彼女と別れ、自堕落に雀ゴロみたいな生活をしていた俺に…

俺には彼女がいた。誰もが振り返るような美人という訳ではなかったけど、華奢で髪の毛がさらっさらで顔の小さい女の子で、髪が長かった頃の水原希子に似ていた。その子の名前は希子とする。俺は希子が大好きだった。希子も俺の事が大好きだったのだろうと思う。しかし、お互い仕事が忙しい身で、中々時間を合わせる事が出来なかった。俺は1人暮らし、希子は実家暮らし、俺は忙しいものの1人暮らしのため比較的自由だった。しかし希