魔性の女

高校の卒業の2週間くらい前に、担任の女の先生から、卒業文集に使う絵を描いてくれと頼まれた。美術の先生に「Y崎(俺)は、ファインアートは学校全体で3番目くらいに上手い。似顔絵なら最強だ」と言われたそうだ。 俺は、No.2くらいだと思っていたが、まだ見ぬ強豪がいたようで、ガッカリした。俺は最初断った。めんどうくさいし。卒業まで1週間くらい、学校が休みになって、他の連中は遊べるというのに、なんで俺が、タダで作業をしなければいけないんだ〜。 卒 […]