彼女の入口にぴったりと張り付き

もう、10年以上前の話。

その日の授業は午前で終わり、午後からの部活も、休部のところが多く、12時過ぎの校内は閑散としていた。

冬服のセーラを着た彼女と、日差しがあたたかな窓際。
僕は午後の部活のため、弁当を食べている。
彼女は、僕の部活が終わるまでの2時…