習字の先生(折檻)

私が小学生の時、地域の習字教室に通っていました。
先生は遠くから車で来ている四十歳くらいの女性で、子持ちの主婦。
一年生で習い始めた私は数年もたつとすっかり仲良くなりましたが、他の子たちは怖い先生とかすぐ怒る先生とよく言っていました。
先生は、礼儀などにはとても厳しかったんです。
筆を使ってふざけたりすると「もう書かなくていい」とか「帰りなさい」と言われてしまう子がいました。
殆どの子は