守られなかった約束

「少し遊んでみたらどう?」なんて、酒が入るたびに妻に囁き、「そうしようかしら」とからかう妻に、半分本気で嫉妬の炎をかきたて、セックスするようになりました。小心者の私はそれで十分だったのです。 ところが、その夜は違いました。いつものように私が軽口をたた…