俺の目を盗んで、隙あればハメてしまう嫁と友人

いつものように、テーブルに突っ伏して寝たフリをしている俺。リビングの方からは、嫁の絵理奈と親友のアキオの声が聞こえてくる。『まだダメだって。起きてるかもよ?』嫁は、少し焦ったような声で言う。「へーきだって。アイツ、寝たら起きないじゃん」アキオは、焦る嫁に…