想いを寄せていた女性を30年ぶりに訪ねて

稲が青々と生長し初夏の風になびいている。
そんな田んぼの中の国道を一人、車を運転し、ふる里の墓参に向かった。

あれこれ思いに耽って運転していると、過ぎ去った想いが甦る。
まだ高校生だった頃の彼女を思い出した。

あれから30年が過ぎている。
すると彼女は…