指が触れた

夫が私の敏感な蕾に触れた。その瞬間、局部をいたずらされている痛がゆいような感覚と、見られているという羞恥が合体し指を挿入されている箇所が熱くなった。 「あっ!…」 夫が触れている感触がたまらない。溝を行ったり来たりしている夫の指は、溜まっている粘液を跳ね…