炉利天国3

風呂を掃除していると、じゅんが覗きにきた。「先生トイレどこ?」「トイレ?玄関の横のドア開けたらあるよ」「ちょっと借りるね」「エッチな本ばかり読んでるから、変な気分になったんじゃないの?ww」「ち、ちがうよ!オシッコしたいだけだよ?」俺は、確信した。じゅんは…