不条理な世の中 (1)

僕の名前は、山田さとる18歳の、地味でうだつのあがらない高校3年生である。高校生の3年間と言えば、世間一般的には青春を謳歌することのできる、人生の中のかけがえのない時間と考えられているのだろう。しかし、そんな考えは全くと言ってよいほど現実的ではない。青春を謳…