■我慢できなくなると足はアダルト店に

 帰りの電車で、敏感な部分をあまりに長くしつこく触られてしまった夜に駅を降りると、どうしても我慢できずに、家とは反対方向の少し遠くにあるお店まで歩いてしまいます。 お店に入ると、ごく普通の商品を手に取りながら出来るだけさり気なく、ゆっくりとアダルトコーナーへ向かいます。そこの棚の商品を借りたことはありません。パッケージを手に取って眺めるだけです。…