私は父の子を身籠った児童妊婦 その2

私を貫いてから父の調教が毎夜始まりました。 まず、うっすらと生えていた淫毛を剃られました。  それから、色々な振動淫具を使い、私の膣に出し入れを繰り返され、3ヶ月もすると、すっかり緩くなり快感を覚え、それだけで逝く様になり、SEXの虜に教え込まれました、 お互いの性器の舐め合いや父の精液を飲むことは勿論、いやらしい言葉も云わされ、中1になった頃にはマンコの穴はポッカリと口を開けて父の肉棒を毎夜、涎