営業日誌 その3

もう一度優しくキスをした後、俺は彼女の中に少しずつゆっくりと入っていった。小学生のおま○こはやはりきつかったが、処女ではないし、かなり濡れていたので挿入自体にはそんなに抵抗感はなかった。体を舐めていた時とは明らかに違う感じ方で、声をあげながら体をくねらせ…