三つの穴を激しく突かれて

雄一と優香との出会いは強烈だった。

大学の午後の授業が休講になったある日、ゼミ仲間の悪友、啓太と茶店で一服していると、啓太が声をひそめていった。

「雄一、今からちょっとしたパーティーがあるんだけど、行くか?」

ニヤリと口の端を歪めて笑う。
彼らの間でパー…