実の妹にこんなこと

ノックの音がした。

「お兄ちゃん、絢香だけど・・・」

続いて遠慮がちな妹の声。

「あ、ああ・・・・入れよ」

俺は鏡を見て、自分の口元が緩んでいないことを確かめてから返事をした。
恐る恐るといった感じで部屋の扉が開く。
その向こうから姿を現した妹の顔には、不…