俺とかあちゃん…その2・イキ果てる母

「俺とかあちゃん…その1・人間以下のペットに堕ちた母親」の続き 「はしたないことですが、私は毎日欲求不満を抱えたまま暮らしておりました。そして昨日、息子に懇願して私の体を犯して貰いました」母ちゃんはお腹の前で手を組み、落ち着いた表情で淡々と話しを進める。 「そして私は息子の中に非常に強い『男』を見つけてしまったのです。肉体的な相性だけではございません。私が産み、育てた息子ですもの、肉体的な相性が良いのは当然のことです。元々はひとつの体だ […]