一週間溜め込んだ濃い精子を処女ま○こに放出

久しぶりの超大ヒットだった。友達がみんな経験をしだした事から自分も処女を捨てたかったとのこと・・
大ラッキーな出会いだった。

待ち合わせ場所に現れたのは、ちょっと日焼けしたスラッとしたスタイルの女の子。ピンクと白のミニスカのワンピースにわりと底の厚いサンダル。髪は長めでポニーテール。

顔は童顔で、目は大きくパッチリとした額の広いかわいらしい天使だった。ひと目見て下半身が硬直し始めた。