★体を許すのが平気になりました

 私は優等生でした。夏休み前まではですけど片思いのAくんとはずっと恋焦がれていい雰囲気になり、もう恋が実ったと思っていました。でもいかにも遊んでますって感じのSさんにAくんを持っていかれました。 落ち込んで黄昏時より少し遅い時間繁華街を歩いていると、サラリーマン風の男性に声をかけられました。これでどうだとお札が数枚・・あーそんな風に見えるのかなあ、黒髪でメガネの制服着た女子高生ですけどまーいいや、