和子の恋物語 鳴門から淡路へそして御影へ お遍路さんみたい

和子は鳴門市で生まれて地元の高校を出て、淡路島へ嫁ぎました。高校三年生で処女を卒業してから、しばらくして淡路島へ嫁ぎました。
夫は公務員でしたが遊び人みたいでした。
それなりの収入でしたから働いた事はありませんでした。
夫が出勤中に男性との交わりをしながら、愛情交換の方法を会得しました。
可愛かったクリも大きくなってきました。

大勢の人たちが和子の体を通り過ぎました・・・。
束の間