★転勤先のアパート住民の未亡人と

 会社に着いたら、ガヤガヤと廊下の連絡自己が、書いてある黒板に紙が張り出されていた。41歳の俺に転勤命令、目の前が、真っ暗になりふらついた。家に帰って話をしたら行ってらしゃいの言葉 函館のアパートにやってきた歌の詩では無いけれど、はるばるきたぜ函館・・アパートに住み付くようになったら隣の部屋の未亡人と話をするようになった。そんな日々が、続く仲、奥さんは俺に愚痴をこぼしたいらしく私の話を聞いてと言っ