死の淵から[第2章-田中-]

田中は3ヶ月ほどかけて、私(桂木)の様子を見ながら少しずつ話しくれました。

----田中の話----

桂木には偉そうなことを言ったが、正直あの諒子さんが桂木を裏切るとは思えなかった。
俺の家庭も決して不仲では無いが、彼らは魂が呼び合うといってもいいぐらいの…