃起した茎の挿入を、許すだろう、」
 私は自分でピンピンに勃起した茎をしごきながら、ソフアーの陰から凝視してると、後ろから、もう一人の男に抱かれました、
 「さあ、可愛がってあげよう、」そう言われ優しく唇を合わしました、男が私の耳元で「奥さんと同じように、お○んこしてあげよう、」 わたしはこれから、いとしい妻が知らない男に犯されるのを、盗み見しながら、この大柄のゲイの男にお尻を犯されます、
 私ソフアーに四つ這いにさされ、後ろ手に軽く縛られて、「たっぷり可愛がってあげようね、こんなに大きくして、」口を開かせられて、男の陰茎を刺し込まれました、「ううう、デカイ、雄の臭いのする肉棒、」
 ベッドの上ではいとしい妻が男と69の体位で上になり、男のソソリ勃つ陰茎を優しく唇と舌で愛撫しながら、チラッとこちらを見た様です、私の被虐性癖にも火が付きました、「犯して、女の様に最後は中に出して!」心のなかで、叫びました、    
 妻は上から男の顔に股がり、白いお尻を押し付けさされて、何時も私にするように右手で
男茎を握り、亀頭を舐めています、「ああ、男気持ち良いだろうな!、」
 
 「あんなに股拡げられて、妻の陰唇の奥、膣口にきっと男の舌が挿入されているんだ、」 妻への情欲、男への嫉妬、私のMの被虐性、
 
 妻は耳元で男に何か言われて、首を振り、嫌がったが、促され体躯座りにされて、私に見せつけるように股を大きく開き、男に愛撫され男の唾液と愛液で、ベトベトに濡れたお○んこを自分で開いて見せながら、舌と舌を絡めた濃厚なキスを交わしました、
 「ああ、もう妻はさかりの憑いた雌、肉慾負けた女体、」
 男は妻を引き寄せ、先ほどの妻の濃厚なフエラで、私よりひと回り大きい、ピンピンに勃起した陰茎を,いとしい妻の濡れ輝る陰部に当てがい、ゆっくり亀頭で卑猥な肉淵を撫でながら
 また耳元で何か囁きました、 妻は首を横に振り嫌がりましたが、男に促されて
  「ああ、早く入れて下さい!わたしのお○んこに、チ○ポ入れて下さい!」
 「あああ、なんと卑猥な言葉を、、言わされている、」 妻[お願い、!!はやくお○んこして!」
 
 妻は屈曲位にされ、私に挿入が良く見える様に、男の大きな身体が妻の尻に密着して行きます、、、妻[ああ、凄い、良い、」
 14cmはある男のいきり勃った茎が、いとしい妻の濡れぼそった陰唇を広げ、膣孔の粘膜の奥深く、突き刺されました、「ひ~~~~!」妻の歓喜の声、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続き

 

妻のビデオ

みなさんはじめまして。私35才、妻31才。子供が2人います。
妻(ゆき)は顔は美人ではありませんが、体はややポッチャリの肉付きの良い体をしています。
最近はあまりですが、少し前までは妻にネットで単独男性を募集させてはエッチをさせていました。
その際には妻にビデオカメラを持参させて、エッチの様子を撮影してもらい、
その様子をあとで私が見て楽しむ。というのを何度かしていました。
が、やはり欲望はエスカレートし、1人の男性だけでなく複数の男性に犯される妻を
見てみたい気持ちがどんどん強くなっていきました。
妻もまんざらではなさそうで、「一度くらいやったらいいよ」と興味ありでした。
そこで妻にも、エッチした相手に「誰か知り合いがいたら複数プレイしない?」と聞かせたりするのですが
男性の返事はいつも「そんな知り合いはいないよ~」でした。

そんな中、ついにOKの男性が現れました。
妻と2度エッチした後、「じゃあ、会社の知り合いがいるから3人で犯してあげる」とのこと。
やっと夢が叶う~!と私はワクワクしながらその日を待ちわびました。
当日、夕方6時待ち合わせなので5時過ぎに妻は出かけました。当然、ビデオカメラ持参です。
夜の12時には帰ってくるように、と言いましたので子供2人と晩ご飯を食べ、
風呂に入り、寝かし付け、妻の帰りを今か今かと待っていました。
妻が帰ってきたのは夜12時15分頃でした。
聞くと、男性3人と飲みに行き、いざホテルへ!しかし近くに複数で入れるホテルが無く、
複数OKのホテルを探していた為、少し時間が掛かったとのこと。
酔いが残っているのか、妻の目はうっとりした感じでトロンとしてました。
服を脱がしてみると、ワンピースの下は下着を着けておらず、全裸でした。
乳首は勃起し、アソコを触るとヌルヌルでした。
「あっ・・あっ・・はぁ・・ん」
触っただけでビクビクと裸体を痙攣させて、今にもイってしまいそうです。
明らかに帰りの車の中で男達に弄られていたのが分かりました。
話を聞きたい衝動に駆られましたが、聞いてしまうとビデオを見たときの楽しみが半減するので、
妻をそのまま寝室で寝かせ、妻のカバンからビデオカメラを取り出し、焦る気持ちで
自分の部屋のテレビにカメラを接続してイヤホンをし、カメラの再生ボタンを押しました。

3人の男達の内訳は、最初に妻とエッチをしたT氏(35才)。
T氏が連れてきたKとD。
Kは21才で力仕事をしているらしく、筋肉質で妻の好みのタイプ。
Dは20才で少しデブ、後で妻が「すごいスケベで飲み屋で飲んでいるときから体を触ってきたり、
キスを迫ってきたり、目つきがイヤらしかった」と言うほど女に飢えていたようです。(妻の嫌いなタイプです)

テープの再生を始めると、ホテルに置いてあるピンクの浴衣(?)姿の妻が映りました。
どうやら全裸に浴衣だけを着ているようです。
妻を挟むようにKとDが青の浴衣姿で立っています。撮影はT氏。
どうやら全員、シャワーを浴びた後のようです。撮影時間を見ると、午後9時12分。
Dの肉棒は既に勃起し、浴衣の隙間から飛び出しています。
その飛び出した肉棒を妻に握らせ、嬉しそうにニヤニヤしています。
T氏の「じゃあ、やろっか」の合図でKとDが両横から妻に手を伸ばします。
妻はかなり酔っているらしく「フフフッ」と上機嫌で微笑んでいます。
KとDが妻の両耳を同時に舐め始めます。はぁっ…と妻の体がビクンと反応します。
4本の男の手が妻の身体を愛撫します。乳房を揉んだり、乳首をつまんだり、お尻を撫でたり…。
「あっ…あっ…はんっああん…」ピクッピクッと体を震わせながら妻の右手はDの肉棒をしごいています。
左手も浴衣の隙間からそそり立つKの肉棒を握っていました。
Dの肉棒サイズは大きめ、Kのは普通サイズです。
2人とも若いので、その勃起した肉棒はヘソにくっつく位に上を向いています。
Kが妻のローブを脱がせ、全裸にします。男達もローブを脱ぎ全裸になります。
Dが妻の唇に吸い付きます。指は妻の勃起した乳首をクリクリと摘みます。
Kはしゃがんだ体勢になり、妻の下半身を責めるつもりです。
妻は唇を吸われながら「は…はぅ…ふぅん…んふぅ…」と喘いでいます。
Dは、「ふーっ…んふーっ」と必死に妻の唇を貪っています。時々自分の唾を妻の口に流し込んだり、
「ゆきさん舌だして」と妻の舌に自分の舌を絡めたりしています。
妻も「やぁ…っ」と言葉ではDの唾飲みを拒否しますが、口は開いたままでDの唾を受け入れていました。

Kが「もっと足をひろげて良く見せて」と妻の足を広げて、両手でワレメを拡げます。
「すげぇ、めっちゃ濡れてる!Tさん、撮ってみ!すげぇ濡れてるで!」 「おっ どれどれ」
カメラが妻の拡げられた股間に近づきます。「おお~すげぇ~っヌルヌルやん!」
影で暗くなり見づらいですが、拡げられたワレメの奥のピンクの淫肉がヌラヌラと男を誘っているのが分かります。
「やぁ…あっ…はぁぁ…だめっい…いくぅ…」
Dに首筋を舐められ、両乳首をクリクリと摘まれ、拡げられたワレメを男2人に視姦され
妻は軽く絶頂に達したようです。拡げられた淫肉はヒクリヒクリと蠢き、開いたり閉じたりしています。
「すげぇ、もうイッたん?めっちゃスケベな体やん!」 「そうやろ?だから言うたやろ。スケベな体してるでって」
「そやけど、オマンコ拡げて見ただけでイクか?こんな女初めてちゃう?」 「もっとやったらイキっぱなしになるで」

確かに妻は一度イクと、その後はイキやすくなり、何度でもイキまくります。
しかし、これほど簡単にイクとは私も驚きました。酔いと、この異常な状況でかなり興奮しているのでしょう。
T氏に対してKとDは敬語は使っていません。友達的な知り合いなのか、関係は分かりませんが…。

K「すげぇ~、とことんやったろ。ええな、ゆきさん。イカしまくったるからな」
妻はまだ体をピクンピクンと痙攣させながら「あぁ…はい…」と頷きます。両手は背後のDの肉棒を後ろ手にしごいています。
玉袋を揉んだり、亀頭を指先で包むように撫でたり…。肉棒の先端からはかなりの透明な液体が漏れているようで、
妻の指先は糸を引いています。「俺、もうヤバイ。出そう…。」Dが情けない声で呟きます。
「もうか?まあええわ、一回出しとけ。まだまだ出せるやろ?」 「うん。大丈夫。まだまだいける」
「ゆきさん、このまま一回出すで…。もっとしごいて…。」 「はぁっん…うん…あっはあぁん…。」
Kがワレメに指を這わせます。クリを指でこすったり、入口あたりを指でかき回したり。
その度にヌチャッヌチャッとイヤらしい音が聞こえてきます。「ああっああっやぁ…いっ…くぅぅ…」
それと同時にDも 「おおっ俺も出る…ゆきさんっ出る出る!」
Dの肉棒からビュルッと精液が飛び出し、妻の腰あたりにぶつかります。
「おおっ…おおぅっ」Dが情けない声を出す度にビュルッビュルッと精液が飛び出し、妻の尻や腕に飛び散ります。



続き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヤンキーの先輩から無理矢理買わされた媚薬を友達の母親に使った時の話

"

俺は現在36歳の会社員です。

高校2年の時の体験談…っていうより、実行してしまった経験を投稿させて頂きます。

俺が高校2年の時、ヤンキーの先輩からある薬を買わされました。

俺が仲の良かったクラスメイトの晴彦(仮名)の母親に試す事にしました。

母親の名前は香苗(仮名)さんと言い、晴彦を17歳で産んでたので、オバサンっていうよりはお姉さんって感じの女性で、見た目も辺見えみりに似ているかなりの美人でした。

香苗さんは俺と晴彦の家から10分位のレンタルビデオ店で働いていたので、計画が立てやすい存在でもあり、晴彦は国立大受験の為、毎週4日(月水金土)塾に通っていて、週末は塾帰りに俺の家により泊まってくのがいつものパターンでした。

計画も、俺の家に泊まる予定にして、晴彦の父親(長距離運転手)が仕事で居ない時を狙いました。

決行日、俺は自分の親に晴彦が泊まりに来る事と、俺のバイト終わりが遅くなるから晴彦にメシを食べて待ってて貰う事を連絡してレンタルビデオ店に向かいました。

香苗さんの仕事終わりの時間は昔から知ってたので、わざとらしく

「こんにちは!」

と声を掛けてみました。

香苗「こんにちは!今日晴彦泊まりに行くんだよね?ゴメンね、いつも迷惑かけて」

俺「いえいえ、俺もいつも呼びつけてスイマセン」

香苗「何か借りにきたの?アダルトは貸さないよ(笑)」

俺「違いますよ(汗)何か適当に借りようかと…それにこれから、晴彦迎えに行く所なんです」

香苗「えっ!どこに?家??」

俺「はい。」

香苗「じゃ、私もう終わりだから車に乗ってく?」

俺「お願いします」

予想通りの展開でした。

香苗さんの車に乗り晴彦宅まで約10分、世間話をしながら俺は薬を使うタイミングばかり考えてたので、何を話したかはよく覚えてません。

ただ、""晴彦に彼女はいるのか?""としつこく聞かれた事は覚えてました。

晴彦宅に着くと、リビングでコーヒーをもらいながら世間話の続きをしつつ薬を入れるタイミング狙って、

俺「晴彦はいつも何時頃に終わるですか?」

香苗「予定表見てみるね」

香苗さんが席を離れた瞬間に、コーヒーに4滴!!

香苗「19時位だね!」

俺「まだ、2時間位ありましたね(汗)」

香苗「いいよ!ゆっくりしてなよ!」

20分くらい様子を見たけど、香苗さんに変化なし。

更に香苗さんの飲み物に5滴入れる事に成功し、20分ほど様子見したけど全く変化がなかった。

諦めかけた時に香苗さんがトイレに立ち、座ってたソファーに大きくはないけどシミを見つけました。

それを見た俺は物凄くテンションが上がり、香苗さんが戻るのを楽しみに待ってました。

香苗さんの服装がスカートからハーフパンツに代わって、俺は更にテンションが上がって行動に出ました。

俺「スカート、やっぱり濡れてたんですね」

香苗「気付いてた!?」

俺「何か言いずらい場所だったから(笑)」

香苗「台所で水弾いたから濡らしちゃったよ」

俺「膝の所も塗れてますよ。」

香苗「えっ!どこ???」

香苗さんが下を向いた瞬間に、俺は香苗さんのハーフパンツと太ももの隙間に手を入れました。

香苗さんは驚いて

「何してるの!!(怒)」

と大きな声を出しましたが、パンティーはドロドロに濡れてました。

俺は無言でパンティーとハーフパンツを剥ぎ取り、マンコにむしゃぶりつき、香苗さんが大人しくなるまで舐め続けてました。

香苗さんの抵抗がなくなり、時々身体がピクッと反応してきた時を狙って一気に挿入しました。

香苗「それは駄目!!早く抜いて!!」

俺(無言)

香苗「駄目!大きい声出すよ!」

俺「でも、物凄く濡れてますよ。抜くのは無理ッス」

香苗「いいから、抜いて!アッ!ァァァー」

香苗さんの身体が痙攣したと同時にマンコが締め付けてきたので、香苗さんがイった事が解りました。

身体がピクッと反応してるのを確認して初めて着てた服を脱がせてみると、薄緑のブラジャーと透けて見える乳首を見る事が出来ました。

俺はキスしようとしたけど、香苗さんは避け続けるので無理でした。

仕方なくブラジャーをズラして乳首を舐めたり噛んだりする内に、

香苗「もう、やめよ!駄目だよー」

俺「無理です。止められない」

香苗「舐めてあげるから、お願い!やめて!」

俺(無言)

香苗「イヤっ!アッ!ンーーーーー!」

2回目の絶頂と同時に

俺「出る!!」

香苗「駄目!外に出して!!」

香苗さんの言葉を無視して中に出してしまいました。

香苗さんは驚き、俺を突き飛ばして風呂に飛び込んで行きました。

俺は全裸になって香苗さんの後を追いかけて風呂に入りました。

香苗「何したか分かってる!?(怒)」

俺「スイマセンでした」

香苗「いいから、帰ってくんないかな!」

俺「本当にスイマセンでした」

香苗「赤ちゃん出来ても責任取れないくせにマセてんじゃないよ」

俺「責任は取ります!」

香苗「取れないでしょ!!」

シャワーを止めて脱衣場に香苗さんが上がってきたと同時に、抱きつきました。

香苗「やめろ!!(怒)」

俺「でも、物凄く濡れてますよ。まだヌルヌルしてる。」

香苗「濡れてねーよ!」

俺「どんどん出て来るよ。音してるし」

脱衣場と風呂に、ニチャピチャ…と音が響いてました。

香苗さんの表情が変わり、口調も怒りながらもだんだん変わって行きました。

香苗「やめてって!」

俺「じゃ、やめる。」

香苗「あん…やめないで…」

俺「責任取れないから…」

香苗「いじめないで(泣)」

俺「ベットに行こ!」

香苗「激しくして…」

香苗さんはMでした、ベットに移動し4回中出し。

3時間入れっぱなしで香苗さん8回はイってたと思います。

その後晴彦との付き合いは変わりませんでしたが、香苗さんには仕事先も異動になって会えなくなりました。

会えなくなって1年、高校3年の受験シーズンに入った時に晴彦から""香苗さんが赤ちゃんを産んだ""という話を聞き、香苗さんに会う事にしました。

香苗「久しぶりだね!」

俺「久しぶりです!晴彦から話を聞いて…」

香苗「○○君の子じゃ無いよ(笑)」

俺「何か、スイマセンでした」

香苗「昔の事だよ(笑)!それより、赤ちゃん見てく?」

俺「はい。」

赤ちゃんは、ぐっすり寝てました。
香苗「そういえば、○○君H上手だね。あの次の日旦那としたんだけど…イカなくて、もう旦那としなくなっちゃった(笑)」

俺「あの時は、お互いに変に興奮してたんですよ(笑)」

香苗「そうかなー相性良いと思うよー」

俺「そんな話すると、俺また我慢出来なくなるから(汗)」

香苗「我慢しなくていいのに(笑)」

そう言われ、俺は香苗さんに抱きつきパンティーを剥ぎ取って挿入してました。

1年前に比べると、子供を産んだせいもありますが少し緩めで、代わりに胸がパンパンに大きくなってて、乳首を摘むと母乳が飛び散る程吹き出てました。

香苗さんは、物凄く乱れて久しぶりのSEXを満喫してました。

それと同時に、香苗さんとの関係は今も続いてます。

Midnight JOY極品媚薬 溢れ出る快感 男女兼用
リンク:

"

ガキの頃から

思春期にもなると性への関心が高まるもの。
でもオレの場合は少し?変態だったかも。
中学に入ったころから、化粧や女装したい衝動がありました。
2年のとき、就職で家を出た姉貴の下着をこっそり履いたとき、
すごく興奮しました。
冬休みに入った日に、ポケットに口紅を隠し、姉貴下着を身につけて
外出しました。
女装はしていませでしたが、ドキドキしていました。

どこかで口紅を塗ってみようと考えていました。
でも誰かに見られるのは避けたかった。
自転車で走りながら、ふとトイレなら見つからないだろうと
思いました。小学生の頃遊んだアバーベキュー施設ある公園を
思い出しました。
そこのトイレなら誰にも見つからないだろうと思いました。

トイレは雑木林の中にあり、夜なら怖い場所です。
季節はずれもあり、思ったとおり誰もいませんでした。
トイレの前で、どうせなら女子トイレに入ろうかなと
迷っていたとき、突然「何してる?」と声をかけられました。

心臓が止まるくらいびっくりしました。振り向くと男の人でした。
とっさに落し物探しているとウソをいい、その場から逃げようとしまし
た。しかし腕を掴まれました。
男はおまわりさんだと言いました。でも制服でなく刑事なのかなと思いま
した。最近いたずらが多くて見回っているといいました。
そして持ち物検査するからと、手を引かれ何故か女子トイレに連れて行か
れました。

中に入るとすぐに体を触り始め、ポケットから口紅を取り出しました。
「これお前のか?」と笑いました。もうどうしていいか分かりませんでし
た。すると突然股間を握られ、「チンコついとるんか?」といいました。

ズボンの中も見せてもらわないといわれ、無理やり個室に入れられ
脱がされました。パンティーを見られ、すごく恥ずかしかった。
笑いながら女の子の格好が好きか?と聞かれ泣きそうでした。

下着も脱がされ、チンコを見られました。小さいなーと
笑っていました。しばらく指で引っ張ったりされ弄んでいました。
男は自分のものを出しました。オレの何倍も大きかったです。

咥えろといわれ無理やり顔をに近づけられました。
髪を引っ張られ、口に入れられましたが泣きながら
嫌がると、今度はオレのを口に入れられフェラし始めました。
気持ちいいわけもなく、恐怖でいっぱいでした。
後ろ向きにされるとお尻も舐められました。

男の唾液でベトベトになると男の勃起したペニスを挟まれました。
力を抜けと言われ、何度も突かれ挿入しようとしてましたが
痛いし怖くて何度も嫌がっていると、中に入れるのはあきらめ
お尻に挟んだまま前後に動かしました。

すぐにドロっとした熱いものを太ももに感じました。
トイレットペーパーで拭いたあと、またフェラされ
剥かれたりしました。チンコや金玉を吸われた時はすごく
痛くて男の頭を叩きましたが、やめてくれずに
狂ったようにしゃぶったり吸ったりしていました。
一度も勃起せず痛いだけでした。

家に帰りすぐにシャワーを浴びました。
その後数日はおしっこするとき、ヒリヒリしました。

下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁

こんばんは。
35歳の自営業者で、29歳の嫁と仲良く暮らしています。子供はまだで、楽しく2人で暮らしてます。

結婚して4年経つので、若干倦怠期かもしれません。
最近では、オナニーをすることも多くなりました。とは言っても、結婚して一緒に暮らしているので、動画とかでオナニーをするのは難しく、テキスト系のサイトばかり見てオナニーしてます。

萌えた体験談サイトなどを見てオナニーをしているうちに、NTR使える寝取られサイトというサイトで、寝取られ性癖に目覚めてしまいました。

それからというもの、寝取られ系の話を見るたびに、嫁を重ね合わせています。とは言っても、東京在住ではないので、カップル喫茶とかハプニングバーなどもなく、掲示板で出会いを求めるのもリスキーだなと思うばかりで、行動できないでいました。

もっとも、そう言う環境が整っても、嫁が同意してくれるはずもないので、妄想するだけで我慢してました。


そんな中、マンションの隣に引っ越してきたファミリーの、息子さんが気になりました。ちょっと陰気な感じで、挨拶は会釈だけみたいな、コミュニケーション能力が欠如している感じでした。

そんな彼の、嫁を見る目が妙にギラついている気がして、ドキドキしました。

お隣さんは、年上ですがとてもフレンドリーな良い人で、すぐに仲良くなりました。なんでこの明るい夫婦に、あの息子が出来たのか不思議でした。


『パパ……また盗られちゃった……警察に届けた方が良いのかなぁ?』
嫁が、不安そうな顔で言ってきました。私たちの部屋は3階ですが、なぜか最近下着を盗まれることが多くなりました。
どうやって忍び込んでいるんだろう? 不思議に思いながらも、警察に行った方が良いのかな? と悩んでいると、あっけなく犯人がわかりました。

隣の息子の圭くんが、謝りに来たからです。
休みの日の午後、ドアをノックして我が家に来た圭くんは、泣きながら謝り、下着を4枚返してきました。

嫁も私もビックリしましたが、若い彼に泣きながら謝られて、簡単に許してしまいました。

「いいよ、もう泣かなくても。ご両親には黙っとくから。それにしても、ベランダ乗り越えるなんて、危ないでしょ? もうしちゃダメだよ」
こう言っても、泣きながら謝り続ける圭くん。
『そうよ、言ってくれれば、いくらでもあげるのに』
嫁のこの言葉に、私も圭くんもギョッとしました。
もちろん、嫁なりに場の空気を和らげようとして言った冗談だったのですが、私の寝取られ性癖を直撃しました。

「じゃあ、今はいてるの渡してあげなよ」
私がそう言うと、
「エッ!?」
『えっ!?』
と、圭くんと嫁が同時に言います。

「圭くんも、そういう時期なんだから、それくらいしてあげないと。彼を犯罪に走らせたのは、舞かもしれないよ?」
私は、このチャンスを逃したら後がないという、不退転の決意でそう言いました。

「い、いいんですか!?」
目をキラキラさせながら言う圭くん。

『うぅ……じゃあ、脱いでくる……』
嫁は、私の決意の固さに気圧されたのか、あっけなく折れました。

「ダメだって、ココで脱がないと。今脱いだのかどうかわかんないでしょ?」
『えぇ~? 本気なの?』
嫁は戸惑いながらも、目が好奇心に光っている感じです。

圭くんは、期待と好奇心でもっとキラキラ光っています。

「未来ある青年のためだよ」
私が大まじめに言うと、
『わかった……』
そう言って立ち上がり、スカートの中に手を突っ込みました。そして、スカートがまくれないように、慎重に下着を脱いでいきます。

こんな状況で、下着を脱ぐ嫁。圭くんは、凝視しています。私は、ドキドキしすぎて心臓が破れそうでした。

そして、上手く下着を脱いだ嫁。脱いだ下着をこそこそっとチェックします。汚れたりしてないか確認したのだと思います。

そして、そのピンクの布を丸めて小さくすると、圭くんに手渡しました。圭くんは、緊張しながらそれを受け取ると、慌ててポケットに押し込みました。

「それで、何するの?」
私が聞くと、圭くんは顔を真っ赤にします。
「そ、その……自分で……します……」

嫁も、その言葉を聞いて頬を赤くしてます。
『もう! いじめちゃダメだよ!』
嫁にそう言われても、もう引っ込みがつきません。

「女の人のアソコって、見たことある?」
私がそう聞くと、
『ちょ、ちょっと! なに言ってるの?』
嫁が先に反応します。

「ないです……」
小声で答える圭くん。
「ネットでも?」
私が聞くと、
「はい……」
と答えました。

「見たい?」
私の質問に、
「見たいです!」
と、結構強く反応しました。

もう、やるしかない! そう思った私は、前触れもなく嫁のスカートをめくりました。
低い位置から、千堂のスマッシュのように、素早くめくりました。
ぴらぁっとめくれて、嫁のヘアが見えました。
『キャッ! ちょ、ちょっと! 何してんの!』
慌ててスカートを押さえつける嫁。

「見えた?」
「はいっ!」
圭くんは、元気いっぱいに答えます。普段、彼が暗い感じだと思っていたのも、単に人見知りだったんだなと思いました。

顔を真っ赤にして、スカートを押さえながら、
『もう! バカッ!』
と、むくれる嫁。でも、興奮している感じの目になっているのに気がつきました。


「なぁ、見せてやれよ。中途半端な事して、犯罪でもしたらどうするの?」
私は、必死でした。
当然、強く抵抗されましたが、色々と説得をして、とうとう折れてくれました。

『あなたはあっち行っててよ……恥ずかしいよ……』
モジモジと言う嫁。本当にイヤなら、逃げてると思います。やっぱり嫁も、この若い彼を、どこかいじめたいというか、大人のレッスンをしたいという気持ちがあるのだと思います。

コレは、イケるかも……寝取られ生活に突入? 期待が広がります。

私は言われた通り、その場から離れます。そして、部屋の反対側に行き、存在を消します。


『じゃあ、ちょっとだけだからね。さ、触っちゃダメだからね!』
「はいっ! わかりました!」
こんな会話を経て、嫁がスカートをまくり上げていきます。

嫁は私に背を向けているので、彼女の可愛いお尻が見えました。そして圭くんは、モロに嫁のアソコを見ていると思います。

『み、見える?』
緊張で震える声で言う嫁。
「広げて……下さい……」
圭くんは、キョドりながらも大胆なことを言います。
『……はい……』
嫁は、スカートを持っていない方の手をアソコに持っていきます。
「凄い……」
おそらく、ビラビラを広げたのだと思います。
『もういいでしょ?』
「なんか、垂れましたけど……大丈夫ですか?」
『!! ば、ばかっ!』
嫁は、大慌てでスカートを戻し、廊下に飛び出ました。ドアが閉る音がしたので、トイレに駆け込んだんだと思います。

私は圭くんを送り出し、トイレの嫁に声をかけました。でも、返事がありません。
うわぁ……怒ってる……泣きそうでした。でも、ちゃんと謝ろうと思い、ドアを開けてみると、カギもかかってなくてすんなり開きました。

そこには、トイレに座ってオナニーをする嫁がいました。
私と目が合うと、
『またしようね?』
と言いながら、私に抱きついてきました。

こんな風に、倦怠期はいきなり終わりました。

会社の新人が、出張先でレイプされるのを目撃?

真理子が、大型トラック運転手の男に風呂場と部屋でレイプされた翌日は、市場調査で

真理子と同行でした。

車を運転していると龍〇温泉の看板が見えて、真理子に温泉に入って昼食を取ろうと

提案すると真理子も賛同してくれたので、龍〇温泉に向かいました。

龍〇温泉に着いて、フロントに行くと、お得な昼食パックがあったので二人分お金を

払うと白い浴衣をもらい説明を受けた。

温泉は、混浴で白い浴衣か裸でもどちらでもいいのことで、温泉から上がって着て

昼食になるのことを言われた。

真理子は、混浴と聞いてちょっと困った顔をした。

フロントの係が、まだ早い時間なのでお客様が、初めてですから貸し切り状態ですよと

言うのを聞いて少し真理子は、安心したみたいです。

脱衣所に行き手前が、男で奥に女の脱衣所があります。

私は、真理子が脱衣所に入るのを見て、真理子が服を脱ぐのを盗撮目的で、覗きに行き  

ました。

覗くと真理子が、スカートを脱いでいてストッキング越しに、ピンクのレース地で

ひものパンティが見えてます。

これは、シャッターチャンスと思い盗撮しました。

ブラウスのボタンをはずして脱ぐとピンク色のブラジャーがあらわになり、プルンと

揺れるおっぱいがエロいです。        

次に、ストッキングを脱いで、ブラジャーのホック外すとおっぱいが見え乳首が、

立っています。

パンティを脱ぐ時に、前かがみなりマンコが見えて、私のチンポは、勃起してしまって

真理子の体は、エロいです。

白い浴衣を着て真理子が、出てくるので、隠れました。

真理子が、出て行くのを確認して、私は、真理子の下着とストッキングを取って私は、

急いで脱衣所に戻りパンティを見ると、マンコの部分が濡れています。

私は、下着とストッキングを隠して、服を脱いで白い浴衣を着て混浴に向かいました。

露天風呂に行くと、真理子いて温泉につかっていました。

私が来ると、はずかしそうに真理子はしています。

白い浴衣から透けて立っている乳首が見えます。

真理子「はずかしいから向うに、行きますね」

真理子は、立って岩陰の方に行きました。

濡れた白い浴衣が、おしりにピタリ張り付いた後ろ姿が、またエロいです。

いいおしりしていて、真理子をバックから犯したい気持ちがこみ上げてきた。

私もあの大型トラックの男みたいに、真理子をレイプしたい欲望が膨らみました。

私は、真理子の透けた裸体を盗撮したくて、デジカメを脱衣所に撮りに行くこと

にしました。

私「吉〇さん、ごめん、一本電話いれるのを忘れてたからいれてくるねー」

真理子「はい、」

脱衣所に行くと、怖そうなおじさんが三人いて、チンポが、みんなデカイです。

私の二倍近くあり、一人のチンポは、ブツブツとたくさん突起しています。

おじさんA「綺麗な姉ちゃんが居たらいいなー」

おじさんB「あーいたら最高やなー」

おじさんC「居ったら、俺は、しゃぶってほしいなー」

三人は、白い浴衣を着ないで、タオル一枚持って脱衣所を出て行きました。

私も後を追って行きながら、真理子が、もしかしたら屈辱されるんではないか期待

しながら露天風呂に向かいました。

私は、真理子とおじさん達の死角に入り覗きと盗撮の準備をしました。

おじさん達は、真理子に気付くとチンポを隠さず近寄って行きました。

おじさんB「お姉さん、一人で来たのー」

真理子は、ぶらぶらしているチンポに気付いたのか恥ずかしいそうに答えた。

真理子「いえ、上司と昼食がてら二人で来ました。」

おじさんA「上司って男・女どっち?」

真理子「あー男性です。」

おじさんA「へぇーもしかして上司とエッチな関係」

真理子「違いますよーたまたま、昼食で寄ったら温泉が付いてたんです。」

おじさんA「でも、お姉さんの体を見て欲情して襲ってくるかもよー」

真理子「大丈夫です。そんなことありません。」

おじさんB「分かんないよーお姉さん見たいな美人さんだと。所で歳いくつー」

真理子「・・・22歳です。」

おじさんB「若いねー 下の名前教えてよー」

真理子「えっ・・・真理子です。」

おじさんB「真理子ちゃんかー 彼氏いるのー」

真理子「います。」

おじさんB「真理子ちゃんに質問、彼氏のチンポと俺のチンポどっちが、大きい?」

おじさんBが、真理子の目の前に、チンポを近づけた。

真理子「キャ~困ります。やめてください。」

おじさんB「真理子ちゃん教えてよー 触らないと分からんかなー」

おじさんBは、真理子の手を取り手コキ強要しました。

真理子「いゃ~やめてください。お願いします」

おじさんB「言うまでやめないよ。真理子ちゃん教えてよー ほら、段段硬くなって

大きくなってきただろー 咥えたくなっただろー」

真理子「・・・そんなことありません。」

おじさんA「早く言うこと聞かないと、こいつは、気が短いから真理子ちゃんを

襲うかもよー透けて見える乳首見て俺は、興奮しているけど」

そう言うとおじさんAは、真理子を立てせて後ろに回り浴衣の上から真理子の

おっぱいを両手で揉み始めました。

真理子「いゃ~ん やめてください。あぁん・はぁ~ん 言いますからゆるして~」

おじさんAは、お構いなしに真理子の浴衣の中に手を入れて生おっぱいを

揉んだり乳首をいじくっています。

おじさんA「真理子は、いい乳してんなー いやと言いながら乳首が立ってるじゃねーか」

真理子「あぁぁ・・・お願いします。やめてください。あなたの方が、おぉきいです。」

おじさんB「えーだれの何が大きいか、分かんねーよー 時間切れね真理子。罰として

キスねーほら舌を出せー」

おじさんBは、強引にキスをしました。

真理子「いゃ・うぅぅ・・・あぁぁ~ゆるして~~」

おじさんCが、真理子の浴衣を開いてマンコを舐めはじめました。

真理子「あぁ~ん ダメ~~~うぅぅぅ・・・はぁ~~~ん」

おじさんA「真理子、気持ちいいのかー」

おじさんAは、真理子のおっぱいをペロペロ舐めいて手を取り手コキまでさせています。

真理子は、自ら手コキしていてキスも舌を出してやっています。

真理子「あ~~~ん ダメーーいぃぃ・・・もう~ダメ―気持ちいぃぃぃぃぃ」

おじさんC「マンコベチョベチョやでー真理子は、スケベやなー」

浴衣は、脱がされて屈辱されてる真理子を私は、盗撮しました。

真理子は、四つん這いされてフェラを強要されてチンポを咥えました。

そのとき、脱衣場の方からおばさん達が来たのに気付き、おじさん達は、真理子を

解放しました。

続き