ありえない日

大学時代のことです。
僕(裕樹22歳)が、彼女(美香22歳)と街をブラブラと歩いているところに大学の先輩だった人から電話がありました。

「おー久しぶり、お前今何してんの?暇だったら久しぶりに家来いよ、呑もうぜ」

彼女といることを伝え、断ろうと思いまし…