近所のお兄ちゃんのオナニーを手伝った話

私には大好きなお兄ちゃんと呼ぶ男の子がいました。
物心ついた頃には、そのお兄ちゃんと遊んでいた気がします。
お兄ちゃんは、母の実家の近所の子供でした。
母の実家はかなりの田舎で、玄関は常に開いていて
隣家も歩いて勝手に入っていいような雰囲気でした。

私は父に似て、一重で地味な顔立ちだったのですが
そのお兄ちゃんは目鼻立ちがくっきりしていて、アイドル系の顔をしていました。
とにかく