彼の手で脱がされ男友達の前でマ〇コを晒したMな私【エロ体験談】

私は29歳のOLです。

性格はMそのもので、特に言葉責めに弱く、恥ずかしいことを強要されたり、いじめられることにとても感じてしまいます。
体もかなり敏感で、はっきり言って淫乱な女です。


あるとき、私と大好きな彼氏と3人の男の子の友達との5人で彼氏の家での飲み会をしました。
その日、私はかなり酔っていて、みんなの前でパンツをチラ見せたりしてふざけていました。


何回もチラチラ脚を広げてるうちに、みんなの目が真剣になってきて、突然彼氏に「もっと恥ずかしいことしてやる」と言われました。

彼氏に後ろから脚を抱きかかえられながら、腰を前に突き出して、3人に向かって脚をめいっぱい左右に広げられてしまいました。
ミニが捲れ上がって紐パンを丸見えにさせられました。

すごい視線と言葉に犯されているような感触を味あわい、少しずつおまんこが感じ始めてきているのが自分でもわかりました。
彼氏の指がパンツの横紐を触りました。

大量潮吹きする体質のヤリマンギャルをナンパ【エロ体験談】

この前、ナンパしたヤリマンギャルが
鯨みたいに超凄い潮吹きギャルだった。

今まで結構な人数としてきたが
あれほど潮を噴くのは初めてだった。

アダルトビデオだけの世界だと思ってたけど
本当に素人の女でも潮吹き体質っているんだな。

ホテルに入って
シャワーを浴びてコトにおよぶ。

攻めてグチャグチャに
感じさせるのが好きな私は
胸から攻めはじめ、
オマンコに人差し指を突っ込み、
クリを舌で攻めつづけるとクリの裏側が
プックリと盛り上がってきた。

これはひょっとして?

と思って指を2本にして盛り上がった
部分を掻き出すようにすると、
女は急に声のトーンが上がり

「あっダメっ イクッ あぁあ~」

とさけんで大量の飛沫を
噴き上げて絶頂した。

中国で出来た彼女に初めての中出し【エッチ体験談】

まもなく40歳になる私が、大学の卒業論文を作成するにあたって、日本国内では入手出来ない資料や情報を集めるため、中国の首都である北京市に行った先で出会った現地の女性との体験談です。


当時の私の語学力は乏しく、その日は通訳の人を雇って、北京市の西側に位置する『盧溝橋』と『抗日戦争記念館』を訪れた後、それまでの日であちこちと歩き回っていた事もあり、通訳の人に、お勧めの大浴場があるホテルを紹介してもらった。

入浴後に、サッポロビールが出資するレストランで夕食後に、向かいにあるスナックというのかラウンジみたいな店があった。


当時から外国人向けのカラオケ屋は高いと聞いていたのだが、この店の基本料金は、1人80元〔当時で約1,000円〕位だったので、覗いてみると、黒いワンピースの様なドレスを着ている女性従業員に迎え入れられた。


明らかに当時の私より歳が上だったので、ママさんみたいな方に、

「この方でも良いですか?」

と尋ねると、

「日本語出来ないですけど、宜しいですか?」

と返答されたので、

「筆談でも構わないなら、お願いしたいです」

と返事して、つけてくれました。

いつもドアの覗き穴から見てた隣の人妻と…【エロ体験談】

隣にどんな人が住んでいるか確かめる為に、廊下で人の足音が聞こえるとそっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かって観察するのって誰でもするよね?
特に引越した直後。

で、学生時代に引越しをした時の話。
自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。
まだ隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。
と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。
向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。
角部屋は20代半ば以上の男女が1人ずつ。


ある日、オーディオの音をそこそこ上げて、角部屋のピンポンを鳴らした。
もちろん昼間。
男がいない時間帯。

「すみません隣の者ですが・・・」と言いかけたところで、「お待ちください」と。

出てきたのは何度か覗いて見かけた女の人。
よくドアを開けたなぁと思いつつ、「先日隣に引っ越してきたんですが、オーディオの音うるさくないですか?」と聞いてみる。
この時、隣に声を掛けたのは興味と本当に音の大きさが気になったから。

「いいえ、特に。大丈夫ですよ」と。

そして続けて女が、「学生さん?一人暮らし?」と聞いてきた。
そうだと答えると、「なにかあったら声を遠慮なく声を掛けて下さいね」と言ってくれた。

同級生の妹と出会い系で知り合い…【エロ体験談】

由香32歳と不倫して一年が経ちます。
彼女とは、出会い系で知り合いました。
小柄で巨乳の彼女を見ててやらない奴はいない。
彼女とホテルに向かいセックスしました。


夏場で、ティシャツを脱がすと黒いブラに包まれた豊満な胸に貪付きました。
久し振りの巨乳に興奮させられました。
クンニも彼女は洗ってないために嫌がりましたが、
すすり上げると「イャ!イクッ!」と体をびくつかせる。

そして「ゴム着けてね・・」と言われ入れたら、
二人の子持ちとは思えない位の絞まりは抜群で、
彼女の中につきいれフィニッシュ。

お互い汗だくになりながら抱き合いキスをして横たわりました。

「凄いよ・・おちんちん硬いし最後はピクッとしてゴムが膨れたよね?」
と敏感な体。

「俺も堪らなかった」と話すと
「そうかな?」と言う由香に二回目を。

大学の裏山で見た後輩の痴態【エロ体験談】

学生の頃の話。

大学の後輩にリカちゃんっていうのが居て、格好とか今時のオシャレな子で、背は165センチくらいのスレンダーな子。
胸はぺったんこで顔もめちゃくちゃカワイイわけではなかったが、よく言えば大塚愛に似てるような感じ。

俺はいつも建物の屋上の一歩手前みたいなところで昼過ごしたり、授業をさぼったりしていた。
大学は少し郊外にあって、山の中を切り開いて作ったようなところで、大学以外は何もなく周りは山で木に囲まれていた。


いつものようにそこに居て、タバコを吸いながらのんびりしてたんだけど、窓からの景色にふっと一人の女の子が山の方に向かっていくのを見た。

(リカちゃん?何してんだろ?)と思ったが、顔までよく見えないので、まぁいっかみたいな感じでやり過ごしていた。

ところが1週間ぐらい経って、また窓から外を見てるとこの前と同じようにリカちゃんらしき女の子が山へ。
何やってんだろと気になったので、急いで同じ方向に向かった。

山の中はほんとに木ばっかりのまさに自然地帯で道なんてない。
どこ行ったのかなぁと思ってたら発見した。

やっぱり、リカちゃんだった。

主人に頼まれて他人とのセックスの告白【寝取られ体験談】

私は38歳の2人の子持ちの専業主婦です。主人は私の過去のエッチ話を聞きたがり、それを話したときは激しく求められます。


それから「3Pをしよう」とか「他の人としたらどうだ?」と言われ断ってましたが 何度も言われてるうちに「そうねぇ 上手な人でアソコのおっきい人としたらたまらないかもね」と言うと、主人は興奮のあまりいつも一回で終わるのがその日は2回も求められました。



数日後、「相手が見つかったよ。47歳の年上の方で精力絶倫らしいんだ」と言われました。

「えーうそぉ 困るよ あなたの前でなんて死んでもできないから」というと、「相手の人も私の前では無理ってことで お前と二人で会うことになったんだ。ほらパソコンに顔写真があるから見てみてよ お前の好みだと思うぞ」

と主人の膝の上に座らされて写真を見ました。主人は私の年上好みを知ってるため、清潔感があり筋肉ムキムキなガッチリした方でした。私の好みの体型に顔も素敵な人でした。

「えー」といいながら見入ってる私の服の中に主人は手を入れてきて乳首を触り始めると、「乳首が硬くなってるぞ」と言われました。

母親のような熟女とのセックスに興奮【熟女体験談】

僕は23歳で年下の妻と暮らしています。
ですが1年前から、電気工事の仕事で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と関係しています。

彼女の旦那は単身赴任中で、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです。
初訪問時、仕事が片付いてお茶を頂いてるときのことです。
部屋にピンクのパンティー、ブラが干してありました。

僕がその下着を見ていると、
「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」
なんて熟女が言ってきました。

僕は「いいえ!そんな事無いですよ!」と言いながら携帯を弄ったりしてごまかしいると、偶然にも熟女と同じ○○○の携帯だったので、熟女が、
「あら私も○○○なのよ」
と言ってきました。

使い方がよくわからないので教えて欲しいというので、メールの仕方とか教えてあげ、僕の電話番号もついでに教えました。

その日の夜、早速熟女からメールが来ました。
「一人暮らしなので、また近くに着たら寄って下さい。休日は暇で困っています」
などと書かれていました。

泥酔した俺を介抱してくれた大学の先輩と…【エッチ体験談】

大学の先輩にしてもらった。オレは19、彼女は25の大学院生。 同じ学部学科専攻だったのだが、1年生と院生はあまり接点が無いとのことで、お近づきの飲み会をすることになった。

その時オレの隣に座ったのが彼女だった。 髪はショート、身長はオレより少し高い(オレは165しかない…)。
男っぽい性格で、それが災いしてか今のところ彼氏はいないらしい。
 

酒もかなり強いらしく、泡盛を(大学絞られるな…)ロックで飲みまくる。 オレはあまり酒を飲めない体質なのだが、女に負けるのがいやで、同じペースで飲みまくった。


飲会が終わり、皆は2次会に向かっている。 オレは泥酔してほとんど意識が無く、2次会は遠慮することにした。

すると彼女が「私も遠慮します。この子を送り届けますね。」といってオレとタクシーに乗り込んだ。
車の揺れでさらに気分を悪くしたオレは、吐き気をもよおしそのまま吐いてしまった。

「大丈夫?私の家の方が近いから、一度休んで行こうか?」運転手に平謝りしながら、 彼女のアパートの前でおろしてもらった。

玄関先で倒れこんでいると、「さ、これに着替えな。」といってジャージを渡してくれた。 確かにオレの服はゲロだらけ。しかしオレは自分で着替える気力は無い。

年上の人妻に筆おろししてもらった初体験の思い出【体験談】

オレの初体験の相手は25歳のときに、9つ上の人妻S とだった。

そのとき失恋して精神的にオレはとても不安定になっていて、そんなとき出会い系を通して仲良くなり、以前から話を聞いてくれていたS と知り合った。


そのとき童貞であることも彼女は知っていた。

Sはロングヘアーで少し小柄清楚な感じで肌は色白、大きくて綺麗な目が印象的だった。

お互い初対面だったがいきなり腕を組まれ街を歩いた。

とてもいい香りがして、オレと腕を組む手を見ると指輪が光っていたのを覚えている。

なんだか少しだけ背徳感があった。


ドギマギするオレをリードして街を散歩をしたあと、促されるままにラブホテルに俺たちは入っていった。

ホテルに入るとオレは緊張してガチガチで動けなかった。

それをよそにS は慣れた手つきで洋服を脱いで行く。

白い肌が見え、黒とピンクの下着がとてもエロかった。

温泉宿での据え膳【エッチ体験談】

「◯◯君のオチンチン立っちゃってるよ」とささやかれてしまった。
会社の慰安旅行の旅館でチークダンスになったときの事だ。


元々ダンスなぞ、高校のときのフォークダンスしか経験がないのに、強引に同僚のFに「やろうよー、カラダ動かしてりゃいいんだからサー」といわれ、しぶしぶ、つきあった。


最初は明るいホールだったのが、突然、ライトが消され壁のピンクのライトだけのお互いの顔も分からない暗やみの中でそれは始まった。


腰に手を回してよとささやかれるまま、彼女はオレの首に両手を回し、胸も太ももも押し付けてくる。


ザ、ピーナッツの恋のバカンスがかかり、ムードはいやが上にも盛り上がり、周りを見るとどのカップルも口づけしたまま、腰を振っている、女の浴衣に手を突っ込んでオッパイをもんでる。揉ませている?のもいる。


Fは下半身をこすりつけてくるのでオレのモノは完全にテントが張ってしまっている。

デブス熟女に買われた体験談【閲覧注意】

ある日、出会い系で知り合った人妻から、

「セフレを欲しがっている知り合いがいるんだけど、良かったら逢ってみる?40代の人なんだけど、お小遣いくれるってよ」

当時、女には困っていなかったが、お金につられて1度会う事に。

アドレスを教えてもらい、逢う約束を交わした。

俺は結構ストライクゾーンが広かったので、40代でも全然構わないとその時は思っていた。


約束の当日になり、女性の住むマンションへ向かった。

彼女の名は恵子さん。40歳。
5年前に旦那さんを亡くしているらしい。

マンションに着いた。
大きく綺麗目なマンション。

オートロックのため、教えられた部屋番号を押す。

恵子さん「はい?」俺「あっ、メールしていた○○です」
恵子さん「あっ、今開けますね」
扉が開いた。

居酒屋でナンパされたことを告白した妻【人妻浮気体験談】

妻が子供の小学校の奥さん達8人で忘年会を飲み屋で行ったときにナンパされました。


妻から聞いた話です。

妻は他の奥さんからバレるよりは自分で話したほうが良いと思ったのか、罪悪感からなのか、全てを話してくれました。

その話は、私と妻が性行為を行っている最中に聞き出しました。


8人で飲んでいると隣の男性が妻にだけしつこく話し掛けてきました。
最初は適当にあしらっていましたが、男の話も面白くてハイな気分になってきて、他の奥さん達も悪乗りでイケイケみたいな雰囲気になったので、その男性と二人で店を出たそうです。

「他の奥さんはどうしたの?」

“ご主人には内緒にするから、たまには遊んでおいで”と二人を見送ったらしいです。
元々、イケイケの奥さんが多いのは知っているのでそれはなんとなくわかります。

同じマンションの奥さんが…2【風俗体験談】

7  中堅サラリーマン
24日日曜日は町内会の運動会で奥さんと私はこのマンション(ひと区間)の役員として運動会の係として他の数名と会場に行きました。町会長の挨拶後に事前に割り当てられていた担当が発表され、私と奥さんは2人1組で場内警備係に決まりました。

あるグランドの隅にさしかかった時に、奥さんから「少し休憩しない」と言われましたが「まだ進行中だから、それはまずいでしょ!」というと、「大丈夫だよ」といい、私は建物の陰に手を引いて連れていくのでした。

奥さんは「あなたのチンポ元気?」といい、股間をさすりだして大きくして、ズボンのチャックを下ろしてフェラをするのです。すると奥さんはスカートをまくりTバッグパンティーの股間をずらして、挿れてというのでした。

指で触るとそこはもうビショビショでしたので、すんなり挿入が出来ました。その後は時間もないので激しく腰を使い、奥さんも「逝く~~!」というので、私も登りつめて奥さんの膣内に大量の精液を吐き出したのでした。

すると奥さんは中腰となり、カバンからコーラを出し振ってから封を切りマンコ内を洗浄するのでした。コーラでのマンコ洗浄初めて見ましたよ!それには驚きました。

洗浄後にタオルで拭き取り身支度を整えると振り返り私のだらしなうなったチンポを指ではさみ口できれいにしてくれて、ブリーフとズボンをあげて身支度を整えてくれました、その短時間での手際の良さにも驚きましたね!

同じマンションの奥さんが…1【風俗体験談】

5月某日の出来事を書かせて頂きます。
都内に勤務する中堅サラリーマンです。都内山手線沿線にある某駅の近くにある中堅商社に勤務しています。

某日通勤途中の電車の中で同じマンションに住む30代後半の美人で評判の奥さんを見掛けました。声を掛けずに何処まで行くのか見守っていたら、何と同じ駅で降りるではありませんか!

あとをつけると驚きました。個室ソープ(本番なし)に入って行くではありませんか。

店の前で掃除をしていた店員さんに源氏名を聞き、一旦会社へ行き、急用が出来て外出する旨を伝えてその個室ソープに行き、「葵」さんを指名して入浴料の4,000円を払い、待合室で待つこと5分でボーイさん呼ばれて廊下に出るといつもより濃い目の化粧をした葵さんがいて、私を見てびっくりしたようでした。

しかしながら私から気を利かして「お部屋はどちら?」というと、葵さんは「こちらになりますとエレベーターに乗り込むのでした。

エレベーター内には監視カメラもあるので親しいふりはせず互いに無言でしたが、部屋に入ると葵さんはまず最初に「これ秘密にしてください」というのです。

私は「誰にも言いませんよ!私が個室ソープで遊んでいるということをバラす事になるんですよ!」と言うと、「ありがとうございます」と言い、服を脱がせてくれました。

後輩の彼女【エロ体験談】

「先輩!週末時間有りますか?」
仕事を切り上げて、帰り仕度を始めようとした時に、マサアキが声を掛けてきた。

「おう!また飲みに行くか?」

マサアキは俺の八つ下だが、毎週一緒に飲みに行くほど親しかったので、誘いかと思いそう返事をした。

するとマサアキは、彼女が出来たので紹介したい、彼女の友人も来るのだが、4人で飲みに行きましょうという事だった。


当時俺は38歳でバツいち、遊んではいたが特定の女も居なかったので、早速週末予定を立てて飲みに行く事にした。

当日、俺は飛び込みの仕事が入り、1時間程遅れて店に着いた。

1時間で大分飲んだらしく、マサアキと女の子2人は結構盛り上がっていた。
取り合えず自己紹介すると、髪が長く目鼻立ちのハッキリした子がユキ、髪がショートで大人し目の子がユウコ。
ユキがマサアキの彼女だった。

ユキとユウコは同じ地元で幼馴染、歳は二人とも25歳。

マサアキのアパートとユキの実家が近所で、しょっちゅう顔を合わすうちに話しをするようになったらしい。

ユキは、付き合い始めてまだ1ヶ月、週に一度マサアキの部屋にユキが泊まりに行くと、結構オープンに話してた。

初恋の相手と大人になり再会してセックス【エッチ体験談】

中学の時の同級生のMちゃん。

当時はおてんばだった。

中3の水泳の授業の時に俺の水着を脱がして、みんなの前にちんぽをさらして、

「毛が濃い。でも小さく縮んでいる」と指摘。

その後先生から「そんなおてんばだとお嫁にいけないぞ」 と注意されてすごく怒られていた。

それから10年後、東京は大手町で偶然再会。

食事の約束をして、2軒目に行って昔の話に・・・。


Mちゃんはすっかり上品で知的な大人の女性に成長していた。

「Mちゃん、中学の頃はおてんばだったのに、今ではすっかりおしとやかになったね」

「それは、Kクン(俺)のおかげよ。
みんなの前であんなことしちゃったんだから」

「それって、なに?」

「覚えてないの?私がKクンの水着を・・・」

「ああ。覚えてるよ。」

「あれから、女らしくなろうと反省して・・・。でもおしとやかになったと言われるとうれしい」

泥酔した女子のマン毛をガムテープで思いっきり…【エロ体験談】

大学時代にやった高校の同窓会で、飲み慣れていない女子(Yちゃん)が床で寝てしまった。

Yちゃんと一緒に来た友達はオール参加したがっていたので、熟睡中のYちゃんを2次会、3次会にも運んでいって寝かせていた。

朝方になり、さすがに起こそうぜという流れになって、起こす方法を冗談交じりで話していて、誰かがボソッと口に出して爆笑を呼んだのが

「チン毛テープ」

だった。

陰毛にガムテープを貼り付けて思いっきり引っ張る、という体育会系でよくやる激痛罰ゲームらしいのだが、もちろん対象は言わずとも男子限定だし、そもそもYちゃん自身は体育会系ノリとは何の関わりもないタイプ。

なので誰もが完全に冗談として扱っていて、

「ガムテープ持って来りゃ良かったなぁ」

で話を締めようとしていたら、なんと

「あるよ」

という声。

ノルウェーと日本のハーフの可愛いM女を調教中【エロ体験談】

今、目の前で可愛いM女が寝息を立てています。
ノルウェーと日本のハーフです。

今日は仕置きの日です。
午後6時から午前3時まで。私は3個の穴で果てました。

本日のメニューは先ずは浣腸、
アナル栓を施しバイブで責め立てます。

脂汗を流しながら悶絶します。
アナル栓を外し楽にさせます。

その後はアナルを抱きます。
次はM字開脚に縛り、電気あんま機で責めました。



失禁するまで責め立てます。
失禁したら仕置き、耐え抜いたら仕置き無しを条件にです。予定通り失禁しました。

掲示板で知り合った30代夫婦と初めての3P【エロ体験談】

20代前半♂のyukiと申します。
先日、出会い系サイトで知り合った30代のご夫婦と初めての3Pを体験してきました。

ある日、掲示板を見ていると20代の単独男性募集の書き込みを見つけました。
私の住んでいる場所と少し離れていましたが、行けない距離でもなかったため、すぐに雰囲気の分かる画像と一緒に応募しました。
すぐに返信が来て、私に決めてくださった様です。


当日ホテルに到着し、扉の前でドキドキしながら待っていました。
ガチャっと扉が開き、健二さん(ご主人・仮名)と挨拶を交わし部屋の奥へ通されました。

健二さんはとても気さくで紳士的な方で、私の緊張もすぐに解れました。
奥様はスタイルが良く清楚な感じの女性でした。
メールで綺麗系と聞いていましたが、想像以上で思わず見惚れてしまいました。

実際にお会いしてみたお二人の第一印象は、真面目、爽やか、誠実そうで、こういうことをする人には全然見えませんでした。

シャワーを浴びた後、ベッドで恥ずかしそうにしている奥様を抱き寄せ、軽いキスから始まりました。
奥様の方もだんだんと積極的になり、舌を絡ませて来ました。
キスをしながらバスローブを脱がし、私は上半身、健二さんは下半身を入念に愛撫しました。

奥様はとても敏感で、少しでも肌に触れると感じてしまう様です。
その間、手コキをしてもらい、あっという間に戦闘体勢に。

バイト先の淫乱ポッチャリ女とのエロ体験談

今日、初バイトに行った。

そこには20代前半ぐらいの女性しかいなく、二人きりだった。
すると、制服に着替えるために彼女は僕の目の前でTシャツとズボンを脱いで、ピンクのブラジャーとパンツ姿になった。

彼女はちょっとぽっちゃりしていて、ムチムチした背中で、お尻は下着が食い込んでいた。
僕はチラチラ見つつ着替えて、仕事を始めた。


仕事をしながらも彼女のムチムチな体のことが頭を離れなかった。
仕事が終わったので休憩室に行くと彼女は制服で座って携帯をさわっていた。

僕も座ってメールをチェックする振りをして彼女が着替えるのを待っていると、彼女が立ち上がり上着を脱ぎ始めた。
僕はバレないようにチラチラ見ていると、ブラジャー姿の彼女と目が合ってしまった。

彼女はその姿のまま、わざとらしく僕の前に置いているダンボールを弄り始めた。
彼女はかなり前屈みになっていたので、僕からはブラジャーからはみ出しそうになっている彼女のムチムチなおっぱいが見えた。
僕の息子はビンビンになってしまって、制服のズボンの前にテントを張った。

彼に言われるがままに恥ずかしい体験をしました【エロ体験談】

今年の夏、彼にいわれるがままに恥ずかしい思いをしました。

私はみかといいます。

22歳でOLです。

背は150cmで小さく幼〇体系で胸も全然ない。

だから正直水着になるのは嫌だったのですが、彼が行こうと強く言うので室内レジャープールに。

着いてからお互い更衣室に別れて着替えをすませました。

私は白のビキニでしたが、正直恥ずかしくもあり、下はヒラヒラミニスカートのようなものをはいてました。

特にはしゃぐわけでもなくのんびりとお互い水に浮いている様な感じ。

すると少し私と体が触れたのをきっかけに彼のボディタッチが多くなりました。

水着の上からお尻やアソコを触ったり。


恥ずかしそうにしていると彼が興奮することはわかっているのですが、さすがに格好も格好なだけに我慢できません。

ナイス・ボディの義姉にすべてを抜かれた感じだった【エロ体験談】

お世辞にも美人とは言えない義姉は23歳で結婚、26歳で離婚以来、一人でパートをしながら育てたという。

その娘も高校を卒業するや、一人暮らしをしながら会社勤めをしており、義姉は一人1ルームマンションで暮らしている。

義姉の最初の印象は、世の男性から見ると失礼だが、声をかけて彼女になってもらい、デートする気持にはなりにくい。

しかし私の強烈な印象は、大きな胸。とっても丸く思わず触りたくなる、脱がせてみたい、そんな感じと、ローライズジーンズがよく似合い、ぴたりと身体の線を表すその線はお尻の割れ目に食い込みとても肉感的であった。

そんな義姉と思いがけず肌を交えることになったのだ。

妻が友人と5泊の旅行に行くことになり、妻の方から料理一つ出来ない私に、その間義姉の所に泊まり、食事や洗濯をお願いしてあるからとのこと。

最初その話を聞いた時、一番に思ったのが義姉のナイス・ボディーだった。お酒が好きと聞いていたので行く途中ウイスキーとおつまみを買って義姉の住むマンションへ。

主人がいない間に外国人と不倫セックス【人妻体験談】

専業主婦を数年続け、家に居るのも飽きたので、パートでも探そうとしていた時、知り合いに頼まれて英会話スクールの事務員をやる事になったんです。

そこの英会話スクールは、英語だけではなく、イタリア語や韓国語なども教えていたので、先生も外国人が殆どでした。


久しぶりに社会に出て仕事をするし、結婚前にしていた仕事とは違うので中々慣れなくて、毎日残業で落ち込んでいました。


そんな中、以前勤めていた先生が母国に帰る事になり、ゆかりのある事務員さん達や先生達はみんな送別会へ行ってしまったんです。
私は例によって残業。

1人寂しく書類と格闘していたら、突然流暢な日本語で話しかけられました。


振り返ると、初心者の英会話クラスを持っているオーストラリア人が、爽やかな笑顔で近付いて来たのです。

彼は30代で、アメフトをやっていたらしくとてもガッチリした長身のナイスガイです。

絶倫過ぎる美魔女を妻に持つ亭主に頼まれた卑猥な体験談

もの凄く卑猥で、猥褻な体験をしました。

小生42歳の平凡なサラリーマン。

現在単身赴任していまして、私の部屋は8階建ての8階。
両隣とも男性。

片方はたまに廊下で顔を合わせるので知っていた。
(40代後半の車ショップに勤める人。
つなぎを着ていてわかった)

反対側はその時点では50代?らしい男性
(夏場などベランダの窓を開けて電話で話しているのを聞いたかぎりでは)でした。

土曜日の朝早く(7時頃だった)
休みだった私はまだ布団の中でうつらうつらしていた。

するとどこからか女の喘ぎ声がかすかに聞こえた。

(このマンションは若い独身が住んでいるので週末の夜なんかはよく卑猥な声が聞こえる)

壁耳をすると50歳過ぎの男性の部屋からだった。

「あんっあっいいわぁあ~ん」

パンパンと肉同士がぶつかり合う音も聞こえる。
ドキドキしながら壁耳を続けた。

オナネタにしていた中学時代の美人教師との再会【人妻体験談】

出会い系で昔の恩師に出会った。

中学の時の新米女教師と
某出会い系アプリを通じて再会したわけだ。

再会した時は、現役教師じゃなく、
専業主婦になってたんだけどさ。

最初はアプリで即ハボ出来る女を
漁ってたんだけど、
そこで釣れたのが四十路の人妻で
おれは30歳だった。

最初はおれもメールだけしてた。

ヤリ目的だったけど、
結構趣味とか合うし話も弾んでいい感じだった。

写メ送ってもらったけどその時は
中学の時の先生だとは気づかなかった。

向こうも自分からは申告しなかったし。
んでメールしてくうちにお互いに
英語が得意ってことがわかった。

元彼女が今、完全にセフレ状態【エロ体験談】

またC香のほうからメールで、いつもの場所で待ってるから!と言ってきた。
もう完全に俺のセフレになったような感じだが、あまりにもスムーズに話がうまく進んでるのでほんの少し怖いくらいだ。

今日は、クルマで行って遠出でもして気分を変えようと思った。
5分程約束の時間に遅れていつもの場所に行くとC香は、黒のキャミソール(ひょっとしてノーブラかも)とへそだしのローライズジーンズで少し濃いめの化粧をしていていつもとはちょっと違う感じで待っていた。

気合を入れてセックスしようとしてる気がした。

クルマで高速道路を1時間ほどはしり、インター近くのホテル街の中の気に入った部屋に入った。

「今日はどうしてここにしたの?」
「ちょっと気分をかえたかったんや。いつもと同じはつまらんと思ってな。」
「私はあんたとHできるんやったら何処でもいいよ。今日もいっぱい楽しませてあげるね。」
「今日も相変わらずセクシーやな!後ろはどうなってるんやこれ?」
と後ろを向かせると背中半分くらいキャミソールの布地が無く、紐で編んだようになっていて一目でノーブラとわかった。

妻の不倫相手の奥さんとの関係は続いています【不倫体験談】

結婚して15年至って平凡な家庭だと私は満足していた。

私は45、妻は44、長女は成人して働いており長男は高校である。

私の会社は外資との合併をして会社の改革にのりだした。

私は工場海外への移転に伴いベトナムと日本を行き来していた。

妻はよく理解してくれていると思っていた。

有る日に1週間の予定から4日でかえることができ、私は妻が喜ぶブランドのサイフや皆にケーキを珍しく買い込み自宅へ帰った。

夕方、マンションにはカギ?がかかっており、いつもの形で洗濯物を置き場に置こうとしたとき、見馴れない男物の下着をみつけたのです。

息子はグラブの合宿でいないはずです。



まさか?と思い慌てて寝室に向かおうとしたとき、妻が下衣をはだけてトイレに出てくるところでした。

そして奥から、早く!また、奥まで入れてやるからよ!と。

妻が、もう!って。で私がいたのです。

私は小心物で手に子供の木刀をもっていました。

妻は、ギャー!と騒ぎその場で座り込みました。

サカリのついた従妹を虜にさせたw【エッチ体験談】

去年の夏、従妹が職業体験に来た。
とは言っても俺の仕事はネットビジネス。

独り暮らしのアパートでパソコン叩いてるだけの仕事。
オークションとかで落札があれば梱包とかはあるが。

叔父と叔母が過保護なのか、知らないとこでさせるよりはと俺に頼んできた。

ホテルに荷物を預け、俺のアパートに来た。

晩までパソコン画面を一緒に見たりしながら仕事をし、
外食に連れていき、ホテルに送った。

肘に当たる胸に気を取られるのをこらえながら。


土曜になると、エクセルでの業績管理とネット巡回以外あまりする事もなく、夕食を早めに外で済ませて、アパートの風呂に入れ、夜のネット巡回をゆっくりしながら話していた。



そろそろホテルに送ろうとしたら、既に背中を向けて寝ていた。

下着のラインが浮き出たパジャマに反応してしまった。

義兄の大きなものに凄く感じてしまって…【人妻体験談】

今年30歳になる主婦です。夫には弟と兄がいます。
弟は遠く離れていますので滅多に会う事はないのですが、兄の方はご近所に住んでおり頻繁に家に来るのです。

夫は次男ですが母親と同居、兄のところに居たのですが兄嫁と合わず私たちが結婚した時に同居する事に。
親を押付けたと思っているのか兄夫婦はそれは親切です。
夫の兄は背が高くて身長は185センチもあり私などは見上げるくらいです。


兄夫婦は仲が良いとは言い難い事情があるようです。
数年前に単身赴任中に浮気をしたとか言ってた。
こっちへ戻ってからは大人しくなったのか、そんな噂も耳にしなくなった。
私とは義兄の関係ですが、一人っ子の私には義兄でも嬉しくてつい甘えてしまいます。


そんな義兄と、とんでもない関係になってしまったのはあの日からです。

夫は母親を連れて親類の葬式に泊りがけで出かけて留守でした。
一人で留守番をしているところに義兄が少し酔って尋ねてきました。
夫が留守だと分かっていたはずですが、ズカズカといつものように上がりこみました。

47歳の義母とお酒の勢いでセックスしてしまいました【熟女体験談】

現在私は33歳
妻24歳
義母は47歳です。
妻の家庭は早くに父を亡くし妻と義母の二人家族でした。

私は次男だったことも有り姓を変えて婿養子ということではありませんが義母を一人にしてしまうのは・・・と思い、妻と義母と私の三人で妻のいわゆる実家に同居することになりました。

まだ私達には子供が居ません。
妻も義母も皆、働きに出ています。
妻は看護婦、義母はパートで銀行勤めです。

義母は仕事をしていることもあって常に化粧をして、とても美人でスタイルも抜群で、とても魅力的な大人の女性です。
義母に似たのか妻も自分で言うのは何ですがとても素敵な女性です。


素敵な妻と義母に囲まれての生活は自分にとって最高の喜びでした。
私は妻のことがとても好きだったので常に一緒に居たいくらいでしたが仕事の関係上、妻は家を留守にすることが多く、ちょっと不満を感じていました。
でも義母が一緒に居てくれたのでその気持ちを抑えることが出来ていました。

同窓会の後、子連れの同級生とやっちまった【人妻体験談】

昨日、中学の同窓会。
中学卒業して20年近くだが、もうすぐ70になる先生に毎回説教されてる。

そんなことより、やっちまいました。
中学の時は意識してないけど、帰り道一緒だったので結構仲がよかった人。
すでに二人の小学校の子供がいる。
こちらも嫁持ち。

二人とも地元離れて、同窓会に飛行機とホテルを予約。
たまたま同じホテルだった。
二次会で向こうはベロンベロンに酔っ払い、同じホテルだから部屋まで送ることに。

二次会終了時にみんなから、「襲うなよ」なんてちゃかされてたので、向こうはその気になってたらしい。


部屋に担いで入り、ベッドに寝かせて帰ろうとしたら、いきなり抱きついてきた。
やばいのでダメと拒否したら泣き出したので帰れない状況に。
泣き上戸で、二次会でも泣いていたが、手を握って離さない。

ダンナと3年やってないとか、やばい話を始めたのでさすがに帰ろうとしたら、「中学の時に好きだった」と言ってきた。

高身長の人妻を立ちバックで犯すのは最高【エロ体験談】

元同期だった人妻との話。

彼女のスペックは身長174cmでスレンダーなモデル体系。

胸はDカップ位。

顔は仲間由紀恵似。

職場の同期入社で当時はお互いに独身。

彼女は明るく人見知りしないので人気があったし、職場中の男がエロい目でみていたと思う。

同期ということもあり、在職中は他の同期のメンバーと一緒に飯を食いに行ったりしたことがあるくらいの関係。

お互いその職場を辞めた後も、たまに連絡するくらいだった。

俺が結婚し、彼女を披露宴の二次会に呼んだ。
程なくして、彼女も結婚し俺は二次会に出席した。

彼女は胸元の派手に開いたエロいドレスを着ていた。

その後も、特に会う事もなかったが、俺の子供が俺の携帯を悪戯していて、間違って彼女に電話がかかってしまった。

彼女は出ず、すぐにこちらから間違い電話の旨、連絡したら返信がきた。

田舎で露出カップルに出会った【エロ体験談】

田舎に住んでるんだけど、深夜にビールとツマミを切らしたのでコンビニに行った時、人通りのない川沿いの道を歩いていたら露出カップルに出会った。

男は服を着てるんだけど、女の方は全裸。うおっ!? っと声をあげ、思わず少し立ち止まってしまった。
 
 
俺の声にむこうも俺に気が付いたらしく、女のほうが慌てて、傍に脱ぎ捨ててあったコートを羽織った。

しかし、男の方は余裕なもんで「すみません! どうぞどうぞ」なんて言いながら、女を引きよせ道を譲ってくれた。

通り過ぎざま、二人の顔を見たけど20代半ばくらいのそこそこな美男美女。俺も酔っ払ってた勢いで「今夜のオカズにしますよ!」とか、からかって通り過ぎようとしたら、男の方から声をかけてきた「なんならして行きます?w」



ビックリした。ビックリはしたが、正直、俺は欲求には弱い男。「して行く!」こうは言ってなかっただろうけど、即答してしまった。

ニヤニヤしている男。無言のままの女。この後どうなる!? 期待に胸を膨らませる俺。

徐に男は三脚を立てると、ハンディカメラをセット。コソコソと何やら女に指示を与えて、カメラの前に裸でしゃがませた。

俺は最近は寝取られて興奮するようになった【寝取られ体験談】

高校の時、彼女がいた。

同じ学校に通う女の子で、高三のときに彼女と初エッチ。

一緒に受験勉強したり遊びに行ったりとても仲がよかった。

ただ俺は大学受験で失敗で浪人生活に、彼女は大学に現役合格。

それでも彼女は俺と別れたりはしなかった。

「来年は頑張ってね」

って励ましてくれた。

4月は彼女は大学で俺は予備校。

でも毎日のように会っていたと思う。

そして俺にはひとりの男友達がいた。

そいつはバスケ部の主将だった。



スポーツも勉強もできてイケメンだったが彼女はいない。

いろいろなことを知っているが、どこか冷めたところのある奴で、でも冗談の好きな面白い奴。俺はそいつと仲が良かった。

35歳にして初めて24歳の処女をゲットしましたw【エロ体験談】

35歳の会社員です。
35歳にして初めて24歳の処女ゲットしました。

28日会社の忘年会がありましたが、仕事でちょっとしたトラブルがあり1時間ほど遅れて同僚と一緒に会場に向かいました。

もうついたときにはすでに出来上がっていた状態で、周りの状況についていけませんでしたが、とりあえずビールを勢いで何倍も飲みました。

そんなことをしていると近くに小柄でかわいいんだけどめちゃめちゃ気の強く生意気な女がいたんです。

名前は彩子といいます。気が強い性格の為彼女の周りには、男性社員はほとんど話しかけることはなく、ほとんど一人で、ぽつんといることが多く、ちょっとさびしそうにしていたんです。

本音をいうとザーマミロと思って私自身も相手にしなかったんですが、半分酔った勢いと、からかってみようと思った反面、このめちゃめちゃ気の強い性格の彩子に彼氏がいるとは思えなかったので世間話から少しずつ彼はいるのとか、しもねたまがいのことを話をしたんです。

彩子は少し戸惑いながら彼がいると答えましたが、なんか考えながらの会話だったのでこれはうそだと思いましたが私には暇つぶしでしかなかったので、忘年会が終わると8人ぐらい誘って2次会にいったんですが、私が誘ってもいない彩子がいたんです。

職場の年上女性を少し強引にデートに誘い中出しした体験談

かつてある年上の女性を好きになり、やや強引にデートに誘った。

年下なので「しょうがないわねえ」という感じだったと思っていた。

ランチは高級ホテルのフレンチのコースにした。

いい雰囲気のレストランで話も弾んだ。


食事を済ませて下のフロアーに降りてくると、彼女が「ちょっとお手洗いいい?」と言った。

けっこう時間がかかるなと思ったところへ彼女は「お待たせ」と言ってやってきた。


俺はエントランスの方へ向かおうと彼女の手を握った。

すると、彼女は逆にエレベーターの方向へ向かおうとした。

「?」と思った瞬間、「今日は一緒にいたいの」と囁いた。

家庭教師先の子供のいる人妻には見えない奥さん【体験談】

僕は19歳の大学生で、それなりに名の通った大学に通っているせいで、家庭教師のバイトでけっこう稼げている。お金にも多少余裕があるので、なんとか彼女を作ろうと毎日必死だった。

中高と進学校に行っていて、勉強ばかりで女性と付き合ったことはおろか、デートすらしたことがない僕は、当然まだ童貞だった。

でも、コンパに行っても凄く緊張してしまう僕は、デートの約束どころか、連絡先の交換すら出来ない有様だった。

そんな日々を過ごしていた僕だけど、ある日恋に落ちた。相手は、新しく教えることになった、小学校の男の子の母親だった。

健太くんの母親の日奈子さんは、たぶん20代後半か30代前半くらいだと思う。でも、見た目は大学の周りの女子よりも若く見える。メイクが薄いのと、真っ黒な髪がそう見せているのだと思うけど、顔の作りも童顔なんだと思う。


センターの紹介で、面接で家におうかがいしたその日に、僕は恋に落ちた。身長160cm弱くらい。痩せ型で小柄に見えるけど、セーターを着ていても胸が大きいのがわかる感じだった。

ぱっと見、とても子供のいる人妻には見えない日奈子さんは、気さくな性格で、明るく、太陽みたいな人だった。

友達の彼氏とHしてたら友達が帰ってきた

1ヶ月ぐらい前に友達サナの彼ジュンが私の家の近くに転勤。
引越し前によく連絡が入るようになった。

引越しパーティに呼ばれ、ジュンを紹介され、「こっちで怪しい動きしてたらよろしく」とサナ。

ショップ店員のジュンはめちゃかっこいいし、友達もほとんどが女。
相当遊んでそう・・・。
でも広く綺麗なマンション。
家具もおしゃれ。

私はほぼ一目惚れ。
まさに憧れる理想の彼氏。
サナの目を盗んでその日にメアド交換。

「こっちの土地、案内して^^飯でもおごるから」

後から聴いたけど、招待した女の子ほとんどにその様な事言ってた。
パーティでは彼女のサナとのラブラブぶりをアピールしつつ、手を付けた子には目配せ。
やきもち焼かせるのが上手いし、フォローもぬかりない。

お開きでみんな帰ってから即電話が鳴る。

旦那のいる前で奥さんとのセクロスに臨んだ結果【エロ体験談】

俺25
旦那43
奥さん37

旦那が見てる前でセクロスしてほしいとのことでホテルへ向かいました。

行く前の俺の心境
ちゃんとチンコ勃つんだろうか・・・とか
自分の嫁がされてるの見て興奮するなんて結構レベル高い変態なんだろうなとか、奥さんはエロエロなんだろうかとかいろいろ考えてた。

そんで20:00にホテルへ

ホテルに着いたら迎えに出るから目印にコンビニで適当なもの買って、コンビニ袋持ってロビーで待っててくれってことだった。

ホテルについて連絡して待っていたら
同じようにコンビニ袋もってロビーにきた人発見

こんなところでコンビニ袋持って待つとか普通は無いぞ
なんか変な不安ができた。

不安が的中と言うかなんというか
俺の他に1人いたんだが、待ってたらおじさんが一人迎えに来た。
俺とその1人に声をかけて一緒にエレベーターに乗った。

それで部屋に案内されたわけ。

教え子の妻になった私【体験談】

5年前の彼は、私の事をどう思っていたのでしょう。
ただの憧れ?でも、ラブレターをもらった事もあって・・でも、教師と生徒・・・

卒業間近の頃、彼が「デートして欲しい」と、真剣な少年の目で言った事がある。

「今では、親子(母子)にしか見えないわよ・・・」と軽くあしらった覚えがある・・

彼は、私の携帯番号を教えて欲しいと言った。私は、教えた。
その頃の私は、別れた主人ともめていた頃。結局離婚した。幸いにも、子供ができなかった事から、大きなトラブルもなく一人に戻れた。そして、勤務先の中学校が変わった。

それから、5年。彼からの電話があった。留守番電話に録音されていた彼の声。彼は、20歳になり、成人式を終えた。そして、専門学校を出て、就職した。

次の日、彼に電話を入れた。彼が出た。5年ぶりの生徒・・・彼。しばらく近況を話し合った。そして、出会う事になった。

就職前の昨年の3月。二人きりで出会った。喫茶店でお話をした。5年後の彼が、すっかり青年となって、体格も風格も大人に変身していた。驚きだった。私も、5年の月日を経て、少し年を取ったかなと言うと、彼は5年前の私よりも好きだと言ってくれた。

再びの元カノ【エッチ体験談】

俺が大学生だった20数年前、付き合っていた同学年の佳恵はアパートの隣室で、初めて都会に出て一人暮らしを始めた同士ですぐに仲良くなった。

俺は、高2の時に学習塾の30歳の英語講師に筆おろしをされて高校卒業までセックスを仕込まれていたが、佳恵は処女だった。

「俺もそんなに経験はないんだ」
と言っていた。

佳恵は美人と言われるような女ではなかったが、愛嬌のある可愛らしさはあった。もし、すごい美人だったら気後れして話しかけられなかっただろう。

佳恵は女の悦びを感じ始めるとセックスを探求し始めた。佳恵はセックスに集中すると、普段は愛嬌のある笑顔が一変して、
「アンアン」ヨガり、
やがて、
「アア~」
と喘ぐイキ顔がとても美しく、俺はそれを見たくて頑張っていた。


大学生活では、佳恵の学友の由美とその彼氏の弘人と4人でよく遊んでいた。由美は身長150cmあるかないかの可愛いロリ娘で、弘人はモヤシのように細く身長180cmの凸凹カップルだった。

泥酔した巨乳美人と鬼畜友達と処女の話【エロ体験談】

ハピメでアドレス交換してメル友になった。

ある程度仲良くなってから飲みに行った。

でも、男女の関係とかになれなかった。

でも、なんか意気投合して週に2回くらい連絡取る、友達関係に綺麗になってしまった。

こうなるとなかなかヤれない。

そんで半年くらいたった頃には普通の友達になってた。

この前飲んでる時にお互い、一人身寂しいね~って話になって、誰か男を紹介して欲しい、こっちも女の子連れて行くからって言われた。

丁度その頃、俺のイケメン鬼畜友がコンパよくセッティングしてくれて呼んでくれたり、色々と世話になってたんで、そいつ呼んで2:2で飲み会やることになった。

飲み会第一席目。

居酒屋で飲み始めるも、女友達と鬼畜がすぐに打ち解け、俺も初対面の巨乳美人と打ち解ける。

俺より一つ年上でフリーターで女友と同じ店でバイトしてるらしい。

パートの人妻をM女に調教【エロ体験談】

休日に職場にパートで入ってきた人妻と町でばったり会ったので、食事がてらに軽く酒を飲みながら話をしていると、酔ってきた彼女の口から「旦那とご無沙汰で」なんてよくある展開になってきた。
彼女は、33歳で子供が2人いる人妻。なかなかいい女だった。

オレも酔っていたので、
「君、マゾだろ。オレ、M女はすぐわかるんだよ」
と言って口説きに入っていた。

彼女は、いままで普通のSEXしかしたことがなく、自分がMなのか、Sなのかもわからないと言ったので、
「じゃあ、ちょっと試してみよう」
とホテルに誘った。

ホテルに入ると彼女は何度も、
「痛くしないで」
と訴えていたが、オレは彼女をネクタイやタオルで手足を縛って、目隠しした。

優しくキスをしてから、耳元でいやらしい言葉を囁きながら、震える彼女の服を脱がした。
彼女も久しぶりのセックスで期待しているのか、彼女の反応も敏感だった。

男のエゴ 2【社内不倫体験談】

平穏とはいかないまでも、普通の生活に戻りつつある日、職場で仕事上のトラブルがあり残業する事になりました。
あれから遅くなる時は必ず事情を連絡するようにしていた俺は妻に連絡。

定時から2時間後、職場を出て駐車場に向かう俺の前を歩くのは彼女でした。

数メートル先を歩く彼女は俺の存在に気が付いていませんでした。
歩く足を速め、そっと彼女に近付き「お疲れ!」声をかけると彼女は「キャッ」と声をあげ俺を見ると頬を膨らし「本気で驚いたんだから」と。

「何でこんな時間?」俺が聞くと、彼女も期限の近い書類整理の為に残業していたとの事でした。

「ちょっと話していかない?」妻に不倫がバレてからは一切の連絡を絶っていた俺はつい気持ちに甘えが出て誘いの言葉をかけてしまいました。
「奥さんにバレたら大変な事になるよ・・・」と彼女。
「そうだね、あいつ離婚も考えてるとか言ってたからな・・・」と俺。

心配そうな彼女を横に俺は妻に電話しました。
「もうあと30分位で片付くから・・・うん、夕食は家で食べる・・・それじゃ頼むね。」
家に帰るまでの移動時間も含めて1時間弱の余裕が出来ました。
「これで、大丈夫だよ」俺が言うと「・・・私も少し一緒にいたかったから」と彼女。

俺の車に乗り、あれから今日までの事をお互いに話して「本当は会いたかった・・・」そう言うと俺は彼女にキスをしました。
軽く唇を合わせるだけのキスでした。「私だって本当に会いたかったんだから・・・」彼女は俺の体を強く抱きしめキスをしてきました。

男のエゴ 1【社内不倫体験談】

誰にも話せなかった事を、ここでお話します。

彼女は職場の後輩、親しい関係では無かったけど、軽く夕食に誘った後車内でキス・・・ここから全てが始まりました。

お互いの体を抱きしめ合い、小振りのおっぱいの感触を楽しんで気分の高まった俺は自分のモノを彼女に握らせると「舐めて」の一言。少し迷ったものの彼女は俺の言葉に従いました。

数時間前までただの先輩・後輩だった関係を思うと興奮し、すぐに限界が近付きましたが、出すのを抑えて彼女に言いました。「明日ホテルに行こう」

翌日、普段通りに仕事を終えた俺は彼女を待ち合わせ場所に呼び出しました。

彼女が車に乗り込むと「お疲れ様」の声をかけ、すぐにキス。
舌を絡ませた長いキスの途中、彼女の下着の中に手を入れると既にグッショリの洪水状態。

可愛い喘ぎ声にしばし時を忘れて、彼女の柔らかさを感じていましたが今日の目的の為に手を止めて、車を走らせました。

ホテルまでの車内、俺が何を話しても彼女は無言・・・
不倫という行為にためらいを感じていたんだと思います。

メンタルボロボロ&性病までうつされた【エロ体験談】

メンヘラと付き合うと大変とかネットや2ちゃんで見るけど、リアルに付き合ってみるとマジで大変だったww

完全にヤバイ地雷女で精根尽き果てる。

そんなメンヘラビッチ女とは以前から知り合いだった。

でも友達からHする関係になると
ちょー大変。

友人関係の時はチョイメンヘラ体質なのかな?

ぐらいにしか思っていのかったのだが・・・

そのメンヘラガールはA子といい
飲むことになったんだ。

家もそんな遠くなかったので、
とりあえず向こうの家の近くで飲んだ。

会うのは2年ぶりくらいだったんだが、
前からちょこちょこメールはしていて、
その話題の豊富さと優しさから、
その時からけっこう好感は抱いていたんだ。

女友達のスーツ姿に欲情してセックス【エロ体験談】

はじめは会社の帰りにばったりと駅であったんだ。高校時代の女友達にさ。相談したいことがあるっていうからさ。

僕の部屋にきて、コーヒーのみながら話してたんだ。彼のことだったんだけどね。でもスーツ姿でブルーのブラして透けてるの見えたら、我慢できずにさ、いきなりマナの肩を抱き寄せて唇を奪ったんだ。


マナはいやがって、僕を引き剥がそうとするんだけど、男の力には勝てなくてさ。しっかりと閉じた唇を僕は舌をつかって、マナの唇をこじ開けて、舌をいれてマナのお口を僕の舌で犯すんだ。舌をからませてさ。その間にもシャツの上から荒々しく胸をもみしだいてさ。


シャツを脱がそうとしたら、逃げようとしたから追いかけて後ろから抱きしめて、両手でシャツの上から胸をさわってさ。後ろから大きくて熱くなってるおちんちんをマナに押し付けてさ。

「大きいね。マナ こんなにいやらしい胸して」って言いながら首筋にキスしてすいついて。シャツはぐしゃぐちゃになってブラジャーは上にあがって、豊満なおっぱいが乳首をたたせて、マナは僕に直接乳首をさわられながら、胸をさわられてさ。


乳首がマナ弱くて、乳首を指でつよくつねるたびに「うっううっ、いや。そんなのだめ」っていいながら身体が反応してるんだよ。

モデルの面接で裸にされた体験談

私は今、大学に通っています。昔から人前に出るのが好きで、将来はモデルとか女優とかテレビに出られる仕事をしようと思っていました。

運良く一流と呼ばれる大学に入学することが出来たので、テレビ局のアナウンサーという道も選択肢にありました。

でも私立の学校だったので、授業料が高く、実家もさほど裕福ではなかったのでアルバイトをしないと厳しい生活でした。

 

最初はコンビニとか普通のバイトをしていましたが、新しく知り合った友達の話によると、家庭教師とか割の良いバイトに変えたほうがいいよといわれました。

たしかに、家庭教師は毎週決まった時間で短時間で高収入だったのでコンビニをやめ家庭教師を始めました。

それからしばらく家庭教師をしていましたが、あまりにも短時間高収入で、時間があまってきました。

さきほどの友達に話すと、「空いた土日で、イベコンのバイトとかしたら?」といわれました。

私は「えー?イベコンって大学生でも出来るの?」と聞くと「うん。よく募集してるよ。学生可って書いてあるよ」と教えてくれました。

さらに、「アンタだったら面接でも簡単に受かるでしょ」と付け足してくれました。

出会い系で知り合った人妻と赤ちゃんプレイ【エロ体験談】

先日、赤ちゃんプレイを体験しました。

出会い系サイトの掲示板に、"私の赤ちゃんになってくれる方を募集します!"って書き込みがあったので、やり取り後に会う事が出来ました。

ママになってくれる女性は30代後半の女性で、ホテルに着くと早速赤ちゃんプレイ開始です。

ママにオムツを着けてもらい、赤ちゃん言葉で

「ママ…オチッコ」

「赤ちゃんなんだからオムツの中にしていいのよ」

僕はオムツの中に大量のオ〇ッコをしました。
「いっぱい出まちたね~チンチン綺麗にしまちゅね~今度は浣腸するからウ〇チ出してね」

浣腸されて便意を我慢出来なくなり、ママが見てる前でウ〇チをしてオムツを取り替えてもらいました。