謹慎処分中に逢いにきてくれた菜々

俺の高校時代のこと。

俺の名前はたつや。
某県立高校に通っていた。
その学校は俺たちが入るまではあまり吹奏楽が盛んではなかったが、俺たちの代で30人ほどが入って、やっと50人のバンドになったほどだ。

俺の中学はなかなかの名門校で、高校でもトップを吹い…