母性の象徴の様なその姿に神々しさすら感じました・・・

僕(賢人)は親友の翔太のお母さん(ひとみさん)のことが小さいころから好きでたまりませんでした。小学生の頃までは、どこか母親とは違う大人の女性という憧れの気持ちの