嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。『ごめんね?。寝て…