淡路島物語 和子の冒険 舞踊の篠塚先生

淡路島物語 和子の冒険 舞踊の篠塚先生

和子は小学生のころから日本舞踊を習っています。
毎週、お師匠さんのお家へお出かけして2時間ほどのお稽古をしていました。

稽古着を着るのですがショーツと体操服の上から身に着けます。
帯を結ぶのはお師匠さんの奥様にしていただきます。
着付けは稽古場のお隣の和室でした。
稽古日に奥様がお出かけでしたから、お師匠さんに着付けをしていただきました。