バツイチ美人司書の両穴を思い出の和風宿で堪能

図書室の美人司書は35歳の裕美という女だった。裕美は、9歳の娘を実家に預けて働くバツイチ4年目だった。俺は裕美のかつての職場の上司で、バツイチになった裕美に今の職場の口を利いてやった。 この日は、恋女房に先立たれた私に、男日照りの裕美が体を自由にさせ…