アルバイト先のコンビニの奇妙な常連客

 もう3年前の話です。私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。その人は少し太っていて銀縁のメガネを掛けていてニキビの跡がとても目立つ人でした。 年齢は30代位。いつも丈の短いジーパンにTシャツをきっちりしまっているスタイルで、他の従業員からは陰で「オタク」とか「引きこもり」とか呼ばれていました。そしてその人はいつも平日の3時過ぎに