■生活の為に言われるままに体を

 保険の契約がとれなくて、営業部長にある社長さんのところに連れて行かれたんです。保険の契約を考えてる人だから、しっかり契約をとってこい。今回ダメだったら、クビだって脅されました。社長さんは50歳ぐらいのおじさんで、その日はスーツだったのですが、身体をジロジロ見てくるので、やばいかな・・・って思ってたんですが予感は的中しました。

 部長が出て行くと契約が欲しいなら、身体で取るしかない。俺が教えてやるって言われ、ストッキングとスカートを脱いで
社長の机の上に乗るように言われました。私がためらってると、クビになってもいいのか?契約がいるんだろ?と言われると、私も生活があるので、言うとおりにするしかなくて・・。

★憧れの弁当屋のパート人妻

 憧れの人妻の体内についに勃起ぺニスを差し込んだ。バイト先の近所にある弁当屋のパートの人妻36歳。小柄でスレンダー、清楚な顔立ち。オレの好みの人妻。バイトに行った日の昼は必ずその人妻のいる弁当へ弁当を買いに。というより、その人妻を見にいくために約3年、通い続けた。

 昼時間をわざと少しずらして行くと、混雑もなく人妻をじっくり観察できる。場合によっては、オレしかいない時もある。人妻の清楚な顔立ちをガン見したり、シャツやエプロンの下の貧乳、ちっちゃくて可愛いケツをガン見して、夜、帰宅してから人妻の清楚な顔立ち、貧乳、ちっちゃくて可愛いケツを思い出してはぺニスを慰めて射精の毎日。

★アダルト男優のアルバイト

 アルバイトの広告でアダルトの男優を見つけて応募した。 面接を受けてたら裸にされていきなり女性が現れていきなりフェラをされた。 何人かに見られながらイカされて「後で連絡するから」と。そしてある日に「明日の10時に○○に」

 行くとスタッフが居て「ちょっと」と言われて説明を受けました。 内容は普段着のままで町を歩けと、そして声を掛けられたらついていけ、そして言われるままにと。 言われて道を歩いていたら短めのスカートの女性に声を掛けられて40後半かな?綺麗な女性に「良かったらお茶しません」と。

■セフレは信金の営業担当

 夫が経営する小さな工務店で、経理の仕事を手伝っている44歳の人妻です。中学生の息子2人をもつ母親でもありますが、月に2~3回の頻度で御用聞きに来てくれる、信用金庫の担当者さんとSEXしてしまいました。

 彼は地元の大学を卒業後、この信金に就職して2年目になる24歳。新入社員の時からウチの担当として自宅兼事務所に出入するようになり、今ではすっかり夫の信頼を得ている好青年です。その彼とまさかこんな事になるとは...。

■心電図の測定で脱がされた体験談

 高3の三学期、短大に受かった私は、短大に提出する為の健康診断書をもらいに、初めて一人で大きい病院に健康診断に行きました。いろんな科を回って、心電図の順番が回って来ました。大きい病院でしたが、田舎なので人が少なく、その部屋の待ち合いも私一人でした。

 呼ばれて中に入ると、大学生のように若い男性の医師が一人居るだけで、ちょっと恥ずかしくて、やだなと思いました。「上半身は全部脱いでください」と言われ、初めての心電図だったので恥ずかしかったのですが、そういうもんだろうと思って覚悟を決めて脱ぎました。

★嫌だった看護師の妹に介抱された俺

 俺30歳、妹27歳。ともに独身。カレシ、カノジョなし。俺が先々月入院したときの話だ。よりによって通勤途中にバイク事故で妹がいる病院にかつぎこまれた。両手骨折。で、整形外科病棟に入院した。

 労災なので、全部医療費は会社もちとなった。「兄ちゃん、なにやってんのよぉ!恥ずかしいなあ!」「ええ!お前の病院かよお・・ここ。」手術が終わって、麻酔が切れて目が覚めたときのことだ。主治医や婦長さんと主任さんもいた。

★女子トイレのドアが開いたまま

 中田です。会社の後輩、三里(ミサト)さん(20)の話です。三里さんは、おとなしくてまじめで恥ずかしがり屋で、でも天然で鈍感で無防備で無頓着なので、その言動に萌えることがよくあります。

 俺は彼女を口説く勇気がないヘタレなんで、回りくどく意地悪な発言してしまうんだけど、幸いにもどうやら彼女はそれをセクハラともストレスとも思ってないらしい。その辺の本音はあとになって聞いたけど、その話はまたいつか別の機会に。

■女性の脚が好きな脚フェチの夫

 先日、ちょっとだけエッチな体験をしました週末に。人夫婦に呼ばれ 友人宅に行った時の事。私は仕事が終わり友人宅に直接向かいました。久しぶりに会ったので、懐かしい話に食事お酒ととても楽しい時間でした。

 私は早朝からの仕事でしたので、途中からお酒の影響もあり次第に眠くなってきました。そんな中で、お酒がなくなってしまいジャンケンで友人が近くのスーパーまだ買いに行くことになりました。部屋には私と友人旦那が残りました。

★先輩の愛人の女体を頂きました

 20代後半の頃、先輩に騙された(?)時の話。先輩30代後半既婚、愛人さん20代半ば。愛人さんとも何度もお会いしてたし、その日も普通に飲み行くのだと思ってました。一軒目を後にして、二軒目に行くのかと思いきや、愛人さんの家で二次会をするとか。

 マンションに行き、いつもと変わらず飲んでたんですが…先輩が下ネタ全開モードに突入。そして俺に愛人さんを気持ちよくさせてやれ!と…えっ!?えー!?いくらなんでも先輩の彼女、それはマズイっす!

★OL1年目の野球拳デビュー体験談

 21歳のOL(事務・庶務)1年目の美紀です。社会人で始めて、忘年会の二次会でとうとう野球拳デビューしちゃった。お酒がすすんだところで、ひょんなことから男性対女性のチーム対抗野球拳が始まってしまいました。

 1チーム3人で代表を出して勝負したのですが、代表が負けたらそのチーム全員が服を1枚脱ぐ、最初に一人でもギブアップしたり、脱ぐ物が無くなった人が出たチームが負けると罰ゲームをするというものでした。

★復活は早いけど出すのも早い男

 この前出会い系で会った人との話しなんですけど・・「3P興味ありませんか?」確かそんなメッセージの人だったと思う。複数に興味あった私はしばらくその人と話ししてた。30代後半 既婚 子持ちそんな感じで話して3Pの話に。

 私自信はしたことなかったのと興味あった話をして・・♀はずっと挿れられてる状態だからね。気持ちいいよ。してみたいなーと話してると最初から3人も・・だと思うから、まず2人で会ってみようか?って。で今回は写真も言われなかったのでそのまま会う事に。

★地元で起こった女の子の拉致事件

 私が大学生だった数年前地元のとある市で次々と若い女の子が車で拉致され、セックスビデオを撮られたりカーセックスしてる若いカップルが襲われて彼女がレ〇プされる事件が起こった。そういう噂が流れ、地元の若者を震撼させた。

 しかし、レ〇プの様子をビデオで撮られている為か被害届は一切出ておらず、警察沙汰にはなっていなかった。被害人数は20人とも30人とも言われていたが、実際に事件化されていないので分からない。その裏ビデオが1本数万円の高値で取引されていると言われたが、実際にそんなビデオがあるのか誰も見ていないので分からなかった。

★病院のタマタマ治療は恥ずかしい

 持病っていうんだろうか。 何年かに1回か、時には一年の間に2回ほど、アソコの…タマタマの皮膚がカサカサになって、ひび割れてきて、痒くなるんだ。お風呂は毎日入って、ボディソープできれいに洗ってるし、不潔にしてるからなんてことはあり得ない。

 アトピー体質ってのもあると思う。とにかく痒いもんで、ポリポリ引っ掻くと、カサカサになった皮膚がポロポロ剥がれ落ちてくる。あんまりやり過ぎると血がにじんでさらに痒くなる悪循環で、特に暑い時期だと蒸れたりもして、治るまでに2〜3ヶ月以上かかることもある。

★イチモツが好きなエロ好きな彼女

 はるみちゃんと再会しました。都内名門大学に通うJDなんです。就活生で忙しい合間を縫って、わざわざ都内より新幹線に乗車して会いに来てくれたんです。

 駅改札口で、顔を見合わせたら、思わず(^∇^)ちゃった!はるみちゃんとは、元上司から急遽、出張を言い渡され渋々と上京して、本社へ行かされて長々と会議に疲れ果て、ビジネスホテルでぐったりとなってた時に、福祉系専攻してたはるみちゃんが、実習を兼ねてアルバイトとしてマッサージに来られたのが出会いでした。

■夫が包茎で終わるのが早くて

 私は31歳、結婚4年目のパート主婦です。63歳になる義理の父と同居しています。お義父さんは会社を定年退職しており、奥さまを6年ほど前に病気で亡くされています。1歳年上の夫とは週に1~2回のペースでセックスしています。

 いきなりですが夫は超包茎です。手で剥けるので一応仮性ですが、勃起時も皮が余るくらいです。 しぼんでるときなどはそれこそゾウさんの鼻みたいなホースがおちんちんの先についてます。本人もかなり気にしていますが、清潔にしていれば何も支障はないし、私としてはそれほど気にしていませんでした。

★最近下着が派手になった妻の告白

 俺42、嫁(ゆり)39歳で中学2年の男の子1人でその子がサッカー部に属し、嫁が父兄の役員をさせられて居た時の事です。 役員はやはり母親が多く7人、父親は5人とのことでした。

 毎月どこかに練習試合に出かけ都度応援他で出かけており、それも仕方が無いと諦めていました。ところがある時から妻の夜の様子がおかしい事に気が付きました。今までした事も無いポーズをとる、フェラも微妙なタッチであっという間に口中発射した事もあるほどうまくなっている。

★ホスト友人から誘われたバイト

 ホストやってるアキラからの一本の電話でした。「バイトやんねえ?別荘でビデオ撮影の手伝いしながらキメよーぜネタはがっつりあるよん」そのころプーでぶらぶらしてた俺は「おいしいじゃん」「いくー!」二つ返事でした。

 約束の月曜の朝、上野の待ち合わせ場所にいくと機材いっぱいのワゴンが一台とホストのアキラ、893やってるケン、ケンの兄貴分の山科さん。この山科さんは中学のときの先輩なんだけど、新宿でナンパするときは、

■私が入寮したある企業の女子寮の話

 私がある製造系企業に勤めていた時の話です。私は、定時制高校を卒業したのを期に大手企業に就職し直しました。中卒で働きながら定時制高校に通ったのですが、将来、保母(保育士)になりたくて、夜間部のある短大に通うには勤め先を変えなければなりませんでした。

 幸い楽器系製造会社に募集があり、調べてみると会社に近い寮に入って夜間短大に通うのも可能。就業日には会社から通学バスを出してくれるし、タイムスケジュール的にも自宅通学よりも楽だし、何より食事の心配がありませんでした。

■エロの味方のお巡りさん

 40代真ん中バツイチ女です。美園(仮名)と言います。地方の警察署の食堂で働いています。栄養士の免許も持ってるんで私がメニューを作って、他5人の女性のパートさんと仕事しています。さすがお巡りさん!婦警さんでも食欲旺盛で仕事しがいがある職場なんです。

 そこで、機動隊のお巡りさんと仲良くなりました。彼は津川秋仁さん(仮名)といって、私より8つ年下。「最近、太りぎみなんです」から始まり、私が献立の組み合わせを考えたりしています。

★『M男募集』という書き込に反応

 何となくメールをすると直ぐに返信がありました。何度かやりとりをすると『リアル調教がしたいから今すぐこの場所に来い』とメールがあったので、興奮しながら向かいました。

 待ち合わせ場所に行くと、かなり美形だけど幼い感じの娘がいました。早速ホテルに行くと、彼女は「早く服を脱げ」と言っていきなり蹴ってきました。私が服を脱ぐと、彼女は腕を後で縛り足を曲げた状態で私を縛りました。

★部活に入部してきた可愛い子との3P

 あれは俺が大学四年の時、同じ部活の一年生にえらい可愛い子が入部してきた。その可愛い子は仮にエリとしとこう。エリは凄く笑顔が素敵な子で、いつも元気でハキハキしてるどこから見ても良い子だった。

 エリは身体は吉沢明歩、顔はさとう遥希にソックリ。どちらかと言うと細身で胸も普通よりは小さいけど、全体のバランスが良くて男子部の全員から人気があった。いつも愛想のいいエリを狙ってた男はきっと多かったはず。

■主人と血液型が一緒なので

 私は23歳の新妻です。短大を出て3年目のOLでもあります。昨年春に、短大時代からお付き合いしていた3歳年上の主人と大恋愛の末結婚しました。主人とは、私の方が好きになり、結婚したのです。まだ新婚ホヤホヤなのに・・。

 でも・・この4月から、転勤でやって来た彼が、主人との甘い新婚生活に・・。彼は35歳の独身。どうして結婚しないのかと思うくらい、カッコイイ誠実な人です。同じ部署となり、時折一緒に外出する機会がありました。

■他から見ると円満に見える家庭生活ですが

 結婚20年の40代後半の人妻です。世間から見れば円満な家庭生活と映るかもしれません。最近では主人は私を一人の女とは見てはくれていない様子。更には薄々ながら主人の影には女性がちらついています。私は浮気願望が強い訳でもなくましてや結婚以来、浮気はありませんでした。

 しかし、皆さんの浮気や不倫体験談は時々ネットで拝見していました。私のたった一度だけの浮気体験を告白させて下さい。あれは数ヶ月前の夏の日、私はとある講習会に3泊4日で関西に行った時のことです。最終日、講習会で知り合った同年代の男性に食事に誘われました。

■出会い系の女性に会ってきました

 出会い系でも「マジメな出会い」を掲げているサイトを最近は利用しています。そこに投稿して放置しておき、週に2回くらい更新(重要)しておくと女性の目に留まりますからアクセス数も増えます。日本全国ありとあらゆるところからアクセスがありますよ。

 今回は私が北海道なのに九州は福岡からの交際希望者の話です。 メールでの申し込みがあって、毎日普通にメールをしていましたら写メが見たいと言ってきました。お互いに送ることにして見ましたら、まあ普通かな。って程度でした。

■SEXに淡泊な夫に見切りをつけ出会い系に

 私は結婚して3年で、まだ子供はいません。夫は4歳年上のシステムエンジニアをしています。友人の紹介で知り合い誠実そうな人柄と年収に惹かれ、2年の交際で結婚しました。も交際しているときからひとつだけ不満があったんです。

 ずばり言ってしまいますと、セックスです。あまり女性経験がなかったようで、テクニックも未熟で淡白、そのうえオチンチンも小さいんです。それでも私ももう30歳目前でしたので、夫からプロポーズされたときは結婚を決めました。

★単身赴任には嬉しい部下の女体

 部下の歩美ちゃん、決して美人じゃないけれど爽やかさんで、朗らかな可愛さと気さくな性格の27歳、まだ独身だった。単身赴任中の俺は当時41歳、妻とは週末しかセックスできなかった。

 そんな俺のアパートにあがりこんだのは飲み会の後、彼氏と別れた話を聞かされた。酒のせいもあって、自然とキス、そのまま下半身だけ脱がせて交わった。職場では見せないヨガり顔、職場では聞くことのない喘ぎ声、あの卑猥な腰の動きはとても歩美ちゃんとは思えなかった。

★旦那が出張の度に迫って来る若奥さん

 アパートの1階、斜め下の部屋に若い夫婦が引っ越してきた。奥さんは20代前半くらい。旦那は30代くらいで、とても仲の良さそうな夫婦だ。奥さんは小柄で、少しぽっちゃりしていて程良い肉付き。凄く愛想の良い女性で可愛らしい。

 夏は薄着で玄関の掃除とかをしている。薄着だけならまだしも、半ケツで谷間全開。若干乳首が浮いていて、何回もそれをおかずに抜いた。正直旦那がかなり羨ましかった。ある日、仕事から帰ると奥さんが俺の部屋の前に立っていた。

■主人との夜の営みの実況をします

 肩を抱いてくる主人に顔を傾け胸に抱かれるように寄りかかりました。二人ともパジャマに着替えていたので、素肌に手の温もりを感じていました。空いた手で頬を優しくなでられ、キスを求めてきたのです。長い沈黙の間にもテレビの音だけが聞こえ、やがてディープな口付けをどちらからともなく始めました。

 頬を撫でていた手が少しづつ降りて行き、パジャマの上から胸の辺りを触られていました。最近、私は胸の辺りを触れられるとそれだけで自分でも驚く位に凄く濡れてくるんです。主人にパジャマの上から乳房を触られ、ピクンっと身体が跳ねてしまいました。

■主人の同僚夫婦の旅行で思わぬ事が

 私は人妻です。結婚してから一度も不倫もしたことが無いごく普通の主婦です。主人の同僚のご夫婦と私たち2組で温泉に行った時のことです。楽しいからといって2組同じ部屋を取りました。食事の後バーで、 飲んだりダンスしたりそれは楽しい時間でした。

 部屋に帰り、又飲みながら話してる内に酔っ払っているので、雑魚寝状態でいつしか眠っていました。体に重みを感じ目がさめた時、隣に寝てるご主人の手が私のアソコの上にありました。驚いてどけようと思いましたが、何故かそのままにして寝た振りをしていました。でも神経はその部分に集中しています。

★女性新入社員の相談からエロ発展

 少し前だが去年の4月に新入社員が入ってきた。新卒の22歳、名前はY子。Y子は見た目若くて、高校生ぐらいにしか見えない。髪は短くて背が低くて、メガネで黒髪で、仕事で失敗すると「きゃぅぅ〜〜」とか言う。

 どこがってわけじゃないけど、オタクっぽいし、子供っぽい。で、Y子の面倒を俺(32歳、10年目未婚)が見ることになったわけだが、仕事の筋は割とよく、電話ではオタクっぽいところも出さず、半年後には、それなりの奴になっていた。

★酔って彼女と友人が性具乱交

 その友人(♀)と俺は大学のクラスメイト…というか悪友?だったんだが、ふとしたことで彼女を友人に紹介してから、その友人がやけに彼女を気に入る。「彼女すごくMっぽいよねー」とか「胸大きくて触ったら柔らかそうだよねー」とか「虐めがいがありそうだよねー」とか、やけにご執心の様子。

 付き合って2年目で、俺はそろそろ普通のセックスにも飽きてきたので「じゃあ、近々彼女にいろいろしてみる?」と冗談交じりに持ちかけると「いいねぇ〜」と随分ノリ気。結構性に関しては抵抗のない友人だったが、正直ここまでとは思っていなくて、逆に俺が驚く。

■プールで彼とエロイチャイチャ

 豊島園にあるバーデプールにて。先日初めて露出をしました。あまりにもドキドキしてしまって忘れられたいので。。立地から若い学生からご年配の方が利用されているプールでした。初めて彼と行くプールで、ビキニに着替えてメインの大きなプールに入りました。

 人がいるのにこ、っそりプールでビキニの中に手を入れたりしてきました。やめて!と抵抗してもやめてくれず。少しずつ濡れ始めてくるのが自分でもわかり、恥ずかしくなりました(>_<)

■上手で気持ち良かったテク

 先日仕事の帰り、満員電車で胸を触られてびっくりして、怖くなったんです。でも反対側の男の人が服の上から乳首を絶妙にこすったとき思わず仰け反りそうなほど気持ちよくて、しかも数人で見えないようにしてくれていることに気づいてちょっと安心してしまい、鞄で自分も胸元を隠したら、ブラの中に指が入ってきて直接乳首を責められました。

 パンツの中に入った指はクリの先をソフトタッチでずーっとなぞっていて、たまらないほど気持ちいいけど上り詰められなくて、ぐちょぐちょになった中に痴〇の指を受け入れていました。

■S線に乗るのは初めてでした

 普段は使いません。混雑の激しいS線にわざわざ乗車したのは埼玉方面に用事があったからではなく、電車に乗ることそれ自体が目的…勿論分かっています。先頭車両は痴〇の温床なんですよね。

 通勤の電車で男の人の熱くて硬くなったものをお尻に押し付けられて以来、その感触が忘れられなくて…。毎朝期待して通勤するのですが、中々思うようにいかず、悶々としていました。

★俺と叔母とのエロ話

 叔母は小柄で痩せ型の、近所で評判の美人だった。いつも笑顔の優しい叔母だった。私が小さい頃から、わが子のようにかわいがってくれた。母よりも大好きな叔母だった。しかし、私が我が家を離れて東京の大学に入学して、2年目の春に不幸は訪れた。

 叔母のご主人が仕事中の事故で急死した。私は母から知らせがあって、いそいで実家に駆けつけた。アルバイトばかりの生活で実家に帰るのは、2年ぶりだった。葬議場の棺の前に、愁傷しきった叔母の姿があった。

★不倫といえば温泉旅館でエッチ三昧

 週末に敬子(36歳)と敬子の知り合いの主婦、友美(34歳)と3人で某温泉宿にSEX旅行に行ってきた。敬子の車で知美を迎えに行ってもらい、友美の旦那には女2人旅行という事になっている。

 友美とは初対面だったが、165cmほどのの背が高めで「本上まなみ」のような清楚な感じだった。かなりストライクゾーンに入ったので、この時点で半起ちだった。車の中ではすぐに打ち解けて初めからエロい下ネタの連続。

■以前から誘われていた店長の誘いに

 パート先の飲み会で酔っぱらって、以前から誘われてた店長とホテルヘ行きました。酔って興奮してた店長は部屋に入るなり抱き付いてきてキスをしてきました。仕事の後の飲み会だったので、シャワーさせてくださいと言ったのに我慢できないと言われベットへ押し倒されました。

 初めての浮気だけどシャワーしないでなんて恥ずかしくて、うつぶせになって抵抗するとお尻を強引に持ち上げられ、スカートを捲られ四つん這いで下着を見られました。

■パート職場の男の子達との乱交

 パート先で働いてる男の子達に誘われて居酒屋に飲みに行った時、他の人も誘ってと思ったら私一人だけでした。一時間ぐらいで帰るつもりが、勧められたカクテルを三杯飲んだところで酔ってしまい、主人に抱かれてる夢を・・

 でも リアルに突かれて感じて目を覚ますと裸で一人の男の子に抱かれました。まだ朦朧としてますが挿入されて突かれるたびに声が、朦朧としながら他にいた子達も裸で私を見てます。

■出会い系にハマってしまいました

 私はインターネットに大変疎いのですが、先日友人に出会い系のSNSに誘われました。出会い系のSNSという言葉は聞いたことがあったのですが、彼氏いるしどういったものかよく分らずにいたんですよね。

 友人に言われるがままにアクセスして登録をしたのですが、とても面白くてはまってしまいました。ますますのめりこんでいたところ見たことのある写メの人からメッセージが届きました。私は中学のときに一人の男性とお付き合いをしていたんですよね。

★運が良い日はエロも付いていた

 先日の事です。ある日、私は仕事が終わってからいつものようにパチンコ店に行きました。スロットと飲み友達探しが目的で、週末・休みの前の日はいつもパチンコ店。でも飲み友達が見つかる事は稀で、閉店までスロットを打って負けて帰宅というパターンがほとんど。

 しかし昨日は運が良く、投資4千円でボーナス25連!!その後もなかなかイイ感じで、ハマってもボーナスの継続率が良く、気づけばドル箱3箱半以上!!・・かなり浮かれてました。そんな久し振りの好調に夢中になっていると、突然隣に1人の女性が・・。

★出会い系の美形人妻をセフレに

 前から使っている出会い系ににずっと狙っている人妻がいた。俺だけじゃなくて、かなり多くの男が狙ってた。そいつが、かなりの美形だから。沖縄出身で、ウェーブのかかったセミロングの髪に目鼻のくっきりした顔立ちで比嘉愛未?という女優のような顔してた。

 だけど、そいつは外資系の証券マンと結婚して幸せそうだった。だから掲示板で誘っても誰も成功しなかった。ところが先日、2人で掲示板のやり取りしてたらいい雰囲気になり「今日も仕事で疲れたから飯行かない?」と誘うとなんとOKだった。

■夫からのSEXが遠のいたので

 私は専業主婦をしている35歳のルミです。結婚して10年、子供は2人います。家が自営業で夫の両親もいるので、家でエッチしたのは新婚時代の数ヶ月だけです。今は子供もいるから2人だけでホテルにも行けず、ここ数年エッチなしです。

 欲求が溜まるけど夫に言えないし、オナニーもできない…。体系も太り気味になってきたのでスポーツジムに通うようになり体系も子供生む前に戻りました。ジムでエアロビクスなどして動くことが麻薬見たいになり、週に昼、夜と4~5回と行くようになり、友達もできて楽しい日々でした。

■パートに行き始めたのがキッカケで

 もうすぐ40歳になる私がパートに行き始め 飲み会もよくありました。「誰かに誘われたりしないの?」と聞かれ「こんなおばさんを誰が誘うのよ」と言うと「そうなんだぁ~誰かに誘われたらエッチとかしちゃう?」と変なことを聞かれ

「誘われるわけないから」と言うと「最近飲み会とかもあるから、そういうのもあるのかなぁって思うとなんか興奮するんだよなぁ~ママが俺以外の男を気持ち良くするなんてって思うのさぁ」と言われ

■エロに関しては淫乱好きな私

 自分でもつくづく呆れることがあるけれど、駄目なんです。退社の時間が近づいてくると、毎日下半身がムズムズしてきて、いても立ってもいられなくなってしまうんです。「今日のお相手は誰にしようかしら。総務の松崎クン。それとも営業課長の多田さん。でも、多田さんほ忙しそう。だったら、計理の内山さん。彼ならヒマそう・・」

 なんて、男たちの顔を思い浮かべな、がら、知らず知らずのうちにポールペツのお尻かなんかで、ツンツン、アソコのポッチのあたりを突ついたりしている始末です。もちろん、自分でクリトリスのあたりを突つくだけで満足できるわけはなく、退社時間には、ちゃんと内線電話で、その夜の肉欲デートのお相手を誘ってしまうのですから、自分でも、本当に「よくやるなァ」って思います。

■不謹慎ですが楽しい不倫SEX

 私は35歳の主婦です。不倫SEXに溺れています。7つ上の夫は旅客機のパイロットで家を空けることが多いのです。一人息子も大きくなり、家にいても暇なので、テニススクールに入り楽しんでいました。昼間のスクールには私のように暇を持て余した主婦が沢山来ています。

 そこで50才位の紳士に出会いました。時々、会うと会釈くらいはしていましたが、その内お茶するようになり、だんだん親密になっていったのです。彼は自営業の人で家族も子供もいます。メタボの体になり運動不足を解消する為にテニスを始めたと言っていました。

■野球拳デビューで雪辱を味わいました

 21歳のOL(事務・庶務)1年目の美紀です。社会人で始めて、忘年会の二次会でとうとう野球拳デビューしちゃった。お酒がすすんだところで、ひょんなことから男性対女性のチーム対抗野球 拳が始まってしまいました。

 1チーム3人で代表を出して勝負したのですが、代表が負けたらそのチーム全員が服を1枚脱ぐ、最初に一人でもギブアップしたり、脱ぐ物が無くなった人が出たチームが負けると罰ゲームをするというものでした。

■私は社長にセクハラを受けています

 私は社員旅行で記憶を無くす程飲み酔い潰れ、事もあろうに社長の部屋に入っていったらしいのです。秘書の私は社長の隣の部屋を使っていたので、間違えてしまったのかもしれせん。

 社長が言うには、《私は部屋に入ってくるなり服を脱ぎ捨て、シャワーを浴び体を拭き、全裸でベッドに横になったそうです。社長は部屋で一人落ち着きソファに座り、飲んでいたらしいのです。

■エロ系のキャバクラで働く20歳です

 私もお酒を飲んでいるし、お客さんも当然お酒を飲んでいます。お客さんの中には単なるエッチな人ではなく、マニアックにエッチな人がいます。お店の決まり上、軽く触るくらいはOKなんですが、それ以上はダメなのでお客さんは肩を組みながら耳元でエッチな事を言ってきます。

「かわいいねー、その歯を舐めたい」「脇の下の匂いを嗅ぎたい」「その顔に精液を掛けたい」夜の仕事をしている事もあり実は彼氏がいません。私はエッチが好きです。お酒を飲んでいるのもあって正直な所、男の人に肩を組まれて耳元でエッチな事を言われたらSEXしたくてたまりません。

■バイトで身に付いたいやらしいSEX癖

 私は某ライブチャットレディーとしてバイトをしていました。毎夜、全裸になり股を開いてオナニーをしていました。マンコはアップで見せて、バイブを突っ込み男性の命令の通りに動いていました。

「クリトリスの皮を剥け。」「四つんばいになってアナルを見せろ。」「もっと足を開くんだよ。豚。」このような乱暴な言葉での命令を望み、毎夜男性にマンコを見せていました。

■女の営業は体を求められるんですね・・続き

 この前の社長に、呼び出されてしまいました。今度はもっと買ってあげる。来ない場合には、今後の取引はないよと言われ、仕事を失いたくないばかりに社長の元へ行ってしまいました。

 会社につくと、社長は、重要な話があるから、こちらから連絡するまで電話等は、とりつがないように男性社員に伝えていました。男性社員がニヤニヤしているような感じがして、少し怖くなり帰ろうかともしたけど、やはり断れなかった。