町内の人妻との将来

「 あぁ・・・・・・いぃわぁ・・・・・・もう だめ・・・・・・・」                                「 もう 逝つたのか?」                                                久恵はコックリと頷き、舌を出して俺にキスの催促をしていた。                        まだ閉じていない股間には俺の唾液で濡れた巨大