涼子の子供たちへ

お父さんとお母さんはあまり仲が良くないことは君たちも薄々感じる年頃だろう。
夫婦喧嘩もときどき見ていたと思うけど。
今、お父さんとお母さんは別々の部屋で夜寝ているだろう。
お母さんはお父さんに触られると気持ち悪いらしいよ。
だから君たちのお父さんの代わりにお母さんの性器奥深くたっぷりと俺が精液を注ぎ込み続けているのさ。
俺とお母さんの付き合いをお父さんは知らない!
先日もお母さんは大き