私の罪深い性春

隣に最愛の人がお疲れの中まどろんでいる。つい先ほど私の女性器奥深くに温かな精液をたっぷりと注ぎこんでくれた。私も彼自身をピクッピクッとしっかりと包み込みながら至福の時を味わった。地方の高校を卒業し都内の大学に進学した。付き合っていた彼も都内の大学に進学し…