妻・美希をレンタルしてしまった(3)

 貞淑な妻と思っていたが一線を越えてしまうと女は弱いものである。会社の社員であり、社長秘書であり、社長の愛人として勤務するようになった。ほぼ、毎日社長の肉棒を咥えて精液を嚥下させられ、膣に精液を注がれていた。美希は妊娠を恐れて子宮にリングを入れたようであ…