駐車場で3

美香は「んーんっ・・ん」と口を開けない。そろそろ時間がヤバイと思い。周りを見て誰もいないことを確認すると、美香の単パンをパンティーごと力任せにずらした。そして、指に唾液をつけ、美香のマンコにつけ、指を入れた。「あー・・やだ」と言っていたが、その声もかわい…