彼氏とのラブラブエッチ

「…ありさ。」
顔を上げるとカイト君は私にキスをしました。
「カイ…トく、んっ…。」
話す間もなくカイト君はキスをして激しく舌を絡ませてきました。
息のしづらさと気持ち良さが相まって私の頭の中はカイト君でいっぱいになってしまいました。

「カイト君…さわっ…て…」
もう下半身は大変なことになっていました。
「んん?」
カイト君は意地悪そうに笑いました。
「ありさの…さ、わっ…