★清楚な社長婦人とのエロ情事

 大阪に出張した。ヒルトンホテルのティールームで書類の確認をしていた。隣に色白の品のある女性がいた。30 代後半でテーブルの陰で足がきれいに伸びていた。スレンダーで白のノースリーブが似合う清楚な女性だった。興味がわいた。 話しかけるには唐突すぎる。視線を送ってみた。二度三度。気付いたのか「えっ?」っていう表情をした。笑いながら「暑いですね」と苦し紛れに言ってみた。戸惑った表情だったが、微笑んでくれた。