俺が、ハイエナ痴漢したのは兄貴の婚約者

朝の通勤ラッシュで、会社に行くのは、だるいと思いつつ俺の唯一の楽しみは、ハイエナ痴漢だ。常連の痴漢達の近くに陣取って痴漢されている女達に手を伸ばしてオッパイ・おしり・マンコを触るいわゆる卑怯者です。誰かが、痴漢をしていないと触れなくて一人では、痴漢する勇…