★ヤクルトレディーとの出会い・・2/2

 俺は自分の手をFさんの手に重ねてさらに押し付けるようにしたが、いまの状況ではこれが俺の精一杯だった。とFさんは段々とこちらににじり寄ってきて、股間を覗き込むような位置まで頭が移動した。そして突き出したズボンからゴソゴソとファスナーのつまみを探り出し。ジジ、ジジジと下げ始めた。 もうヤバイ幾らなんでも運転できるような状況ではなくなってきたので、すぐ手前まで来ていた多賀に入ることにした。そうしている