清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく完

『私がアナルでイキ狂う姿、見たいんですか?』ミクはいつの間にか風呂から出ていたようで、いきなり私のペニスを握ってそう言った。「い、いや、それは……」ビックリしてしまって言葉が出せない私。『見たいんでしょ?』ミクはいつもの貞淑な感じはなくなり、エッチな女教…