幼なじみのバツイチ巨乳ママ

オレは大学を卒業し、そのまま都会で就職したのだが、家の仕事を継ぐ為に久しぶりに地元へ戻ってきた。

そんなある日、コンビニで買い物をしていると「◯◯君?」と声を掛けられた。

振り向くとそこには小学生の頃からの幼なじみのアユミが立っていた。
下を見るとベ…