俺は心臓が凍りそうになった。扉の向こうから男女の声がする・・・

その日の昼休み。俺は一度家に戻ることにした。書類を家に忘れたからだ。たいした書類でなかった。なにかの書類に付随した個人情報保護の同意書だ。別に明日でも良かった。