男の指が頼子の中に入ってきた

久しぶりに深酒した。
午後六時に始まった小学校の同窓会が二次会に流れ、三次会に付き合ったところまでは憶えている。
でも、その後、どうやって家まで辿り着いたのか頼子は殆ど憶えていなかった。
それでも酒には強い方なので足取りはしっかりしている。

玄関で鍵を差し…