満員電車

予備校の浪人生である。浪人1年目である。毎朝、電車通いである。住んでいる地区は、朝のラッシュが酷いところである。社会人がほとんどだ。地元の中高生とか大学生もなかにはいる。電車に乗るときは、いつも座席は満席で、立って過ごすほかなかった。しばらく目を閉じて過…