知らなければ良かった妻の過去、現在、そして未来

さて、あのキスの後、私は妻が帰ってくるのを待ちましたが、朝食の時間が終わっても、妻は戻ってきません。

ーどうしたんだ。あいつ。

私は、妻に電話をかけました。しかし何度かけても繋がりません。10回目になり、漸く繋がりました。しかし、電話から聞こえて来たのは、妻ではなく今にも泣き出しそうな若い男の声でした。
「すみません。」
「え?」
すると、野太い雄叫びのような声が聞こえてきました…