★童貞君に一目ぼれしてイタダキマシタ

 今から5年前の事です。当時私は31歳。G県の小じんまりとした個人経営の喫茶店に、パートでウエイトレスをしていました。季節は6月になったある日、見慣れない男の子が入って来ました。パッとしない、何処にも居そうな男の子だったけど、その子に一目惚れしてしまったのです。 その日を機に、その男の子はちょくちょくお店に来るようになりました。いつも夕方に来て、コーヒーを飲みながら少年マンガを読んでいました。「最