家ではいつもおじいちゃんと二人きりだった

私の両親は夫婦二人で小さな居酒屋を営んでた。
夕方から朝まで営業してた。
私は一人っ子だったので家ではおじいちゃんといつも二人きり。
生まれた時からそれが普通だったから大好きなおじいちゃんといつも一緒に過ごしてた。
御飯もお風呂も寝るのも一緒。
お風呂の時や寝る時に、おじいちゃんをマッサージするのが日課だった。
おじいちゃんはオチンチンの病気で恥ずかしいから誰にも絶対に喋ってはいけない…