気の強い彼女

2月14日。学校帰り、俺はいつもの公園に呼び出された。「ねえ、賢ちゃん・・私ね、ずっと・・・好きだったの。」 いつも男っぽい佳織が、頬を赤らめて俺に言う。小さな紙袋の中には、可愛くラッピングされたチョコレート。「手作りなの・・・、た、たべてくれると・・・うれしいんだけど」 可愛い手袋をした手で、不器用に俺に差し出す。いきなりのことで動揺してしまい、俺はただそれを受け取るだけだった。「返事・・・、ホワイトデーにちょうだい」 そういって、俺 […]…